Copyright (C) 2020 残尿アセスメント All Rights Reserved. 本サービスにおける医師による回答を含む情報の提供は特定の製品・サービスや特定の医師・医療機関について誘引または推奨することを意図するものではありません。. 白い尿が出ると言うことは、塩類尿かもしれません。もしも塩類尿であれば、不要なものを普通に排泄していると言う当たり前のことですので心配されることは無いように存じます。そこで、白い尿自体を検査してみないとはっきりしたことは言えませんが、普段の検尿で以上が無いのであれば 感染に気付かず慢性化することがあります。 また、慢性的なカルシウム不足は尿路結石を引き起こす原因となります。, プリン体はビール、レバー、牛肉、イクラなどに多く含まれていますが、尿酸カルシウムによる結石の原因となります。 尿道からの粘り気のある黄色い膿が尿と一緒に排出されます。, 女性の場合は感染の数日後に外陰部のかゆみ、おりものの増加が起こる程度なので、 また、炎症が尿道や膀胱に広がった場合は膀胱炎や尿道炎を引き起こすこともあります。, カンジタ菌による性感染症です。女性が感染した場合、ヨーグルト状のおりものが尿と混じって排出されることがあります。 また、症状が進行すると、膣から大量のおりものが排出されます。, 男性にはあまり濁尿は見られませんが、亀頭にかゆみ、ただれ、水泡などを生じ、白っぽいカスが出ます。 おしっこ(尿)が濁っている症状おしっこが濁っている状態が持続することを膿尿(のうにょう)といいます。膿尿とは、腎臓、尿管、尿道などの尿路の細菌感染によって、おしっこに白血球が混ざって濁ったもので、尿を顕微鏡で観察した時に白血球が10個/mm 結石が混ざることで尿が濁ったり、血尿、排尿痛、残尿感、頻尿、激しい痛みなども引き起こします。, 腎盂や腎臓が炎症を起こしている状態です。尿の濁りのほか頻尿、残尿感、血尿、発熱、頻尿、背中から腰にかけての痛み、嘔吐なども 白い浮遊物. 女性の場合には生理によるおりものが原因になることも。尿の濁りを引き起こします。でも、この場合には問題ありません。女性器や下腹部に異常がないかどうかを確認してください。 血尿. 尿道炎を併発し、頻尿や残尿感なども生じる場合があります。, ほうれん草などに含まれるシュウ酸や動物性たんぱく質を摂りすぎると、 その初期症状としてあらわれるのが尿の白い濁りで、進行すると尿に大量の膿が混じります。, 初期症状として血尿が排出されることがありますが、肉眼で確認できる血尿であることはほとんどありません。 シュウ酸カルシウムの結晶が尿中にできやすくなり、一時的に尿がにごることがあります。, 女性の場合はおりものや経血が混ざって尿が濁ることがあります。性器周辺にかゆみ・痛みなどがなく、 これらを意識的に摂取しましょう。, また、動物性たんぱく質やシュウ酸を多く含む食品を摂りすぎないようにすることも大切です。 クエン酸はみかんなどの柑橘類に、マグネシウムは緑黄色野菜や大豆、大豆製品に豊富に含まれていますので、 尿中の浮遊物は、尿管や膀胱粘膜のカスに細菌がくっついてできたものです。� 白い浮遊物; みんなのq&a. 尿が白っぽく濁っている、尿道から粘ついた分泌液が出る、クリーム状の膿が尿に混じる… 医師の指導のもと適切な治療を受けることが大切です。, クエン酸やマグネシウムには、尿結石の原因となるシュウ酸やカルシウムの濃度を低下させる働きがあります。 行為によっては防げない感染症もあるため、十分に注意しましょう。. 相談者: こすもすさん (30歳/女性) 何年か前から、排泄するときに尿と一緒に白い浮遊物が一緒に出てきます。痛みや痒みは有りません。白い浮遊物はドロッとしたものです。 一体なんでしょうか。 2011/12/05 20:02. carada先生. 一体なんでしょうか。, 浮腫状になってはがれおちた膀胱粘膜ではないかと思われます。粘膜がそのような状態になるのは慢性膀胱炎の状態にあるからと思われます。症状はないとのことですが、普段から水分を多く摂取して尿量を増やすことで尿路を洗い流すようにした方が良いと思います。, 本サービスは一般的な医学・医療情報の提供や一般的な受診勧奨を目的としているものであり、お客様個人の心身の状態を踏まえた疾患のり患可能性の提示・診断等の医学的判断を伴うものではなく、お客様は本サービスを診療行為またはこれに準ずる行為を受けることを目的として利用することはできません。 Copyright (C) 2020 残尿アセスメント All Rights Reserved. 尿が白っぽく濁っている、尿道から粘ついた分泌液が出る、クリーム状の膿が尿に混じる… これらの症状が見られる場合は、尿路や性器のどこかで異常が起こっているサインです。 今回は、尿のにごりの原因となる主な疾患とその原因、予防・・・ 女性はおりものが多少増える程度の軽い症状であることが多いため、感染に気が付かない場合もあります。, 淋菌による性感染症です。男性が感染すると、強い排尿痛、頻尿、残尿感などの症状とともに、 恋人とのセックスで、女性の膣から白い色の愛液が出てきて本気汁を出している、彼女は感じているんだ!と興奮する男性も多いと思いますが、実はこれは間違いだということをご存知でしょうか?今回は女性の愛液の仕組みや本気汁を出した際の違いについてご紹介します! 泌尿器科. 特にビールは尿酸の排出量を低下させるため、痛風の原因にもなります。, 万全ではありませんが、コンドームは性感染症の予防法として有効です。 これらの症状が見られる場合は、尿路や性器のどこかで異常が起こっているサインです。, 今回は、尿のにごりの原因となる主な疾患とその原因、予防法、対処法などについてまとめました。, クラミジアという細菌による性感染症です。男性が感染すると、淡黄色や白色をしたクリーム状の膿が尿道口から排出されることがあります。 血尿のおもな原因は膀胱炎、尿路感染症、結石などです。, 尿道口から侵入した細菌が膀胱内で炎症を起こす病気です。圧倒的に女性に多い病気であり、 進行すると肉眼でも分かる血尿で尿がにごり、排尿困難や尿閉(尿が出なくなること)、勃起不全などの症状もあらわれます。, ・まずは泌尿器科を受診し、濁尿の原因を突き止めましょう。 何かの不具合が出ている証拠です。尿が白くなってしまう原因をここで確認しましょう。おしっこが白くなるのには原因がありその原因も一つだけではありません。冷静に分析してください。, 動物性たんぱく質を摂りすぎると白っぽい尿になってしまいます。動物性タンパク質というくらいですから肉類は控えるべきです。, シュウ酸も原因で、ほうれん草に多く含れています。だとしても、野菜類はビタミンやミネラルのバランスもよく、摂取するのを控えましょうということにはなりません。それよりもビールに含まれているシュウ酸のほうが危険です。, 尿の臭いは出産に原因があると言われています。出産がカルシウムと結合して出産カルシウムになってしまう。これが白っぽい尿の濁りの原因です。シュウ酸+カルシウムというのが、尿の濁りの方程式。改善させようと考えるなら、カルシウムを減らすような食生活を心がけるべきです。, 性行為で尿が白くなることもあります。クラミジアに代表されるような感染症も尿の濁りを引き起こします。残尿感にもつながりやすいので注意です。性行為での感染に関しては、どんな薬を使ってもコンドームを使っても防ぐのは無理です。, コンドームを使えば安心という人もいますが、破けるリスクが高く全く安全ではありません。性行為を控えるのが最も安全で、100%安全が確認されていない人との性行為は危険ということ。コンドームをすれば安全というエセ性教育にみられる安直な発想に流されないようにしましょう。, 女性の場合には生理によるおりものが原因になることも。尿の濁りを引き起こします。でも、この場合には問題ありません。女性器や下腹部に異常がないかどうかを確認してください。, 尿の濁りは血液がまざっていることも考えられます。腎臓や膀胱に異常がある場合にも血尿が出て尿が白く濁ることがあります。, ビールにプリン体が多く含まれていて、結石になる場合がありますので注意です。口に入れるものには要注意ということ。特にビールは残尿感には大敵です。, おしっこが白く濁ってしまう場合。それも何日も続く場合には腎臓と尿管にトラブルがあることも。血液が酸性に傾いてしまった場合、尿路結石になるケースがあります。, その他に腎臓にトラブルを抱えている場合があります。普段から腎臓と膀胱を大切にする生活習慣を身につけましょう。, お酒を沢山飲みに行くばかり食べている生活はいつか破綻します。病院に行って治療してもらえると思ったときには時すでに遅し。苦しい治療するくらいなら、そんな状況になるまでに対策を打つべきです。もちろん腎臓や膀胱を壊してしまったという人も食生活の改善は必要不可欠です。, 白く濁ったにも改善させるにはクエン酸とマグネシウムを取ることが重要。これら二つの物質は体の調子を整えてくれます。クエン酸はすっぱい果物に含まれていることが多く、マグネシウムは大豆に多く含まれています。, これらの食品を摂ることで血液中のカルシウムとシュウ酸の量を減らすことができます。白っぽい尿の濁りを改善させられるわけです。普段からマグネシウムとクエン酸を積極的にとったほうがいいのは間違いありません。, クエン酸をイモ類に含まれていることが多く、果物類も積極的に摂取するべきです。マグネシウムに関しては、海産物に多く含まれています。お酒や肉ばかりでなく、野菜や肉類も積極的に食べましょう。, おしっこが白く濁ったら、腎臓と膀胱に調子が悪くなっている証拠かも。その他にも偏った食生活が原因なのかもしれません。普段から尿の色には注意したいものです。, クエン酸やマグネシウムを積極的にとって、健康な腎臓と尿道に保ちたいですね。普段から酒池肉林な生活をしていれば、間違いなく体が破綻しますので注意してくださいね。. 昨日の晩、排卵検査を自宅でしようと思い、プラスチックの使い捨てコップに尿を取ったのですが、尿に細かい水垢のような浮遊物があって濁って見えました。 先週、会社の健康診断をうけ、今結果待ちなのですが、腎臓病などではないかと不安です。 透明な尿に粘り気のある浮遊物が混ざっている場合は、特に心配する必要はありません。, 血が混じることによって尿が濁ることもあります。 動物性タンパク質は肉類、卵、乳製品など、シュウ酸はほうれん草、ココア、バナナなどに多く含まれています。 頻尿、排尿痛、残尿感に加え、尿のにごりや血尿などの症状もあらわれます。, 尿道炎は男性に多くみられる疾患です。おもに性行為による性感染症で併発し、膿で尿が濁ります。, 尿道から侵入した大腸菌やブドウ球菌が前立腺で炎症を起こす病気です。 題名のとおりなのですが 皆さん、尿の中に白いヒラヒラしたカスが混じっている事ありますか? 先日、妊娠検査薬を使用する為まずは紙コップに尿を貯めたのですがその時発見しました。 今まで一度も見たことがなかったので驚いています。 これはなんなんでしょう? カラダメディカでは、Q&Aを見るだけでなく内科医や産婦人科医、カウンセラーなどをはじめとする様々な専門家に相談することができますので、ぜひ相談機能もご検討ください。, 何年か前から、排泄するときに尿と一緒に白い浮遊物が一緒に出てきます。痛みや痒みは有りません。白い浮遊物はドロッとしたものです。 カテーテル内の尿の中にある白いフワフワした浮遊物は何でしょうか? ご本人から「この白い物があっても大丈夫なの?」と聞かれたら、大丈夫と答えて良いのでしょうか?よろしくお願いします。 ひとこと回答. 頻尿、残尿感、排尿痛、下腹部痛、倦怠感、高熱などを引き起こし、進行すると尿に膿が混じって濁ります。, シュウ酸、尿酸などが腎臓や尿管の内部で結石となる病気です。 伴います。, 結核菌が血流に乗って腎臓に到達すると、腎結核を引き起こします。