Copyright© (詳細はこちら), 複数の写真を1枚に結合するオンラインツール. また、毎回ダウンロード時に、どの場所へ保存するのかを、たずねてくるように設定することもできます。 エクセル,画像,ドラッグ,ドロップ,挿入,貼り付け,セルに合わせる,自動,フィット,工事写真台帳,電子納品. エクセル,画像,ドラッグ,ドロップ,挿入,貼り付け,セルに合わせる,自動,フィット,工事写真台帳,電子納品, CellPita(セルピタ)は、任意の画像ファイルをドラッグ&ドロップでエクセルに貼り付けるためのツールです。画像サイズを自動でセルサイズに合わせて貼り付けます。 画像結合 これは、複数の画像を1枚の画像に結合するオンラインのツールです。ブラウザ上で動作します。 9枚(横3枚、縦3枚)まで結合する画像を加えることができます。 文字を9個まで画像に追加できます。文字はマウスで移動できます。 [画像追加]ボタンをボタンをクリックします。ファイル選択ダイアログが開くので読み込みたい画像ファイルを選択します。(PC/スマホ 両対応), 方法2. 工事写真台帳や、アルバム帳の写真貼り付けの手間を劇的に楽にします。. これは、複数の画像を1枚の画像に結合するオンラインのツールです。ブラウザ上で動作します。, 9枚(横3枚、縦3枚)まで結合する画像を加えることができます。, 文字を9個まで画像に追加できます。文字はマウスで移動できます。, このツールは縦横が最大8,000pxのサイズまで画像生成できます。, 読み込まれた結合画像の縦または横のサイズが4,000pxを超える場合には、読み込まれた時点で4,000pxに縮小されます。, 結合する各画像は縮小でき、また、3倍まで拡大できます。, 読み込んだ画像はサーバーに送信されません。画像の生成はサーバ側ではなくご利用のパソコン側で行われます。, 多くのブラウザの初期設定において、ファイルのダウンロード場所は「ダウンロード」フォルダとなっています。 ファイルエクスプローラなどから画像を選択し、ページ内にドラッグドロップします。(マウス操作時). このダウンロード場所は変更することができます。 ファイルは辞書順に並べて順番に2つの画像を1つに結合していきます。 処理イメージ フォルダー中に次のファイル名の画像ファイルがあった場合、 001.bmp 005.bmp 006.bmp 008.bmp 009.bmp 2つずつ結合する場合、次のように結合します。 001.bmp + 005.bmp 006.bmp + 008.bmp 009.bmp ・個人のアルバム帳作成に, CellPitaを起動し、メニュー>「フォルダを開く」を選択し任意のフォルダを選択します。 画像結合ツール. CellPita(セルピタ)は、画像ファイルをドラッグ&ドロップでエクセルに貼り付けるためのツールです。画像サイズを自動でセルサイズに合わせて貼り付けます。, ✔複数一括貼り付け機能を持ち合わせ、1枚目に貼り付けたセルサイズを基準として、次の貼り付けセルを自動で認識します。, 工事写真台帳やアルバム帳の写真貼り付けの手間を劇的に楽にします。 または、アドレスバーへ任意のフォルダをドラッグ&ドロップします。, エクセルファイルを開き、貼り付けたいセル位置へ画像をドラッグ&ドロップします。結合セルは1セルとみなします。ドラッグ先のセル内に収まるように画像サイズが自動調整されて貼り付けられます。, セルの貼り付け位置のオフセット値を設定します。マイナスでセルの内側、プラスでセルからはみ出る大きさに画像サイズが調節されます。枠線よりも少し余白をあけて内側に貼り付けたい場合などに使用します。, 画像の左上のセル座標を「0,0」とし、指定したオフセット値のセルにファイル名、撮影日時を書き込みます。, ※撮影日時の形式(書式)は、選択肢より「yyyy/MM/dd HH:mm」など選択指定できますが、エクセル側の書式が優先されます。日付書式がCellPitaで指定した通りにならない場合は、エクセルのセルの書式を確認し、適切な書式に設定してください。, テキストインプット例:画像の左上「B2」セルを基準座標「0,0」とした場合、ファイル名は上下に0、右に7つ目のセル位置「0,7」。撮影日時は、下に1、右に7つ目のセル位置「1,7」。, 関連キーワード または、フォルダアイコンをクリックし、任意のフォルダを選択します。 ・工事写真帳作成に 2枚以上の画像を結合して1枚の画像ファイルにすることができます。出力解像度の指定や文字の挿入なども可能です。ブラウザ上で全処理を行っているので、画像データがサーバーに送られることはなく個人情報も守られます。使い方を見る, よろしければ使った感想やコメントをお聞かせください。改善の参考にさせて頂きます。バグ報告はこちらのフォームからお願いします。頂いたフィードバックは全てに目を通しております。感謝等のコメントについて返答はしていませんが励みになっております。ありがとうございます。, 読み込んだファイルは下のリストに表示されます。画像ファイルは一度に複数を選択して読み込むことができます。使用デバイス、ブラウザによっては対応していないものもあります。対応ファイル形式はJPEG/PNG/GIF/WebP/BMPの5つです。, 読み込んだ画像は任意の順番に並び変えることができます。画像をドラッグ(タッチ)して、移動したい場所までドラッグ移動(スワイプ)すると位置が入れ替わります。[ソート]ボタンは全ての画像をファイル名降順に並び替えるときに使用します。また、プレビューエリアからも実際の結合画像を見ながら画像の位置を入れ替えることができます。, 読み込んだ画像を削除するには[全削除]ボタン、[使用削除]ボタンをクリックします。[使用削除]ボタンは結合に使用した画像のみを削除するボタンです。また、画像にマウスオーバー(タップ)したときに現れる×ボタンを押すことで個別に削除することもできます。, 何枚の画像を結合するか、出力する画像の縦横の解像度は何pxにするか、などの結合の条件を指定します。, 結合する画像が必要枚数入力されたとき、自動で画像の結合が行われ結果をプレビューで確認することができます。, 結合画像は、虫眼鏡アイコン横のバーを操作することで指定倍率で表示されます。[100%]は画像を縮小拡大しない実際のサイズになります。[Fit]はプレビューエリア内に収まるように画像が縮小表示されます。, 結合画像を見ながら画像の位置を入れ替えることができます。[画像入替]ボタンをONにして、入れ替えたい画像2つを選択することで画像の位置が入れ替わります。, プレビューエリアのオブジェクト(後述)はマウスドラッグ(スワイプ)で位置を移動することができます。また、ダブルクリック(ダブルタップ)することで編集パネルが開きます。, 作成した画像を保存するには[保存]ボタンをクリックします。画像はブラウザソフトで設定された保存先ディレクトリに保存されます。保存先ディレクトリを変更する方法については各ブラウザソフトのヘルプを確認下さい。保存する際の画像形式や画像品質は後述の設定で変更します。, 保存画像形式はJPEG/WebP/PNGの3つに対応しています(WebPはGoogle ChromeとChromium版のEdgeのみ選択可能)。JPEG/WebPは画像の品質を50-100の範囲で指定できます。品質を上げるとファイル容量が増えますが、画質が上がります。下げるとその逆になります。通常は70~80くらいを指定するとバランスがよくなります。PNGはJPEGに比べファイル容量が数倍大きくなりますが、画質が劣化しません。, 保存ファイル名のフォーマットを指定することができます。変数を使用することでファイル名に現在の日時や連番を自動で設定することができます。変数は {変数} の形で使用します。例えばフォーマットに「img_{width}x{height}」と指定すると「img_800x600」のように変換されます。フォーマットを空にした場合は、デフォルトのファイル名にはUnixtimeが使用されます。, [保存時に毎回ファイル情報を入力する]にチェックを入れると、保存毎に、ファイル名、形式、品質を指定するパネルが開かれるようになります。, [オブジェクト追加]-[文字]ボタンをクリックします。文字描画用パネルが開かれるので、設定を行い[OK]ボタンを押して完了させます。, 作成したオブジェクトはオブジェクトリストとプレビューに追加されます。オブジェクトリストでは、結合画像の入力と同じように並び替えや削除を行うことができます。並び順は、オブジェクト同士が重なった際の表示優先順位になります。右側のオブジェクトが優先して前面に表示されます。, オブジェクトリストのオブジェクトにマウスオーバー(タップ)すると操作メニューが現れます。メニューの歯車ボタンをクリックすると編集パネルが開くので作成済みのオブジェクトを再編集することができます。また、プレビューに表示されているオブジェクトをダブルクリック(ダブルタップ)することでも編集パネルが表示されます。, 現在の設定を保存したり、復元する機能です。よく使う設定を登録しておくことで、画像保存までの操作を短縮することができます。, [追加]ボタンを押すと、プロファイル名入力パネルが表示されます。任意の名前をつけて[OK]ボタンを押すと、現在の設定が保存されます。[開く]ボタンを押すと、保存してあるプロファイルがリスト表示されます。項目を選択すると設定が復元されます。[デフォルト]は設定を初期状態に戻すための項目です。, [メニューをタブ化する]を有効にするとプロファイル、入力、出力のメニューを1つのタブにまとめることができます。, [マウスオーバーでタブを開く]を有効にすると、タブ化されたメニューにマウスを乗せたときに自動でタブが開かれます。[メニューをタブ化する]が有効のときのみ効果があります。, [画像の保存]と[使用画像の削除]操作に任意のキーを割り当てることができます。既にブラウザに割り当てられているショートカットキーを設定した場合は両方の処理が発生しますので注意して下さい。, 返信が必要な場合はメールアドレスを添えて下さい。(必ず返信することをお約束するものではございません), 不便な点は具体的にどこがどう不便でどう改善してほしいかを教えて下さい。「分かりづらい」「使いづらい」だけの情報が何もない内容だと改善しようがありません。, 結合パターンで、画像を左から右へ配置するか右から左へ配置するかを選択できるようにしました。, N枚結合に、現在入力されている画像を最大数使用して結合するパターンを追加しました。, 入力画像を編集(クロップ/色フィルター/回転)できるようにしました。(IEは非対応), 入力画像リストの結合対象となる画像の枠色を変えるようにしました。(2枚結合なら1枚目と2枚目の画像枠が着色される), 入力画像にマウスホバー(タップ)したときの隣画像と入れ替えるボタン、回転ボタンを廃止しました。, WebP/BMP形式の画像を読み込めるようにしました。(ブラウザによっては対応していない可能性があります), [2~5]×N 枚の結合パターンを追加しました。制限の上限は5x100の500枚となりますが、実際に行うとメモリが不足してフリーズすると思われるので注意して下さい。, 背景色を設定する項目を出力に追加しました。(パディングや境界を付けた時に効果があります), パディング/背景色項目を追加したことにより、フレーム(単色)の機能を削除しました。, 保存時のデフォルトファイル名に変数の使用、フォーマット指定ができるようにしました。(現在の日時や連番などが使用可能), WebP形式の保存が可能になりました。(現在はGoogleChromeとChromium版のMicrosoftEdgeのみ有効です。その他対応ブラウザがあれば制限解除します), 画像を既定の形もしくは任意のパスでくり抜くクリップ項目を出力に追加しました。(IEは非対応/以前のフレーム(角丸)はこちらに移動), オブジェクトにフェードフレーム項目を追加しました。(以前のフレーム(フェード)はこちらに移動)。フェードの掛かり方をより自然にしました。フェードの濃さを選択できるようにしました。, プレビューのスケール表示機能を変更しました。スケールバー、オリジナルサイズで表示ボタン(AS)、枠内に合わせて表示ボタン(Fit)を追加しました。, 方法1.