0000799527 00000 n 0000205022 00000 n 0000262212 00000 n 0000708211 00000 n 0000785825 00000 n 異動は4月1日付、退職は3月31日付 かっこ()内は前所属、大かっこ[]内は補足・異体字等 ・3月24日発表 人名校名検索 ☆令和2年度 宮城県 中学校 ※並びは順不同 教諭 【転任】 仙台市立南小泉中学校教諭 (仙台市立南吉成中学校教諭) 阿部まき 仙台 0000729926 00000 n 0000711267 00000 n 0000235279 00000 n 0000284850 00000 n 0000036720 00000 n 0000006140 00000 n 0000234963 00000 n 0000050748 00000 n 3月9日 . 宮城県古川高等学校(みやぎけん ふるかわこうとうがっこう、英称:Miyagi Prefectural furukawa High School)は、宮城県大崎市古川にある男女共学の県立高等学校。, 通称は「古高」(ふるこう・ふるたか)、または「古川高」(ふるかわこう)。「学問探究」を標榜する学舎として知られている。, 宮城県教育委員会の「進学拠点校等充実普及事業」・「魅力ある県立高校づくり支援事業」・「授業力向上支援事業」にも指定されている。2017年度には欧州連合主催の「EUがあなたの学校にやってくる」実施校にも選ばれた。, 教育基本法及び学校教育法に定められた高等学校教育の目的並びに目標を達成するために本校として次の目標を定める。, 宮城県築館高等学校とは、全校を挙げた「古高・築高定期戦」(古川高校では「築高戦」、築館高校では「古高戦」と呼ばれる)が毎年4月に開催されている。通算成績は41勝16敗3分。近年、少子化による生徒数の減少や、両校の生徒数の差などから試合を出来ない競技などもあり全体のバランスが悪くなってきており、今までの伝統に加えて、かつては勉学の定期戦をしていた県内の同じ旧制中学の石巻高校を誘って三年に一度の自校開催で三つ巴の「三校定期戦」にして総当たりの大会にした方が良いとの案も出ている。, 通常の生徒会活動は生徒会執行部が行う。行事活動には別に有志による運営委員会を発足させ、立案から実行までを行う。生徒会誌「凌雲」の発行。, 古高には、常設の應援團があり、1年間を通して活動を行う。団員は詰襟学生服に身を包み、エールや校歌等を歌ったりして応援する。四月の「築高定期戦」と六月の「仙台駅前総体エール」を中心に活動し、他の部から要請があれば、試合会場に行き応援することがある。応援活動の基礎になっているのは「クラス回り」である。応援団は評議委員会によって定められた團則に沿って活動している。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=宮城県古川高等学校&oldid=80164481, 東北高校総体、古高祭(文化祭)、全校集会、東北大オープンキャンパス、1~2年学習合宿、保護者面談、3年夏季課外, 清潔にして健全な品性を養うよう心がけるとともに、進んで心身を鍛え、質実剛健の精神を身につけるよう努める。, 学問尊重の気風を興し、自発的学習意欲を高め、謙虚に真実を追求する態度と適正な判断力を養うよう努める。, 正しく自己を愛するとともに、他を愛することのできる豊かな愛情を育て、お互いに信頼し合える誠実な頼もしい人となるよう努める。, 文化国家の形成者としての社会的使命を自覚して文化の発展に寄与し、更に国際社会への視野を広げ、世界の平和と人類の幸福の為に貢献する。, 「学問尊重」を第一とする本校は「授業第一主義」の方針を立て大学受験対策の知識は「通常の授業」のみで習得でき, 蛍雪会館一階の食堂、二階の蛍雪学習室、図書館、進路室、各教室、各部室(全て冷暖房完備)を早朝昼放課後休日に開放しており職員室滞在の教員にも質問・相談は自由で「自学自習」の学習環境は整っている。始業前・休み時間、昼食時も(各教室・蛍雪会館一階の食堂などで)食事をしながら勉強している者、通学帰宅時の新幹線や電車やバスの中でも時間を惜しんで勉強している光景も見られ学問尊重の気風と伝統が漂った校風の学校である。古川駅前の「ふるさとプラザビル4階」に自習室が置かれ新幹線・電車・バスの待ち時間も有効に活用できる。, 1、個人の特徴を十分に生かした生徒指導を行うために、生徒一人ひとりに対する理解を深める。, 2、生徒活動などを通じて、共同生活の基本的生活習慣を体得させ、かつ教師と生徒との人間的なふれ合いを深めて、学校生活を充実させる。, 3、服装・言語・生活態度などの指導を適切に行い、質実剛健をもって自発的に規律を守る自主的な人間を育成する。, 「自由の学風」を建学の精神とし「質実剛健」「文武両道」を教育の旨としている。生徒と教師は「自由(, 1910年4月制定、作詞者は本校で国語・英語の教諭を務めていた星合愛人、作曲者は東京音楽学校教授の, 中五回卒の亀谷徳兵衛から1977年クラブ活動の助成に2000万円の寄贈があり、財団法人古川高等学校育英会を設立。その利子をクラブ活動で成績顕著な生徒10名以内に贈りクラブ活動の向上に役立てている。高24回卒の, グラウンドやテニスコート3面、野球場(第二グラウンド)、ハンドボールコート、体育館、第二体育館、相撲場、プール施設などがある。校舎、家庭科棟などに分かれる。他には、同窓会館である蛍雪会館や凌雲文化センターやトレーニングセンター、運動部室棟、文化部室棟、シャワールームなどが設置されている。鬼首かむろ山小屋がある。, キャンパス西側には古川星陵病院、セブンイレブン、郵便局、古川信用組合、瑞泉寺。北側には福祉施設Fプラザ、公園、緒絶川、市役所、七日町、東側にはファミリーマート、, 毎年6月初めの宮城県高校総体当日に仙台駅前ペデストリアンデッキで総体エールを行っている(宮城県の高校では本校だけに許可されている伝統行事)。仙台在住のOB・OGなども数多く訪れ, 同窓会組織として「宮城県古川中学校・古川高等学校同窓会」(略称:古中・古高同窓会)があり、居住地域別・職域別・年次別・クラブ活動別などの同窓会がそれぞれ組織されており会報「螢雪」が年2回発行されている。, 原則として本校までバイクにて直接通学することは禁止されている。ただし、遠距離通学者に限り最寄の駅まで利用することは許可されている。. Tel 022-245-2211(代表) Fax 022-245-1534, メディア掲載・出演情報を更新しました(11/7東京新聞,10/30地理月報,11/13税務経理,11/1河北新報,11/1広報とみや). 0000036864 00000 n 0000284345 00000 n 0000037413 00000 n 0000030790 00000 n 0000711785 00000 n 0000800461 00000 n 0000796823 00000 n 0000024110 00000 n 0000325447 00000 n 0000675932 00000 n 0000031641 00000 n 0000777895 00000 n 0000676106 00000 n 0000235031 00000 n 0000721991 00000 n 異動は4月1日付、退職は3月31日付 かっこ()内は前所属、大かっこ[]内は補足・異体字等 ・3月24日発表 人名校名検索 ☆令和2年度 宮城県 中学校 ※並びは順不同 教諭 【転任】 仙台市立南小泉中学校教諭 (仙台市立南吉成中学校教諭) 阿部まき 仙台 0000799155 00000 n 0000679291 00000 n 0000817279 00000 n 0000802113 00000 n 0000262868 00000 n 0000770482 00000 n 0000801690 00000 n 0000600119 00000 n 0000045210 00000 n 大学院非常勤講師. 0000711693 00000 n 0000849527 00000 n 0000026479 00000 n 0000681571 00000 n 0000774502 00000 n 0000679589 00000 n 0000801815 00000 n 0000036607 00000 n 0000020474 00000 n 0000796129 00000 n 0000679731 00000 n 0000675419 00000 n 0000602874 00000 n 0000612971 00000 n 0000296169 00000 n 0000800073 00000 n 0000261917 00000 n 0000274226 00000 n 0000798068 00000 n 0000706769 00000 n 0000711294 00000 n 0000801071 00000 n 0000045237 00000 n 0000204477 00000 n 0000205319 00000 n 0000046124 00000 n 0000296237 00000 n 0000052511 00000 n 0000274062 00000 n 0000680279 00000 n 0000676000 00000 n 0000781881 00000 n 0000708308 00000 n 0000031668 00000 n 宮城県古川高等学校(みやぎけん ふるかわこうとうがっこう、英称:Miyagi Prefectural furukawa High School)は、宮城県 大崎市 古川にある男女共学の県立高等学校。. 宮城大学事務局(太白事務室) trailer <<829574DFB5854CE08E04C22C61D19788>]/Prev 1419034>> startxref 0 %%EOF 466 0 obj <>stream 2月10日. What's new! 0000730183 00000 n 0000047964 00000 n 0000829014 00000 n 0000262936 00000 n 0000295175 00000 n 0000722081 00000 n Tel 022-377-8205(代表) Fax 022-377-8282, 太白キャンパス 現在、宮城大学では、学群制への移行、 い致します。の皆さまのご支援ご協力をよろしくお願に努めてまいりますので、今後とも会員く充実した学生生活が送れるよう、支援学生がより良い環境で、のびのびと楽し援会では、大学としっかり連携しながら、環境も大きく変化してきていますが� 0000795309 00000 n 0000673525 00000 n 0000793834 00000 n 0000579342 00000 n 0000234773 00000 n 228 0 obj <> endobj xref 228 239 0000000016 00000 n 0000263891 00000 n 2016 宮城県 ... スピリッツ 男 女 11 伊藤 哲也 中学 玉川中 男 女 12 伊藤 倫治 中学 志波姫中 男 13 猪股 徳幸 中学 古川 ... ブルーアローズ 男 女 *1 ミニ 山王ミニ 男 女 No. 0000037891 00000 n 0000219532 00000 n 0000026197 00000 n 0000273765 00000 n 0000797911 00000 n 0000263959 00000 n 0000770521 00000 n 0000005076 00000 n 0000052892 00000 n 0000045813 00000 n 0000053414 00000 n 0000285051 00000 n 0000047937 00000 n 0000026027 00000 n 0000015993 00000 n 宮城大学. 0000800914 00000 n 0000801458 00000 n 0000798999 00000 n 0000795466 00000 n 0000613918 00000 n 0000026337 00000 n 0000670851 00000 n 0000579941 00000 n 0000015672 00000 n 0000807820 00000 n 0000033016 00000 n 0000710843 00000 n 0000007398 00000 n 0000795847 00000 n 0000707233 00000 n 0000675134 00000 n 0000613313 00000 n 東北大学 工学研究科附属 超臨界溶媒工学研究センター Research Center of Supercritical Fluid Technology Graduate School of Engineering Tohoku University 2018年6月. 0000682011 00000 n 0000033445 00000 n 0000033306 00000 n 0000041612 00000 n 0000602799 00000 n 0000045524 00000 n 0000044370 00000 n 0000814155 00000 n 0000020447 00000 n 0000707052 00000 n 0000682038 00000 n 0000794765 00000 n 0000579053 00000 n 0000794922 00000 n 0000793795 00000 n 0000721921 00000 n 0000797367 00000 n 0000730425 00000 n 0000041466 00000 n 0000204665 00000 n 0000721592 00000 n 0000721400 00000 n 0000671146 00000 n 0000579646 00000 n 0000053189 00000 n 0000613563 00000 n 0000796439 00000 n 0000800618 00000 n 0000785864 00000 n 0000794221 00000 n 0000284782 00000 n 0000325515 00000 n 0000045668 00000 n 0000789850 00000 n 0000797524 00000 n 0000263004 00000 n 0000325189 00000 n 宮城労働局 Miyagi Labour Bureau 報道関係者 各位 地方 022(299)8062 022( 宮城労働局と宮城県との共同した取組みにより 民間企業の障害者実雇用率は過去最高の1.88%を達成 0000721146 00000 n 0000296726 00000 n 0000796281 00000 n エフエム仙台 ... 「宮城米キャンペーンキャラクター(みやぎライシーレディー)」に事業計画学科2年猪股真衣さんが選ばれた。 事業構想学部 事業計画学科2年 猪股 真衣. 宮城労働局 Miyagi Labour Bureau ... 課 長 猪股 信也 雇用推進専門監 大窪 仁 ... 「公立大学法人宮城大学」「地方独立行政法人宮城県立こども病院」 「地方独立行政法人宮城県立病院機構」 [第7表、第9表] - 5 - >íH >îH C. D. E. 50~ 665 45,928.5 152 人 24 396 193 820.5 1.79 … 0000295657 00000 n ようこそ猪股研究室ホームページへ. ��':�#G���ύ"K����-�tDkv�~h[Yd`. 0000600051 00000 n 0000795696 00000 n 0000032872 00000 n 0000613495 00000 n 0000296429 00000 n 0000789811 00000 n 柴田町特産のユズとみそを使った新製品の発表会があり、フードビジネス学科の3年生が開発したアイスやふりかけ、香辛料を生産者が試食した。, 塩釜市海と社の景観審議会は景観計画案をまとめ、市長に答申。審議会会長事業計画学科風見教授の要望を紹介。, 北海道新幹線開業に伴い、仙台圏と北海道の経済交流の動きについて、事業計画学科徳永教授のコメントを紹介。, 仙台-グアム線の搭乗率を上げるため、宮城県は宮城大学生をグアムに派遣。グアム大の学生らに県内の観光地をアピールする。, シンポジウム「復興を生きる 震災とライフスタイルの変容」での事業計画学科宮原教授のコメントを紹介。, 山元町における集団移転先のコミュニティーづくりを地域連携センター山元復興ステーションがサポート。, 地域連携センター 山元復興ステーション 地域連携センター長 理事 竹内 文生, 5日一般入試前期日程合格発表があり、看護、事業構想、食産業の3学部6学科に計215人が合格。, 宮城県が取り組む「結婚・出産・子育てってほんとに楽しい!を調べるプロジェクト」のリーダーとして少子化問題の広報活動に取り組むデザイン情報学科五十嵐有沙さんを紹介。, 蔵王エコネットは鶏ふんのリサイクル事業として、宮城大との共同研究で鶏ふんの臭いを抑えた土地改良に効果のある肥料を製造。, 「HACCPの定着や認証取得支援がJAの新たな役割に」フードビジネス学科三石教授が寄稿。, 仙台市中山地区の地域活性化構想に市や宮城大等が参画。27日地元NPOが空き家を紹介する「中山で暮らしてみようピクニック」を開催。, 宮城大生が塩釜の干物店でイベントレストラン「いっしょに食べ亭」を開催。干物と日本酒の相性のいい組み合わせを選び、企画商品として販売する予定。, 宮城米の魅力を全国に発信する「宮城米キャンペーンキャラクター(みやぎライシーレディー)」に事業計画学科2年猪股真衣さんが選ばれた。, 野蒜、宮戸地区まちづくり鼎談「森と海のグランドデザイン」で意見交換。事業計画学科風見教授がコーディネーターを務めた。, 畜産の生産性向上を目指す栗原市畜産講演会で「TPP(環太平洋連携協定)と畜産 今、考えておくべきこと」と題し、フードビジネス学科三石教授が講演。, 7日に開かれる「未来につなぐ宮戸と野蒜のたから」をテーマにした鼎談「森と海のグランドデザイン」に事業計画学科風見教授が出席。, 平成27年度東北活性研フォーラムで「よくわかる発酵食品学」と題し、フードビジネス学科金内准教授が講演。, 「宮城大の学生 活性化助っ人」 村田町と美里町で、景観や食材などの地域資源を若者の視点で見つめ直し、まちづくりを提案。, (村田)事業構想学部 徳永ゼミ所属5名 (美里)宮城大学生  3チーム18名, 「住民に尋ね練り上げた活性化案 昨年夏から調査、分析、検討し発表」24日「まちづくりアイデアコンテスト in 美里」を開催。, 「『日本産は安心』では通用しない 輸出で求められる『世界標準』」フードビジネス学科三石教授が寄稿。, 「TPP、米国農業の戦略は?障壁撤廃する高度な自由貿易 日本産が勝つために客観的安全性提示を」フードビジネス学科三石教授が寄稿。, 県内の農や食の担い手が食産業の魅力を若者に伝える「あぐりどんと祭」を開催。実行委員長のファームビジネス学科3年谷口智紀さんのコメントを紹介。, 仙台市地下鉄東西線開業1カ月。利用者について事業計画学科徳永教授のコメントを紹介。, 名取市特産「閖上アカガイ」の品質・資源管理に食産業学部の学生が協力。フードビジネス学科西川教授のコメントを紹介。, 営農・経済事業改革 課題と戦略(15)「総まとめ(下)」フードビジネス学科三石教授が寄稿。, 仮設住宅での被災者支援について学生ボランティア団体「@グリーン」の6人と仙台市長が懇談。, 「プロ農家の養成を=認証システム習得の仕組み必要=」と題し、フードビジネス学科三石教授が寄稿。, 営農・経済事業強化,課題と戦略(14)「総まとめ(中)」フードビジネス学科三石教授が寄稿。, 「みやぎ蔵王三十六景ブランド創造会議」で事業構想学部3年生が温泉をPRするロゴマークを作成。座長は事業計画学科宮原教授。, 事業計画学科風見教授と仙台市長との新春対談。震災復興、市民協働、地下鉄東西線などについて意見交換。, 「生誕特集 啄木と賢治」同郷の啄木を胸に置き、短歌の創作に励む事業計画学科3年工藤玲音さんを紹介。, 未来へ羽ばたく 新年インタビュー 大学生俳人・歌人として活躍する事業計画学科3年工藤玲音さんを紹介, 「迫るTPP 農が変わる 食の競争力向上のポイント 識者に聞く」フードビジネス学科三石教授のコメントを紹介。, 「くだものへの期待と果樹農業振興基本方針」と題し、フードビジネス学科三石教授が寄稿。, 「農業と国際経営戦略-変化に対応し、技術と資源を活用して、新しい需要を作り出す-」と題し、フードビジネス学科三石教授が寄稿。, 腸内環境をどんどんキレイに! 便秘やアレルギーが改善 玄米乳酸菌 フードビジネス学科金内准教授が寄稿。, 「みやぎ蔵王三十六景ブランド創造会議」で事業構想学部3年生が温泉をPRするロゴマークを制作。座長は事業計画学科宮原教授。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(13) 「総まとめ(上)」フードビジネス学科三石教授が寄稿。, TPP「自由化」という「仕組みの競争」 米国農務省が2014年10月に公表した報告書から捉えるポイントと課題について、フードビジネス学科三石教授が寄稿。, 山形県が選定した「やまがた景観物語おすすめビューポイント」について「魅力を語る会」を開催。事業計画学科宮原教授がパネル討論のコーディネーターを務めた。, 亘理町第5次総合発展計画 重点16項目など答申。審議会会長は事業計画学科風見教授。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(12) 「海外事例」フードビジネス学科三石教授がワイン業界の事例を紹介。, JA全中の効果的な販売を構築するための考え方を学ぶケーススタディー研修会でフードビジネス学科三石教授が講師を務めた。, 経済観測「日本人と日本食を狙う米国」をテーマにしたコラムでTPPに関するフードビジネス学科三石教授のコメントを紹介。, 「社会的共通資本の学校づくり展開」 事業計画学科の風見教授が東松島市で取り組む森の学校プロジェクトについて紹介。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(11) 「改革の先駆者(6)鹿児島経済連」 フードビジネス学科三石教授が農家サポートを事業化した事例を紹介。, フードビジネス学科西川教授が「生活情報ファイル」コーナーでチョコレートに含まれるカカオポリフェノールの効能を解説。, 「赤貝を研究する女子大生のお昼ご飯」としてフードビジネス学科食品機能研究室に所属する学生が出演。, TPPの発効で変わる日本の産業をテーマとした特集において、外食産業に関するフードビジネス学科堀田准教授のコメントを紹介。, 12月6日に開業した仙台市地下鉄東西線に関する特集の中で、事業計画学科の風見教授がコメンテーターとして出演。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(10) 「改革の先駆者(5)JA里浦」フードビジネス学科三石教授が全国のユニークなJAを紹介。, 「シリーズ東西線(3) 市の財政計画 まちづくり検証」特集の中で事業構想学部徳永学部長と風見教授のコメントを紹介。, 「までぇに街いま 山田(上)」仙台市太白区山田地区で多彩な活動を行う人々を紹介する企画の中で、太白キャンパス自然研究部を紹介。, 「再起の巨大オブジェ」高山登理事指導のワークショップで市民18人が制作したオブジェが完成。仙台市地下鉄東西線国際センター駅前ロータリーでにおいて月末まで展示。, 「大学と連携 若い感性生かす」 仙台市中心部の商業施設が地元の大学との連携を強化。食産業学部3年生が百貨店の歳暮ギフト商品を開発。, 「ヒツジ肉 食味向上」ファームビジネス学科の大竹教授は南三陸町でワカメを食べさせたヒツジ肉の開発を行う。「南三陸わかめ羊」としてブランド化を目指す取り組み。, 「不動産ファンドフォーラム2015イン仙台」が開催され、事業計画学科の田邉教授が講演。東北への不動産投資額の少なさを指摘。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(9)「改革の先駆者(4)JAゆうき青森」フードビジネス学科三石教授が全国のユニークなJAを紹介。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(8)「改革の先駆者(3)JA愛知みなみ」フードビジネス学科三石教授が全国のユニークなJAを紹介。, 東日本大震災で被災し、山元町坂元の集団移転先に転入した被災世帯が、地区内の住民自治組織を設立。設立準備委員会の進行役を宮城大山元復興ステーションが務める。, 27日、「不動産ファンドフォーラム2015イン仙台」で、事業計画学科の田邉教授が「日本の不動産投資市場の現状と今後の展望」をテーマに講演。, 地下鉄東西線開通を記念し、枕木を使った美術作品の制作ワークショップが22~24日にあり参加者を募集。講師を務める高山理事は枕木でオブジェを制作。来年3月末まで青葉山交流ロータリーに展示される予定。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(7)「改革の先駆者(2)JA土佐れいほく」フードビジネス学科三石教授が全国のユニークなJAを紹介。, 外国人誘客を仙山圏から考える仙山カレッジフォーラムで座長を務めた事業計画学科宮原教授は「空港から旅物語提供を」と総括。, 加美町は行政主導で薬用植物研究会を設立。県内初の試み。一大産地化と農家の収入安定を目指す。顧問に地域連携センター長竹内理事が就任。, シンポジウム「東日本大震災被災地の復興ツーリズムの可能性」で、パネリストを務めた事業計画学科宮原教授は「そこに暮らし続ける人に思いをはせられる来訪者になってほしい」と訴えた。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(6)「改革の先駆者(1)JAびえい」フードビジネス学科三石教授が全国のユニークなJAを紹介。, 連携協定を結ぶみやぎ蔵王えぼしスキー場の展望ガーデンに、大学で育てた「カルーナ」の苗木1000株以上を手植え。展望ガーデンは宮城大の提案を受けて設計。来春に完成する予定。, 「日本の農業・食品産業とTPP」 米国農務省が2014年10月に公表した報告書をフードビジネス学科三石教授が翻訳。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(5)「変わる家族・食生活とJA」フードビジネス学科三石教授が加工食品に対し安全性確保の仕組みづくりの必要性を言及。, 「市民協働基本方針 市長に在り方答申/仙台市推進委」仙台市協働まちづくり推進委員会は仙台市が本年度策定する市民協働の基本方針の在り方を奥山市長に答申。委員長は事業計画学科風見教授。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(4)「JAをめぐる『強さ』と『弱さ』」フードビジネス学科三石教授が資源の希少性の徹底追及を、と言及。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(3)「JAをめぐる『機会』」フードビジネス学科三石教授が営農・経済事業強化の機会について言及。, 菜種油の廃油を再利用した資源循環型社会を目指す「菜の花プロジェクト」の学習会(主催:地元資源保全隊)が開催され、環境システム学科富樫教授が再生可能エネルギーや森林バイオマスについて講義。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(2)「JAをめぐる脅威」フードビジネス学科三石教授が異業種参入に備えを、と言及。, 「外国人観光客誘致“宮城 乗り遅れるな”」の特集において、事業計画学科宮原教授のコメント「東北ならではの観光資源の発掘を」を紹介。, 第1回JA営農・経済フォーラム東日本地区でフードビジネス学科三石教授が「販売事業のケースを踏まえた営農・経済事業改革のヒント」と題し、基調講演。, 営農・経済事業強化 課題と戦略(1)「構築・実践」フードビジネス学科三石教授が全国のJAが独自色をもって改革を実践するためのポイントについて言及。, 「身近なため池守ろう 仙台・山田で生物調査 宮城大関係者や市民ら」太白キャンパスのサークル「自然研究部」が、農業用水用のため池の外来魚駆除や環境改善を図るために、市民センターと連携して実施。, 仙台市内で8月、日本災害看護学会の年次大会が開催され、大会会長である吉田看護学部長が心のケアや震災での経験知を生かすことの重要性を訴えた。, 10月21日開催「みやぎ復興住宅フォーラム」建築家妹島氏とデザイン情報学科中田准教授が対談-復興支援を考える。, 「宮城・利府 コンサートに5万人超 復興支援 感動の嵐」宮城スタジアムで開催された大型野外コンサートへ本学のすずめ踊りサークル「娘すずめ。」が出演。, 「青魚」をテーマとした放送回において、食品機能学の研究者としてフードビジネス学科西川教授が出演。, 「大学生観光まちづくりコンテスト2015」〈青森ステージ〉に出場した学生チームが最高賞である「観光庁長官賞」を受賞。, 山元・新山下駅周辺の市街地名 選定委『つばめの杜』答申」名称選定委員長である森山特任教授が山元町へ答申書を提出。, 「農協改革関連法成立 農業は変わるか」 農業経営等の研究者としてフードビジネス学科三石教授が出演。, 「船と港の将来=畜産を支えるインフラ投資=」と題し、フードビジネス学科三石教授が寄稿。, 「災害時の食事」をテーマとした特集において、フードビジネス学科の石川准教授が災害食の研究者として出演。, 大和キャンパス