人でも犬でも失敗した数だけ "失敗慣れ" していき、失敗を気にしなくなります。つまり「失敗してもいいよ」と教えているようなものです。また犬も人間の子供と同じでチャレンジャーです。 子犬の場合は、トイレシーツを頻繁に交換することが多いので、屋根がないサークルを利用するのがおすすめです。, 【厚型】さらさらメッシュシーツ レギュラー 100枚入り P-MPNS-100【単品・4個セット】. 生後2ヶ月の子犬は、1日に17時間は睡眠をとらなければなりません。 ラブラドールの場合 600mm×900mm~800mm×1200mm 程度。, 扉はあっても無くても構いませんが、無いものはパーツをはずして一面を扉とします。 室内で犬を飼う際に欠かせないアイテムに、ペットシートとそれを固定する「トイレトレー」があります。サイズはレギュラーやワイドがあり、掃除が簡単なメッシュ付きや、おしっこが飛び散っても大丈夫な囲い付きなどの便利な商品もあります。手作りする方もいるようですが、今回 … なんだか愛犬がそわそわ落ち着きがない…もしかしたらトイレを我慢しているサインかもしれません。今回は犬がトイレを我慢している時にする仕草や行動を紹介すると共に、理由や正しい対処法も解説します。, 「今日は何だかおしっこの回数が少ない」など、愛犬の排泄に関して気になることはありませんか。もしかすると、犬がトイレを我慢しているのかもしれません。今回は犬がトイレを我慢している時にする仕草や行動を紹介します。, 犬がおしっこを我慢している時、ぶるぶるっと震えることがあります。人間でも、おしっこを我慢している時や、トイレを使っている最中など、ぶるぶるっと震えることがありますが、これと同じ現象です。, 犬がトイレを我慢している時、床の臭いを嗅ぎ始めることがあります。子犬の場合は、まだトイレトレーニングが完了していないために、トイレの場所を探していることが多いです。, 成犬の場合は、おしっこやうんちを我慢し、気を紛らわすために床の臭いを嗅いでいる場合もあります。うろうろと辺りを歩き回るため、飼い主は「何か探しているの?」「臭いがするの?」と思ってしまうことが多いですが、トイレが近いサインかもしれません。, また、トイレの近くでウロウロ床の臭いを嗅いでいる場合は、トイレでおしっこやうんちをしたいけれど、できない状態にある可能性があります。, 自分のおしりをしきりに覗くような仕草を見せたり、臭いを嗅いだりしている場合は、おしっこではなくうんちを我慢しているサインです。, うんちをしたいけれど、どこで排泄すればいいのかわからない、あるいは家の中でうんちをしてはいけないと思っている可能性も考えられます。, 中には自力でうんちを出すことができず、戸惑っている場合もありますので、飼い主が手助けしてあげたり、動物病院に相談してみましょう。, 犬はうんちをする前、くるくると回る習性を持っています。これは、野生の頃にトイレをする際、周辺に敵がいないかどうかを確かめるために行っていた行動だとされています。, そのため、くるくると回り始めたのに、トイレをするような素振りを見せなかった場合は、うんちを我慢している可能性が高いです。なんらかの理由でうんちをすることを諦めたのでしょう。, 犬がトイレを我慢する理由はさまざまです。主な理由を以下に記載するので、愛犬に当てはまる理由がないか確認してみましょう。, 家の中でトイレをしてはいけないと思っている犬の場合は、幼犬期のトイレトレーニングで怒られたことで、「家の中でおしっこをしたから怒られた」と勘違いしている可能性が高いです。, この状態がすでにインプットされている場合は、こまめに外に連れて行ってあげたり、散歩中におしっこやうんちなどの排泄をさせる必要があります。必ずトイレに必要な道具を持っていきましょう。, また、トイレが汚いと「ここでおしっこをしたくない」と感じる犬も多いです。そのため、1回トイレをしたら交換するようにしてあげましょう。トイレを綺麗に掃除すると、途端におしっこをするようになる犬もいます。, 先に話で出たように、野性時代の習性は今も残っているため、安心できる場所にトイレがないと、トイレでおしっこやうんちをすることを躊躇する犬もいます。, 家族全員が見えるような場所や周りがまったく囲われていない場所、うるさい場所などは、犬のトイレに適していません。警戒心が強くなってしまい、安心して用が足せないからです。, このような場所にトイレを設置している場合は、トイレの位置を見直し、静かな場所を選んだり、部屋の四隅を選んだりすることで、少しでも安心しておしっこやうんちができるように対処してあげましょう。, いかがでしたでしょうか。犬は繊細な感性を持っているため、トイレが汚れていたり、安心してできなかったりすると、おしっこやうんちを我慢してしまうことがあります。我慢サインが見られたら、我慢の理由を探り、適切な対処をしましょう。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. ・排泄は、する瞬間を目撃した時のみサークルから出してください。いつしたか分らないものは子犬を抱いたまま片付けるか、段ボール箱に移して片付けましょう。 ケージやサークルの配置場所はしつけには関係ないのではと思う方もいるかと思います。しかし、ケージを置く場所によって、愛犬が過ごしやすい環境の中で、トレーニングに取り組めるようになります。そのため、犬の習性・行動に則って環境を整えることが大切です。 はじめのうちは新鮮なのでよく覚えますが、次第に「ルールを破ったらどうなるのか」を知りたくなります。その時に同じ様に落ち着いて対処できるかどうかで、その後犬がルールを守るか破るかが決まります。 4 トイレ前から病気の兆候をチェック くるくる回る理由 落ち着きなく、そわそわして、周りを確認するかのように、ニオイを嗅いだり、くるくると回ったりと、トイレ前の行動は個体差がありますが、独特な行動をします。 排泄に気づいたらマメに取り替えましょう。眠りから覚めたときや、食後はよく排泄します。トイレが汚れていてはトイレを覚えません。犬はもともとキレイ好きな動物です。, 【★気をつけて★】 母犬の臭いならともかく、まだマーキングするような年齢でもありません。汚れているところで排泄はしません。犬はもともとキレイ好きな動物です。片付けたとたんに排泄したと言う経験をお持ちの方は多いのでは?きれいになるのを犬は待っていたのですね。, トイレ側で排泄した時のみ、大げさに褒めて(手をたたくなど)サークルから出してあげましょう。 ペットの健康に役立つ情報を発信しています。, 獣医師と一緒にチェック!犬がトイレの前でくるくる、その理由は?トイレ前の行動でわかる病気の兆候リスト. ・子犬をサークルから出し入れする時は上から出さないで扉から。後々自力で戻らせるためです。, 【★気をつけて★】 ☑︎排泄姿勢をとらずに排泄してしまう ☑︎震える, 腰痛、前立腺肥大、尿道結石など排泄時に痛みがある場合は、途中でするのを止めてしまったり、痛がって、悲鳴を上げるときもあります。腫瘍含めた消化器、尿路疾患による、便秘、尿道閉塞などで排泄したいのに出ないことがあります。とくにおしっこが出ない、少しずつは出てるが普段より量が明らかに少ない場合は重篤な状況になっている可能性がありますのですぐに受診しましょう。, 腎臓疾患や熱中症などで尿が作られないことがあります。また、高齢になってくるとトイレ前の行動が変化してくることもあります。筋力低下で踏ん張ることが出来なかったり、トイレ前のいつもの行動なく、排泄してしまったり、お漏らし?と思うようなことがあった場合も病気の兆候だったりします。, 病気は早期発見することで、大事に至らずにすむことがあります。そして、病気の早期発見で大切なのは、普段と同じかそうでないかを家族がしっかりと把握できていることです。愛犬のトイレ習慣を知っておくことが大切です。, 麻布大学獣医学部卒。気軽に立ち寄れるペットオーナーのためのコ ミュニティスペースを目指し、「ペットスペース&アニマルクリニックまりも」を東京都世田谷区、杉並区に開業。2011年「女性獣医師ネットワーク」を立ち上げ、女性獣医師のための支援を行っている。, ペットスペース&アニマルクリニックまりも http://petspace-marimo.com 犬がトイレを我慢している時、床の臭いを嗅ぎ始めることがあります。子犬の場合は、まだトイレトレーニングが完了していないために、トイレの場所を探していることが多いです。 成犬の場合は、おしっこやうんちを我慢し、気を紛らわすために床の臭いを嗅いでいる場合もあります。うろ� 【★気をつけて★】 多くの飼い主さんが失敗しやすいのはいきなり遊ぶスペースを広げたり、時間を急に長くしたりするためです。, 徐々に、出すスペースを広げていきましょう。 相手に何処かへ行って欲しい時、戦う時、などに吠えます。危険だ、不快だなど。 ・排泄の瞬間を目撃したらまず、声で大げさに褒め、犬を放します。片付けるのはその後。 季節によって、過ごしやすい場所に移動させる方法もひとつの手です。しかし、トイレを場所で覚えてしまったワンコの場合、頻繁に場所を移動させてしまうと、上手にトイレができなくなる可能性があるので注意が必要です。, 子犬がかじっても破損しないものを用意するといいでしょう。 ステンレスのパイプや大きなブックスタンド、小型で顎の力の弱い子ならプラスチックでもOKです。, 【最後に】 少し覚えた頃に" もう覚えたんだ "と思って急に長時間目を離すと失敗します。根気よく教えましょう。, 【必須アイテム】 飼い主がじっと見ていれば眠るはずも無く、気づかないうちに体力を使ってしまうのです。冬であれば簡単に低血糖を起こして倒れてしまう恐れもあります。, 初めのうち、子犬は排泄を両方でするでしょう。1週間もすると7対3の割合で、片側で排泄するようになります。7割側をトイレの場所とします。3割側に水やご飯の食器を置いてください サークルやケージ ・ 仕切り ・ 皿やドリンクボトル ・ ペットシーツ ・ 新聞紙 犬との暮らしの中で絶対に覚えてもらわなければならないものがトイレです。 トイレで排泄をすることができないと室内で粗相をしてしまい、お世話や片付けが非常に大変になります。 ドッグカフェなどにお出かけするときもトイレができていないと心配ですね。 ☑︎ふらつく 一般社団法人 女性獣医師ネットワーク http://www.w-vet.net, Pet's All Rightの公式アカウントでは、 また、スペースが狭い事でタイミングよく運べます。さらに、子犬も目の前にトイレがあるので戻りやすいのです。, 【★気をつけて★】 幼犬のトイレのしつけに最適! トイレと仕切れるので清潔です. ほとんどの飼い主さんが1時間以上出しているようです。時間を守るのが近道です。早くトイレを覚えれば長く出してあげられるのでがんばってください。, この週から休日で構いませんので少し時間を割いてあげてください(時間の無い日は今まで通りで結構です)。 濡れてもいいようにとトイレ側にドリンクボトル等を設置してしまいがちですが、これも失敗原因の1つ。基本的に犬は食べる場所を汚すのを嫌います。また、この間あまり構わないようにすることで子犬が自立をしはじめます。, 「要求咆哮」(ようきゅうほうこう) ただし、柵を飛び越えてしまう場合などは屋根のあるケージを使用しましょう。, 大きさは子犬が軽く2頭入り、成犬時に1頭入るもの。大きすぎても小さすぎてもトイレの場所を覚えません。 相手に何かして欲しい時に吠えるもの。「触って」、「出して」、「片付けて」、「遊んで」、「お腹すいた」など。つまり人を呼んでいます。, 「威嚇咆哮」(いかくほうこう) 多くの本には尿の臭いの付いたところで排泄すると書かれているため、飼い主さんはあえて前の排泄を残しておく方が多いようです。これも失敗の原因に。 タイマー ・ 大きめのダンボール ・ ビニールシート, ケージとサークルの違いは大きく異なることはありませんが、ケージは主に、四方を柵で囲んだ屋根が付いたもの、サークルは柵で四方を囲った屋根が付いていないものが一般的です。 さて、ほとんどのトイレトレーニングが "しそうになったら運ぶ" 方法ですが、子犬の排泄回数からして20回、まして夜中に運ぶのは不可能です。それに四六時中見ているわけにも行かないので間に合わずに失敗・・・なんてことも。 ミニチュアダックスの場合 400mm×600mm 程度。 ほとんどの飼い主さんは声で褒めないで撫でて終わってしまいます。子犬は撫でられるのは嫌いな為これでは理解できません。 どんな訓練でもできていた事が一旦できなくなります。そこできっちり教えれば一生ものになります。 幼犬期にトイレのしつけをしっかり身につけることで、愛犬・飼い主に両方にとっても幸せな時間が過ごせるようになります。根気強く頑張ってください。, 幼犬のトイレのしつけに最適! また、片付けてから出したりおやつをあげたりしてしまうようです。順序がちがうと時間が経ってしまい、どうして褒められたのか分らないのです。褒める→犬を出す→片付けるの順で。, 必ず10分経ったら、扉からサークルの中に戻しましょう。3ヶ月齢なら15分、4ヶ月齢以上なら20分まで。もちろん掃除をしたらすぐに戻してもかまいません。 また、サークルでも取り外し可能な屋根が付いているものもあります。 初めから飼い主がトイレ場所を決めてしまうのが失敗する原因の1つです。注意しましょう。, 一番の理由はトイレを失敗させないためですが、サークルから出さないことで環境が変わったことによるストレスを軽減することができます。 もともと犬は穴で暮らす動物のため、狭い場所の方が安心して眠ることができます。, また、子犬はそっとしておいてあげましょう。 違う部屋から戻って排泄できる頃(平均1ヶ月)は排泄を一晩我慢できるような年齢になっていますので、トイレを少しずつ希望の場所にずらしていくのもよいでしょう。 では、どこに設置するのが良いのか、見ていきましょう。, 室内で犬を飼っている場合、家の中といっても、玄関や居間・寝室などがあります。その中で最適な場所は、家族や人の行き来がよくある「リビング」です。人の気配があるだけでも、ワンコは安心感を得ることができ、落ち着いてトイレトレーニングに取る組めるはずです。また、直射日光の当たらない風通しの良い場所に置くとなお良いでしょう。, 窓際の場合は、外の気温の影響を強く受け、気温の変動が大きいため、設置する場所にはあまり向いていません。どうしても窓際に設置したい場合は、カーテンやブラインドを活用し、直射日光を避けましょう。, 夏場はケージやサークルの周りが暑くなりすぎることがあるので、冷房のついた部屋に置いて、熱中症対策をしてあげてください。 排泄をしたらサークルから出すところまでは今までと同じですが、出す場所を"子犬に人の手が届く範囲"にします。また次にもよおすまでそのスペースで犬と遊んであげます。(遊んであげる間、扉は開けておくこと)