猫の鳴き声でクルル・・・という時の気持ちを知りたい! 猫の鳴き声はバリエーション豊かです。「この鳴き方はどんな意味?」と気になる飼い主さんも多いはず。今回は、猫がクルルと鳴く理由について解説します。 2019年12月27日作成 猫が好む動きを覚えて、飼い主さんと猫との遊びの時間を楽しみましょう。. 【鳴き方】勢いよく息を吐いた音 【どんな時に鳴く】嫌なことをされた時, 相手に警戒した目線で、勢いよく「フーッ」と息を吐いた時は、「こっちに来ないで」と訴えています。, 「フーッ」という鳴き方をしたら、猫が何を苦手にしているのかを見極める必要があります。, 神経質な性格の猫に嫌なことを繰り返し行うと絆が崩れてしまうことがあるので注意が必要です。, 鋭い目で相手をにらめつけて、牙をむき出しにして「シャーッ」と息を吐いた警告音です。, もしくは相手を危険な敵とみなして、最大級の警戒心を持って「それ以上近寄るな」と訴えているのです。, 猫はとても賢い動物なので、オス同士の縄張り争い以外では、できだけ争いごとを避ける性質があります。, 【鳴き声の高さ】低~中 平安時代の猫は綱に繋がれて飼われていました。猫を飼うことは流行の最先端だったようで、清少納言も枕草子の中で美しい猫に赤い綱をつ... 猫には鎖骨があるため、前足を広範囲に動かすことができます。(実は犬には鎖骨がありません)そのため、猫は前足を自在に使って様々な行動をとります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【鳴き声の高さ】高 【猫 鳴き声】怒ってる?鳴きまくって何かを訴える子猫!Kitten spree squeal - Duration: 3:13. 【鳴き方】口を開いて鳴くしぐさをするのに声が聞こえない 野生ではあまり鳴き声を出すことがない猫ですが、飼い猫の場合、飼い主さんとのコミュニケーションや主張のために様々な鳴き声を出すことがあります。 今回は「この鳴き声どういう意味?」となりがちな「クルル」や「んー」などの猫の鳴き声とその意味をいくつか解説したいと思います。 【鳴き方】連続した音 今回の記事では、窓から外をじっと眺めていたり、何もない空中をじっと見つめていたり、急に行動が止まってフリーズ状態になる猫の気持ちについて紹介... 今回は猫が飼い主さんの肩に乗る理由について紹介します。飼い主さんが座っていると何処からともなく猫が現れて肩に飛び乗ってくることありませんか?また、歯磨きする時など中腰の姿勢になると、猫が背中に乗ってくることありませんか?これらには猫の習性が... 現在の日本では空前の猫ブームが到来していますが、遠い昔、平安時代の貴族たちにも猫ブームは巻き起こっていました。 猫の鳴き声には、その猫の気持ちがたくさん隠されています。ニャーオやアオーンなど猫らしい鳴き方もあれば、クルルやンー、カカカなど猫とは思えない意外な鳴き方もあります。猫の鳴き方には個体差があるので、全ての猫に当てはまるとは限りませんが、今回の 突然、猫がじっと動かなくなり、何かを熱心に見つめている、そんな行動を目撃したことはありませんか? 【鳴き方】1回鋭くなく 【どんな時に鳴く】親しい相手に甘える時, 飼い主さんが帰宅した時などに、高く小さな声で「ミャ~オ」と鳴きながら、愛猫が体をすりつけてくることがありますよね。, この小さな声の「ミャ~オ」は、「寂しかったよ」「構って」という密かなアピールを意味しています。, 【鳴き声の高さ】低~中 【鳴き方】小さく断続的に鳴く Sponsored Links 猫の鳴き声はバリエーション豊かです。「この鳴き方はどんな意味?」と気になる飼い主さんも多いはず。今回は、猫がクルルと鳴く理由について解説します。 2019年12月27日作成, 猫はたくみに鳴き声のパターンを変えて自己主張する演技派です。独特の鳴き方のうちクルルと鳴く時の意味について考察してみました。, 猫がクルルと鳴く時は、「もっとかまって欲しい」という甘えの気持ちが込められているかもしれません。その時の状況が、床に転がってお腹を見せていたり、体をこすりつけてきたりしている時は、甘えている可能性が高いでしょう。もともと、クルルという鳴き方は、子猫が母猫を呼ぶ時に使う鳴き方。しかし、飼い猫は大人になっても、飼い主にクルルと鳴き続ける傾向があります。クルルと同じ意味で、甘えているときにプルルと鳴く猫もいます。こんな時は、しっかり撫でて可愛がってあげると猫も満足してくれることでしょう。, 猫がクルルと鳴く時は、甘えたいという気持ちだけではありません。戸惑いや不安、疑問といった、落ち着かない気持ちの時にも鳴くことがあるため注意が必要です。 例えば、猫が集中して遊んでいたり何かを凝視している時に、不意に触るとクルルと鳴くことがありませんか?これは、明らかに甘えたいという意味ではありませんよね。 こうした場合、「なに?」というややびっくりした時の戸惑いや疑問などが考えられます。その他にも、窓の外に他の猫や動物がいる場合や、慣れないものに遭遇した時、虫を発見した時など、不安を感じる時にクルルと鳴くこともあります。 さらに、いつも開いているはずのドアが閉まっていたなど、通常とは違うことが起きて戸惑っている時にもこの鳴き方をすることがあります。人間の言葉にすれば、「あれっ?」「なんで?」といった言葉になるのでしょうか。 猫の動きをじっと観察していれば、このように戸惑いや不安、疑問でクルルと鳴く場面は案外多そうです。, 甘えたい時にクルルと鳴く場合と似ているかもしれませんが、猫がとても嬉しい時やてんションがあがって楽しいと感じている時にもクルルと鳴きます。 お気に入りのおもちゃを見つけて、飼い主さんが遊んでくれる時、思いっきり走り回って遊べる時、捕まえたい獲物を見つけた時など、テンションがあがっている時にこのような鳴き方をするんです。 一緒に遊んでいる時にクルルッと鳴いて、どこかにダーッと走ってしまうこと、ありませんか?これは、「付いてきて!」「おいかけっこしよう!」と一緒にもっと遊びたいと誘っているサインだと考えられています。 こうした時は、時間が許す限り思いっきり一緒に遊んであげたいですね。, 飼い猫が1匹でない場合や、犬なども一緒に飼っている時には、飼い主以外にもクルルと鳴いて近づいていくことがあります。これは、他の動物に対して親しみを込めて近づいているサインです。仲良くしようよという意味を込めていると考えられています。本来、野生の猫は喧嘩をあまり好まず、どちらかといえば喧嘩を避けて生きています。そのため、これは野生の猫にもよく見られる行動で、こうした場合は喧嘩を避けるための合図であるととらえられています。, このように、猫のクルルという鳴き方には様々な意味が込められています。猫が落ち着いていてまったりしていたり、楽しそうに遊んでいる時は、ご機嫌であることを示すサインでもあるため、こんな時はしっかりと関わってあげたいものですね。「うちの猫はクルルと鳴かない…」というケースもあるかもしれませんが、猫によってはクルルと同じ意味でも別の鳴き方をする子もいます。例えば、ゴロゴロやグルグルという鳴き方は、クルルと同じように甘えたい時の鳴き方です。にゃー!と高い声で鳴く時は、楽しい!嬉しい!もっと遊んで!という意味を含んでいることもあります。, 猫ちゃんは外を眺めるのが大好きです。猫の運動範囲に外をゆっくり眺める事ができる窓がある空間を準備してあげてください。多くは室内飼いでしょうがストレスを抱えないで済むように、時々は一緒におもちゃで遊んであげると、運動不足も解消されます。ほんのいたずら感覚で、猫ちゃんをいじる時は愛猫の気持ちも考えて、あまり頻繁につつくとストレスを受けてしまいますから、オススメはできません。