寺尾さんは1963年2月2日生まれの現在57歳なので、ん?寺尾さんと歳が14歳しか離れていない!? まさか、寺尾さんは14歳の父だった!?と思い、かなりびっくりしたのですが、どうやら妻・福園伊津美さんの連れ子だったようです。 平成28年の九州場所で幕下優勝し、十両初昇進が決定した照強(てるつよし)(伊勢ケ浜部屋)!... 日馬富士の親方として再注目されている伊勢ヶ浜親方 しかし、息子の寺尾由布樹さんは義父の寺尾という 決意して話題になりましたね。. 年齢     54歳 BMI:33.89 聞いて思い出す人が多いかもしれません。, 現役力士時代から元祖イケメン力士として女性ファンの 誕生日    1963年2月2日 お父さんの鶴ヶ峰と同じ、小中学校でした!, 元関脇の鶴ヶ峰さんと同じ小中学校出身なんですか!素敵な先輩がいて良いですね。 年齢     40歳. 力士情報, イケメン力士好きの相撲女子は多いかと思いますが、イケメン力士と聞いて一番最初に思い出すのは、「寺尾関(現・錣山(しころやま)親方)(てらお つねふみ)」ではないでしょうか?, 〔九州場所十日目〕幕内向正面は、 錣山親方(寺尾)。 #sumo pic.twitter.com/3ef1Fva6um, — くるくるおばけ@ブログ「大相撲取組内容」 (@kuru2obake) 2017年11月21日, 四股名:寺尾 節男 → 源氏山 力三郎 → 寺尾 節男 → 寺尾 常史(てらお つねふみ) 2017年の5月に不整脈が続き体調不良を訴えたそうです。, すぐに命に関わる病気ではないのですが、最悪の場合 悲しいニュースです。 誕生日    1977年12月21日 2017年は不整脈で体調不良を引き起こしたものの、命に別状はないみたいなので一安心ですね。 しっかりもう一人二人の間の息子を出産されています。, 名前や現在の年齢は分かりませんでしたが恐らく 出身:鹿児島県姶良市(旧:姶良郡加治木町) 体重     116kg ・おかみさんは福薗伊津美さん 鶴ヶ嶺 昭男(つるがみね あきお、1929年 4月26日 - 2006年 5月29日)は、鹿児島県 姶良市(旧:姶良郡 加治木町)出身で井筒部屋(但し初土俵は時津風部屋名義)に所属した大相撲 力士。 最高位は西関脇(1956年5月場所・1962年9月場所)。 得意技はもろ差し、右四つ、寄り、上手出し投げ。 現役時代の四股名を芸名に使っていることから 2016/11/14 2017/10/20 使っているなんて二人の良好な仲が良く分かりますね。, でもこの奥様となった伊津美さんは錣山親方と再婚後 奥様で姉さん女房って多いですが9歳年上とは 両親とも高校教師で母親は結婚後退職して旅館業 話題になっているので息子さんも紹介しますね!, 錣山親方の息子さんは、俳優をされているみたいで 「寺尾由布樹」という名前で活動されているみたいです。, 義理の父である父親の現役力士時代の名前を役者名として 貴乃花の秘蔵っ子と呼ばれている「貴景勝(たかけいしょう)」をご存知でしょうか? 10年の交際を経てご結婚は凄いですよね。, お相撲さんやプロ野球選手などプロスポーツ選手の 2017年は日馬富士の暴行問題で何度もニュースに 一目瞭然の色男です。, そんな錣山親方は結婚していて、息子もイケメンということで 寺尾 常史 → 源氏山 力三郎 → 寺尾 節男 → 寺尾 常史: 初土俵: 昭和54年7月: 最終場所: 平成14年9月: 年寄名跡: 錣山 常史 → 錣山 矩幸 : 生涯戦歴: 858勝937敗58休/1792出(140場所) 幕内戦歴: 626勝753敗16休/1378出(93場所)、1技能賞、3殊勲賞、3敢闘賞、7金星 関脇戦歴 身長     185cm 2016年秋場所も終わってしまいましたね。 所属部屋:井筒部屋, 父はもろ差し名人として鳴らした元関脇・鶴ヶ嶺であり、母は25代横綱・2代西ノ海の孫娘、長兄は元十両・鶴嶺山、次兄は元関脇・逆鉾(現・井筒親方)です。, 平成元年春場所では西関脇に昇進し、当時東関脇だった兄とともに史上初の兄弟同時三役にもなりました。, あまりの人気に、1989年にファミコンソフト「寺尾のどすこい大相撲」が発売されました。, 寺尾関は、回転のいい突っ張りで大相撲史上1位の関取連続在位110場所を記録した「土俵の鉄人」でもあり、23年間にわたって土俵を沸かせました。, 断髪式には、台風で雨天にもかかわらず、館内は立ち見が出るほどの盛況ぶりで、断髪式後には朝青龍、武蔵丸の両横綱と、6月1日に引退相撲を行った貴乃花親方(元横綱貴乃花)が雲龍型の横綱土俵入りを披露されました。, 引退後は年寄・錣山を襲名し、井筒部屋の部屋付き親方を経て、2004年1月、錣山(しころやま)部屋を創設しました。, 寺尾関は1995年に約10年の交際を経て福薗伊津美(ふくぞの いつみ)さんとの結婚を発表しました。, 奥さんは、高校の美術教師の父と、元高校教師で旅館業を切り盛りする母との間に、次女として生まれました。, 料亭の娘さんで、奥さんの健康管理が良かったので、寺尾関は40歳近くまで現役力士でいられたと言われています。, 1人は実の息子(平成7年2月生まれの次男・晴也君)、もう1人の息子さんは奥さんの連れ子だそうです。, 寺尾 由布樹さんと寺尾関の年齢差が13歳でおかしいなと疑問に思いましたが、血が繋がっていないのなら納得ですね。, 俳優の寺尾 由布樹さんですが、1997年に蜷川幸雄演出の『身毒丸』オーディションを受け、最終審査で落選しましたが、蜷川幸雄氏の目に止まり『ロミオとジュリエット』で本格的に俳優デビューをしたそうです。, ネットで錣山部屋について調べていたら、どうやら錣山部屋の「かきのパエリア」がおいしいみたいです。, 海鮮パエリアのレシピを知りたかったのですが、わかったのは、 元小結・時天空が死去 平成29年11月場所(名古屋場所)も始まりましたね。 昭和の大横綱・大鵬のお孫さんである納谷幸之介さんが新弟子検査を受検し、見事トップ合格を果たしたと前回の記事... 十両初昇進が決定した照強はどんな力士? 今回は、そんな錣山親方の嫁や息子に病気の体調 体重:116kg 錣山親方は現役時代から不整脈を患っているみたいで 2018年の初場所も開催されましたし、錣山部屋の力士もぜひ頑張ってほしいですね。 失神などを引き起こすそうなので安静にしてほしいですね。, 今回は錣山親方について紹介しました。 今場所の優勝候補・阿武咲(おうのしょう)! 北葉山さんが、好きでした。. 【2017.10.30】平成29年九州場所  新入幕について... 貴景勝はどんな力士? ・お兄さんは現在、両国にてちゃんこ料理屋「相撲茶屋 寺尾」を経営, ↓ランキングに参加してます! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright ©  あっぷあっぷ | Wordpress Thema SINKA, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 韓国人俳優は天然イケメンが多い?日本のイケメン基準と大違い比較 | うの目たかの目. ネット上で話題になっています。, 現役時代をずっと陰ながら支えてくれた女性で 寺尾 常史(てらお つねふみ、1963年(昭和38年)2月2日 - )は、鹿児島県 姶良市(旧:姶良郡 加治木町)出身(生まれは東京都 墨田区)で井筒部屋所属の元大相撲 力士。 得意技は突っ張り、押し、いなし、叩き、下手投げ。 最高位は東関脇。 本名は福薗 好文(ふくぞの よしふみ)。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 錣山親方は相撲協議会の審判部として活動されていましたが 優勝は大関・豪栄道でした。 長男んの由布樹さんとは一回り以上は軽く歳の差の 玉ねぎ、にんにく、牡蠣、ホールトマトを使っているということだけ…, ちなみに、一番上のお兄さんは現在、両国にてちゃんこ料理屋「相撲茶屋 寺尾」を経営しています。, 錣山親方は「丸はころころ転がるのでやめた。いいきっかけになれば」とコメントしています。, ・イケメン力士の寺尾は現在、錣山(しころやま)部屋の錣山親方 見えるシングルマザーだったのです。, 錣山親方の息子さんがとてもイケメンということで 本名     福薗 好文(ふくぞの よしふみ) ある兄弟ではあるでしょう。, 出典:http://blog.livedoor.jp/freedom_room/archives/23068211.html, 本名     福薗由布樹 寺尾 常史(てらお つねふみ、1963年(昭和38年)2月2日 - )は、鹿児島県姶良市(旧:姶良郡加治木町)出身(生まれは東京都墨田区)で井筒部屋所属の元大相撲力士。得意技は突っ張り、押し、いなし、叩き、下手投げ。最高位は東関脇。本名は福薗 好文(ふくぞの よしふみ)。身長185cm、体重116kg。引退後は、年寄・錣山となり、井筒部屋部屋付き親方を経て、分家独立し、錣山部屋の師匠として指導にあたる。角界での愛称は「土俵の鉄人」、「アビ」[2]、血液型はA型、趣味はパチンコ、音楽鑑賞、ゴルフ[1]。, 父はもろ差し名人として鳴らした元関脇鶴ヶ嶺、母は25代横綱2代西ノ海の孫娘、長兄は元十両鶴嶺山、次兄は元関脇逆鉾という力士の家系に生まれた(家系で詳述)。父・鶴ヶ嶺は厳格な人間であり、その影響で小さいころから父に対しては敬語を使っていたという。実際、父は年寄・13代井筒としても「何かあったら、まず自分の息子から叱る」としていた[3]。, 安田学園高校入学後相撲を始める。厳しい稽古を乗り越えて試合で勝つことの爽快感から相撲にのめりこむようになり2年生の時には一日も早く角界入りしたいと思うようになっていたが、長兄が次兄の入門の際に強硬に反対したことから角界入りしたいという気持ちをなかなか言い出せないでいた[4]。しかし、1979年(昭和54年)5月場所の千秋楽の日、癌で闘病中であった最愛の母を見舞った後長兄に突然「お前、学校やめて相撲取りになったらどうだ?」と声を掛けられた[4]。その後母の通夜の晩に父親に入門の意思を伝え、そのまま高校を中退して兄達を追うようにして角界入りする(母・節子は死ぬ間際に「相撲取りになって」と寺尾に告げていた。寺尾は後年インタビューで「あのお兄ちゃんの言葉は、おふくろの置きみやげだったと思ってるんですよ。きっと俺の気持ちを判っていて、相撲取りにならせてくれたんだな、って。」と往時を振り返っている[4]。)。入門後は寺尾節男を名乗った。これは母(福薗節子)の旧姓・寺尾から取ったものである。同年7月場所初土俵[1]。入門当初は三段目昇進を目標にするほど、自身を期待薄と見ていた[5]。1984年(昭和59年)7月場所新十両のとき「源氏山力三郎」と改名する。源氏山の四股名は同部屋に所属した30代横綱・西ノ海が横綱昇進直後の場所まで名乗ったものである。この四股名は1場所限りで、翌場所から元の四股名に戻している[6]。1985年(昭和60年)1月場所で12勝3敗の成績で十両優勝し翌場所新入幕。入幕時のインタビューで「名脇役になれればいい。主役にはなれないと思うので」と答えていた[5]。6勝9敗と負け越して陥落するが翌場所も12勝3敗の成績で2度目の十両優勝で1場所で返り咲く。1987年(昭和62年)11月から名を常史(つねふみ)と改める。, 初土俵の時に85kgしかなかった体重を100kgまで増やすために大変な努力をしたという。横になると口から食べたものが出る程食べ、夜も食べ物が胃から腸に下りるまで壁に寄りかかり、横になれるのは明け方から数時間程度という生活を約5年続け、100kgの大台に乗ったのは1984年(昭和59年)9月場所のことである。[7], 長兄の鶴嶺山は十両止まりだったが、次兄の逆鉾は関脇まで昇進しており、様々な兄弟記録を残している。1986年(昭和61年)9月場所には同時三賞受賞、1989年(平成元年)3月場所には同時関脇を果たした。また1990年(平成2年)11月場所には千代の富士の横綱土俵入りの太刀持ち・露払いを務めた。, 大乃国から1988年1月場所、1989年7月場所、1991年1月場所、と3個の金星を獲得。1989年1月場所、千代の富士から唯一の金星を獲得。1991年11月場所、北勝海に勝ち5個目の金星を獲得するなど活躍。1989年1月場所は1横綱2大関に勝ち殊勲賞、7月場所も1横綱2大関に勝ち技能賞、9月場所は北勝海に勝ち敢闘賞。1994年3月場所は2大関に勝ち敢闘賞、5月場所も2大関に勝ち殊勲賞。1995年(平成7年)3月場所には横綱貴乃花から初の供給となる金星を獲得した。, 1997年(平成9年)3月場所には旭鷲山戦で右足親指を骨折し途中休場。初土俵以来続いた連続出場記録が1359で途切れた。, 1998年頃から怪我の影響もあるが衰えが出始めたので、35歳から肉体改造を開始。徐々に効果が出始め1999年3月場所では、貴乃花や若乃花ら横綱と対戦できる地位まで番付を再度上げる。そして1999年11月場所では横綱・武蔵丸に勝ち、36歳で4年ぶり7個目の金星を獲得。30代後半を迎えた寺尾の突っ張りはなお衰えを知らなかったが、力士の大型化が進んだこともあってか2000年(平成12年)7月にはついに十両陥落。周囲からは引退の声も囁かれたが寺尾は続行を決意。翌年3月場所、5場所ぶりに幕内復帰した、38歳で年6場所制以降では最年長再入幕となった。その場所で輪島を抜く、当時歴代7位の幕内621勝を達成。, 再陥落後は昇進のチャンスもあったが、十両上位の星運に泣いた。2002年(平成14年)9月場所、十両11枚目の地位で怪我により3日目から5日目まで途中休場。再出場の6日目に初白星を挙げ、最後の相撲となった千秋楽では小城錦に勝利を決めるも、5勝8敗2休と負け越し幕下陥落が必至となり同9月場所限りで現役引退。現役最末期の2002年頃には後の甥弟子にあたる鶴竜を付け人に採用し、鶴竜はその中で寺尾の突っ張りを見て学んで覚えたという[8]。, 現役時代は相撲界では珍しい甘いマスクと筋肉質のソップ体型で、女性ファンからの人気と声援が多かった。若い頃は回転の速い上突っ張りといなしで勝負しており[1]、その敏捷な動きから海外公演で「タイフーン」の通称がついたほどだった。また右を差すこともあり、下手投げは強かった。晩年は突っ張りの後、父・兄が得意としていた両差しの相撲を取るようになった。現役時代は横綱を遠い存在と見ており、一度も横綱という地位に就くことを意識することはなかった[9]。引退後は年寄・錣山を襲名、井筒部屋の部屋付き親方を経て2004年(平成16年)1月、錣山部屋を創設[1]。同部屋からは2019年(平成31年)3月場所までに小結・豊真将、阿炎、幕内・青狼、十両・彩を出している[10]。, 2017年7月場所は、体調面を考慮して審判部を外れ、木戸(入場口)担当を務める[11]。, 2017年12月、2018年1月31日に行われる理事候補選挙に時津風一門の意向として鏡山親方を推す動きに異議を唱え、23代湊(元前頭2枚目湊富士)と直弟子の19代立田川(元小結豊真将)と共に一門から離脱した[10]。2月2日の副理事選挙では4人で副理事の3枠を争う中、実兄の14代井筒と異例の兄弟対決となった。結果は14票で落選となり、55歳の誕生日を飾れなかったが「一歩踏み出せた。意味は大きい」と晴れやかな表情だった[12][13]。その後、7月の相撲協会理事会で全ての親方は5つある一門のうちのいずれかに所属することが決定されたため、二所ノ関一門に加入を申請し9月21日に認められた。, 2020年8月6日、弟子の阿炎による7月場所中の不適切行為(相撲協会の新型コロナウイルス対応ガイドライン違反行為)で指導監督責任を問われ、6カ月20%の報酬減額となった[14]。一部報道からは騒動の時の対応について「何故弟子の引退を引き止めず処遇を協会に丸投げしたのか」という批判の声が上がった[15][16]。, 西ノ海(25代横綱)の曾孫(養女の養女の子供)、加賀錦(元幕下・本名は寺尾政喜)の孫、鶴ヶ嶺(元関脇)の三男、薩摩錦(元幕下)の従兄の孫。井筒3兄弟と言われ、長男が鶴嶺山(元十両)、次男が逆鉾(元関脇)、三男が寺尾。また、鶴ノ富士智万(元十両)は従弟に当たり、元中日ドラゴンズ選手の井上一樹は再従弟に当たる。長男(夫人と前夫との実子)は俳優の寺尾由布樹、姪(逆鉾の娘)は元宝塚歌劇団娘役の天咲千華。, 加賀錦は廃業後に国技館サービス株式会社の常務取締役を務めた。その妻・寺尾文子は相撲茶屋「吉可和」(よしかわ、相撲案内所 四番)を経営し、その経営権は寺尾の親族へと引き継がれた。, 自身が生まれたばかりの頃、井筒部屋に外国人の見学者がやってきて"a baby"と言ったところ、兄達は「アビ」と聞き違え、そのまま角界での愛称として定着してしまった。この愛称は、愛弟子「, Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p44, Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p45, 井筒親方と錣山親方…副理事候補選は異例の対決に 当選の兄「複雑」、落選の弟は晴れやか, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=寺尾常史&oldid=80086456, マスコミに対して好意的であり、普段は寡黙ながらユニークな人柄を買われ、現在でもテレビの, 新十両の時に1場所だけ名乗った「源氏山」の四股名であるが、日本相撲協会の番付表と星取表では「氏」の字の3画目の横線の右に(氏ヽ)の様に点が付けられていた。本来はその様な漢字は存在しないので極めて異例である。, 捌いて勝つ相撲には「後手に回るから」と批判的であり、立合いから能動的に攻め込む相撲が理想と主張している, 『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(著者:塩澤実信、発行元:北辰堂出版、2015年)p155-156.