ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。 桐光学園・松井、スライダー封印も7回10K! …神奈川県大会 今夏の甲子園1試合22奪三振の大会新記録を樹立した桐光学園の147キロ左腕・松井裕樹(2年)が、秋季神奈川県大会2回戦の中央農戦に先発。 何故、楽天の松井裕樹はスライダーを投げなくなったのでしょうか?真っ直ぐとチェンジアップだけだと球種が少なくて、チェンジアップを狙われると打たれる可能性がたかいので、ストライクが例え入らなくても見せ球で投げた方が良いとおもうのですが。 野球はもちろんですが、その他スポーツの話題、他にも雑多に色々とのんびり綴っています。, YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。, 2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設, 決勝は10月7日で上位2校が2012年10月27日に開幕予定の関東大会に出場します。, 今夏の甲子園で奪三振ショーで話題をさらった松井裕樹(桐光学園・神奈川)を擁する桐光学園が9月9日の2回戦から登場。, 相模原総合-中央農の勝者と戦うことになっていましたが、中央農が勝ち進んできました。, 甲子園で4試合36回577球を投げ、光星学院との試合に敗れてから甲子園から去った後は、1週間ほど肩の疲労を取るためにランニング中心のメニューをこなしていたようです。, 甲子園だけでなく神奈川大会からの疲労もあるので、ここはきっちりケアをして欲しいです。, 8月下旬に投球練習を再開し、9月1日の練習試合での登板を控えていたようですが雨で中止。, 「全然。9日に合わせて遠投をしてきた。夏のようにバランスよくいけるか。ちょっと感覚が狂った時にいい投球ができるかどうか」, 引退する宇川一光(桐光学園3年/捕手)に代わる松井の新しい女房役は新主将の鈴木航介(桐光学園2年/捕手)がつとめることになったようです。, 鈴木航介とは中学時代にもバッテリーを組んでいたそうなので、順当と言えると思いきや、, 相棒となる松井は今や全国区の投手になったので、その女房役ということで注目も浴びることにもなるので、プレー以外の面で色々プレッシャーもあるかもしれませんが負けずに頑張って欲しいです。, この日のMAXは140キロでスライダーは投げずにストレートとツーシームのみで対応したようです。, ストレートを伸ばしていくための育成の一環なのか、それともまた別の理由があるのか分かりませんが、打者としてタイムリー二塁打も打った松井は, この球場は車で10分かからないくらいの近場なので、今日予定がなかったら見に行きたかったです。, 1年で横浜の4番をつとめる高濱祐仁(横浜高校1年/一塁手)は2安打3四球と全打席出塁で勝利に貢献したようです。, 同じく1年でレギュラーの浅間大基(横浜高校1年/外野手)などとともにこの秋も引き続き注目の選手です。, 東海大相模が多摩に12-2、慶應義塾は西湘に11-1、日大藤沢が川崎工科に3-2、平塚学園が有馬に7-0でそれぞれ勝利。, 強豪校がこのまま順当に勝ち進めば、今夏の神奈川大会と同じく準々決勝で横浜と桐光学園の対戦します。, とのコメントを残したそうですが、相手も夏と同じように負けたくないと思っているはずです。, 横浜高校との対戦も気になりますが、秋初戦を山手学院に11-4と快勝した鎌倉学園とその前に対戦する可能性があるので、その試合が秋の桐光学園のチーム力を測れる最初の試金石になるかもしれません。, 山田将士(桐光学園1年/投手)など松井以外の投手がどこまで投げられるかも注目ですね。, Copyright © 野球戯言日記 All Rights Reserved. リリーフに再コンバートされた楽天イーグルスの松井裕樹が、いきなりの“炎上”となってしまった。10月1日、今季の“リリーバー初登板”となったソフトバンク戦では先頭…(2020年10月7日 6時0分46秒) 楽天の松井裕樹投手が8日、敵地での日本ハム戦で7回途中から登板。8回は3者連続三振に抑えるなど1回1/3を無失点に抑え、今季3ホールド目を挙げた。打者たちのバットが次々を空を切った伝家の宝刀スライダーの曲がりっぷりに、ファンは仰天した。, 【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中, 松井は4-1と3点リードの7回2死二塁で先発の岸から継投。迎えた松本を右飛に仕留めると、イニングをまたいだ8回が圧巻だった。西川と平沼から外角のスライダーで空振り三振を奪い、最後は近藤をフォークで見逃し三振に。セットアッパーとしての役目を果たし、9回のブセニッツにつないだ。, 今季途中からリリーフ入った松井の奪三振ショーを「パーソル パ・リーグTV」のYouTubeチャンネルは「【3連続K】松井裕樹『恐ろしいほど曲がるスライダー』」と題して動画を公開。ファンからは「まじでえぐいなw」「曲がりすぎやろ笑笑」「これを外角に決められたらたまりません」と絶賛の声が相次いだ。, 【動画】宝刀スライダーが「曲がりすぎやろ」 楽天・松井が投じた球の軌跡がよくわかる映像, 楽天石井GMが語るトレード活性化への思い 「“移籍先で活躍したら困る”は古臭い考え」, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。 松井選手の高速スライダーの凄さ. ◆高校野球秋季大会・神奈川県大会 ▽2回戦 桐光学園7x―0中央農=7回コールド=(9日・保土ケ谷・神奈川新聞) 神奈川のドクターKが好スタートを切った。今夏の甲子園1試合22奪三振の大会新記録を樹立した桐光学園の147キロ左腕・松井裕樹(2年)が、秋季神奈川県大会2回戦の中央農戦に先発。得意のスライダーを封印しながらも7回1安打無失点、毎回10奪三振でチームを7回コールド勝ちへと導いた。, 秋の門出も代名詞の奪三振ショーで飾った。8月20日の甲子園・準々決勝(光星学院戦)以来の公式戦マウンド。松井は「まだ6割くらい」の最速140キロを計測した直球であえて押した。「悪いなりにもまとめられた」。自身公式戦8戦連続の2ケタKに、納得の表情を見せた。, 4回以降はツーシームも交えたが、全76球の大半が直球だ。夏の神奈川大会で3年連続初戦敗退中の相手打線を内外、高低へ投げ分けて翻弄。許した走者は初回の四球、2回の遊ゴロ失策、4回の右前安打の3人のみ。三塁も踏ませなかった。, さらなる成長に向け、スライダーを封印した。「もっとスライダーを生かすためにも高めにホップする直球、低めの直球を磨かないと」。野呂雅之監督(51)は今大会前、エースに来春に向けた新たな課題を与えた。, 一躍、脚光を浴びた。「体がすごくだるかった」と甲子園後1週間はノースローで走り込み。8月末に投球練習を再開も、練習試合が雨で流れてぶっつけで秋を迎えた。, 15日の3回戦では強豪・武相と対戦する。「試合の中でどんどん力をつけていきたい」と松井。成長著しい左腕が、桐光学園を初の2季連続聖地へと導く。, 桐光学園・松井、スライダー封印も7回10K!…神奈川県大会 | 紫のバラの人のブログ. データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア」. 松井選手のスライダーは、「消えるスライダー」と称されたスライダーで、高校時代も他を圧倒しており、2年生のエースとして迎えた2012年夏の甲子園1回戦の対今治西高校戦では、大会史上最多の10者連続奪三振と、1試合22奪三振を記録しました。 松井 裕樹(まつい ゆうき、1995年 10月30日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する神奈川県 横浜市 青葉区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。妻は女優の石橋杏奈 ランク:プラチナ3 リーグ:覇王 楽天の松井裕樹投手が8日、敵地での日本ハム戦で7回途中から登板。 2014プロ野球100 松井裕樹プロ3度目の先発も白星ならず・寺原史上3人目の13球団から勝利 - Duration: 2:13. リリーフに再コンバートされた楽天イーグルスの松井裕樹が、いきなりの“炎上”となってしまった。10月1日、今季の“リリーバー初登板”となったソフトバンク戦では先頭打者を四球で歩かせ、同点打を浴び、スクイズによる勝ち越しまで許してしまった。 松井 裕樹(まつい ゆうき、1995年10月30日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する神奈川県横浜市青葉区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。妻は女優の石橋杏奈[2]。, 横浜市立山内小学校[3]2年時に「元石川サンダーボルト」で野球を始めると、6年時には、当時応援していた地元球団・横浜ベイスターズのジュニアチームに加入。同時に加入した楠本泰史と共に、NPB12球団ジュニアトーナメントに出場した[4]。, 横浜市立山内中学校への進学後は、楠本と共に「青葉緑東シニア」へ所属。3年時には、全国大会での優勝を経験した[4][5]。, 桐光学園高校へ進学すると、1年夏の選手権神奈川大会に、柏原史陽とのダブルエースで出場。茂木栄五郎や若林晃弘を擁する桐蔭学園高校との準決勝では、先発投手として4回1失点という内容ながらチームの決勝進出に貢献した[6]。横浜高校との決勝では、乙坂智、近藤健介、柳裕也などを擁する横浜打線を相手に4回無失点と好投。5回裏から柏原が登板したが、チームは延長10回の末に、1―2というスコアでサヨナラ負けを喫した[7]。1年秋からエースとして一本立ちを果たすと、冬場に下半身の強化へ取り組んだ[5]。高校2年夏の第94回全国高等学校野球選手権神奈川大会では、準々決勝で横浜打線から被安打3で11三振を奪い、横浜の4季連続優勝を阻止した[8]。桐蔭学園との決勝では、齊藤大将との投手戦を15奪三振で制し、チームを5年振りに阪神甲子園球場での全国大会出場へ導いた[9]。本大会では、今治西高校との1回戦で、大会史上最多の10連続奪三振と1試合22奪三振を記録[10][11][12]。ウイニングボールは、記録翌日の8月10日から甲子園歴史館に展示された[13]。2回戦の常総学院高校戦でも19奪三振をあげて2試合で41奪三振、これまで板東英二が持っていた2試合計での最多奪三振記録を更新した[4]。2試合連続の毎回奪三振は、2000年の選手権大会で坂元弥太郎が記録して以来、史上5度目のことであった[14]。3回戦の対浦添商業高校戦では相手が打席で投手よりに立ち、ソフトボールのようなノーステップ打法を取り入れてきたことから[15]3回二死まで三振がなく1回戦から続いた毎回奪三振は途切れたが[16]、8回から6連続三振に取るなどで最終的に12奪三振を記録[17]。前日にスーパー銭湯での温冷交代浴や、酸素カプセルの使用、マッサージなどで体調を整えて臨んだ[18]準々決勝の対光星学院高校戦でも15奪三振を奪ったが、両チーム無失点で迎えた8回に3失点を喫して敗退した[19]。大会通算成績は36イニングを投げ防御率2.25、奪三振率17.00。1大会通算68奪三振は夏の甲子園では歴代3位の記録であり[20]、左腕投手としては2005年に辻内崇伸が記録した65奪三振を更新し1大会での史上最多記録となった[21]。秋の神奈川大会では準々決勝の対平塚学園高校戦で9回を2安打2失点12奪三振を記録するも敗退し[22]、翌年の選抜大会出場は逃す。プロ野球の複数球団から翌年のドラフト1巡目指名候補に挙げられたが、2年時1月に行われた公開練習の記者会見で進路については未定と答えた[23]。2年冬は走り込みやウエイトトレーニングを増やし[24]下半身の強化に取り組む[25]。3年春にはスライダーを使用しない投球[26]やチェンジアップの精度向上にも取り組み[27]、7月には浦和学院高校との練習試合で9回を1安打無失点、18奪三振、無四球の快投を見せる[27]。3年夏の選手権神奈川大会では、準々決勝の対横浜高校戦で淺間大基、高濱祐仁から本塁打を浴び、8回を8安打3失点、10奪三振、自己最速の149km/hを記録する投球を見せるも敗退[28][29]。横浜のコーチの小倉清一郎によると、横浜はスライダーの見極め対策や球威対策に取り組み、さらに配球の偏りや投球フォームの崩れ、クイックモーションでの投球を分析して試合に臨んでいたという[30]。8月には第26回AAA世界野球選手権大会日本代表に選出され[31][32]、予選1次ラウンドの台湾戦[33]、予選2次ラウンドの韓国戦[34]、決勝のアメリカ戦で先発[35]。, 2013年9月27日にプロ志望届を日本学生野球協会へ提出することを表明[36][37]し、翌月(10月24日)開催のNPBドラフト会議では、東北楽天ゴールデンイーグルス、中日ドラゴンズ、福岡ソフトバンクホークス、横浜DeNAベイスターズ、北海道日本ハムファイターズから1巡目で指名。指名の重複による抽選で楽天が交渉権を獲得する[38]と、1億円に出来高分5,000万円を加えた契約金と、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で契約した。なお、「自分の野球の原点は高校野球にある。そこで長くつけさせてもらった背番号でスタートしたいと思ったからです」という本人の希望を受けて、背番号は1に決まった[39][40]。, 2014年、同期入団の新人9選手からただ1人、春季キャンプを一軍でスタート。楽天の新人選手では、2007年の田中将大以来2人目であった[41][42]。春季キャンプ後のオープン戦に帯同すると、13イニング連続無失点や、ストレートで最速150km/hを記録するなど好投を継続[43]。一軍監督の星野仙一は、2007年の田中と同様に、一軍公式戦の開幕直後から松井を先発陣の一角に組み込むことを明言した[44]。一軍公式戦開幕直後の4月2日の対オリックス・バファローズ戦(楽天Koboスタジアム宮城)に先発投手として一軍デビュー。6回3失点という内容で黒星が付く[45]と、4月16日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ヤフオクドーム)まで3連敗を喫した。NPBの一軍公式戦において、高卒の新人投手が初登板から3連敗を喫した事例は、2リーグ分立(1950年)以降では初めてであった[46]。4月23日の対埼玉西武ライオンズ戦(コボスタ宮城)では、ストライク率が54.3%にとどまるなど制球難を露呈。5回表の途中に降板すると、翌24日に出場選手登録を抹消された[47]。抹消後には、イースタン・リーグ公式戦6試合の登板で防御率0.89を記録した[48]ほか、星野の病気休養を機に監督代行へ就任した一軍投手コーチ・佐藤義則からも制球力の向上を認められた[49]。6月6日に一軍へ復帰[50]してからは、一時救援要員に転向[51]。星野の病気療養などで大久保博元が一軍監督代行に就任した7月2日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)で、救援投手として公式戦初勝利を記録した[52]。7月17日のフレッシュオールスターゲーム(長崎ビッグNスタジアム)では、イースタン・リーグ選抜の先発投手として登板。1イニング限定ながら、2被安打1与四球という内容で1失点に終わった[53]。8月13日の対ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では、一軍公式戦9試合目の先発登板で、シーズン2勝目を記録。先発投手としての一軍初勝利でもあった[54]。また、一軍デビュー戦のオリックス戦初回から8月26日の対西武戦(コボスタ宮城)2回表2死まで、延べ70回2/3イニングにわたって被本塁打0を継続。ドラフト制度の導入(1965年)後に堀内恒夫(1966年)が保持していた「NPB球団の高卒新人投手による一軍公式戦の連続イニング無被本塁打」という記録を48年振りに更新した(後に記録を71回1/3まで継続)[55]。一軍公式戦通算では4勝8敗と負け越したが、この年のNPBの新人投手では最も多い(パシフィック・リーグ5位タイの)126奪三振を記録した。, 2015年、公式戦の開幕前に「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表へ選出[56]。選出時点での年齢は19歳で、日本代表のトップチームに選出された選手としては歴代最年少であった。3月11日の第2戦(東京ドーム)では、4番手投手としてトップチームでの対外試合デビューを果たした[57]。楽天では、この年から一軍監督へ昇格した大久保がセットアッパーへの起用を決めていたが、クローザー候補として広島東洋カープから移籍したキャム・ミコライオがオープン戦の終盤に椎間板ヘルニアを発症。全治に3ヶ月を要することから、大久保は奪三振率の高い松井を急遽クローザーへ昇格させた[58]。レギュラーシーズンでは、公式戦の開幕を初めて一軍で迎えると、シーズン初登板から13登板試合(通算16イニング)にわたって無失点を続け、この間に7セーブを記録した[59]。救援の失敗を経験しないまま、5月25日の対西武戦(西武プリンスドーム)で10セーブ目を挙げた。NPB一軍公式戦でのシーズン10セーブは、高卒2年目の左腕投手では初めての事例。登板17試合目での達成は、右腕投手を含めてもNPB史上最速であった[60]。31試合目の登板であった7月5日の対北海道日本ハムファイターズ戦(コボスタ宮城)でシーズン初黒星を喫した[61]ものの、オールスターゲームのファン投票では、パ・リーグの抑え投手部門で1位を獲得[62]。7月17日の第1戦(東京ドーム)では、同リーグ選抜の7番手投手として初登板を果たし、打者2人と対戦した[63]。8月4日の対西武戦でシーズン23セーブ(一軍公式戦シーズン最多セーブの球団記録)[64]、9月9日の対千葉ロッテマリーンズ戦(いずれもコボスタ宮城)で28セーブ(高卒2年目までの投手によるNPBシーズン最多記録)を達成[65]。シーズンを通じて一軍のクローザーへ定着し、3勝2敗33セーブ12ホールド、防御率0.87という好成績を残した。レギュラーシーズン終了後の11月に開かれた第1回WBSCプレミア12には、日本代表のクローザーとして起用された[66]。代表チームでは、内川聖一が所属チーム(ソフトバンク)と同じ背番号「1」を着用した関係で、プロ入り後初めて背番号「10」を付けている[67]。, 2016年、一軍監督へ就任した梨田昌孝の構想で、前年に続いてクローザーに起用。レギュラーシーズンの開幕前には、梨田から「40セーブ、救援失敗なし、防御率0.75以下」[68]という目標を課せられた。レギュラーシーズンの前半戦では、1点リードの展開で登板した5月5日の対ロッテ戦(コボスタ宮城)9回表に中村奨吾に3点本塁打を浴びるなど6失点。逆転負けを喫する[69]など、救援の失敗が相次いだ。しかし、11試合に登板した8月には、9セーブ2ホールド、防御率0.69をマーク。パ・リーグ投手部門の月間MVPを初めて受賞した。受賞時点の年齢は21歳で、パ・リーグの投手部門における左腕投手として史上最年少記録でもあった[70]。シーズン全体では、前述の目標の到達に至らなかったが、球団史上初の一軍公式戦2年連続30セーブを達成している[71]。, 2017年、シーズン開幕前の3月に催されたワールド・ベースボール・クラシックの本大会に、野手を含めた日本代表の最年少選手として出場。2次ラウンドまでの3試合に救援で登板すると、通算で2回2/3を投げて無失点に抑えた[72]。日本代表の準決勝敗退を受けてチームへ復帰すると、調整登板の機会を経ずに、3月31日にオリックスとの開幕戦(京セラドーム大阪)で同点の9回裏から登板。自身の志願で10回裏までの2イニングを投げると、無安打無失点で凌いだ末に、チームの勝利によってシーズン初白星を手にした[73]。以降の登板試合でも、4月29日の対日本ハム戦(札幌ドーム)9回裏にシーズン初の救援失敗でサヨナラ負けを喫するまで、13試合続けて無失点・無敗で凌ぐなど好調を維持[74]。4月25日の対ロッテ戦(東京ドーム)に1点リードの9回表から登板すると、対戦した3人の打者から3者連続の3球三振を奪い、リーグトップの9セーブ目を挙げた。NPBの一軍公式戦において、1人の投手が1イニングに3者連続3球奪三振を記録した事例は史上17人目(延べ18例目)だが、楽天の投手では初めてであった[75]。また、奪三振はいずれも空振りによるもので、相手打者を空振りさせた球数(9球中7球)もこの記録の達成者としては最も多かった[76]。オールスターゲームでは、パ・リーグ抑え投手部門のファン投票1位で選出される[77]と、7月14日の第1戦(ナゴヤドーム)で最後に登板。リーグ戦の再開後は、セーブ数を29にまで伸ばしていた。しかし、左肩後方筋肉の部分損傷が判明したため、同月29日付で出場選手登録を抹消された[78]。8月19日から一軍に復帰すると、9月7日の対日本ハム戦(東京ドーム)でNPB史上7人目の一軍公式戦3年連続シーズン30セーブを達成した[79]。結局、レギュラーシーズンの通算セーブ数は33、NPB一軍公式戦での通算セーブ数は96にまで到達。また、シーズン終了後に推定年俸1億4,000万円(前年から5,000万円増)という条件で契約を更改したことによって、1億円プレイヤーの仲間入りを果たした[80]。, 2018年、一軍公式戦の開幕当初から、救援に失敗する試合が続いた[81]。5月中旬からセットアッパーとして再起を期した[82]ものの、開幕からセ・パ交流戦中までの成績が0勝5敗2セーブにとどまったことを背景に、6月7日から1か月にわたって二軍での調整を余儀なくされた[83]。一軍への復帰後は、本調子に程遠い状態が続きながらも、救援だけで4勝をマーク。9月16日の対ロッテ戦(ZOZOマリン)では、NPB史上31人目の一軍公式戦通算100セーブを、史上最年少の22歳10か月で達成した[84]。シーズン終盤には、暫定措置ながら先発で2試合に登板。最初の登板であった9月27日の対ロッテ戦(ZOZOマリン)で、2014年9月23日の対ソフトバンク戦(福岡ヤフオクドーム)以来1465日振りの先発勝利を挙げた[85]。先発2試合目の10月4日の日本ハム戦(楽天生命パーク)では、6回4失点という内容で黒星が付いたが、球団タイ記録の7者連続三振、プロ入り後初の1試合14奪三振および、先発全員奪三振を同時に記録した[86]。シーズン通算では、一軍公式戦53試合の登板で、5勝8敗5セーブ、防御率3.65をマーク。日本シリーズ終了後の11月に開かれた日米野球では、日本代表の一員[87]として救援で3試合に登板すると、1勝1セーブを記録した。12月13日に、かねてから交際していた石橋杏奈との結婚を発表(詳細後述)[2]。チームの選手で最後に臨んだ契約交渉では、球団から初めての減俸提示(3,000万円減)を受けた末に、推定年俸1億1,000万円という条件で契約を更改した[88]。, 2019年、レギュラーシーズンの開幕からクローザーに返り咲くと、前年から一転して好調を維持し、オールスターゲームにも、パ・リーグ抑え投手部門のファン投票1位で2年ぶりに出場した[89]。シーズン通算では2勝8敗と負け越したが、チームトップ(パ・リーグ2位)の68試合に登板。防御率を1.94にまで改善させるとともに、チーム2年振りのクライマックスシリーズ進出に貢献した。また、パ・リーグの歴代左腕投手で最も多い[90]シーズン38セーブを達成したことによって、リーグ最多セーブのタイトルを初めて手にした。楽天で(最優秀中継ぎ投手も含めて)救援関連のタイトルを獲得した投手は、松井が初めてである。なお、日本シリーズの終了後に開かれた第2回WSBCプレミア12では、第1回に続いて日本代表のメンバーに選出。しかし、左肘に違和感が生じたため、大会前に出場を辞退した[91]。12月17日に、推定年俸2億5,000万円(前年から1億4,000万円増)という条件で4年契約を締結。契約更改後の記者会見で、翌2020年から先発へ再び転向することを明言した[92]。, 2020年、春季一軍キャンプから先発要員として調整していたが、オープン戦では調子が上がらず、巨人二軍との練習試合(3月27日)でも6失点を喫して1回で降板[93]。レギュラーシーズン開幕直前の練習試合で復調したこと[94]を背景に、6月20日にオリックスとの開幕カード第2戦(京セラドーム)で一軍公式戦625日振りの先発登板を果たした[95]。もっとも、この試合から2試合の先発登板でも5回を持たず降板を余儀なくされた[96]ため、6月下旬から[97]およそ1ヶ月にわたって二軍で再調整[98]。8月27日の対ロッテ戦で一軍公式戦シーズン6試合目の先発登板に臨むと、7回を無失点、1被安打、毎回の11奪三振という好投で、先発登板では2年振り、本拠地での先発では入団1年目以来6年振りの勝利を挙げた[99]。以降も先発で2勝をマーク。3勝目を挙げた9月24日の同カード(いずれも楽天生命パーク)では、5回表の終了後に交代するまで114球を投げながらも、15アウト中12アウトを三振で奪っていた[100]。しかし三振を取りに行くスタイルへのこだわりから、先発時の1イニングあたりの球数が平均20球程度と非常に多いこともあって長いイニングを投げられず、この年に二軍監督から一軍監督へ昇格した三木肇の判断でレギュラーシーズン終盤の10月から救援陣へ復帰[101]。, オーバースロー[102]から最速153km/h[103]のストレートと2種類のスライダー[12]、チェンジアップ[12]、カーブ[12]を持ち球とし、「消える」とも称される曲がりの大きな縦スライダーで高校時代は空振りを量産した[12]。2015年シーズン途中からカットボールも投げ始めた[104]。, スライダーは高校1年時に「カウントを取る速い変化球がほしい」と独学で握りを研究し習得し[12]、手首に当たるとボールの縫い目の痕がつくほどのキレを誇る[12]。工藤公康は松井の奪三振数が多い理由として、「右肩が開き始めてからも左腕がなかなか出て来ず、ボールの出所が見づらい」、「直球とスライダーの軌道が同じなので見分けが難しく、直球だと思ってバットを振ってしまう」、「ボールの回転数が多いため、打者の手元で急に曲がるように見える」の三点を挙げている[105]。嶋基宏は、松井の投球を田中将大と比較したうえで、「スライダーについても一級品です。田中の得意球は鋭く大きく曲がるスライダーでした。一方、松井のスライダーは、打者の手元にきてスピードが増し、タテに鋭く落ちます。ふたりのスライダーは、まったく別ものです。特に松井のスライダーはあまり受けたことのないボール。楽天でこんなボールを投げる投手はいません」[106]と語っている。, 高校時代には驚異的な奪三振率を記録したが、本人は「三振にはこだわっていない。自分は勝てるピッチャーになりたい。球数が多くなると、どうしても勝ちには近づきにくい」と語っている[107]。, 名前の裕樹は、「松」の「樹」に豊か(「裕」)に葉っぱがつくようにという由来による[4]。, 中学生時代に在籍していた青葉緑東シニアのチームメイトは、当時の松井について、「声が大きくて、ワイワイやるのが大好きでしたけど、みんなの中心にいるというタイプじゃない。輪の外側で、みんなを盛り上げることが多かった」という[108]。, 楽天入団後の愛称は「まっちゃん」。入団1年目の2014年に、当時在籍していた松井稼頭央が「(松井裕樹のことを)『松井』と呼ぶと、間違えて俺が振り向いてしまいそうになるので、(松井裕樹の)愛称を考えてほしい」と要望したことがきっかけで決まった[109]。, 目標とする投手は杉内俊哉[111]。桐光学園高校時代には、プロ入り後に対戦したい打者に内川聖一の名を挙げていた[112]。, 2017年のワールド・ベースボール・クラシックの2次ラウンド・オランダ代表戦(東京ドーム)を「今までの野球人生で最も緊張した」試合に挙げている[73]。, 2017年4月14日には、日本ハムとのナイトゲームに向けてKoboパーク宮城まで自家用車を運転中に、仙台市内で信号待ち中の軽自動車に追突。追突された自動車の運転手が軽度のむち打ち症と診断されたため、松井からの報告を受けた球団では、松井に対して厳重注意と当面の運転自粛処分を科した。ただし、松井自身は大事に至らず、当日の試合にも登板している[113]。, 好きなアーティストは、ケツメイシ[12]やコブクロなど。女優の石橋と結婚する前は、好きな芸能人に有村架純、武井咲[12]、秋元真夏(乃木坂46)[114]を挙げていた。, 実弟の和樹は右投右打の野球選手で、習志野市立習志野高等学校で外野手[115]、明治学院大学で内野手としてプレー。大学では首都大学野球のリーグ戦で4打席しか立てなかったが、卒業後の2020年以降も、内野手としてハナマウイ(千葉県富里市を拠点に活動するクラブチーム)でプレーを続けている。同年には、NPB数球団(オリックス・ブルーウェーブなど)で外野守備の名手として活躍した本西厚博監督の下で、第91回都市対抗野球大会の本大会に進出[116]。, 妻の石橋とは、知人の開いた食事会が縁で、2017年のシーズン終了後から交際。2018年の8月上旬には、同年シーズン終了後の12月にハワイで挙式を予定していること[117]や、石橋の所属事務所・ホリプロが松井との交際の事実を認めていることが相次いで報じられた[118]。松井自身も、上記の報道を受けて、石橋と真剣に交際していることを明言[119]。12月には、ハワイでの挙式を経て、13日に婚姻届を提出した。石橋は結婚後も女優としての活動を続けていた[120]が、2020年5月5日に第一子(女児)を出産した[121]。, https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00001684.html, https://www.townnews.co.jp/0101/2014/03/06/227556.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20120817-1001754.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/10/kiji/K20120810003872870.html, http://www.asahi.com/koshien/game/2011/416/49846/, http://www.asahi.com/koshien/game/2011/416/49858/, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20120726-989318.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20120730-991885.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20120809-997864.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20120809-997895.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20120810-998146.html, http://www.daily.co.jp/baseball/2012/08/15/0005296494.shtml, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/17/kiji/K20120817003918480.html, https://web.archive.org/web/20120830190254/http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20120819-OHT1T00270.htm, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20120819-1003097.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20120820-1003417.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/21/kiji/K20120821003945670.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20120820-1003624.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/20/kiji/K20120820003942090.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20120820-1003629.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20120923-1021639.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130111-1070499.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20130422-1115888.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20130504-1121876.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20130421-1115511.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20130702-1150921.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20130726-1163098.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/26/kiji/K20130726006295680.html, http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/143660, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20130822-1177151.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/25/kiji/K20130825006483280.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20130902-1182718.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20130906-1184666.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20130909-1186306.html, http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2013/news/p-bb-tp0-20130928-1196236.html, http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2013/news/f-bb-tp0-20130927-1196093.html, http://www.asahi.com/articles/TKY201310240189.html, http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2013/news/p-bb-tp0-20131129-1224514.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131129-1224540.html, http://sp.rakuteneagles.jp/news/detail/3819.html, http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2014/02/05/2014_3/, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/19/kiji/K20140319007804970.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/13/kiji/K20140313007767200.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140402-1279316.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140417-1286418.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140605-1312467.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140607-1313904.html, ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 2015年3月11日(水) 東京ドーム 打席結果・投打成績, https://bbcrix.com/articles/60669/original, http://npb.jp/allstar/2017/ballotresult.html, 【楽天】松井裕は左肩後方筋肉の部分損傷 復帰まで4週間に梨田監督「疲れもあると思う」, https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK60397_Z01C17A2000000/, “楽天・松井裕樹が1465日ぶり先発勝利 5回3安打7K無失点の好投で今季5勝目”, https://full-count.jp/2018/09/27/post214923/, “【楽天】先発再転向の松井、球団タイ7者連続K 6回14Kの奪三振ショーもリード守れず”, https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181004-OHT1T50122.html, https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181010-OHT1T50098.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812220000344.html, http://npb.jp/allstar/2019/ballotresult.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909110001200.html, 楽天・松井、7回1安打11K零封で2年ぶり先発勝利「勝ち星を挙げられてホッとしています」, http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/144529, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/02/02/kiji/K20140202007501380.html, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20120809-997883.html, http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130928-00000063-spnannex-base, https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1500674.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/08/kiji/20201008s00001003122000c.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/08/07/kiji/20180807s00001173070000c.html, https://www.oricon.co.jp/news/2117070/full/, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201808070000611.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812130000315.html, http://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2014/pl2014070205.html, https://www.sankei.com/sports/news/180505/spo1805050003-n1.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=松井裕樹&oldid=80359602, 初先発勝利:2014年8月13日、対福岡ソフトバンクホークス16回戦(福岡ヤフオク!ドーム)、7回2失点, 初セーブ:2015年3月28日、対北海道日本ハムファイターズ2回戦(札幌ドーム)、9回裏に5番手で救援登板・完了、1回無失点.