(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); トイレ環境が悪く、排尿を我慢するようになると膀胱炎などのリスクも高まりますので、まずはご家庭の猫のトイレ環境に問題がないか、確認してみましょう。 猫がトイレ以外の場所で排尿してしまったとしても、ストレスの原因になるだけですので決して叱らず、きれいに掃除して尿のにおいを消し、快適なトイレ環境を提供してあげましょう。 月に1、2回くらいは中性洗剤で丸洗いし、塩素系漂白剤で30分ほど漬け置き消毒をして、天日干しで乾燥させましょう。 血尿が出ていると勘違いしがちですが、 また、洗濯機や大きな音が出る機械のそばに設置されていると、落ち着いて排泄できずに嫌がります。, 普段のトイレ掃除は、便と尿の付いた砂の塊を取り除き、容器の汚れを除菌シートなどで拭き取りましょう。 経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このホルモンは脳の視床下部という場所で作られて脳下垂体に蓄えられています。 すぐに病院へ行きましょう。, 猫のおしっこが茶色い時は、 尿も一緒に排出されるから大丈夫だと 尿道の先端部分に徐々に溜まり、 また、脳には異常がなく正常に分泌がされていてもそのホルモンの指令を感知する腎臓自体に障害がある場合、ホルモンが作用できず尿を大量に排泄してしまいます。 脱水を起こさないように常に水分の補給をする必要があります。, 生まれつきのものや尿路結石や感染、炎症などによっておこることもありますが、多くの原因は加齢に伴う腎臓の機能の低下によりおこります。 毛がパサパサになる、また、下痢や嘔吐などの症状も見られます。 という種類の結晶が作られてしまいます。, 結晶が大きくなりすぎると、 30代のサラリーマン兼個人ブロガーです。 糖尿病が進行すると糖の代用品として肝臓で作られる各種のアセトン体(総称をケトン体と呼ぶ)が体の各組織に送り出されますが、さらに糖尿病が悪化すると組織の処理能力が追いつかず、アセトン体が血液中にあふれて尿中にも出てきてしまいます(ケトン尿)。 すぐに消えてなくなるのですが、 猫の尿がついてしまった床や壁、カーペットなどは酵素系の洗剤を使ってよく洗浄し、柑橘系の香りをつけると尿のにおい消しに効果的です。 貧血を起こすのでぐったりし、食欲がなくなります。, 「尿の色が濃い」場合、すぐに命に関わる病気を発症している可能性がありますので一刻も早く病院につれていって診察を受けてください。, 尿の色に変化が見られた場合何らかの異常がある場合がほとんどですので、積極的に病院の受診が必要になります。 [CDATA[ 猫は排尿時にかなりの痛みを伴っています。, 放っておくと、血尿が出て インスリンを自宅で注射したり食事療法を行います。, 中高齢の猫に多く発症し、甲状腺の良性の腫れや癌によって甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることでおこります。 休診であってもすぐに病院へ行きましょう。, 猫のおしっこが白濁していると時は、 きれい好きな動物である猫は、たとえ自分のものでも排泄物やそのにおいが残ったトイレは嫌がります。 どのような病気が考えられるのか、病院に行ったほうがいいのかお話ししたいと思います。, 「尿の色が薄い」と感じた時、尿の色は透明に近い色をしていると思います。 また、トイレ容器に付いた傷にも汚れがたまりやすくなるので、年季の入ったトイレ容器であれば買い替えを検討してみてください。, 急にトイレの形や場所を変えると、猫が気に入らなかったり戸惑ったりして排泄するのを我慢してしまうことがあります。 尿路結石になっている可能性があります。, この場合、結石が尿路を傷つけて 体内の水分が不足した場合、抗利尿ホルモンが分泌されて腎臓に働きかけ、水分の排出を抑制し、逆に水分が過剰な場合は分泌が抑えられることで尿の排出を少なくします。 トイレ環境を変える時には、少しずつ様子をみながら行いましょう。 なので、緑色のおしっこが出た場合は、 老廃物がたまることから白濁した尿が 心臓や肝臓など様々な臓器にも影響を及ぼします。, 猫ではまれですが、子宮に細菌が感染し炎症を起こし膿が溜まる病気です。 特にツライのが臭いですよね。アンモニア臭が1日、2日取れなくて、家の中全体が臭くなりました。, この記事を読みにきたあなたも、猫のおもらしに困ってるのではないですか?おしっこをされた時の対処法と未然に防ぐ対策法を知っておくと負担が軽くなります。, また、ただのおもらしではなく、病気のサインかもしれませんので、どんな病気の疑いがあるのかについても知っておきましょう。, これは実際にやった人がいて、効果があったやり方なので試してみてください。臭いは取れてもシミは残る恐れがあります。, 私は熱湯をかけて対処してましたが、間違ってたわけです^^; 熱湯のほうが殺菌効果はありそうですが、汚れは残るようですね。, おしっこはアルカリ性なので、クエン酸を使って中和すると臭いを取り除くことができます。, 乾かす時はドライヤーを使うと早いですよ。ただ、蒸発するおしっこをドライヤーの吸引側で吸い込むので、あとで使う時に多少アンモア臭がするかもしれません。そこは覚悟して使ってください。, 畳におしっこされてしまったら上記の方法で対処してもらえればと思いますが、留守中におしっこされて、あまりにも時間が立ってしまった場合、畳の下まで染み込んで完全には取り除けない恐れがあります。, 何日経ってもアンモニア臭がする場合は、おしっこをされた畳だけ買い換えたほうがいいでしょう。, ただ、またおしっこを畳にされてしまった時、その都度、畳を買い換えるなんてお金がもったいないですよね。今後おしっこをされても大きなダメージを受けないようにするにはどうしたらいいか。その対策について次はお話していきます。, さて、ここでは畳におしっこをされないようにどんな対策をしておけばいいかお伝えします。, 飼ったばかりの猫や小さい子猫の場合、まだどこがトイレなのかわかってないので、まず『ここがトイレだよ』と認識させる必要があります。, 3をさせてその場ですぐおしっこをしてくれたらしつけはOK!今後はトイレでおしっこをしてくれるはずです。もし、すぐおしっこしなかった場合はおしっこするまでティッシュはそのまま置いておきましょう。, 今までトイレでちゃんとできていたのに最近はトイレ以外でもおしっこをしてしまう場合、オムツを履かせてみてはどうでしょうか。, ペット用オムツはシッポを通す穴も開いてるので、オムツをはかせるのもスムーズにできます。私が飼ってる猫は成猫で5.7キロなんですが、『マナーオムツ Sサイズ』でゆるすぎず、きつくなくちょうどよかったです。, ただ、元気な猫だとたくみに動いて脱いでしまうかもしれませんね。だからといって、きつくしめつけてしまうと柔軟に伸び縮みする猫が動きにくくなってしまうので、どうしても脱いでしまうなら「対策その3」の方法を試してみてください。, 『トイレをなかなか覚えてくれない。』、『オムツも脱いでしまう。』という場合、部屋一面にトイレシーツを敷いてみてください。, この方法は猫の部屋を用意してある場合に特に有効です。本来、畳の上に何かを敷くというのは通気性が悪くなるのでカビやダニなどが心配になるので好ましくないですが、アンモニア臭で悩まされたり、おもらしの掃除によるストレスを考えたら、ペットシーツを敷いたほうがペットといい関係でいられるのではないでしょうか。楽天などの通販で大量に買えるのでお試しください。, さて、畳におしっこされてしまった時の対処法や対策法をお話してきましたが、なぜトイレ以外のところでおしっこをしてしまうのか考えてみましょう。, いつもトイレでちゃんとおしっこをしていたのにある日からトイレ以外の場所でもおしっこをするようになった場合は病気を疑ったほうがいいかもしれません。, 私の飼ってる猫はある日突然、おもらしするようになりました。原因はてんかん発作です。てんかん発作を起こすとおもらしを必ずします。そして、てんかん発作の原因が脳にできた腫瘍でした。, このように単純に覚えの悪い猫というわけでなく、なにか原因があってトイレ以外でおしっこをしてしまってる恐れがあります。おもらしをした時、叩いたり、怒ったりしないでくださいね。, おもらしで困ったら、まずは動物病院に相談してみましょう。それが猫のため、飼い主のためです。, 畳におしっこされてしまった時の掃除は大変です。でも猫も清潔を好む動物ですので、トイレ以外のところでおしっこをしてしまうのはなにか理由があります。飼い主として真剣に考えてあげましょう。. あまり飲まないため、おしっこが濃縮 また、マーキングのための排尿をする時にも、強いにおいの尿を残しておくことで他のオス猫に対して自分の強さをアピールして牽制することができます。 『血色素尿(けっしきそにょうしょう)』 猫の尿のにおい消しに効果が高い消臭スプレーはこちらになります。 胆石や膵臓の炎症の波及によるものもあります。 また、老廃物が体に蓄積することで食欲不振・嘔吐がおこります。 ©Copyright2020 わくわく情報館.All Rights Reserved. // ]]> 猫の特発性膀胱炎という病気を知っていますか? あまり聞きなれない病気で、普通の膀胱炎と何が違うの?と疑問に思いますよね。 特発性膀胱炎は通常の膀胱炎とは若干性質が異なります。 実際は、こ ... 猫の尿毒症とは、どんな病気かご存じでしょうか? 高齢猫には慢性腎不全という病気が非常に多いのですが、その中でも末期になると、尿毒症と呼ばれる状態に陥ります。 「猫が尿毒症と診断されたけど ... FLUTDとは「猫の下部尿路疾患」の略称で、膀胱から尿道までの下部尿路で発症する病気の総称のことをいいます。 特発性膀胱炎をはじめ、尿結石・血尿・頻繁で痛みを伴う排尿・尿道閉塞など、さま ... トイレのお掃除をしている時に、光の加減で尿がキラキラしているのを見たことがありませんか? この正体はいったい何なのでしょうか? 病院に連れて行った方がいいのでしょうか? どんな病気の可能性があるのか詳 ... 「飼っている猫が腎不全と言われたけど、もう一匹も腎不全にならないためにはどうしたらいいの?」 「猫が腎不全になってしまった原因が知りたい!」 このような疑問はありませんか? 腎不全とは、 ... 「猫の慢性腎不全の初期症状は、どんなものなんだろう?」 「初期の段階で慢性腎不全を発見するためには、どうしたらいい?」 「猫が慢性腎不全の初期と診断された。何をしてあげればいいんだろう」 ... 「おしっこの時間が長くなった気がするけど、尿量が多いのかな」 「最近ちょっとしか尿をしてないけど、うちの猫、尿量が少ないのかも」 猫の排尿は毎日のことなので普段から意識している方が多いと ... 「猫が尿道結石になってしまったけど、何が原因なんだろう?」 「猫が何度も尿道結石ができるけど、手術をすれば治るの?」 尿道結石という病気について、このような疑問はありませんか? 尿道結石 ... 腎不全とは、何からの原因によって腎臓の機能が低下した状態のことを言います。 腎不全の中でも慢性腎不全は、高齢猫ではとても多く見られる病気です。 「慢性腎不全の飼い猫がいつものエサを食べな ... 「猫が1日近くおしっこをしていないけど大丈夫?」 「猫が何度もトイレに行っているけど、もしかして頻尿?」 猫の排尿の回数がいつもと違うと、飼い主の方は心配になりますよね。 もしその排尿が異常だとすると ... Copyright© 猫の病気対策マニュアル , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4. 多頭飼育をしている場合には、猫が排泄する機会も増えますのでトイレの数には特に気をつけてあげてください。, 猫がトイレのふちギリギリに立って排尿するため、尿がトイレの外に飛び散ってしまうとお困りの方はいませんか? ストルバイト結晶は粘り気があります。, 粘り気があり、水分も含んでいるので、 //