ヒアルロン酸には白内障改善の効果がある? 白内障は目の水晶体が白く濁る病気です。 水晶体というのは、目の中でレンズの役目をするものですが、その後ろには硝子体という組織があり、透明なゼリー状で眼球の内腔を埋めています。 QLifeお薬検索の入力フォームにキーワードを入力する事で処方薬、市販薬合わせて数万種類のお薬の中からお探しのお薬を検索する事が出来ます。, 処方されたお薬の製品名から探す事が出来ます。正確でなくても、一部分だけでも検索できます。ひらがな・かたかなでの検索も可能です。(例)タミフル, 製品名が分からないお薬の場合は、そのものに刻印されている記号類から検索する事が出来ます。正確でなくても、一部分だけでも検索できます。(例)0.5g、TG-DS, その薬剤が処方される一般的な用途の疾患名から探すこともできます。正確でなくても、一部分だけでも検索できます。(例)花粉症、アトピー、多発性硬化症, 容器や錠剤の色、液体や軟膏などの形態などから探すこともできます。(例)赤色、ピンク色、液体、錠剤、軟膏, お薬を製造、販売している製薬会社名で探し、登録されているお薬から探すこともできます。正確でなくても、社名の一部分だけでも検索できます。ひらがな・かたかなでの検索も可能です。(例)アストラゼネカ、ファイザー、しおのぎ、大正製薬、武田薬品, 9桁のレセプト電算コードを入力する事で探す事も出来ます。必ず半角数字で9桁入力する事が必要です。(例)610406053, 主成分名(一般名)で検索する事が出来ます。(例)アロプリノール、Allopurinol, 商品流通コード(JANコード)で検索する事が出来ます。JANコードは通常、商品パッケージに印刷されているバーコードと同一です。(例)4903301010968, フィブロネクチンと結合し、上皮細胞の接着、伸展を促進することによって、角膜創傷の治癒を促進します。また、分子内に多数の水分子保持機能があり、涙を保持し安定させて、目の乾燥を防ぎます。通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、ドライアイなどの内因性疾患、術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療に用いられます。, 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。コンタクトレンズを使っている。, 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。, 通常、0.1%製剤を1回1滴、1日5~6回点眼しますが、症状により適宜増減されます。効果が不十分な場合は、0.3%製剤を1回1滴、1日5~6回点眼します。本剤は0.1%製剤です。必ず指示された使用方法に従ってください。, まず手を流水とせっけんでよく洗います。下まぶたを下にひき、容器の先がまぶたの縁やまつげに触れないように点眼します。点眼後はまぶたを閉じ、しばらくまばたきをしないで目をつぶっておきます。あふれた液は、清潔なガーゼやティッシュで拭き取ってください。他の点眼液も使う場合は、5分以上間隔をあけてください。, 点眼し忘れた場合は、気がついたとき、すぐに1回分を点眼してください。ただし、次に点眼する時間が近い場合には点眼せず、次の通常の時間に1回分を点眼してください。2回分を一度に点眼してはいけません。, 主な副作用として、眼のかゆみ、眼刺激感、結膜充血、眼瞼炎(まぶたのただれ)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。, まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。, 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。, 薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。, 服薬・通院・体重測定などの予定を記録できるお薬手帳アプリです。このアプリでお薬管理と健康管理をはじめましょう。, 添付文書の記載をもとに、関連する可能性のあると思われる疾患、症状を紹介しています。, 処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。, ドライアイでソフトサンティアとヒアロンサン点眼液0.3%を使っています。 白内障の手術療法がこれだけ進歩した今日では、「いざとなれば手術すればいいのだから、この程度の効果の薬を使う意味はあまりない」という意見があるのはわかります。特に、白内障手術を自分でバリバリやる先生方ほど、そういう意見に賛成することが多いですね。 ドライアイの新薬と今までの薬(ジクアスとムコスタ) | 栃木県小山市の眼科、もりや眼科です。日帰り白内障手術、硝子体手術、眼瞼下垂症手術など大学病院と同等以上の最先端の眼科機械を使用し、最高水準の手術を提供します。 Copyright(c)2014 KAWAMOTO GANKA All right reserved. ヒアロンサン点眼液0.1%の効果と副作用、飲み合わせ、注意など。主な副作用として、眼のかゆみ、眼刺激感、結膜充血、眼瞼炎(まぶたのただれ)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 今日の夕方ヒアロンサン点眼…続きを見る, 3歳の女の子ご現在アレジオン0.1、ヒアロンサン0.1の目薬をしていますが、鼻水がひどい為1ヶ月前に小児科…続きを見る, 69歳の妻白内障に2年前になりその後緑内障になりタプロスを指してます医師は白内障の薬は中断しても良…続きを見る, 無色澄明の粘稠性のある水性点眼剤、5mL、(キャップ)空色、(ラベル)透明地に空色の帯、(本体)透明, ・掲載している情報は、日東メディック株式会社の提供情報を元に、くすりの適正使用協議会が独自に編纂したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。, ・掲載している「関連する疾患」、「併用禁忌・併用注意」の情報は、医療用医薬品の添付文書を元に薬剤師が監修して作成したものです。内容を完全に保証するものではありません。, ・ヒアロンサン点眼液0.1%を適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。, ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、くすりの適正使用協議会、株式会社ネグジット総研ではその賠償の責任を一切負わないものとします。. するとともに手術する空間を広げるという目的もあります。, 目元のヒアルロン酸注射について, 美容液に含まれるヒアルロン酸, ヒアルロン酸除去注射の効果について, 膝の痛み回避にヒアルロン酸注射, おでこにできたしわにヒアルロン酸注射, 膝の痛みを治すときの回数は?, ヒアルロン酸は白内障改善に効果, ヒアルロン酸とコラーゲンの効果, 美人になる方法と失敗しないヒアルロン酸選び, サプリメントや食べ物より注射が吸収率がいいのか, ヒアルロン酸注射高額クリニックでの量について, 美肌になるニキビ治療はヒアルロン酸とお風呂を活用. 厚生労働省の「科学的根拠に基づく白内障診療ガイドラインの策定に関する研究班」が報告を出し、先日の白内障学会でも発表されました。内容的には常識的なものであり、眼科医にとっては目新しいものではありません。 しかし、この報告を読売新聞が6月24日朝刊で「白内障薬 効果なし」という見出しで大々的に報道したことで騒ぎとなりました。読売新聞は抗議を受けて、25日に「この見出しの『効果なし』は『科学的根拠なし』に訂正します」と小さな訂正記事を載せましたが、日本経済新聞や中日新聞なども追随記事を載せたことなどから波紋が拡がっています。 このことについて、川本眼科としての見解を説明させていただきます。, 結論から申し上げると、研究班の報告には特に新しい知見や判断はなく、川本眼科の従来の考え方とだいたい同じだと言えます。 ただし、読売新聞は、この報告を間違って解釈して「効かないから使わないほうがよい」かの如くに報じていますが、私をはじめ大多数の眼科医の意見は、「従来通り、白内障薬を使い続けることを推奨する」というものです。 研究班の班長を務めた増田寛次郎東大名誉教授(私が東大の医局にいた時の恩師です)も、学会で「私自身、今後も白内障薬を使い続ける」と明言されています。, 厚生労働省は、数年前からEBM(エビデンスに基づく医療)を推進するという方針を打ち出しています。「科学的根拠に基づく白内障診療ガイドラインの策定に関する研究班」もその一環です。, 研究班の報告は、6月末に開かれた白内障学会で発表されました。 この報告では、「白内障薬の効果について過去の臨床試験データを今日の基準で検討したところ、有効性が十分証明されているとは言えない」と述べています。この報告自体は眼科医として常識的な内容であり、十分納得できるものです。 注意していただきたいのは、この報告が白内障薬の効果を否定したわけではないことです。, 「科学的根拠がない」と言えば、ふつう強い非難の言葉です。人の発言に対して使われれば「そんなことは迷信だ」とか「あんたの言っていることは間違いだ」とだいたい同じ意味だと思っていいでしょう。薬に対して使われれば、「そんな薬は効かない」という意味だと一般の方は思うのではないでしょうか。 おそらく、読売新聞社も同じように考えたに違いありません。だからこそ、当初「白内障薬 効果なし」という見出しで報道し、抗議の声を受けて間違いに気づき、訂正したのです。 「科学的根拠」というのは、厚生労働省が英語の「エビデンスevidence」という言葉の訳として採用したものですが、「科学的根拠」と「エビデンス」では語感が異なり、私はこの訳は間違いだと思っています。 「エビデンス(科学的根拠)がない」と「効かない」は決して同じではありません。 エビデンスについては、2001年1月の川本眼科だより10「EBMって何?」で取り上げました。医師の主観によって治療方針が異なるのでは科学的とは言えません。そこで、「科学的に厳密な方法で検証された診断や治療の根拠」に基づいて診療していこうとい考え方が提唱されました。この診断や治療の根拠のことを「エビデンス」と言います。, 薬について「エビデンス」という言葉を使うときは、だいたい「ランダム比較試験」をしたかどうかを意味します。 ランダム比較試験では、試験する薬Aと、比較対照のための薬Bを用意し、どの患者さんがどちらの薬を使うか無作為に(ランダムに)割り当て、患者さんにも医師にもどちらを使ったかわからないようにして、その効果を比較します。 薬には、プラセボ効果というものがあって、中身がただの砂糖でも、「よく効く薬ですよ」と言われて渡されると、実際に症状が改善することがあるのです。また、医師の側でも、薬を使っているから効くはずだという先入観が効果判定に影響することがあります。そこで、本来の薬の効き目を調べるために、今日ではランダム比較試験が必須だとされているのです。 しかし、昔はランダム比較試験は要求されませんでした。そのため、かなり古く認可された薬の場合、ランダム比較試験をしていないので、「エビデンス(科学的根拠)がない」ことになります。 白内障の薬はいずれも、認可の時期が古く、ランダム比較試験はしていないので、「エビデンスがない」とされたのです。 しかしながら、これは白内障薬だけの問題ではありません。認可の時期が古い薬はすべてエビデンス(科学的根拠)がないことになります。あるいは、漢方薬はすべて、ランダム比較試験をしていませんから、エビデンス(科学的根拠)はありません。 最近認可された薬でも、本来小児に対しては別に臨床試験を行って効果を確認しなければならないことになっていますが、小児に対しての臨床試験はほとんどされていないのが実情で、よって最新の薬でも、小児に対する使用に関してはエビデンス(科学的根拠)がありません。 エビデンスがないからと言って、こういう薬を使うなという医師はいません。使わなければ治療の選択肢が非常に狭くなり、困るからです。, 白内障薬については、今回の報道とは別に、以前から「効果が不十分だ」ということは言われてきています。 白内障は水晶体が混濁する病気ですから、その治療薬としては、当然、「水晶体の混濁が軽減ないし消失する」ことが期待されます。ところが、現在の白内障薬を使っても、水晶体の混濁はなくなりません。現在、一般に認められている効果は「放置したのに比べれば進行が遅くなる」に過ぎません。また、効き方に個人差が大きいとも言われています。 白内障の手術療法がこれだけ進歩した今日では、「いざとなれば手術すればいいのだから、この程度の効果の薬を使う意味はあまりない」という意見があるのはわかります。特に、白内障手術を自分でバリバリやる先生方ほど、そういう意見に賛成することが多いですね。 しかし、患者さんにしてみると、「できるだけ手術なんかしたくない」と考えるのは人情です。進行が遅くなる程度の効果であっても、目薬をさしたいと考える患者さんは多いのです。 少なくとも、ブルーベリーに飛びついたり、めぐすりの木のお茶をのんだり、得体の知れない健康食品を購入するより、ずっと良いのは間違いありません。そういうたぐいの民間療法は、それこそ「科学的根拠がない」わけです。 白内障薬はきちんと臨床試験をして、厚生労働省が認可をして、薬の再評価も受けて効能を確認していることを強調しておきたいと思います。, 川本眼科 愛知県名古屋市南区寺崎町13-11 TEL.052-824-0800