どなたかご存知の方いらっしゃいましたら ぜひ教えていただけませんか?どうか、よろしくお願いします。 この質問を投稿させていただく前に 自分なりにですが、いろいろ調べてみました。 でも、「メーカーや機種によって違いがあるので 一概にはいえないが、一般的には・・・」というも� となります。 これを見ると、弱冷房除湿<冷房<再熱除湿の順に電気代がかかり、再熱除湿は冷房の約1.3倍、弱冷房除湿の約4倍近くも電気代がかかることがわかります。 冷房よりも除湿(ドライ)の方が電気代がかからないと思っていませんか?実は、除湿の方法によって冷房よりも何倍もの電気代がかかっているかもしれません。ここでは、再熱除湿の仕組みやエアコン除湿の上手な使い方などを紹介します。 梅雨時に悩みがちなのが、エアコンの除湿モードをどう使うか。「使うべきタイミングは?」「冷房とどっちが安い?」など、疑問はなかなか尽きません。そこで、節約のプロとエアコンの商品企画担当者に、かしこい除湿モードの使い方を聞いてみました。 弱冷房除湿と再熱除湿. エアコンの除湿(ドライ)機能には、普通の「除湿」と「再熱除湿」の2種類がありますよね。でも、それぞれの機能の違いや使い分け方ってどうなっているのでしょうか?ジメジメする梅雨の時期、どんな違いなのかをちゃんと知って、快適に過ごしましょう! エアコンの除湿には「再熱除湿」と「弱冷房除湿」があるのをご存知だろうか?今回はそのうち再熱除湿について、ほかの除湿方法との違いを交えながら解説する。より電気代がかかる運転や、再熱除湿を使うタイミングなどもお伝えしているので、ぜひ参考にしてほしい。 弱冷房除湿:4.5×8×30=1,080円 再熱除湿:16.3×8×30=3,912円. 弱冷房除湿と再熱除湿についても説明します。 弱冷房除湿とは、一般的な除湿機能のことです。上に書いた「空気を冷やして除湿している」というものです。つまり冷房機能を弱めに稼働させているだけのもの。 湿度を上げたり下げたりするだけでなく、室温は下げずに湿度を下げたり(再熱除湿)、室温も湿度の両方さげたり(弱冷房除湿)上手に使いこなすことで、快適な湿度を一定に保てます。雨の日の室内干しで洗濯物が生乾きになってしまう時も、エアコンの除湿機能を使いましょう。 エアコ� 「弱冷房除湿」と「再熱除湿」、電気代がかかるのはどっち? 電気代 がより多くかかるのは、 再熱除湿>冷房>弱冷房除湿 の順になります。 弱冷房除湿より再熱除湿の方が電気代がかかってしまう原因は、空気を温め直す工程でより電力を使うからです。 ドライの機能、再熱除湿と弱冷房除湿はすべてのエアコンに標準装備されているわけではありません。 エアコンは弱冷房除湿は搭載されていても、再熱除湿は搭載されていない、または再熱除湿のみというものもあります。 基本的には再熱除湿が搭� エアコンの除湿って、ちゃんと機能してんの?ちゃんと除湿してる?再熱除湿機能が付いたものであれば「きちんと」除湿します。それが無いものの場合は要するに冷房運転であり、冷房時に熱交換器で結露した空気中の水分は屋外に排出されま エアコンの再熱除湿運転の消費電力についてまぼこさんからお話がありました。再熱は設定温度が低いほうが省エネかという質問です。 結論からいうと各メーカーからの情報は私が調べても出てこなかったため、正確なことはわかりませんでした。 そして「再熱除湿」と「弱冷房除湿」では使用する最適なタイミング・効果・気になる電気代にも若干違いがあります。ご自宅のエアコンの除湿機能がどちらのタイプなのか確認しておくのがおすすめです。 かんたんな見分け方 ・再熱除湿. 弱冷房除湿: 一般的な除湿方式で 湿度も下げるが温度も少し下がる という特徴があります。 冷房運転より電気代は安い: 再熱除湿: 再熱除湿は、除湿した時に冷たくなった空気を暖め直し送り出す方式で、 部屋の温度を保ちながら除湿できる 特徴があります。 もうひとつに再熱除湿という方法で、室温は下げないで除湿できますが、電気代が非常に高くなります。 この特徴を踏まえて電気代を比較すると、 弱冷房除湿の場合は 1日8時間1ヶ月間使った場合の電気代は、 1,663円と冷房運転の3分の1以下 になります。 エアコンを選択するとき、考慮しておいた方がいい機能に除湿があります。 除湿の方法は二種類あります。 弱冷房除湿; 再熱除湿 ... 弱冷房除湿は、熱を奪って冷たくなった空気をそのまま、吹き出し口から出します。 再熱除湿は、熱を奪って冷たくなった空気を再度温めて、吹き出し口から� エアコンのリモコンの除湿ボタンに「さらら除湿」� エアコンの「冷房」と「除湿(ドライ)」の違い、あなたはご存知ですか? 知っているようで、意外と知らない人も多いようですが、目的に合わせて正しく使い分けることで、暑い季節も快適に過ごせるもの。もちろん、電気代の節約につながるのもうれしいポイントです。 <カラッと除湿(再熱除湿方式)のエアコン> 同じ設定温度で比較すると、カラッと除湿(再熱除湿方式)より冷房のほうが若干電気代が安くなります。 カラッと除湿(再熱除湿方式)は、お部屋の空気をエアコンの内部で強く冷やして除湿します。冷えた空気は暖め直してから送風するため� 「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の見分け方. 除湿の方が電気代安いはず…それって本当なのでしょうか?徹底比較してみました!梅雨や真夏に使う時は経済的に賢く使いましょう。 「冷房」と「除湿」の違い 出典:mixture-art.net 「冷房」とは? 部屋の空気の温度を下げる機能です。部屋から熱を取り除いて、涼しい部屋にします。 「弱冷房(じゃくれいぼう)除湿」は 除湿した空気をお部屋に戻す際、 冷たい空気をそのまま戻すので、 冷房が効きすぎた時のような、 寒い状態になってしまいやすくなります。 「再熱(さいねつ)除湿」は除湿で寒く 感じることを無くすために、 適温に温め直してから、お部屋に空気を � 除湿は、「湿度(しつど)」を下げることをいちばんに考えた機能(きのう)。 ちなみに、除湿には、2つのタイプがある。 弱冷房(じゃくれいぼう)除湿…温度を少し下げて除湿。弱めの冷房(れいぼう)と同じ。 再熱除湿…温度を下げずに除湿する。 やはり 再熱除湿が一番高い という結果がでました。 実は除湿運転のほうが電気代が高い? 除湿運転と冷房運転はどちらが電気代がお得なのか調べてみましたが、まず除湿運転に2つの方法があることがわかりました。弱冷房除湿と再熱除湿の2つです。 それでも従来の弱冷房除湿に比べると室温の低下は少ないとのことですが、数値データで示せるほどの差が見られないので公表はしていないということのようです。 再熱除湿:圧縮機の能力を高めて温め直しようのエネルギーを生成するために冷房運転よりも電力が大きくなってしまう。 ダイ� というのも除湿機能に「弱冷房除湿」を採用しているのか「再熱除湿」を採用しているのか古いエアコンだとマニュアルにも記載されていないことが多いんです。なのでメーカーに聞く方法以外有りません。比較的新しいエアコンだと再熱除湿を採用している物の方が多いかなという印象です。