オオトカゲなのに... この記事を読んだ人はこれらも読んでいます そんなあなたに紹介したいのが、ミズオオトカゲです。 どんな生き物なのか? 大型ケージ・特定ケージの作製可能です。 ※別途送料が必要 となります。 お住まいにより異なります。 上記仕様の参考画 . プロの職人がつくる飼育ケージです。特注オーダー作製致します! 直接メールでのお問い合わせはdp56264877@en.lolipop.jpまでお願いします! 爬虫類飼育用木製ケージ 900×450×450 【リクガメ・フトアゴヒゲトカゲ・小動物用】 ピーコックモニター そんなあなたにおすすめのペットは爬虫類です。 デュビア... ◆ヨーロッパイエコオロギ◆ ではまずは爬虫類用のケージにはどういったものがあるのでしょうか. 既製品のケージだけでも比較的多くの種類が販売されていますが,爬虫類ケージの特徴としては前面のガラスが開閉式になっているなど,上からでなく横からメンテナンスができるといったところでしょうか. 爬虫類の天敵は猛禽類などの鳥や大型の哺乳類で,そのほとんど全ては自身の上側から襲ってきますので,上方に対する警戒心はどの種も非常に強い … 出てくるワード「日光浴」。 今回は、エサ界のカリスマ的存在であるアルゼンチンフォレストローチ、通称デュビアについての記事です。 飼育のアレコレ, オオトカゲを飼育するにあたって多くの方が一番苦労すること、悩むことってケージのことではないでしょうか?, 「最終的に自作の大型ケージを用意する」としばしば飼育書やネットの記事に書かれているものの、実際どれくらいの大きさのものを用意したらいいか具体的に書いてあるものは少ないです。, なぜならどの程度の大きさのケージを用意したらベストかなんて誰にも分らないからです。, 横幅120㎝のケージより150㎝のケージを用意したほうがいいでしょうし、150㎝のケージよりは180㎝のケージを用意したほうがいいでしょう、極端な話180㎝よりは5mのケージを用意したほうが個体はのびのびと暮らせるはずです。, そういうわけで結局のところケージのサイズは個体が飼育可能となるスペースと飼育者の妥協点との兼ね合いにより選択される個人の自由です。, 今回は、そんな曖昧なオオトカゲの飼育に必要なケージの大きさを完全に私の偏見と独断で記述させていただきます。, 私の文章を見て「その大きさのケージでは飼えないだろ!」などといった誹謗中傷は控えるように何卒お願いいたします。, スポンサーリンク 大型のケージの天井のフタには、脱走防止の為ロックがかけられ、力の強い生体にも安心です。 【スライド鍵】 が1つ付いているので、お使い下さい。 「恐竜みたいなトカゲが飼いたい」 最近、ペットとして注目されている爬虫類。鳴き声がなく静かに飼えることもあり、マンション住まいの人にもがあります。小さい個体なら水槽でも飼育できますが、快適に過ごしてもらうためには、爬虫類用ケージで飼うのがおすすめです。しかし、サイズもさまざまで、ガラス製・アクリル製など種類も豊富でどれを選べばよいか迷ってしまいます。, 爬虫類用ケージの選び方を見ていきましょう。爬虫類用に設計されているケージなら、世話をするのも楽で、中で過ごす爬虫類も落ち着いて暮らせます。, まずは、ケージの大きさについて確認しておきましょう。ひとくちに爬虫類といっても、たくさんの種類が存在しているため、飼育する種類に適したサイズを選ぶことが重要です。, 幅30cmほどでも十分飼育できますが、ある程度空間の広さがあるほうがケージ内で温度差がつけやすいうえ、レイアウトの幅も広がり、インテリアとして楽しむこともできます。, 人気種の最小サイズの目安は以下のとおりですが、ヘビ・イグアナ・カメといった種類は成長に合わせてサイズの見直しが必要となります。大型になる種類もあるため、あくまでも例として参考にしてください。, 砂漠に棲む種目の場合、ケージの高さはあまり必要ありませんが、ヤモリやカエル・カメレオンなど樹上棲の爬虫類を飼うときはハイタイプのケージを選ぶとよいでしょう。, 目安としては、小さな爬虫類でも高さ30cm以上は必要。大きめの個体なら60cm以上のハイタイプがおすすめです。人気の個体におすすめのサイズは以下のとおり。こちらも例として参考にしてください。, 爬虫類ケージには、さまざまな材質のものがありますが、なかでもおすすめなのはガラス製です。少々重さはあるものの、ガラス製は丈夫で観察を楽しむことができ、パネルヒーターなども取り付けられるので便利。, ほかにプラスチック製やアクリル製のものもありますが、軽くてお手入れが楽な反面、爪の鋭い爬虫類を飼っていると、ひっかき傷だらけになってしまうことも。最終的に、すりガラスのようになってしまうこともあります。一時的であれば構いませんが、長期の使用にはあまり向きません。, 爬虫類は、人間と同じく肺で呼吸しているため、いつでも新鮮な空気を吸える環境を整えましょう。蓋がメッシュ加工済みのものを選び、通気性を確保することが大事。通気性が悪くなると、蒸れて有害な物質の温床になったり、生体にとって適切な湿度を保てなかったりと、ペットにかなり負担がかかってしまいます。, 爬虫類用ケージでは、上面のみ、または上面と側面の3ヶ所にメッシュ加工がされている場合がほとんど。多湿を好む爬虫類であれば上面のみ、やや乾燥した地域に棲む爬虫類の場合はメッシュ部分の多いケージを選ぶなど、その爬虫類の生息地の気候を知ると選びやすいですよ。, ケージの扉は前面が開くタイプがおすすめです。爬虫類は鳥が天敵であるものが多いため、上部を開けるタイプだとエサやりやメンテナンス時に怖がらせてしまいます。, 徐々に慣れてはいくものの、個体によってはシェルターに引きこもってしまうことも。ケージの前面が開くタイプであれば、中の爬虫類も落ちついて過ごすことができるでしょう。, 変温動物である爬虫類には、ヒーターが必須アイテムです。通常、パネル型のヒーターは底面の下に置いて使いますが、ケージの底面にヒーターを入れるスペースがあれば、効率よくあたためることが可能です。床に置くと、ヒーターと底面が接していないため効果も半減してしまいます。, またヘビを除く爬虫類の多くは、紫外線ライトの設置も必要。フタを閉めた状態でもコード穴やランプステーが通る構造であれば、自分で加工する必要もなく、とても便利です。, 爬虫類は想像以上に頭がよく、なかでもヘビはちょっとした隙間やスライドガラスの構造を見逃しません。脱走を防ぐためにも、爬虫類用ケージにカギやロック機能がついているものがおすすめです。小さいお子様がいる家庭であれば、誤ってケージを開けないようカギを目の届かない場所に保管しておくとよいでしょう。, 蓋が開くタイプのケージなら、扉・蓋ともにロックできるものがおすすめです。「カエルが跳ねたときにうっかり蓋が開いてしまった」といったこともなくなります。また、エサのコオロギ・ローチ類なども脱走しやすいため、口コミなどで大きな隙間がないと評価されているものを選びましょう。, それでは、通販で購入できる人気のおすすめ爬虫類用ケージをランキング形式でご紹介します。コード穴の有無などについても載せているので、選ぶときの参考にしてください。, なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月24日時点)をもとにして順位付けしています。, 砂漠に棲むタイプの爬虫類におすすめの、背の低い爬虫類用ケージです。側面はガラス・上部はメッシュで、耐久性と通気性に優れているのが魅力。底面はフレーム形状で、パネルヒーターが設置しやすくなっています。電源コード用の穴も開いているので、ランプを中に設置することも可能です。, 水を張って砂を敷くこともでき、凝ったレイアウトで飼育したい方にぴったり。シンプルなデザインで、どんなインテリアにも合わせやすいですよ。レオパはもちろん、フトアゴヒゲトカゲの赤ちゃんにもおすすめです。, インテリア性の高い立方体デザインとリアルな岩肌のバックグラウンドが特徴の商品です。扉は観音開きタイプで、給餌やメンテナンスがしやすいのも魅力。扉部分とステンレスメッシュのトップカバーには、脱走防止のためのドアロックが装備されています。, グラステラリウムシリーズは樹上棲生物向きのものも多いですが、こちらはレオパにも活用できます。また、底面には水を張ることもできるので、多湿を好む生体にもおすすめ。付属のバックグラウンドを活かして、野生の環境を再現するのも楽しそうですね。, 爬虫類用ケージとしては珍しい組み立て式。自由にレイアウトできる側面スライドパネルとトップパネルがメッシュ製で、通気性がよいのが大きなメリットです。幅が広く奥行がコンパクトなので、シシバナヘビのような爬虫類に適したサイズ感。, 日光浴スペースを設置するのにも十分な大きさで、余裕を持った環境づくりが可能です。ライトやヒーターの電源コード穴もあり、取付けへの対応もばっちり。前面ガラスは引き違い戸で、中の様子が見やすく給餌もしやすいので便利です。, こちらは背の低い横長タイプのテラリウムケージ。高さの必要のないコーンスネークなどに適したサイズです。また奥行がたっぷりとあり広々としているので、多頭飼いにも向いています。, 前開きの大きなロック付き扉に加え、底面にはパネルヒーターの設置スペースがあり、ランプのコード穴やランプステーも装備。ケージ内をしっかりあたためることができます。コードを留めておくための溝が背面についているので、配線がスッキリするのもうれしいポイントです。, レオパや地上・地中棲のカエルなど、高さが必要ない生体の飼育におすすめのケージです。スタッキング構造で上下に重ねて使えるため、小型の爬虫類を多頭飼いしている方は省スペースで飼育できます。, 上部の扉はメッシュ製で、通気性も良好。スライドロック付きで、蓋を持ち上げて脱走するのを防ぐことができます。また水を張ることも可能なうえ、ランプのコードやエアチューブ類を通す穴も備えているため、両生類の飼育にもぴったりです。, グラステラリウムシリーズの中でも、小~中型サイズのケージです。中にアクセサリーを入れすぎず、すっきりと飼育したい方に向いています。バックグラウンドの岩肌が付属しているので、クレステッドゲッコーのような壁をのぼる小型の爬虫類も暮らしやすいでしょう。, おしゃれなデザインに加えて、便利な機能も数多く搭載。底面にヒーター用の設置スペースや通し穴もあるので、飼育に必要な環境を簡単に整えることができます。前扉にはロック機能もあり、脱走を防止できます。, ヤモリやトカゲなど、小さめの爬虫類用にコンパクトなケージをお探しの方にはこちらがおすすめ。底面積21×21cmのコンパクトなキューブ型のケージです。場所を取らず、こじんまりとしてインテリアに溶け込みやすいサイズ感が魅力。, シリーズの中でもかなり小さいタイプですが、機能面に不足はありません。底面ヒーターやコード用のスペースを備え、前面のドアやメッシュ天井にはロックがかかるようになっています。, 横幅がゆったりしていて、少し高さを確保したいという方におすすめのサイズがこちら。ランプを設置して十分な日光浴スペースを作れるほか、木を設置するのに十分な高さもあるので、フトアゴヒゲトカゲの飼育におすすめです。, 幅広い前面の扉に加え、上部のメッシュパネルを取り外すこともできるため、メンテナンスがしやすいのも魅力。底面ヒーターやライト用のスペースもあります。床材を厚めに敷いたり水を張ったりすればカメの飼育にも使えます。, 大型の爬虫類を飼っている方や、広々としたスペースで動き回らせたいという飼い主さんにおすすめなのがこちら。爬虫類用ケージの中では最大級の90cm幅で、高さも45cmとゆとりのある大きなケージです。上部の2枚のメッシュパネルと、前面の引き違い戸によってメンテナンスが簡単に行えます。, こちらのパンテオンシリーズは組み立て式という点もポイント。販売店からの持ち帰りもコンパクトに済ませられるでしょう。, 小さめの爬虫類を飼うための、スペースを取らないケージをお探しの方におすすめなのがこちら。積み重ねて置くことができるのが魅力のヒュドラケースの小型タイプです。上部のメッシュ扉と前面にもスライド扉があるため、給餌や水換えなどがしやすいモデルです。, サイズ的には小さめのトカゲやカメなどに適しており、アクセサリーを増やさなければレオパにも使えます。スタッキングもできるので、多頭飼いをしている方にとっても省スペースを実現します。, 設置スペースが十分にあり、イグアナ級の大きな爬虫類を飼いたい方向けのグラステラリウムシリーズ最大のケージです。広さだけでなく高さもあるので、のぼるための木を設置しても申し分ないサイズです。, 大きさだけでなく、当シリーズならではの充実した機能もそのまま。底面にはヒーターを入れることができ、ライトの設置もケージに細工をすることなく行えます。上部メッシュによる通気性の高さも魅力です。, 内部のレイアウトも自由がきくのがうれしいところ。木や流木などを使って、ジャングルのような自然に近い棲み家を作り出すことが可能です。テラリウムをインテリアとして鑑賞したい方におすすめ。, 自由なレイアウトにアレンジできるのが魅力の、パンテオンシリーズの小型タイプです。レオパなど小型の爬虫類におすすめのサイズで、折りたたみができるので、保管時にはあまり場所を取りません。, 生体の種類に合わせてメッシュの位置を移動できるのも魅力です。小型の爬虫類といっても、保湿が必要なタイプから乾燥した環境を好むタイプまでさまざまなので、それぞれに適した環境に調整できます。, スタイリッシュで高級感もあり、インテリアに合わせやすいのも特長です。ランプの取り付け個所も2ヶ所用意されています。, 高さはそこまで必要ないけれど、幅広い空間でゆったりと動き回らせてあげたいという方にはこちらがぴったり。幅はシリーズ最大の90cmながらも、高さは中ぐらいのガラスケージです。フトアゴヒゲトカゲなど陸地に生息する大きめのペットにちょうどいいサイズ。, こちらのシリーズの魅力となっている観音開きの前扉はメンテナンスもしやすく確実なロック機構も備えています。もちろん底面ヒーターやランプコードの設置場所も用意されています。, リアルな岩肌のバックグラウンドが付属しているので、壁にのぼったり床を歩き回ったりとしっかり運動できます。高さ60cmのタイプに比べると高さがない分、圧倒的な横幅の広さが強調され、迫力あるテラリウムができます。, 蓋は上部をスライドさせて開閉し、強力なマグネットがロック代わりになります。アクリル製なので、ガラス製に比べて扱いやすいところもメリットです。, 底上げされているので、底面ヒーターを設置しやすいのがうれしいポイント。さらに、全方向からじっくり観察できるのも魅力的です。シンプルな構造でレイアウトを自由に楽しめるのはもちろん、インテリアのスタイルを選ばず、どんなお部屋にもなじみやすいのもよいですね。, サイズ感や軽さから、ケージを移動させる機会が多い方にはぴったりの製品といえるでしょう。価格もお手頃で、場所を取らないコンパクトサイズです。別売りのLED照明によってレプタイルボックスを演出することもできます。, 爬虫類のなかでもペットとしてポピュラーな、レオパやコーンスネークにおすすめのケージです。側面はもちろん、底面・上部からも観察がしやすい全面クリアのプラスチック製。ガラス製に比べてかなり軽量で、移動がしやすいのも魅力です。, 最大の魅力は、ワンタッチでロックが外せる低位置の前開き扉。上からエサをやると怖がってしまうことの多い爬虫類に、同じ目線でエサを与えることができます。お手軽な商品ながら爬虫類の性質をよく考えて作られているのがポイントです。, 床材交換のような全体掃除の際は、底面のみを残すかたちで取り外しができ、清潔保持も楽にできます。通気口は上部端にあるため、複数個積み重ねても通気性はそのまま維持することが可能です。飼育スペースがスッキリしないとお悩みの方にもおすすめのケージです!, 爬虫類を飼育するうえで大切なのは、ケージ内の環境を快適に保つこと。事前にどのようなアイテムを活用すればよいかイメージしておくと、ケース選びにも役立ちます。, たとえば、爬虫類の多くはコオロギ・ローチ類など活餌を必要としますが、虫が逃げないよう工夫されたエサ皿を使えば、食べ残しによるカビ・ダニなどの発生予防になります。エサ皿を置くスペースも十分に確保できるか確認しておくとよいでしょう。, また、多くの種で必須となるヒーターも、底面からあたためるものや「暖突」といった遠赤外線であたためるもの、ライトで保温するものなど、さまざまな種類があります。どのヒーターを使うのか検討しておくと、必要なケージを選びやすいですよ。温度と湿度も管理しやすいよう、温湿度計を設置しやすいかどうかも確認しておきましょう。, 爬虫類のエサとしてよく使われるのが、コオロギとミルワーム。安価で保存しやすくタンパク質が多く含まれているため、他のエサと上手に組み合わせて与えると効果的です。以下の記事では、生・乾燥・粉末の様々なミルワームを紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。, なお参考までに、爬虫類用ケージのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。, 通販で購入できる人気の爬虫類用ケージを、おすすめ度順にランキング形式でご紹介しました。飼育に慣れてくるとハンドリングといって、手に乗せたりすることもできるようになるので、飼いたい爬虫類に合ったケージを見つけて、爬虫類との生活を楽しんでください。, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。, 爬虫類のペットとして人気のあるレオパードゲッコー(ヒョウモントカゲモドキ)・コーンスネークなど、, 爬虫類向けとして販売されているケージには、爬虫類の飼育に便利な工夫が施されています。より快適に飼育していくためにも、工夫や機能が充実したケースを選びましょう。.