0000005189 00000 n 0000091186 00000 n (2019年01月10日), 2019年の米貿易赤字は6年ぶりに前年比減 0000003824 00000 n 0000005326 00000 n %PDF-1.4 %���� 0000006400 00000 n 日系企業調査によると、「保護主義的な動きによる事業への影響」について、在シンガポール日系企業(回答数:386社)のうち、 29.8%が「影響がある」と答えた。残りは、32.6%が「影響はない」 、37.6%が「分からない」と答え、約7割が現時点では明確な影響を感じていないようだ(図1参照)。 同調査で「影響がある」とした企業のうち、「マイナスの影響がある」との回答は25.1%、「プラスの影響がある」との回答は8.6%だった(複数選択可)。なお、「プラス・マイナスの影響の及ぶ主な対 … 0000014526 00000 n 東南アジアへの日本企業進出が加速しています。日本企業はなぜ東南アジアへ進出し、どのような効果を期待しているのでしょうか。aseanの実状と今後の予測からその理由を考え、今後進出が増えると予測される国について解説します。 0000005167 00000 n 0000007482 00000 n 0000001417 00000 n 0000008678 00000 n 0000301991 00000 n 0000003887 00000 n 0000316977 00000 n (2020年09月09日), 2020年大統領選の展望(後編)鍵を握る激戦州での無党派の取り込み(米国) 0000006959 00000 n Copyright (C) 1995-2020 Japan External Trade Organization(JETRO). trailer << /Size 211 /Info 164 0 R /Root 171 0 R /Prev 548008 /ID[<59c5805228d5d2cd2212d83151dc8f2a>] >> startxref 0 %%EOF 171 0 obj << /Type /Catalog /Pages 163 0 R /Metadata 165 0 R /AcroForm 172 0 R >> endobj 172 0 obj << /Fields [ ] /DR << /Font << /ZaDb 160 0 R /Helv 161 0 R >> /Encoding << /PDFDocEncoding 162 0 R >> >> /DA (/Helv 0 Tf 0 g ) >> endobj 209 0 obj << /S 930 /V 1142 /Filter /FlateDecode /Length 210 0 R >> stream 0000008075 00000 n 0000008700 00000 n 0000003564 00000 n 0000313690 00000 n 0000304763 00000 n 0000316633 00000 n 0000001171 00000 n 0000006937 00000 n 0000008053 00000 n 0000002964 00000 n 0000003865 00000 n All rights reserved. (2020年04月15日), 米中貿易摩擦の日本企業への影響(その1)対中制裁関税などへの対応に苦慮 0000010227 00000 n 0000317488 00000 n 自動車大手、新型コロナ禍を受け2020年上半期の販売台数が大きく減少(ドイツ) 0000002394 00000 n ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。, 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。, 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。, 外国企業 0000091531 00000 n 今、東南アジアに進出する日本企業が増加していますが、それはなぜでしょうか。東南アジアへの進出の実態を見ながら、その理由を探ります。また、これから進出が加速することが予測される国と、その背景を解説します。, 東南アジアの10カ国により形成されるASEAN共同体。ASEANへの日本企業の進出は、どのような実態となっているのでしょうか。, 帝国データバンクは、「ASEAN 進出企業実態調査(PDF)」を2016年に公表しました。これは企業概要データベース「COSMOS2」および信用調査報告書ファイル「CCR」などを基にした、 2016年4月末時点での集計結果です。, これによると、ASEANに進出している日本企業は11,328社に上るとされています。日本企業の進出が最も多い国は、タイで4,788社、次いでシンガポールに2,821社、ベトナムに2,527社となっており、タイが進出先としてもっとも多くの割合を占めていることがわかります。, また業種別では、製造業が4,925社と最も多く、2位の卸売業2,825社を大きく引き離しています。, 規模別で見ると、売上高100億円以上の企業が2,890社で25.6%と、全体の1/4を占めています。一方、売上高1億円未満の企業も601社、5.4%となっており、規模が大きくない企業もASEANへ多く進出していることがわかります。, なぜこのように、ASEANへ進出する日本企業が増えているのでしょうか。その理由として次の3つがあげられます。, 国際機関日本アセアンセンターが発行した「ASEAN 情報マップ (PDF)」には、ASEANの実状と未来予測、日本や各国の企業との関わり方などがまとめられています。, このなかでは、1980年には3.6億人だったASEANの人口が、2016年には6.37億人に到達していることが報告されています。2030年には、ASEAN全体の人口は7.3億人に達すると予測され、市場としての期待値はさらに膨らむ見込みです。, また、年齢別の人口分布で見たとき、高齢者人口の多い日本とは異なり、ASEANでは若年層人口が多い点が注目されています。高齢化社会を迎える日本では、生産者人口の減少が懸念されていますが、ASEANは豊富な生産者人口を抱えています。このことからも、ASEANが市場として、また企業の拠点としても有望であることがわかります。, みずほフィナンシャルグループの調査(PDF)によると、ASEANの経済成長率は5%前後と世界経済の平均を上回る成長を見せています。GDPを見てみると、ASEANは日本のおよそ半分です。しかしGDP(PPP)では、数年前から日本を大きく上回っています。このようにASEANは今後も順調な成長を続けていくことが見込まれています。, 2015年、ASEAN経済共同体(AEC)が発足しました。これにより関税が撤廃され、より活発な貿易が可能となり、人の移動も自由化されます。こうして単一市場化されることで、ヒト・モノ・カネの動きが自由化し、AECとしての経済競争力を向上させる狙いです。日本経済新聞によると、この共同体は、総生産2.5兆ドル(約300兆円)の巨大な経済域となり、ASEAN域内各国のさらなる成長にもつながると見られています。, 2011年から2016年の間、最も日本企業の進出増加率が多かったのがミャンマーです。これは東洋経済新報社の調査で明らかになりました。ミャンマーは「アジア最後のフロンティア」として注目されているのです。, この背景として、アウン・サン・スー・チー氏の活動により、米政府からの経済制裁が解除されたことも要因として大きいと考えられます。同氏は、日本企業へも積極的な投資を呼びかけています。, また、ミャンマーを含む4カ国を、高速道路や橋によって結ぶ南部経済回廊というプロジェクトも進んでいます。これにより、ASEAN内で日本企業が最も多く進出しているタイとも結ばれるため、さらに進出を後押しする形になるでしょう。, これらの働きに加え、他国に比べ労働賃金が低廉であることもあり、今後さらにミャンマーへの進出は活発化すると予測されます。, ASEANへの日本企業の進出について、実態と今後の予測を解説しました。ASEAN経済共同体の発足、ミャンマーの民政移管など、東南アジアエリアに大きな変化が訪れています。これに伴い、今後さらに日本企業のASEAN進出は加速する見込みです。. 誘致, 米中貿易摩擦が在シンガポール日系企業に与える影響は、現時点では限定的なものにとどまっているようだ。ジェトロの「2018年度アジア・オセアニア進出日系企業実態調査(以下、日系企業調査)」によると、米中貿易摩擦の影響があると答えた企業は3割強だった。ただ、シンガポール国内では、摩擦が長期化した場合の影響への懸念がある一方、中長期的には東南アジアへの生産移管などプラスの影響を期待する声もある。, 日系企業調査によると、「保護主義的な動きによる事業への影響」について、在シンガポール日系企業(回答数:386社)のうち、 29.8%が「影響がある」と答えた。残りは、32.6%が「影響はない」 、37.6%が「分からない」と答え、約7割が現時点では明確な影響を感じていないようだ(図1参照)。, 同調査で「影響がある」とした企業のうち、「マイナスの影響がある」との回答は25.1%、「プラスの影響がある」との回答は8.6%だった(複数選択可)。なお、「プラス・マイナスの影響の及ぶ主な対象」は、いずれも「海外売り上げ(輸出での売り上げ)」と回答した企業が最も多かった(図2参照)。, 「マイナスの影響がある」とした企業では、中国向けに部品、素材などの中間財や資本財を輸出する企業で影響が出ているようだ。ジェトロ・シンガポール事務所が追跡インタビューを行ったところ、「中国の自動車や鉄鋼メーカーで買い控えがあり、2018年第3四半期(7~9月)ごろから荷動きが減っている(石油製品)」「中国工場で利用される計測制御器の出荷が落ちてきている(電気・電子)」などの回答があった。ただし、日系企業調査における、在シンガポール進出日系企業による輸出先の内訳は、ASEAN(54.5%)が最も高く、続いて日本(17.3%)、インド(4.7%)、中国(3.8%)となっていることからも、シンガポールで中国向け輸出に携わる進出企業は限定的だ。, むしろ、多くの企業にとって、現時点では直接的な影響は少ないものの、中長期的には貿易摩擦の長期化や加速がマイナスの影響を及ぼすとの見方をしている。「米中貿易摩擦は自由貿易を阻害する要因(電気・電子)」「自社製品が関税対象になる可能性があり、今後について懸念(卸売)」「米中貿易摩擦の加速により、米国向け輸出が減少(運輸・倉庫)」などといった声があった。, 「プラスの影響がある」と回答した企業は、中長期的にシンガポールを含めた東南アジアが中国からの生産移管の受け皿としてメリットを受けやすいとみている。インタビューを行った企業の中では、「中国向け販売が明らかに下落している一方で、顧客のなかにはASEANへ生産移管を模索する動きが強まっており、生産設備の販売で商機(電気・電子)」「ASEANへ移転のために新規進出した顧客への設備販売が増加(電気・電子)」との回答があった。回答企業によれば、中国からASEANへの生産移管については、中国、台湾、香港などの非日系企業が既に開始、あるいは検討しており、移管先として、ベトナムを筆頭にマレーシア、インドネシア・バタム島などを候補地として挙げているという。 例えば、台湾企業の和碩聯合科技(ペガトロン)は2018年12月6日、バタム島で新たに通信機器を生産することを明らかにした。報道によれば、同社は米国による中国製品への関税賦課を回避し、中国から一部生産を移管する目的でバタムへの進出を決めた。, このほかプラスの影響では、「米国向け輸出にあたって、中国で製造された競合品と比較して、自社製品が相対的に安価になり競争力が増す(電気・電子)」「米中摩擦をきっかけに国際相場が下落し、商材を安く調達できる(商社)」などの回答があった。, 日系企業調査で、具体的にどのような対応策を講じるのか、という質問に、「何も変更しない」「分からない」との回答を除くと、図1で「マイナスの影響がある」と回答した企業は「販売先の変更(7.3%)」が、図1で「プラスの影響がある」と回答した企業は「調達先の変更(9.4%)」が多かった(図3参照)。, 地元産業界や学術界からも、米中貿易摩擦がシンガポール国内および東南アジアに及ぼす影響についてさまざまな見解が示されている。シンガポールの調査機関であるDP情報サービス(DP Information Service)が実施した「中小企業調査2018(SME DEVELOPMENT SURVEY 2018)」によれば、アンケート対象の中小企業(回答数2,557社)のうち、19%が保護主義的措置による影響があると回答した。理由として、「輸出競争力の低下(54%)」「海外での売り上げ減少(40%)」「海外での販売計画変更(28%)」が挙げられた。, DBS銀行エグゼクティブ・ダイレクターのイルビン・シーア氏は、シンガポール中華総商会(SCCCI)が2018年11月21日に主催したセミナーで、「シンガポールは貿易依存度の高い小国として、米中貿易摩擦の影響を受けやすい」とし、「企業はシンガポールが形成する自由貿易協定(FTA)のネットワークを生かし、地域サプライチェーンの構造変化に対応することで便益を受けることができる」と指摘した。, シンガポール国立大学東南アジア研究所(ISEAS)客員研究員のヨルゲン・オストロム・メラー氏は、同年10月16日に発表したレポートで、米中貿易摩擦はグローバルサプライチェーンを崩壊させ、とりわけ東南アジア産業界にとっては、中国向け中間財輸出で打撃を受けるが、米国による調達地として代替地になりえるとした。また、長期的にはアジアにおける消費市場の拡大もあり、米国などグローバル市場向けというよりも、東アジア大でのサプライチェーン構築がさらに深化するであろうと分析している。, 在シンガポール米国商工会議所(AmCham)が会員企業を対象に実施し179企業が回答したアンケートでは、回答企業の管轄地域の内訳がアジア大洋州(55%)、ASEAN(15%)、グローバル(21%)、シンガポール(9%)と広域であることから、米中貿易摩擦に対応する形で「事業計画を変更」した企業は68%と高い水準だった。また、対応策として、「投資実行の遅延、中止(50%)」「中国以外からの調達によるサプライチェーン変更(38%)」「中国からの生産移管(15%)」などが挙げられた。会員企業の40%は、東南アジアのビジネス環境の魅力が高まると回答した。, 外国人材を活用したビジネスの拡大や外国人材を積極的に受け入れる地域の取り組みを紹介. (2020年01月10日), 行き場を失う日本の廃プラスチック 0000005898 00000 n 0000002612 00000 n 170 0 obj << /Linearized 1 /O 173 /H [ 1417 977 ] /L 551538 /E 354261 /N 22 /T 548019 >> endobj xref 170 41 0000000016 00000 n 0000005876 00000 n 現在、日本は人口減少傾向であり、日本の大手企業や中小企業は事業を拡大するため、海外展開が重要な課題となっています。 その中でもASEAN 10ヵ国の総合計は人口約 6.5 億人、名目GDPは 3 兆米ドルとなり(2018年時点)、当地域の経済は持続的に成長拡大しています。そのため、日本企業は当地域を安い労働力による生産地域としてだけでなく、拡大していく販売市場に着目し、当地域への事業展開を行おうとしています。 また、今後の日本企業にとって最も重要な消費市場になると予想されているタ … 0000304669 00000 n 0000001266 00000 n Copyright © FUKAGAWA. 表1-1 jeita の会員企業が抱える中国および東南アジアの工場数 製品生産分類(複数回答)(工場数) 国名 電子部品・デバ イス 産業用電子機 器 民生用電子・電気 機器 小計 合計 (工場数) 韓国 35 7 4 46 43 中国 215 80 76 371 348 台湾 47 7 8 62 59 香港 30 11 5 46 40 (2020年05月29日). 0000002372 00000 n H�b```f``�d`c`�(af@ a�;G��+ ��` ��lV�}���R� i����耖�z�b� q���2L� ����/t�7(��sY�[z�I�����J���>0���� 9�B�B��n.A��j}3fj>��oa��ra�[h3�WBB7�D�/�. 0000004583 00000 n 0000004145 00000 n (2020年09月28日), アジアの労務コスト比較、意外に大きい賃金水準の地域差 All rights reserved. 0000007504 00000 n 0000006422 00000 n 0000002827 00000 n