犬がぶるぶると震えてる!獣医師藤井先生に監修の基、犬が震える時に考えられる原因と対処法をわかりやすく解説!「自宅で対処できる震え」と「動物病院へ連れて行くべき震え」を見分けるには愛犬の様子をチェックすることが大切です。ぜひ参考にして下さい♫ HŽ–‚â‘΍ô‚́H, ƒzƒƒCƒgƒhƒbƒOƒVƒFƒCƒJ[ƒVƒ“ƒhƒ[ƒ€F‹N‚«‚Ä‚¢‚é‚Æ‚«A‚¸‚Á‚Ɛk‚¦‚é. 犬の体が、小刻みにプルプル震え、元気がありません。犬がプルプル震える原因と治し方、どう対処すれば止まるか方法を教えてください。現在、トイ・プードル(4歳 メス)を飼っています。夕方の散歩から帰ってくると、体全体がプルプルと震えが続き、元気がありません。 犬には人間のような言葉がない代わりに、さまざまな形で「気持ち」を知らせようとします。犬は、喜怒哀楽、どれも微妙に表現できることを、注意深い飼い主は気づいています。中でも「喜怒」についてははっきりと分かります。「嬉しいときはしっぽを振る」などがいい例です。 通常子犬に多いですが、成犬以降でも膵臓の病気がある場合も同様の症状が起こります。動物病院を受診し検査を行いましょう。, 当然、水を飲ます、体を冷やすなどの処置をして、必ず連絡の上、動物病院へ連れていきましょう。, 熱中症は気温や湿度が高くなる梅雨から秋口までは起こる可能性がありますので、温度管理には十分気を付けるようにしましょう。, 毒性のある植物、農薬や洗剤などがよくあるケースなのですが、いずれも症状としては、激しいよだれ、嘔吐、下痢、けいれんです。, 例えば、代表的なケースですが、犬にとっては有害なチョコレートやぶどう、たまねぎなどの食品が原因のこともあります。, これなどはとてもはっきりした症状ですから、ある意味ではすぐ対応できる場合ですが、トイレを我慢して震えることもあるのです。, 本編でなんどか触れましたが、病気の早期発見、手遅れにならないために日々しっかり見てあげるようにしてください。, ①筋肉が小刻みに震えることが原因になる震え 犬には人間のような言葉がない代わりに、さまざまな形で「気持ち」を知らせようとします。犬は、喜怒哀楽、どれも微妙に表現できることを、注意深い飼い主は気づいています。中でも「喜怒」についてははっきりと分かります。「嬉しいときはしっぽを振る」などがいい例です。今日は、そのうちの「哀」について、それも「震える」ことで、犬はなにを表現しているのか、のお話しをします。, 山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。, それはもしかしたら、犬の精神的な問題なのかもしれないし、なにか病気のサインかもしれない。, お腹や背中が痛んでいるときは、全身に震えがきたり痙攣のように震えることもあります。, 人間なら、寒い、怖い、くやしい、我慢できない(トイレなど)、そのほか体の不調が原因で震えがきます。, 例えば、地震や雷、周りの掃除機の音、病院や知らない場所などへ連れて行かれたりなど、犬が恐怖や極度の緊張から自分を落ち着かせようとして震えることがあります。, こんなときは、犬の目の向きや表情、行動などから犬が何を気にしているのか観察してみて、もしその原因に気づいたら、そこから離してやるなど、犬が落ち着けるようにしてあげてください。, 離すことが難しい場合には、優しく声をかけながら撫でたり、抱きしめるなど、安心させてやることです。, 犬だって感情のある動物ですから、寒い、怖い、くやしい、我慢できないなどは、すべて人と同じように感じます。, つまり、犬が震えるのは必ず何かの理由があるということ、もしかすると寒いからではなく、どこか体の不調や精神的な違和感のサインなのかもしれないという事なのです。, ただ、人間と違うのは、犬はそれを言葉で表現できないから、態度や様子、振る舞いなどでそれを知らせるのを、飼い主が「見拔く必要がある」ということになります。, この辺りが、難しいところですが、犬の態度、様子、振る舞いを見抜けさえできれば、震えの原因も見えてきて、それぞれに適した対策も見つかるはずです。, 恐怖といってもただ怖いものが目の前にいるだけではなく、どこか高いところに乗せられたとか、グラグラ揺れるものに入れられるとか、犬が感じる違和感と共通する原因があります。, これらはすべて「外的要因」といえるもので、犬の体調には関係ありませんので、動物病院を受診する必要はありません。, ですから、被毛の量などを差し引いて、震えがくるほどの外気温がどれほどか、飼い主の観察眼が活きるところです。, また、重い病気や怪我などから体が衰弱した結果に起こる低体温症という症状があります。, これは単なる「寒さ」からくるものではないので、後述の内科的原因の問題になりますから、受診したほうが良いケースと覚えておいてください。, ところが、暑い寒いではなく犬の体調不良で震えがくるとなると、動物病院を受診しましょう。, この稿で問題にするのは、実はこの体調の不良が原因で起こる震えをどうするか、ということですね。, 例えば、どこか骨が外れているとか、折れているとか、どこかに傷があるとか、というような原因で犬が「訴える」手段として「震え」という動作をすることがあります。, これには個体差があり、犬によってはじっと我慢、ということもあるし、震え方にも個体差があります。, だから、ここでも飼い主の観察眼がものをいうわけで、目に見えて震えているのか、体に触れてみたら震えているのが分かる、など、飼い主としては、できるだけ原因とおぼしきデータを早めに獣医師に伝えられるよう、日頃から観察眼を養っておくことが大切です。, まず外傷がないかチェックし、外傷がないのに震えている場合は、身体の中に異常がある場合も。, 体中を押してみて、しこりがないか、嫌悪反応を示す場所がないかなどを探し、病院へ連れて行きましょう。, 人間なら問診、問い掛けなどで原因が探れますが、犬の場合は、飼い主さんに状況を教えてもらうことはできますが、直接犬に問いかけることはできません。, 犬のさまざまな部位を触診たり、飼い主さんから得た情報をもとにして震えの原因を探ります。, その際、震えという現象をどう原因と結びつけるか、というときに、専門的に考えられる原因をまず想定する、ということをします。, これらはあくまでも考えられる原因を並べただけで、特定するには動物病院での総合的な診療が必要です。, 症状としては、ぐったりとして元気がなく、よだれが出たり、痙攣をおこしたり、体温が下がったりします。, ごはんを食べると元気になるが、ごはんを食べないとぐったりしたり、運動後急に調子が悪い場合は低血糖が疑われます。 ③その他, まず、①ですがこの中には、「低カルシウム血症」「低血糖(インシュリンの過剰投与や栄養が足りないためなどが原因です)」「恐怖などのストレス」「熱」低体温」「筋肉の衰え」などが原因になります。震えるということは、もう限界だという身体からの警告症状とも言え、放置すると命にかかわる場合もあるとも言えます。, ②の神経症状ですが、この場合の震えるは神経が正常に働いていなくてコントロールができない状態を言います。脳腫瘍や、脳梗塞、てんかん発作、前庭障害など神経に異常があるために起こります。, このように、起こる症状は「震え」ですが、その原因は多くあります。恐怖から起こる震えは「怖い」という状況がなくなればなくなりますが、状況にかかわりなく常に震えている状態は異常です。できるだけ早く動物病院で診察を受けましょう。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, 愛犬のココアは、初めて行く病院や寒さでブルブル震えたりしました。初めは、心配しましたが病院も回数を重ねると慣れて来ました。, 震えにも色々あって、記事にあるように環境的に暑い寒い、雷が怖いなど・・・。そして、気を付けなければいけないのが、体調の異変によるサインですね。, 犬が震える原因には色々あるんですね。お友達のわんちゃんが、車が苦手で長時間乗ってると震える事があります。これは緊張と恐怖が入り交じった震えなのかも。ただ、その子は嬉しい時もブルブル震えるみたいなので興奮の震えもあるのかな?, ヘルニアで下半身麻痺しているせいで前足に負担が掛かるからかよく震えています。そういう時は抱っこして「大丈夫だよー」と言うと安心するのか止まります。デモ痛くて震えている時もあるのかもしれないと勉強になりました。力の入れ過ぎなのか痛いのか判断できる飼い主になれるように頑張ります。, いぬが震えてご飯も食べません、こたつに入れておくと治りますが外におしっこに行ってくるとまた震えますお知りにコブがでできていておしても痛がりません、, うちの犬は1年に1度くらいブルブルと小刻みに震えます。震えながらか細い声を出して落ち着かない様子となります。, うちのチワワは車に乗るのが恐くて、お出かけ前にキャリーに入れるとキャリーまでプルプルが伝わってきます。, 13歳シーズー(女の子)です。1ヶ月前に肺水腫と診断され、検査をしても原因がわからず、投薬で治療していましたが先週二度目の肺水腫が起きました。今度は薬も効かず、4日後に旅立ってしまいました。よく考えると、1度目の肺水腫になってからは食欲も落ち、体の震えが止まりませんでした。この記事を読んで、うちの子は病気からによる低体温だったかと思います。肉球がとても冷たかったのを覚えています。体が限界だったんですね。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. ②神経症状から起こる震え 各商品の原材料や成分の分析、1,000名規模のユーザーの口コミなど、徹底してリアルな情報にこだわり、飼い主の皆様が安心してわんちゃんと過ごせるような正しい情報を分かりやすく発信しています。獣医師・ドッグトレーナーなど専門家の協力のもと、犬好きのメンバーが毎日読みたくなるコンテンツを毎日更新中!, 脱水症状を引き起こす恐れもあります。震えとセットで嘔吐するという症状が現れた場合には動物病院へ連れていきましょう。, 興奮状態となり急に逃げ出したり、最悪の場合だと車道に飛び出して車に轢かれてしまうケースもあります。, 寒さを感じる原因になりやすいので、体は濡らした状態で放置するのではなく、雨の日のお散歩、シャンプーや手足を洗った後はきちんとタオルで水気を拭き取りドライヤーで乾かしてくださいね。, フィラリアは毎月の飲み薬やスポット薬で対処が可能なので混合ワクチンと併せて動物病院で相談してくださいm(_ _)m. 犬は寒さに強いと言われていますが、寒さに弱い犬種もいます。 —犬が震えているときは、どのような原因が考えられるのでしょうか? 犬が震える原因は様々です。寒さや痛み、恐怖心や警戒心、ストレスなどもありますし、高齢による筋力の低下や、何らかの神経症状で震えることもあります。 そのほかにも、仮病というわけではありませんが、震えていると飼い主さんが優しくしてくれた、などの経験があると、犬が学習して … なんとかしてあげたいけど、これって様子を見ているだけでいいの?それとも動物病院に連れて行ったほうがいい??, そんなときは、これから紹介する犬が震える原因と症状ごとの対処法を参考にしてください。, 震える直前の出来事が震えの原因となっている場合もあるので、何かをした後(食後など)決まったタイミングで震えていないかチェックしてください。, 動物病院へ連れて行く場合には、震えるタイミングやどのくらいの時間震えているか伝えられると完璧です。, まずはちゃんと出ているか、出ているとしたらその色がいつもと違っていないか(赤・黒・白・オレンジやゼリー状・水といった状態の便の場合には内臓に何らかの病気が現れている場合があります。)何度もトイレに行こうとしたりしゃがんでいきんでいないか。, その様子を動画に撮ることや、用をたしたトイレシートや便を動物病院へ持っていき異常がないか確認してもらいましょう。, 便秘は数日様子をみても吐き気が出なければ命に別条はありませんが、尿が半日以上出ないのは何事か起こっている可能性があります。丸一日出ないのは緊急事態、すぐ病院に行くことをおすすめします!, 食後に必ず吐く、1日に2回以上吐くといった場合には強い痛みを感じていたり、胃腸の動きが何かで妨げられている可能性があり、長く続くと脱水症状を引き起こす恐れもあります。震えとセットで嘔吐するという症状が現れた場合には動物病院へ連れていきましょう。, 震える+動画のような苦しそうな呼吸をする場合はできるだけすぐに動物病院へ連れて行ってくださいね。, ワンちゃんの中には興奮しすぎて震えが出やすくなる子もいます。震えながらもこちらの言葉にしっかり反応し、元気にわんわん吠えてくれる時はまず落ち着くのを待ってみましょう。, そうではなく元気がなくぼんやりした状態で名前を呼んでも好きなおやつを向けても反応がない場合には獣医師へその旨を伝えてくださいね。, 愛犬が震えたときは、以上の5つのポイントをしっかりとチェックし動物病院へ連れて行く際には獣医師へ伝えてくださいねm(_ _)m, 病気を診断する手助けになりますよ♪それでは、次に自宅で対処可能な犬の震えを紹介します。, この時大事になってくるのは”タイミング”です。どんな時に震えているのか観察してあげてくださいね♪, 雷や花火など大きな音がしたときに、ストレスに感じてしまい震えるだけではなく嘔吐や過呼吸を引き起こしてしまうワンちゃんもいます。, そんなときは、心配のあまり「大丈夫?怖いんだね、よしよし~!」と過剰にかまってしまったり、一緒に怖がって不安がってしまうのではなく、落ち着いてできるだけいつものように振る舞うことをおすすめしますm(_ _)m, となります。そして、ある程度、大きな音に慣れさせておかないと、散歩中不意に大きな音を聞いてしまったときに、興奮状態となり急に逃げ出したり、最悪の場合だと車道に飛び出して車に轢かれてしまうケースもあります。, このように、何かのタイミング後にストレスを感じ震えている子には、構ってあげたい気持ちも分かりますが、落ち着いた飼い主の対応が大事になってきますよ。, 人間と同じでワンちゃんも寒さで体温調節が上手くできないときは、震えることで熱を作り出そうとします。, そんなときは、洋服を着せてあげたりタオルケットをかけてあげたり室内を暖かくするといったサポートを行ってあげましょうm(_ _)m, そして寒さを感じる原因になりやすいので、体は濡らした状態で放置するのではなく、雨の日のお散歩、シャンプーや手足を洗った後はきちんとタオルで水気を拭き取りドライヤーで乾かしてくださいね。, 飼い主さんは、カラダ作りをサポートするような食生活へ切り替えるだけではなく、踏ん張りが効かずに滑ってしまわないようにペット用マットや滑り止めを利用したり、体力に見合った時間のお散歩を楽しむことで、これ以上酷くならないようにサポートしてあげてくださいね。, 決まったタイミングで震えがないのであれば、動物病院へ受診したほうが良いかもしれません。, ジステンパー、パルボウイルス、熱中症、てんかん、心臓疾患、脳の疾患、フィラリアといった病気が原因の場合には, 震えが止まらずどんどん元気がなくなっていうようであればこのような危険な状態な可能性もあるので、早めに動物病院へ連れていきましょうm(_ _)m, 飼い主さんなら、チョコや玉ねぎなどワンちゃんに与えてはダメな食べ物を把握して注意していると思いますが、盗み食いや拾い食いなどいつの間にか食べてしまっているケースもあります。, それらの危険な食べ物を大量に口にした場合には、嘔吐や下痢はもちろんですが、ショックを起こして震えやよだれが止まらない子もいます。, 食べてしまったのを目撃した場合にはすぐに動物病院へ連れて行き吐かせることが大切です。, この時に特に注意してほしいのが、ネット上で溢れている「オキシドールを飲ませる」「食塩を飲ませる」といった催吐(さいと)方法です。, これらは、適切な量を使用すると吐かせることができる可能性がありますが、量を間違えて与えた場合には最悪の場合には死に至る可能性があるので、ネットの情報を頼らず予め動物病院で「素人が行っても大丈夫なのか」「どのくらいの量を与えるのか」をきちんと把握した上で行ってくださいm(_ _)m, そして、事前に夜間診療も行っている動物病院を見つけておくと便利ですよ。犬に与えてはいけない食べ物を把握していない方は、↓の記事を参考にしてみてください♪, そのため犬の本能で怪我やヘルニアの場合でも、何事もないかのように痛みを隠しているために震えていることがあります。, ごはんが食べづらそう、触られることを嫌がる。といった異変が見られるときには、無理に患部へ触れて症状を悪化させてしまわないように、優しくゲージに入れて動物病院へ連れていきましょう。, 病気や食中毒、怪我が原因の震えは飼い主がサポートすることで防ぐことのできる可能性が高くなります。, これから紹介する4つのことを参考にして、ワンちゃんの健康を支えてあげてくださいね♪, ですが、震えの原因にもなっている死亡率の高いジステンパーやパルボウイルスへ効果のある任意の予防接種もあります。, それぞれの病気単独から混合まで病気予防が可能なワクチンですので、動物病院の先生と相談し愛犬に適したワクチンを接種してみてはどうでしょうか。, そして、フィラリアは毎月の飲み薬やスポット薬で対処が可能なので混合ワクチンと併せて動物病院で相談してくださいm(_ _)m, ワンちゃんが食べルト危険な食べ物には注意を払い、テーブルの上に置きっぱなしにしない。調理中は近づけさせない。などの対策を行ってください。, そして、質と安全性が高く、アレルギーに配慮された高タンパク・低脂肪といったワンちゃんの健康をサポートするプレミアムドッグフードに切り替えてみることをおすすめします(`・ω・´)ゞ, ドッグフードでは足りない栄養を補ってくれるので、強いカラダ作りをサポートし震えの原因となる関節痛や怪我を予防してくれます。, その子ごとに必要なものは異なるので選び方を参考にしてワンちゃんに必要だと感じたら試してみてはどうでしょうかm(_ _)m, 痛がるワンちゃんを無理に長い時間散歩に連れて行くのはNGですが、筋力低下を招かないためにも、愛犬のライフステージに合わせて無理のない範囲で歩かせることは大切です。, さらに、年齢を重ねると健康的なカラダ作りには欠かせないタンパク質の吸収力が低下してしまうので高タンパク質なドッグフードがおすすめです。, 震える姿を見て心配になる気持ちも分かりますが、動物病院へ連れて行く前にまずはワンちゃんの状態を把握し必要なら連れて行くことが大切です。, といった予防法を実行し、今後も愛犬が長生きできるように飼い主がサポートしてあげましょう。, 獣医師 ( Rose Rose Animal Clinic 院長 )/ペット栄養管理士/ペットフード販売士/, 「日本をペット先進国に。」をビジョンに掲げ、飼い主とわんちゃんが幸せに過ごせる世界を実現するために、いぬなびは誕生しました。