":"&")+"url="+encodeURIComponent(b)),f.setRequestHeader("Content-Type","application/x-www-form-urlencoded"),f.send(a))}}}function B(){var b={},c;c=document.getElementsByTagName("IMG");if(!c.length)return{};var a=c[0];if(! 今日のコラムのテーマはうつ病や双極性障害と言った精神疾患の既往歴のある方が転職や就職の際に、自分の既往歴や病歴を就職するまたは転職する会社に伝えるべきか?うつ病や双極性障害という精神疾患の既往歴を内定が出た会社に伝えて大丈夫か?といったテーマです。, 私も同様の悩みや不安を持ったことがあり、また、辛い経験もしたことがありますので私の体験を踏まえながらお話しできればと思います。, 小説『蝉氷』やこのブログを書いている私のことに興味がある方は以下のnoteを御覧ください。, 先に結論を話すと、見出しの通りうつ病薬双極性障害といった精神疾患の既往歴は就職するにあたって、面接の際に自分から話す必要はありません。, どういうことかというと、行政から採用面接をする際にのガイドラインと言ったものが出されています。具体的には下に資料のリンクを付けておきましたので気になる人は眺めて見てもらっても良い悪いと良いと思います。, https://www.mhlw.go.jp/www2/topics/topics/saiyo/dl/saiyo-01.pdf, P.08 ⑭「合理的・客観的に必要性が認められない採用選考時の健康診断」の実施はNGです。, 一言で言うと、不用意にデリケートな情報を採用候補者つまり面接している人に聞かないようにし、仮に聞く場合は内定を出した後に配属する本人の仕事に関係がある者に限定して聞くような行政指導がされています。, そのため、あからさまに「精神疾患の既往歴があるんじゃないか?」と言ったような質問は企業の採用面接ではしてこないと思います。, ただ、ここで気になるのがうつ病や精神疾患を経験したという既往歴を話さなくて大丈夫なの?という不安だと思います。, この不安を抱いている方に私の個人的な意見をお伝えしますと、精神疾患という経歴があることで、なぜか十字架のようなものを背負っていないでしょうか?, 新しくスタートを切ろうというあなたの未来の活躍ができるかもしれないフィールドに立てるかどうかの一つの試練です。, まだ精神疾患に関しては、メンタルヘルス不調ということで企業の方もかなり神経質になっています。, なぜかと言うとメンタルヘルス不調になった社員の対応に苦労したり、復職してもまた休職してしまったり要するにメンタルヘルス不調者が戦力にならない・対応に苦労したという経験をしているからです。, 自分がメンタルヘルス不調や精神疾患の既往歴があるという風に面接で伝えて受かるケースは10%未満だと思います。, ただここまで話した内容と180度変わるのですが、私の個人的なオススメはこれまで話した内容とはちょっと変わってきます。, 正直、今の日本社会や採用面接の現場では理想論という風に言われかねないことかもしれませんが、私は自分の病歴や既往歴を仮に面接で話さざるを得なくなったとしてもその辛い過去や経験を入社後にどう生かすことができるのか?自分がきっかけで自分自身の調子を崩すことはないか?(つまり、自爆しないか?)と言ったことがきちんと説明できれば私が面接官であれば面接を通過させます。, これは私が今の勤務先に就職転職する際の面接で既往歴に関しては聞かれなかったのですが、いよいよ役員面接という時に面接してくれた役員の方が非常に鋭い形でおそらくこの人に言わなければいけないという感覚を抱いたからです。, なんとなく洞察力が鋭くて、「あー、この人大体分かってるな、私の考えていることバレてるな」という経験ないでしょうか?, 当時、面接してくれた役員にあの頃の話をすると辛い経験をこの先の強みに変えられそうな人だと思ったということを言ってくれたのを覚えています。, 転職というのは自分のライフスタイルや自分の暮らしを大きく変えるもので、「こんなはずじゃなかった」とか「自分が思っていたのと訳が違った」といったことが多々あります。, でも、もし新しく入る会社に本当のあなたやあなたの過去を知った上で受け入れてくれる会社があるのであれば、仮にまた具合が悪くなったとしてもひどい扱いはされないでしょう。, だからどうするかは個人個人の問題ですし、おまかせしますが、来月働いて早くお給料がもらえないと足元の生活資金が足りず、生計が立てられないといったようなことがなければ、自分の体調が再び悪くならないかどうかという観点で面接している会社を試してみることも進めます。, うつ病や双極性障害といった精神疾患であったことをオープンにして就職活動や転職活動するし、入社することをオープン就労とよく言います。, 一方、そういった既往歴や病歴を隠し、もしくは言わずに就職することをクローズ就労といいます。, リクルートエージェント、マイナビ、 DODAといった転職紹介会社はメンタルヘルス不調者を極端に嫌います。理由は精神疾患の既往歴のある者は採用されにくいからです。, 彼ら転職紹介会社のエージェントの収入は中途採用や新卒採用を募集している会社への人材の紹介手数料です。つまり、あなたが面接を通過して無事に採用されればあなたの年収の2割とか3割が転職エージェントに振り込まれる仕組みです。, ですから、面接を突破して中途入社できるまたは新卒入社できる人材しか紹介してません。収入にならないからです。, 既往歴を隠して転職エージェントを使って入社し、後でその既往歴が原因となって職場を休むことになってしまったり、退職してしまったりといったことがあった場合には転職紹介会社のブラックリスト載ってしまうことになりますので、再就職が困難になります。, ですので、私のおすすめは面接をしてもらっている会社の役員や社長もしくは人事部長といった人だけに伝えることを勧めます。, 人事部の平社員の場合は自分の感覚で判断してしまうでしょうから、メンタルヘルス不調と聞いて次の面接に進める判断ができる平社員は多分いないと思います。, ですので、最終選考や最終選考の一つ前で話したければ、それなりの立場の方に健康に関する情報なのでこの場限りでお願いしたいと前置きして話をしてみましょう。今は大丈夫でその失敗をこう改善していくといったことが説明が付けられれば、理解ある会社であれば大丈夫です。, クローズ就労の場合に心配になるのが入社した後で自分の既往歴や休職歴がばれないかというところです。, 休職歴がバレる要因としては面接の際に説明していた年収よりも直近の年収が少ないといった場合に勘の鋭い人事部の職員がいれば気づくと思います。, 源泉徴収票の支払金額のところに記載されている金額はあなたが1月から12月までの間に前職から支給された給与明細の額面ベースでの収入の合計金額です。, *所得税や住民税又は厚生年金保険料・健康保険料といった社会保険料が天引きされた後の手取りの給与ではありませんので注意しましょう。, あなたが中途採用で入社する社員を受け入れる人事部の職員だと思って、提出された源泉徴収票の支払金額が例えば面接の際に伝えられた年収の半分くらいだったらどう思いますか?, 言われていた収入より、源泉徴収票の金額が増える理由としては残業代や賞与といったたものが想像できます。, 一方、減る場合というのは、前職の業績が悪く賞与が少なかったのかもしれないということもありますが年収が半分ほどになるでしょうか。, 個人的なことですが、私の場合は精神疾患を発症した時の勤務先にずっと勤めるつもりはなくて復職した目的はこの一年分の収入金額が記載されている源泉徴収票を手にすることでした。, これが意外と気づかないところで源泉徴収票というのは入社する際に入社手続き書類として採用された会社に提出しますから頭に浮かぶんですが、 忘れがちなのがこの住民税です。, 1月から12月の収入金額を元に所得税が決定された後、その所得税をもとにスタートが6月始まりで5月までの住民税が算出されます。, なんとなくわかってきた方もいるかもしれませんが、たとえば半年休職をした年の源泉徴収票に書かれている収入金額が面接時に説明した年収の半分だったとします。, なぜかというと、あなたが勤める会社はあなたの住民税を給料から天引きするよう国に義務付けられているからです。, 実際、その住民税の金額が合ってるかどうかということをちょっと大きい会社であれば確かめることもあると思います。, もし、あなたがこれから努めようとする会社が過去にクローズ就労で入社した社員が再休職してしまったり、何か具合が悪くなってしまったとか何か問題が発生してしまっていたとしたら再発防止策としてこういったフィルタリングをかけるということは十分にあります。, 転職活動や就職活動とは話がそれますが、健康保険証を使うと精神科に通院しているということがばれるか?といった質問もよく聞きます。, なぜかというと、どこの医療機関にかかったという話やどの診療科にかかったという話は超個人情報なのでバレません。, 仮にばれたとしても精神科に通院していることを理由にあなたを懲戒解雇にしたり、クビにしたりということは絶対にできません。全く心配ありませんし、仮にそんなことになった場合はむしろ自分からそんな会社は辞めたほうがいいです。, たまに保険に入れなくなるからとか会社にばれるから精神科や心療内科で保険証を使いたくないといったことを言う方や実際に私が経過観察で通ってるクリニックでも保険証を出さない方がいます。意味がないのでやめましょう。, 生命保険や医療保険に関しても保険に入れたとしても、入る前に精神科に通院していたことが分かった場合は告知義務違反ということで実際に保険金がおりるような病気やケガを負った時に保険金がおりません。嘘をついていたからです。, (保険に入った後に精神疾患になった場合は大丈夫です。だから、保険には社会人になったらすぐ入りましょう。), そのため、自分の部下になる方の採用面接に現場の人間として参加することもあります。その経験から何点か個人の見解としてアドバイスさせていただきます。, その他、健康診断の話などをすると、入社する際の健康診断の書類に既往歴を書く欄があります。入社した後に働く仕事の内容はイメージできていると思いますのでその仕事に支障がないと断言できるのであれば書かなくても構いません。, これは補足しておくと、メンタルヘルス不調にばかり頭がいっていると知らないのですが、会社員として働いている上で休まざるを得なくなる一番の病気は腰痛です。, だから、あなたが就職する会社が運送業でトラックの運転手だったり荷物を運ぶと言ったようなことが仕事になる場合に健康診断の既往歴のところに腰痛になったことがあるのに腰痛と書かないのはまずいと思います。, 管理職の立場としては、そういった方にそういった仕事をさせるのはやめたほうがいいと考えるからです。そういった持病を持っているなら言ってほしい。, 一方、メンタルヘルス不調というのは非常に難しく、メンタルヘルス不調や精神疾患があるからできない仕事というのは抗うつ薬や精神安定剤を服用していた場合の車の運転といったようなことを除き特別ありません。, だから、管理職の立場としては採用されて配属された後に何かフォローを求めたり、配慮が必要だといったような状態であれば健康診断の既往歴のところに記入してほしいです。, 一方、フォローや配慮は不要で本当に一般の社員として扱って欲しいのであれば無理に既往歴を記入する必要はないでしょう。, 管理職の視点としては新たに採用される方を向かい入れて、チームで業務を回していかなければいけません。, だから、チームの各スタッフの能力や個性というものをなるべく掴みとって最適配置をすることが管理職の仕事です。, 自分が素晴らしい管理職というわけではありませんが、皆さんが素晴らしい職場の同僚や上司部下と巡り会うことを祈っています。, メンタルヘルス不調のある既往歴のある管理職ということで、ゆるーくツイートしたりご相談聞いています(商売にしていないので、聴いて、少し方向性を示してあげるくらいになっていますが)。, 誰にも相談できない・・・そんな方はとりあえずフォローしておいてもらうといいかもしれません。, 「うつコンティニュー」へアクセス頂きありがとうございます。私のプロフィールやこのブログの使い方を知りたい方は上の写真をクリックしてください。, studio-reviveさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 自分一人で求人活動を進めた場合、頑張っても1~2社へのアプローチに終わってしまいますし、自分だけで労働条件や年収、勤務地の交渉までしなければいけません。 一方転職エージェントに依頼すれば、完全無料で以下のようなメリットが得られます。, ➡自分では意識していなかった市場価値、強みを発見してくれる ");b!=Array.prototype&&b!=Object.prototype&&(b[c]=a.value)},h="undefined"!=typeof window&&window===this?this:"undefined"!=typeof global&&null!=global?global:this,k=["String","prototype","repeat"],l=0;lb||1342177279>>=1)c+=c;return a};q!=p&&null!=q&&g(h,n,{configurable:!0,writable:!0,value:q});var t=this;function u(b,c){var a=b.split(". 企業としては転職回数が多い人は敬遠する傾向がありますから、転職回数が増えるごとに内定をもらえる可能性は低くなってしまうでしょう。「別に転職回数を誤魔化してもバレないのでは・・・」な … フリーター経歴が長いので、履歴書の書き方に困っている・・ 正社員に就職したいのに、履歴書の書き方で悩むと先に進めないですよね。僕もですが、フリーター当時は、とにかく履歴書の書き方で困っていました(汗) ... 過去をどこまで伝えればいいのか悩む方もいます。確かに、ニートとフリーター状態を繰り返している方など、過去に病気でもあったのかな?と思われることもあるんですけどね。, ですが、仮に病気になっていた時期があったとしても、過去のことなので無理に伝える必要はありません。深く突っ込まれるようなら、「実はウツで休んでました。今は元気です」とでも言っておけばいいので。, これも繰り返しの話になりますが、今の時点で影響を及ぼすかどうかで判断すべきです。心臓の手術をしていて、ハードな仕事ができないのに黙って応募とかはさすがにヤバいという感じ。, 今、持病で苦しんでいて就活をされている方もいますよね。こういった方々が、もし持病について伝えないといけない場合、就職出来なくなる可能性は確かにあります。, 状態にもよりますが、大きな理由としては企業側が受け入れられないケースなどですね。シフトの都合で融通を利かせられないとか、周りの理解が必要と言った場合です。, 採用する側の立場で考えると分かりますが、その人材を採用した後にややこしいと思えばやはり拒否されるわけです。, そのため、就職が難しくなりやすい方は、専門の就職アドバイザーなどと相談して、話を進めて行く必要があると言えます。味方を作れって話ですね。, とは言え、何でも黙っておけばいいよ!ウソをついておけよ!みたいな無責任なことは言いません。, 何ごともケースバイケースなので、事前告知が必要な持病と、不要な持病のケースに分けて解説しておきます。, 仕事を休む必要があったり、病気の影響で働けなくなる可能性があるケースでは話しておくべきです。, 服薬しているなら、定期的に通わねばいけませんし、そのために休ませてもらわないといけないというのは困ります。また急変した時に休むとかも同じ。, 言わなくても分かるかと思いますが、仮にウソをついて入社してもすぐばれるなら正直に話しなさいってことです。, シフトの都合をつけるとか、しんどい時は休みやすい環境を探さないといけないので無理はいけません。, 難病と言われる病気や、症状が出た時に会社側の対応が必要になるケースも伝えるべきです。難病と言われるだけに、一般的な知識では対応できないですからね。, てんかんなども同じですが、発作が起こった時に対応に周りが困惑するようだと問題になります。こういったことも理解された上で働くと、自分も周りも安心度が違うので。, いつ病気の症状が出るかわからない不安を抱えてしまうと、それも含めてストレスになりますので。, 何もかも話さなくていいけど、企業側の対応が求められるのであれば話しておくべきです。, よくうつ病や発達障害なども告知すべきか悩む人がいますが、こちらについては話さなくて大丈夫です。分かりやすい話、今の時代はウツも発達障害の方も潜在的に多くいるから。, こういった社会にある中で、わざわざ説明しないといけないのかというと・・みんな説明してたら就職なんてできないですよね。, 特に、回復中の方や、元うつ病の方など、今が大丈夫なら自己判断で問題ありません。発達障害なども同じで、結局は自己判断でみなさん働いているということです。, わざわざ言わないといけないのか?と思うようなら、それだけ言う必要がない証拠なので安心してください。, どんな病気を抱えていようと、自分で対処で来ており業務に支障が出ないなら問題はありません。, 例えば、僕の場合は鼻炎アレルギーで薬を飲まないと冬場は鼻水が止まらないんですね。なので薬をひたすら服用して働いています。, ただ、この症状は朝と夜に家で薬を飲めばいいだけなので、正直なところ黙っていれば誰も気づきません。こういったことをわざわざ言う人はいないでしょう。, 「鼻炎くらいならそりゃ言わないよ」と思うかもしれませんが、どんな病気にも当てはまります。結局、気づかれないなら、不利になることを言わない方がいいのです。, 露骨にバレる可能性が高い病気は、さっさと伝えておいた方が良いです。特に就職すると健康診断など検査を受けることになりますからね。, この検査に引っかかると、最初に言わなかったことが明るみになります。「絶対検査で引っかかるわ~」という症状を抱えているなら、ウソを言わずに伝えましょう。, 20代就活の応援ブログなので少ないと思いますが、糖尿病とかは血液検査とかをしていると分かりますよ(汗), もしバレた場合、解雇になるだろうというケースではさっさと伝えておくべきです。多くの病気が世の中にはあるので、隠せば見た目は分からないケースは存在します。, 僕の知っている例だと、パニック障害とかでいきなり動けなくなる方とかもいるんですね。そういった方は、あからさまに隠していたと分かるので解雇もあり得ます。, 企業も、正直に伝えられて採用していたら解雇するのは難しいのですが・・。黙っていたとなると、告知されてなかったという理由ができるので解雇しやすくなるということです。, 隠す背景に、採用されたい気持ちが強すぎないかはチェックしておくべきです。誰でも採用されたいと思えば、都合の悪いことは伏せたくなりますからね。, しかし、述べてきたように隠しても問題ないケースと、隠さない方が良いケースはあります。これらについてはしっかり判断を踏まえた上で決めるべき。, 恋愛も似ていますが、交際したいと思うと、少々のことは背伸びしてごまかす人がいるのも事実です。思いが強すぎて、無理をしていないか気をつけましょう。, それでは、持病がある方は、どのように就職活動を行えばいいのでしょうか。ここでは、代表的な作戦について解説しておきます。, 基本的に、持病を気にしながら就活するのは精神的な負担が出てきます。そこで活用すべきは、就活アドバイザーや相談員の存在。, ただのアドバイザーではダメなところがあって、しっかりと企業と繋がりのある人に頼みましょう。例えばですが、人材エージェントなどは有利です。, なぜかというと、企業側に個人で伝えると不利になる病気の内容も、エージェントを通せば伝えても大丈夫かが知れるからです。, 自己判断で、いきなり履歴書に書いたり面接で伝えるのはリスキーとしか言いようがありません。逆に、アドバイザーの方を通せば、企業の反応もしっかり見た上で応募できます。, 求人検索だけをして応募していると、こういった裏情報が全く手にできないので、できるだけエージェントを頼るべきということです。, 病気のことを伝えるにしても、仕事に支障がない前提で伝えるべきです。「ちょっと仕事に支障が出るかも?」といった伝え方だと、結果的に採用側が負担になるんですね。, どうしても支障が出るという場合、そもそも今は治療すべき段階とも言えます。ムリに働く前に、しっかり治して就職することが重要。, 自信を持って働ける状態にしろという意味ではないので、こちらについても自己判断は求められるところですけどね。, 病院などに通う方は、勤務もシフト制のところが便利です。土日休みと限定してしまうと、場合によっては通院が厳しいところもあるでしょう。, 「土曜は昼まで、日曜は休みの病院なので平日に早退させてほしい」という要望は、話し合いで決められたら楽ですが・・。ネックになるので、採用されにくいのは言うまでもありません。, 持病があると伝えるか悩むと思いますが、企業も求職者もお互いに取って都合が悪くなるなら、隠した方がいいケースも多くあります。, この2点が守られるかどうかです。就活の際には、いかに自分をアピールできるかなので、不都合な点を無理やり出す必要はありません。, 言わないといけない問題はさておき、迷惑をかけない範囲であれば、黙って就活された方が有利になるという話ですね。, ちなみに、持病を抱えて就活するならエージェントを使って相談されると早いです。一人で悩まず頼られてみることをオススメします。, 20代フリーターに取って就職に重要なのは、転職エージェント選びになります。フリーターを抜け出し転職するのに、質の低い求人案件を選んでいては損ですよね。, そのため、僕自身が実際に使った「20代向けエージェント」をまとめてみました。個々の使いやすさや目的に合わせて利用されてみて下さい。, DYM就職は、過去の経歴に捉われない人物評価をしてくれるため、書類選考なしで面接に進むことが可能です。これにより、フリーター経歴で弾かれる心配がありません。, 就職率の高さが96%というのは驚異的ですが、この秘密は選べる業種の数が多く偏りがないからだと、実際に就職できた僕は感じています。ちなみにIT系に入社しています。, メーカーや商社など優良企業が2,000社と豊富なため、非公開求人も含めてチェックしていくと仕事は見つかりやすいです。, もちろん全ての人が、優良企業や一流企業に入れるわけではないので、まずは相談して希望を伝えてみることをおすすめしておきます。, DODAは求人サイトとしても国内トップクラスになります。そのため、約10万件という圧倒的な求人数から仕事が選べるため、フリーターのみならず利用者は多くいます。, 僕自身も介護職に就く際には、DODAを利用して採用されています。「未経験者OK」の求人が多いことや、各求職者のフォロー実績も多いためフリーター身分でも問題なし。, 利用ユーザーが多いため、過去に紹介した人材や紹介実績から、社風や先輩の情報も貰えます。どういう会社か事前に知るのはエージェントの魅力ですが、DODAも丁寧に教えてくれました。, デメリットとしては、自分が興味を持って取り組もうとしている分野の非公開求人しか教えてもらえないことです。全く関係ない分野まで広げてチェックはできないのでご注意を。, 自分に向いている仕事がわからない、社会人経験がフリーターだけで就職不安がある・・。こういった方には、第二新卒エージェントneoが有利に利用できます。, 専任のキャリアコンサルタントが、個々に合わせた書類作成や自己PRをサポートしてくれるという強みがあります。未経験OK求人が豊富に揃っているのもフリーターへの安心材料。, 登録のための説明会場が、東京・大阪・名古屋と限られていることにだけご注意を。ブラック企業を排除し、担当者が厳選した企業のみを紹介しているシステムになります。, 僕が登録して気づいたのは、その非公開求人の質の良さです。実際に登録しないと見れませんが、フリーター未経験から働くには条件のいいところが揃っていますよ。, リクナビは全国どこでも登録さえしておけば利用可能です。エージェントではないのに、なぜ紹介しているのかというと、リクナビの自在性にあります。, リクナビはいわばネット上のハローワーク。求人数が最も集まるサイトとして人気のため、ネット就活する人の2人に1人は登録しているんですね。, エージェントで仕事を探すのがいちばんですが、常に出てくるリクナビ求人をチェックしておけば気になる案件が出てもマイペースに動けます。, スカウトメール登録している方などは、就職率も高くなっているので、ぜひ効率的な就活のために役立てて頂ければと思います。.