こんにちは。2匹の猫と、1匹の犬と暮らし、二児の母でもあるtamtamです。 我が家は15歳のおばあちゃん犬を引き取り、家族として迎えました。 それから、2年という月日が経ち、おばあちゃんだったシロさんは 年季の入ったヨボヨボスーパーおばあちゃん犬となりました。 シロさん、オムツ交換の時間ですよ〜多飲多尿のシロさんはよくオムツ漏れしてしまうことがあるので 少し外出するまえにオムツを交換しておこうと思いました。 朝から同じ場所で眠り続けるシロさんを見つけ オムツを交換するために一度起こそうと試みましたが. 楽しいクルクルだけではない、ということを気に留めておいていただけたらと思います。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, うちの犬は興奮するとクルクル回り出します。ごはんを待っているときや、散歩に行こうとリードを見せるとクルクル止まりません。よく目が回らないな、と毎回感心するほど回り続けます。でも、あれはうちの犬なりの興奮の抑え方というか、対処の仕方、なような気がします。ひとしきり回り倒すと床に伏せてハァハァ、疲れています。, シーズーを飼っているワンコ友達さんのところに、飼育放棄のチワワくんが来ました。今飼っているシーズーと相性がよければ飼ってあげたい、と預かったばかりなのだそう。私の柴犬と三匹で散歩してみました。, 犬がクルクル回るのって自分の尻尾を追いかけているからとは限らないんですね!仔犬のワルツのイメージがどうしてもあるので遊んでいるのかなと思っていました。なので、病気の可能性もあると知ってビックリしました。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. トイレの後や、ふとしたときに愛犬が後ろを気にするようにしながら回ることがある。そういったときは、お尻周りに何らかの異変がある可能性があります。例えば、ウンチをした後にウンチのカケラがお尻にまだ付いていて「お尻が気持ち悪いよ~」となっていたり、お尻周りにケガやできも トイレ; 犬がうんちやおしっこの時にくるくる回る理由は?実はこんな理由が! 2017.10.31 トイレ. 「犬のウンチシーンのあるあるなことといえば?」と聞かれたら、飼い主さんは何が思い浮かぶでしょうか。 犬が安全を確認するためにくるくる回るのは、なんら不思議ではないのです。 そこでこの記事では、犬がトイレをするときにくるくる回る理由について紹介します。 ● 犬がトイレを急に失敗する原因を徹底解説 その結果、必ず南北に体を向けてトイレをする事実が明らかになりました。 ふとした瞬間などに、愛犬と目が合うことってありますよね。「犬は飼い主のことをよく見ている」と感じたことのある方も多いのではないでしょうか?Twitterユーザー@mofushibaropeさんの愛犬・柴犬のロペさん。おやつとお昼寝を愛するユルカワなロペさんも、飼い主さんご家族のことをゆる〜く見守ってくれているようなのです!家族を見守るために挟まるロペさんロペさん…挟まってる!? #しつけ #ごはん #シニア犬 #健康管理 Shi‐Ba vol.63『「人工芝」で日本犬を外ションから部屋ションに導く! 室内トイレへの道』より抜粋。 まず日本は、アメリカから比べるとかなり遅れています。 犬がくるくる回る理由は?室内と屋外で違う回る意味! 【この記事の所要時間:約 3 分】 何 故か愛犬がくるくる回ってる! 犬の不思議な行動の1つですが、どうしてくるくる回るんでしょう? 今回は尻尾を追いかけて回る時ではなくて しかし、いつもと違うクルクルではないか、注意深く愛犬の様子を冷静に見てください。私の愛犬は、てんかんの発作でした。しょっちゅう興奮してクルクルする犬なので、恐らく何回か見逃していたと思います。たまたま、尻尾を両脚の間に真っすぐ下ろした状態でクルクル回っている姿を見て異変に気が付きました。いつもは尻尾が跳ね上がり、背中に背負っている愛犬ですので、これはおかしい、とスマートフォンで動画撮影をして獣医さんに見てもらいました。てんかん発作の初期症状との診断でした。 くるくる回ることで周りの様子を見たり、においをかぎそこが安全かどうかを確かめているのです。 >>犬はウンチをするときに南北を向く! 地磁気とは地球が持つ磁石としての性質で、それによってつくられる磁場のこと。 犬がぐるぐる回る理由 . ?驚くべき犬の本音に迫る, 『いぬのきもちアンケート vol.25』 最近は色々なドックフードが犬種や年齢別で揃っているため、ワンちゃんの寿命ものびて来ています。そのため、犬の寿命が伸びるにしたがい、病気にかかってしまうケースが増えてき... ワンちゃんがウンチの前にくるくる回るのには2つの理由があります。ひとつは野生時代の名残でその習性が残っていることと、あとの一つは最近の研究で発表されたものです。(チェコの生命科学大学とドイツのデュースブルク・エッセン大学の研究チームが2年間集めたデータをオンライン科学誌, また散歩以外でも、一番信頼している人に対しては楽しかったり、嬉しかったりすると飛びついてきて口や顔をなめ、愛情表現をします。. なぜ、南北の方向に沿って体を向けるのかは分かっていません。 私の愛犬は、ただ普通にクセで回っているだけです。 犬がトイレをするときくるくる回るもう一つの理由が、地磁気を探るためと考えられています。 1) 安全を確認するため  犬がトイレをする際はぜひ観察してみてはいかがでしょうか。, ~関連記事~ また、磁場が安定しているとき、つまり太陽が出ていないときが条件です。 野生ではトイレをしている間に敵に狙われる可能性が高まります。 文/Honoka ただし、執拗に繰り返したり、尻尾を傷つくまで噛んでしまう場合にはストレス性の行動の可能性もあります。, ストレスが溜まって不満のはけ口にクルクル回っているのかもしれません。犬はストレスや不安、恐怖を行動で発散させようとします。運動不足や愛情不足などありませんか?愛犬をよく見てあげてください。, 虫刺されや、意外と多いのが排泄物がお尻に付いている場合。 となると、犬がウンチの前にくるくる回るのは、南北の軸に沿って排便すべく地磁気を探り当てようとしている行動なのかもしれません」 ● 犬がトイレで寝るときの対処法について 多くの人が正しいと思い込んでいるものの、実はもう古かったり間違っていたりする犬の知識や情報にメスを入れます!, お留守番が苦手なワンコってけっこういますよね。飼い主さんがいなくてそわそわしちゃったり…。いつもInstagramでおもしろ可愛い姿を見せてくれる柴犬の味噌ちゃん(♀・3才)。飼い主さん(@misoshiba1017)が、お留守番の様子が外出時でも見られるカメラで味噌ちゃんを見てみると、驚きの光景を目にしてしまったようなのです!お留守番中の味噌ちゃんを見てみたら…どーーーん!@misoshiba1017味噌ちゃん……めっちゃくつろいでる!?! この研究については、下記のように解説しています。, 「地球の磁場が安定しているときに多く見られる現象で、太陽が出ている間は磁場が不安定になり、この現象はあまり見られなくなるといいます。 ● 犬がトイレでうろうろしたらどうしたらいい? All Rights Reserved. と思ったことがあるのではないでしょうか。 ・地磁気を探るため それは、ウンチをする前にくるくると回るというもの。 ・「ぐるぐる回ってからウンチをするので、よくわかる」 ・「ウンチをするときに、くるくると回りながらします」 ・「外でしかしないけど、ウンチする前にぐるぐる回る」 なぜくるくる回るのか……飼い主さんの中には、こんなふうに推測している人もいます。 ・「自分のベストポジションを探している」 ・「場所が定まったらウンチする」 愛犬がくるくる回る姿を見ると、 … 愛犬と暮らす方はご存じかと思いますが、犬はその場で何度もくるくる回った後にトイレをします。 このような行為には 野生動物の習性 が関係しています。 警戒心 2) 地磁気を探るため  犬がクルクル回ってしまうのは感情表現の場合もありますが、病気の場合もあるんです。愛犬がクルクル回り出したら、どのような状態なのか注意して見てください。, 山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。, 犬の生まれ持った習性です。寝やすい寝床を作るために、クルクル足場を踏みつけています。, うんちをする前にクルクル回るという犬、いますよね。一説によると、これは排便中の無防備な姿勢に入る前に、周囲に危険がないか確認をしているのだとか。, 留守番をしていたら飼い主が帰って来た時や、ゴハンを目の前にクルクル。これは嬉しいという感情が爆発したような状態です。, 尻尾を追いかけてクルクル回り続ける犬がいます。右にクルクル、次は左回り、とても楽しそうですよね。これは愛犬の楽しいゲームだと考えてよいでしょう。 ● 犬がトイレを外でしかしない理由と対処法 ※掲載されている写真はすべてイメージです。, Shi‐Ba vol.63『「人工芝」で日本犬を外ションから部屋ションに導く! 室内トイレへの道』より抜粋。. 愛犬家なら、一度は気になったことがあるかもしれません。いったい、ナゼ犬たちは、排泄前にベストポジションを見つけるかのように、クルクルと徘徊するのか?いったい何のため?ここに、犬のトイレにまつわる、ある調査結果を紹介します。これは、驚きの事実では?   日頃の行動で愛犬がくるくる回る光景をよく見かけますよね。いったい何のためにくるくる回るのでしょうか?あまり頻繁にくるくる回ると心配にもなります。, 一つには野生時代の名残で外敵から身を守るために、ウンチのときには周囲のようすをうかがい身の安全を確認するための習性が残っていたりするようです。その他にも、寝床を整えるためであったり、嬉しくてたまらない時などにもくるくる回ることがよくあるようです。, 今回は我が家の愛犬コタローの色々な場面でくるくる回る習性や、行動について謎の6つのポイントに迫るお話です。, ワンちゃんがウンチの前にくるくる回るのには2つの理由があります。ひとつは野生時代の名残でその習性が残っていることと、あとの一つは最近の研究で発表されたものです。(チェコの生命科学大学とドイツのデュースブルク・エッセン大学の研究チームが2年間集めたデータをオンライン科学誌フロンティアーズ・イン・ズーオロジーに発表), 野生時代にウンチをする時には、草むらで周囲の草をくるくると回りながら踏み固め、大事な部分に草が当たらないようにしたり、危険な蛇や虫などがいないかを確認後ウンチをしていたようですね。地面を円形状に踏み固めて、マーキングをする習性の名残とも考えられているようです。, また、それとは別に周囲の外敵から 身を守るために、くるくると回りながら安全確認をした後にウンチをしていたようです。, 人間の子供たちが横断歩道を渡るときに、左右の安全確認をしてから渡る行動をチョット思い出しましたが、ワンちゃんにしてみると、そんななま易しいお話ではないようです。, 野生時代のワンちゃんにしてみたらウンチをするのも命がけです。なぜなら、ワンちゃんにとってウンチをする時の体勢は、外敵から一番襲われやすい体勢なので心配と不安でいっぱいなのです。わんちゃんの弱点でもある後ろ足が動かせない状態になるので、ウンチタイムが最も緊張する瞬間のようです。, そんな野生時代の習性の名残が、くるくる回る行動を取らせているのだと考えられます。ペットのワンちゃんたちは飼い主さんが側にいるので、外敵に襲われる危険はありませんが、愛犬にとってのウンチタイムは、緊張する時間なので静かに見守っていてあげたいですね。, ところで、人間同様に愛犬もウンチの時、誰かに見られるのはチョット恥ずかしい? 実際はそんなことはありません。実はとても無防備な姿なので見られていることが、とても不安なのだと思われます。ですので、信頼しきっている飼い主さんに周りを確認していてほしいと思っているはず。その為ウンチのときに愛犬と目があったりすると、チョット恥ずかしそうな顔に見えたりすることがあるようです。本心は心配なのかもしれません。, 地球の磁場が比較的安定しているときに多く見られる現象のようで、太陽が出ている間は磁場が不安定になるため、あまり多くは見られないようです。, 愛犬がウンチの前にくるくる回るのは、南北の軸にそって排便をすべく地磁気を探り当てようとしている行動なのかもしれませんね。でもなぜ、南北方向に向くのかはっきりとした理由は分かっていないようです。, 我が家のコタローのウンチの時の方角を思い出してみると、正確に南北方向にピッタリ向くということはありませんが、くるくる回りながら、自分が一番安定・安心して排泄できる方角を、探り当てようとした結果が、おおよそ南北方向だった、ということになるのかも知れません。, 愛犬を観察していると、確かに南北に体を向けて排泄しているという場合もあれば、南北ではなくむしろ『東西に向けている』という事もあるようです。, これから散歩の時には、南北方向を向くかどうか観察してみると、何か新しい発見があるかも知れません。, ところで、ワンちゃんにも渡り鳥と一緒で磁気感知能力があるのかもしれません。渡り鳥ほどではないにしても、もしかすると、犬の体内にも地磁気を感じ取れる機能が備わっているかも? だとすると、渡り鳥が毎年同じ場所に飛来してくるのと同じぐらいの安定した、ある程度の方角を感じられる能力が備わっている、という事も考えられるかも知れませんね。, たまたま、くるくる回っているうちに、一番落ち着く方角が南北方向だった、と私なりに考えてみました?!, ウンチの時以外にもくるくる回るようです。それはワンちゃんが自分の寝る場所を心地よくするために凸凹を整えるための行動のようです。, この行動も犬が野生時代の名残で習性として残っているようで、自分の寝床を快適にするために、くるくる回りながら雑草を踏み固め、『お気に入りの寝床作り』と言ったところでしょうか。そうすることで心配することなく寝ることが出来るのかも。, 我が家のコタローも自分が寝る前には、それ程凸凹していなくてもくるくる回りながら、寝る場所を整えようとしています。, そんなことをしておきながら、自分の寝床では寝ずに私のベッドに入ってきたりします。そしてべッドの中でも、くるくると3回周りバタンと横になり私の腕枕で寝てしまいます。私が先に寝入ってしまい気がつくと、コタローはチャッカリと自分でベッドで寝ています。, そして、私が朝方トイレに起きると、その隙にベッドの上にチャッカリ上がって、私が寝ようとしても動こうとはしません。仕方がないので『コタロー寝るよ』と言って無理やりベッドに潜り込むとコタローも重い腰を上げ、またベッドに入って来て朝までぐっすりです。, 飼い主さんと一緒にいるだけで嬉しいワンちゃんですが、我が家のコタローはご飯のときや、おやつのときなどは、あっちうろうろ、こっちでうろうろして、くるくる回りはじめます。, 散歩のときは、時間が近づいてくるとコタローほうから早く行こうよと催促します。『まだだよ』と言うとしかたなくおとなしくなりますが、『よし、行くよ』と声をかけると、とたんにくるくる回りはじめ玄関にまっしぐらです。, 散歩の次にわかりやすいのが、外出先から帰って来た時のお出迎えです。ちぎれんばかりにしっぽを振りながらくるくる回り続けます。コタローの場合は、それはチョット激しいお出迎えです。しっぽを振り、くるくる回るのに加えてジャンプが伴います。このジャンプについては、自分が疲れてしまうまで止まりません。, また散歩以外でも、一番信頼している人に対しては楽しかったり、嬉しかったりすると飛びついてきて口や顔をなめ、愛情表現をします。(嬉しいような、ちょっと迷惑なような), 我が家のコタローは自分のしっぽを追いかけ、くるくる回ることはほとんどありませんが、一般的にはよくあるみたいです。, 人間の赤ちゃんもそうですが、幼児のときは見るものすべてが目新しいものばかりなので、手当たり次第にいたずらをすることもあるようです。, それと同様に、仔犬のときは自分のしっぽを見るだけで、くるくる回り追いかけまわしてしまう。ということは、自分のしっぽをおもちゃ代わりに、遊んでいる感覚なのかも。仔犬のときは、それが自然な動きなのかもしれませんね。あまり、くるくる回りすぎて目が回ったりして(笑) ストレスが、チョッヨ心配?!, 例えば、『愛犬のシャワータイム』『長時間ひとりぼっち』など、ワンちゃんにとって普段通リのことが出来ていない場合、心配性のワンちゃんにはストレスの原因になることもあるようです。, 愛犬にとってのシャワーは結構ストレスになりますし疲れたりします。シャワーの後は少しゆっくりと休ませてあげると良いかもしれませんね。, 主には『かゆみ』によるもが多いようですね。季節がら今の時期は少ないと思いますが、夏場の散歩などで虫にさされた場合など、かゆい所を触ろうとした結果、くるくる回ってしまうわけですね。単にかゆみだけですめば良いのですが、患部にバイ菌が入り、炎症や化膿を起こしているケースもあるようです。, また、虫刺され以外にも気を付けなくてはいけないことがあります。我が家のコタローがウンチをした後に、肛門を見ると何やら液体らしきものがにじみ出ているのに気ずき、始めて見たときはちょっとビックリしました。, 心配になり動物病院の先生に確認をしたところ、その液体はマーキングの為に使うもので犬がウンチをする時などに肛門嚢(こうもんのう)から分泌される液体とのことでしたので少し安心しました。, ただ、肛門嚢から排出されないまま留まってしまうと、分泌液の中で細菌が繁殖し炎症を起こしてしまう事があるとのことでした。愛犬がくるくる回ることで少しでも気になった場合には、すぐに動物病院で診てもらいましょう。, あまり考えたくはありませんが、ワンちゃんも人間同様に高齢になつてくると認知症を発症したりすることが比較的多く見られるようです。コタローは高齢なので少し心配!, 散歩の時などに、呼ばれていても反応しないワンちゃんを、たまに見かけることがあります。はじめは、何かに気を取られていて、呼びかけに対して反応しないのだと思っていました。, 話を聞いてみると『もう、老犬なのでボケちゃったのよ』と言っていました。参考になると思い、他にどんな症状があるのと聞くと、ウンチをどこにでもするようになってしまったり、今まで出来ていたことが上手く出来なくなってしまったようです。また、同じ方向にくるくる回ることもあるとか。, 詳しくは分かりませんが、これだけで認知症かどうかは断定できないとは思いますが、ちょっと寂しく、心配になりました。, 先にお話をしたストレスが原因の一つにありますが、このワンちゃんもストレスの蓄積があるのでしょうか? もし、愛犬が認知症になってしまった場合は、残りの時間を一緒に出来る限り過ごしてあげたいものですね。, このような症状が出てきた場合には、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。早期発見であれば助かる可能性は高くなるようですよ。, ワンちゃんがくるくる回る原因は沢山あるようです。日頃から注意深くワンちゃんの動きを観察し、動き方の違いに気付いてあげられるようにしたいですね。野生時代の習性でくるくる回る動きと、病気の時の動きの見極めは少し難しいかもしれませんが、気になった場合には迷わずに、動物病院に相談されるのが良いと思いますよ。, 愛犬が、一口にくるくる回るといっても、様々なものがあります。野生時代の習性であったり、嬉し時であったり、病気の時であったりと色々です。, 一番困るのは病気の時で心配ですが、飼い主さんが普段から注意深く観察をし、愛犬の気持ちを一つでも多く理解してあげられれば、そんなに心配することなく有意義な愛犬との生活を楽しみながら送っていけると思います。.