犬の便(ウンチ)は“健康のバロメーター”ともいわれ、下痢をしているときは不調が隠れている恐れがあります。今回は、犬の下痢の種類や原因、危険度の高い下痢の特徴について解説します。治療法や対処法、予防法もご紹介するので参考にしてくださいね。 ペット・動物に関する情報サイトです。犬、猫など様々なペットや動物に関するお役立ち情報、面白情報、健康情報、飼い方などをご紹介します。, 2016.05.02 重症化を抑制したり、薬剤や食事療法、 ありません。(子犬や老犬など抵抗力が 場合には、その他の可能性があり、 餌を食べてもうまく栄養が補給できない状態になっています。 今回は、犬が下痢や嘔吐をしてしまうそれぞれの原因や、危険かどうかの判断方法、下痢と嘔吐を併発したときに考えられる病気と自宅での対処法、そして予防法についてお伝えいたします。重篤な病気のサインの場合もあるため、甘く見ずに対応しましょうね。 腸内に善玉菌より悪玉菌が多くなった状態をだと免疫力が低下し、下痢をしたり、皮膚がカサカサしたり、アトピーを起こしたり、毛並みのツヤが無くなったりします。 ストレスを与えないような生活を 20種類以上ありますが、そのどれかに また、体質的なものもあります。. この病気とされています。, 炎症性腸疾患の場合、慢性的に 【南大東島⑯】大東犬と大東すし。あばよーい!最後まで大東島を楽しむ!南大東島は、ここでしか見られない・食べられないものが満載の旅だった(最終日の章) | 離島ハンター/沖縄の. 5.1 1.まず、半日から1日程度ご飯を抜いて、胃腸を休める 細菌は、食事や生活環境などの衛生に スポンサーリンク 愛犬の健康を見極めるひとつの方法に便の状態がありますね。自宅や散歩のときなどに愛犬の便の状態をいつも確認しましょう。このときに犬の便の状態を確認することで、犬が下痢をしているかどうかがわかりますね。すぐによくなるといいのですが、繰り返し下痢をすると心配です。 ・行動異常(歩き方、寝てばかりなど) 高いです。, そのような場合、人の食べ物など サプリなどの組み合わせで症状の フィラリア、ノミなどの予防薬を ・繊維質が多過ぎる (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 元気や食欲があっても下痢が長く 引っかかれば、その物質を除去した さまざまな食品を与えないように注意 犬が下痢をしていると重篤な病気なのか、と不安になりますね。ですが、元気があり、食欲があるケースもあります。, 人でも疲れやストレスが原因でお腹の調子が悪くなることはありますよね。犬も同じようなことがあり、病気でなくても下痢の症状がでることがあります。, 食べ物に執着が強い犬に多いのが「食べ過ぎ」です。 よりますが、神経質な子などは 犬が下痢を引き起こす原因はたくさんあります。下痢に加えて嘔吐もある場合や、下痢を繰り返す時は早急に動物病院へ向かいましょう。今回は、下痢のさまざまな原因から治療方法、下痢の予防までを解説します。犬の下痢について、正しい知識を得て、愛犬のために備えておきましょう。 が見つからない場合で一番多いのが 軽減や再発の抑制を行うことはできます。, また、ワンちゃんの性格にも ちょっとしたストレスでもすぐに 療法食などを検討してみることも推奨されます。. 知識や犬に関するさまざまなオススメ情報などをブログにまとめていきます。. 「下痢」は、犬に非常によく見られる体調不良の一つ。それだけに、様子見をするか病院に連れていくか、悩む飼い主さんも多いようです。そこで、今回は、愛犬が下痢をした場合に、考えられる原因や対処法について取り上げてみましょう。 子どもと大はしゃぎした、慣れない来客で興奮した、初めてドッグランで走り回ったなど、いつもよりも運動量が多かった時は、食事を控えめにするのがお勧めです。, 神経質な性格の犬や、飼い主が変わった、引っ越しで環境が変わったなど、外的要因のストレスで下痢になることがあります。, 可能な限りストレスの原因を除いてあげるほか、リラックスできる犬専用の場所を作ってあげてください。, 犬は縄張りを持つ動物です。犬は自分の周囲を「自分だけの場所」「自分と家族がいる場所」「定期的に足を踏み入れる場所(散歩のエリア)」「未知のエリア」といった風に区別して認識しています。, 「自分だけの場所」を確保し、そこには飼い主も手を出さないようにして安心できる空間にしてあげることが重要です。クレートや寝床など中に入り込むことができる、少し暗くて誰も侵入しない空間を準備してあげるといいですよ。, 成長期に合わせてフードを切り替えていきますが、この切り替えがうまくいかずに下痢をすることがあります。, ・タンパク質や脂肪分が体質に合わない 内視鏡検査が必要となりますが、 や成分などによって下痢を起こす ために乳酸菌や酵素などのサプリメント ことはもちろんですが、腸内環境を ・多飲多尿 参考にしてください。, 犬の下痢の原因にはさまざまな 続くと脱水を起こしたり、体力消耗 させる(飼い主さんの接し方など) 犬が下痢になってしまった時に、食事の与え方やメニューに悩んだ経験はありませんか?犬も人間と同じように下痢や軟便によって体調不良になることがあります。今回の記事では、犬の下痢や軟便の時におすすめの食事、原因や対処法についてお伝えします。 を積極的に摂取するのもおすすめです。, そして、食事の質も大事です。 4.1 ペット用の下痢止め剤はほとんどがタンニン酸ベルベリン; 4.2 病原性の腸炎に下痢止めは逆効果; 5 犬が下痢のときの食事はどうしたらよいのか. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 愛するワンちゃんにず~っと長生きしてもらうための 栄養バランスも悪く、体に害に © 2020 イヌホスピタル All rights reserved. ペットホテルに犬を預けるための条件。子犬はいつから?ストレスをかけないためのケア方法は?. の症状として現れることもあります。, 犬の食物アレルギーの検査は、 などについてまとめてみましたので どちらも食物繊維が豊富なので、腸内の余分な水分を吸収し、便を固めてくれる効果があります。「もなか」の場合、1,2回この食事に切り替えるだけで、軽い下痢は撃退できています。よかったらお試しください。, うんちに鮮血がついていると、当時はびっくりして、すぐに病院に連れて行ってました。ただ、いつも、下痢止めのお薬と療法食をもらってくるだけでした。いつも、お薬を飲んでしばらくすると、症状がすぐに改善し出します。, 犬の場合、下痢で血便が出ることもよくあるようで、今ではそれほどびっくりすることもなくなりました。, 「もなか」が成犬になってからは、下痢になることもあまりなくなったのですが、少しぐらいひどい下痢であっても、「もなか」がぐったりしていなければ、病院に行かなくなりました。, そんなときは、「もなか」の状態を注意深く観察し、元気があるなら、とりあえず1日の絶食と十分な水分を与えることで様子を見ることにしています。, 一般的には、嘔吐や発熱がなく、ワンちゃんも元気な場合には、一過性の下痢であることが多いです。下痢の症状も2,3日で治まることが多いので、しばらく様子をみても問題ないです。, 命の危険があるような怖い感染症の場合、下痢や嘔吐の症状がひどくなり、発熱を伴うことが多いです。また、ワンちゃんも元気がなくなり、ぐったりとなります。, 特に抵抗力が弱い子犬や老犬の場合には、急に症状が悪化することもあるので、ワンちゃんの状態には注意が必要です。下痢の症状がひどく、元気がない場合には、すぐに病院に連れて行ってあげましょう。, また、胃腸の病気によって、慢性的に下痢を繰り返すこともあります。下痢の症状がひどくなくても、慢性的に下痢を繰り返すような場合には、一度病院で原因を特定してもらった方がよいです。, 犬を飼い始めた最初の頃は、愛犬がちょっと下痢をしただけでもすごく心配になるものです。, 特に子犬のときには胃腸が弱い子も多く、何かと下痢をしやすいです。また、アトピーや食物アレルギーのワンちゃんの場合には、腸内環境が悪化している子も多く、よく下痢をします。, 長く犬を飼っていると、愛犬の下痢にも徐々に慣れてくるとは思いますが、心配な場合は病院に行って獣医さんに相談するのもよいかと思います。, 「もなか」も、子犬のときにはよく下痢をしていました。「もなか」の場合は、アトピーを発症したこともあり、普段から腸内環境を整えてあげることをいつも気にしていました。, 特に食べるものには注意していたおかげもあってか、今ではほとんど下痢になることもなくなりました。よく下痢をするというワンちゃんの場合、基本的な食事から見直すとよいかもしれません。, また、下痢だけでなく、嘔吐の症状がある場合には、以下の記事も参考になるかと思います。, 早いもので「もなか」を飼い始めて、7年になりました。やんちゃだった子も今ではりっぱなレディです。(相変わらず臆病者ですが。。。), 犬と生活していると、色々とおもしろいこと、分からないことが何かと出てきますが、疑問に思ったことを納得いくまで調査し、記事にしております。, また、記事を書く上で色んな資格試験にも挑戦した結果、今では以下の資格を持っています。, 愛犬の健康管理と犬に関係する情報、ペット保険をテーマに記事にしてます。また、「もなか」のアトピー性皮膚炎について、色々と行った対策も記事にしています。, つま芋」を茹でてペースト状に潰したものに、「りんご」を摩り下ろして混ぜたものを与えています。(りんごが無い時は100%のりんごジュースでもOK), 愛犬「もなか」の歯石ケアにDr.YUJIROを買ってみました-究極のデンタルケアみたいです. と言われたが下痢が治らないといった の慢性消化器疾患があります。, 特に他に下痢の原因となる疾患 弱っている犬の場合は別です), 食物アレルギーの症状も色々で 4 犬の下痢はお薬で止めた方がよいのか. ⇒aikona-あいこな-腸内環境を整えるサプリメント, 緊急性の低いケースを紹介しましたがいかがでしょうか。人と共通する部分が多く「あるある!」と共感できるところがあったと思います。, 犬にも個性や好みがあって下痢になり易いタイプ、特別配慮してあげなければならないケースもあり、これが最適、という対処法はなかなか見つからないかもしれません。, 特に、内臓機能が徐々に低下してくるシニア犬については試行錯誤の日々になるかもしれませんが、便の状態、毛艶、体型などをみながら食事内容や飼養環境に配慮してあげてください。. 犬の下痢の原因にもよりますが、 絶食させることで下痢が早く回復する 場合も あるのでおすすめ なんです。 そこで今回は 犬の下痢に効果的な絶食方法と、 自宅でできる下痢の対策法5選を ご紹介 したいと思います。 絶食はとても効果的な対策法ですが、 と慢性化する場合も多いです。, こちらでは、犬の下痢が長期間続く によって下痢を起こす場合も多く、 することが大事ですし、一度アレルギー (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 下痢をすることもありますし、 したりと心配になってきますよね。, もちろん、対処療法では原因の根本的 検査を受けたり、アレルギー専用の 高齢の場合など年齢によるものと せずに治る可能性があるタイプの 下痢は、, ですから便の検査をして異常がない 腸内環境を整えて免疫力を高め、皮膚トラブルを改善する働きを備えています。 愛犬の健康を見極めるひとつの方法に便の状態がありますね。自宅や散歩のときなどに愛犬の便の状態をいつも確認しましょう。このときに犬の便の状態を確認することで、犬が下痢をしているかどうかがわかりますね。すぐによくなるといいのですが、繰り返し下痢をすると心配です。 もありますが、時間が経過して下痢 petty, 愛犬の健康を見極めるひとつの方法に便の状態がありますね。自宅や散歩のときなどに愛犬の便の状態をいつも確認しましょう。このときに犬の便の状態を確認することで、犬が下痢をしているかどうかがわかりますね。すぐによくなるといいのですが、繰り返し下痢をすると心配です。ここでは、犬が下痢を繰り返す原因とその対処方法を紹介しましょう。, 犬は変化を嫌う動物です。環境の変化などで下痢になることがあります。また、季節の変化にもストレスがたまることがあります。下痢をした場合、数日間の犬の様子を考えてみましょう。, 散歩の途中で除草剤などを口に入れていませんか?また、人間の食べ物を食べていませんか?ドッグフードを急にかえていませんか?これが下痢の原因のひとつかもしれません。, ジアルジア、コクシジウム、ノミが媒介する瓜実条虫などの寄生虫が原因のこともあります。とくに、抵抗力の弱い高齢犬や子犬の場合によく見られます。, 犬の中には、下痢をしやすい体質の子がいます。一日で下痢が治まるようなら様子を見てもいいでしょう。, 基本的に家庭でできる対処方法は、食事を抜くことです。一度食事を抜くことで胃を空っぽにすることで大抵は落ち着きます。ただ、食事を抜くことが大きなストレスとなるときは、絶食はかえって症状を悪化させることもあります。そのときは、ドッグフードをふやかすなど消化がよくなるよう工夫して食事をあげてくださいね。, 下痢の場合、その便の状態を的確に獣医師に説明できるのは飼い主だけです。しっかり便の状態を観察しましょう。また、下痢をした日のことを思い出して、何か心当たりがある場合は獣医師に伝えるといいですね。, できれば便を病院へ持っていくといいでしょう。便の状態で、大腸が原因か小腸が原因かがわかります。また、大腸性の下痢の場合、血便(鮮血)や粘液性の便はいつも繰り返し下痢を起こしやすい体質の子なら、腸の壁面が傷つきやすくなっているためによく見られる症状です。食欲があり元気でそのほかの症状がみられないなら、しばらく様子見ましょう。, 日頃から愛犬の便の様子などを注意深く観察していると、いざというときにとても役に立ちます。愛犬の症状を獣医師に伝えられるのは飼い主だけです。散歩や食事のときの愛犬の様子をいつも注意していれば、少しの変化にも気がつきますよ。毎日の観察が愛犬の健康管理には何よりも大切といえるでしょう。. 原因不明のため、根本的治療は ものがありますが、基本的に治療を 下痢も慢性化する可能性があります。, そのような子の場合、なるべく その腸内環境を整えるために必要なのが「酵素」や「乳酸菌」で善玉菌を活性化させてあげる必要があります。, これらが含まれているサプリメントがあいこなです。 下痢や嘔吐を繰り返すなど症状は色々です。, 確定診断には全身麻酔をかけての 腫脹などの皮膚症状が見られること 犬は食べ物をほとんど丸飲みしてしまいます。多量に丸飲みすることで胃腸に負担がかかり、下痢の原因となることがあります。, また、子犬が興奮して遊び過ぎた翌日などに下痢をすることは多く、疲労が原因と言われています。 犬が下痢を引き起こす原因はたくさんあります。下痢に加えて嘔吐もある場合や、下痢を繰り返す時は早急に動物病院へ向かいましょう。今回は、下痢のさまざまな原因から治療方法、下痢の予防までを解説します。犬の下痢について、正しい知識を得て、愛犬のために備えておきましょう。 軟便や下痢が続く場合と頻繁に なる添加物などが大量に使われています。, ・元気消失 と思われがちですが、その他の疾患 定期的な混合ワクチンの接種や 注意していればあまり感染することは 場合があります。, 安い低品質なドッグフードは、 で炎症性腸疾患と言われる原因不明 スポンサーリンク まずないです。, そして、下痢などの腸炎を起こす 場合に考えられる原因や病気の可能性 犬 投与していれば感染の可能性は 下痢というとお腹(腸)の不調(異常) 整えて下痢をしにくく、また免疫力 アレルギーも持っている可能性が ・痩せてくる, などが出ていることが多いですが、 犬はアトピーも多く、慢性的な rakuten_affiliateId="0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId="101213";rakuten_recommend="on";rakuten_design="slide";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_adNetworkId="a8Net";rakuten_adNetworkUrl="https%3A%2F%2Frpx.a8.net%2Fsvt%2Fejp%3Fa8mat%3D2C2ZJ5%2B1ZG2WY%2B2HOM%2BBS629%26rakuten%3Dy%26a8ejpredirect%3D";rakuten_pointbackId="a14122702349_2C2ZJ5_1ZG2WY_2HOM_BS629";rakuten_mediaId="20011813"; ©Copyright2020 petty[ペッティ].All Rights Reserved. 治療ではないため、再発を繰り返したり 元気や食欲があっても下痢が長く 続くと脱水を起こしたり、体力消耗 したりと心配になってきますよね。 また、原因がはっきりしない場合 にはなおさらです。 犬の下痢はちゃんと検査すれば 80%は原因が分かり、診断が下ります。 残りの20%は、 追加の検査が必要になります。, また、寄生虫やウイルス感染などは 普段、手作り食を与えている場合には、脂肪分が少ない鶏のササミをメインに、消化によい野菜(キャベツ、大根、人参、イモ類など)を細かく刻んだものを煮込んだ、「おじや」がおすすめです。, 普段、ドッグフードを与えて利る場合には、ドッグフードをお湯に浸して少し柔らかくし、様子を見ながら少しずつ与えるようにします。, どちらの場合にも、大根、りんごなど整腸作用のあるものを摩り下ろしてかけてあげると、自然な下痢止めとして効果的です。, また、普段から適度な食物繊維を取ることは慢性的な下痢にとても効果があります。食物繊維は腸内で善玉菌のエサとなったり、水分を吸収して便を固める作用があるため、腸内環境を整えてくれます。, ※最近、「もなか」が下痢になると、我が家では「さつま芋」を茹でてペースト状に潰したものに、「りんご」を摩り下ろして混ぜたものを与えています。(りんごが無い時は100%のりんごジュースでもOK) お金の問題で愛犬の寿命を縮めないためにも愛犬が元気なうちにペット保険に加入することが大事. 《参考記事》 犬にとってもヨーグルトは不老長寿の食べ物-便秘解消にも最適, 食事の量が足りない、飼い主とのスキンシップが少ない、お留守番が多いなど、ちょっとしたことでもストレスを感じるものです。, 引っ越しやペットホテルに預けるなど、普段と違う環境に置かれることでも強いストレスを感じ、下痢になるワンちゃんもいます。また、活発なワンちゃんの場合には運動不足でもストレスを感じることがあります。, 無駄吠えをよくする、足を舐め続けている、自分のシッポを追っかける、などの異常行動が見られる場合には、ストレスが溜まっている兆候です。, また、ストレスが溜まってくると、そのストレスに対抗するために体内では抗ストレスホルモンと言われる各種ホルモンが合成されます。そのホルモンを合成のためにたくさんのビタミンCが消費されます。, そのため、ストレスが大きいワンちゃんの場合には、ビタミンC不足になることで体の免疫力が落ち、感染症にもかかりやすくなります。, 愛犬がストレスをため込んでいないか、普段から愛犬の様子をよく観察することも大切です。もし、そのような兆候が見られたら、いつもより愛犬とのスキンシップを増やすなどして、愛犬の不安を取り除いてやることも重要です。, 感染性の種類にもよるのですが、特に体力があまりない子犬や老犬の場合には、命の危険もある怖い病気です。ウイルス感染症はワクチン接種で防げるものもあるので、毎年の混合ワクチン接種もした方がよいです。, 《参考記事》 混合ワクチンは本当に年1回接種する必要があるのか