血圧. 毎週記憶をなくすほどのアルコール依存症だった僕がお酒をやめるため断酒にチャレンジし禁酒継続中。禁酒一ヶ月を振り返ると本当に素晴らしいすごい変化がたくさん。断酒禁酒の効果を20選 … 今日のテーマはトーク力を向上... [ウイイレ2018蒼き侍の挑戦]「発売日」発表されないのは急ピッチで『Jリーグ』を収録しているから?. 禁酒ダイエットを初めて3ヶ月ちょっとが過ぎました。 この禁酒ダイエットに関する記事は1ヶ月、2ヶ月目と継続して書いておりますので、前回の記事をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。 【禁酒】 … 禁酒には体重や肌や髪の毛などに良い効果がある事が分かっています。 でも続けるのってなかなか難しいですよね。 それでは、これらのメリットを得るにはどのくらいの 期間 禁酒を続ければよいのでしょうか。 アルコールをやめて約1ヶ月が経過しました。約1ヶ月前にダイエットの一環としての断酒を始めました。 最初に言っておきますが、断酒はいいことしかありません。ストレスも減って、体重が減って、気分もスッキリ、夜もぐっすり眠れるようになりました。 体重の変化はグラフの通りですが、完全禁酒期間のみに絞って分かりやすく書くと以下の通りです。, 脂肪肝と診断された時の血液検査。「H」と書かれた赤字の数字が基準値を超えているもの, そしてエクスリムでのトレーニングと、1か月の完全禁酒をした後の血液検査の結果が以下です。, と言われたのが、その大きなきっかけの一つでした。血液検査の結果が前回の結果と比べても大きく改善したのは、とても嬉しく思いました。, 運動をして体重を減らして禁酒までした僕ですが、検査では白く映る部分がまだあったようで脂肪肝の完治まではいきませんでした。, ぽっちゃりマン完治まではできませんでしたが、半年後にまた検査しましょうとのことでした。ひとまず血液検査の結果が良かったことで、保留にしようと思います。, 完全禁酒はお酒を飲むようになって初めてだったので、出来るかどうか非常に不安だったんですが、意外とあっさりできました。, 結論から言うと再開します。ただし、以前のように毎日飲むことはしません。というのも、この1か月の完全禁酒のおかげで「酔ってない状態で過ごす時間の貴重さ」を体感し、大事にしたいと思ったからです。, ダイエット終了後に糖質完全カットの生活を続ける人は少ない。普段の生活に近い食生活をしてやせなきゃリバウンドしてしまう, 同じ理由でお酒を飲まない生活を一生続けることはできませんし、することもありません。なので飲酒は再開します。ですが、以前のように毎日飲むのではなく、「節酒期間」の時のような週に1~2回の飲酒にとどめておこうと思います。, 161センチ 80キロ 30代後半男。 ここでは、肥満と飲酒で脂肪肝になった僕が、ダイエット中に行った1か月禁酒の結果について書いていきます, 体重の減少はエクスリムでのトレーニングのおかげでもあるので、それは当然の疑問ですよね。だから禁酒の効果を確かめるため、血液検査を受けてきました!, γ-GTPは80以下が基準値なのに、僕の300超えには担当医も絶句してました・・・, お腹にゼリーを縫って、超音波によるエコーで肝臓の中の脂肪を見る検査です。白く映ると脂肪肝のようです。, 脂肪肝はそんなに焦って直そうと思わなくても、そんなに気にするものじゃないよ。悪化させないように長い目で治す感じでいいと思います, 完治まではできませんでしたが、半年後にまた検査しましょうとのことでした。ひとまず血液検査の結果が良かったことで、保留にしようと思います。, エクスリムに大金を払っているんだし絶対にダイエットを成功させたい!という思いが禁酒にも働いたのかもしれません, 酔ってると読書してもドラマや映画を見ても、深く考えたりしっかり楽しんだりできないんですよね・・・, 禁酒だけのおかげで体重が減ったわけではないのと同じように、禁酒だけのおかげで血液検査の結果が良くなったわけではありません。エクスリムでのトレーニングでやせたおかげでもあると思っています。, 【エクスリムXslim体験】第10回(全16回) スクワットってこんなに種類あるの?. おはようございます、こんにちは、こんばんは、GURUKEN(ぐるけん)です。   今やインターネットを通して物を購入し、自宅まで宅配業者に届けてもらうなんてことが一般的になりつつありますね。 ... おはようございます、こんにちは、こんばんは、「ダサくったっていいじゃない?」管理人のGURUKEN(ぐるけん)です。   皆さん、自分の体の歪みって気にしたことはありますか? 案外気にしてい ... おはようございます、こんにちは、こんばんは、「ダサくったっていいじゃない?」管理人のGURUKEN(ぐるけん)です。   最近、再びドラゴンボールにハマりつつあります。 ドラゴンボールを嫌い ... おはようございます、こんにちは、こんばんは、「ダサくったっていいじゃない?」管理人のGURUKEN(ぐるけん)です。   ぐるけんは10日前ぐらいにAmazonにて、中古品のPSVitaの本 ... どうもGURUKEN(ぐるけん)です。 今回はぐるけんがハマっている、湘南クッキーの「おからと豆乳クッキー」について書いていきます。     湘南クッキーが面白いのは、自動販売機で ... Copyright© ダサくったっていいじゃない? , 2020 All Rights Reserved. アルコールの代謝も肝臓の機能であり、アルコールはよく聞くアセトアルデヒドを経て人体に無害な酢酸へと代謝されます。, このアルコールの代謝は肝臓にダメージを与えます。 脂肪肝と診断された時に担当医に 「1か月禁酒すると、肝臓はかなり良くなりますよ」 と言われたのが、その大きなきっかけの一つでした。血液検査の結果が前回の結果と比べても大きく改善したのは、とても嬉しく思いました。 俺式禁酒法; 2ヶ月で体重が10kg以上痩せた。 痩せや理由; 肉体と精神を気にかけるようになった。 そして生きることが辛い。 この先どうするのか。 禁酒を初めて2ヶ月が経過した。劇的な変化で体重が10kg以上減った。   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まずは、ぐるけんが「禁酒」をしていた前は、どれぐらいのペースで、どれぐらいの量を飲んでいたか書いていこうかなと思います。, 1日あたり、ビールでいうとロング缶2本ぐらいの量をほぼ毎日飲んでいる感じでしたね。, 基本は家でまったり飲むのが好きなタイプですが、付き合いで月に平均して2回ほど外へ飲みに行っていました。, 元々、ぐるけんにとって「お酒」は趣味のようなものでもあり、ウイスキーも大好きだったので、晩酌が「至福の時間」でした。, ほぼ毎日、一人でお酒を飲みながら、「テレビ」を見たり、「映画」を見たりしていて、そのような時間が最高でした。, あとは、ギターの練習をしながら、ウイスキーをちびちび飲むのも好きで、ぐるけんにとっては、お酒は「最大の楽しみの一つ」といった状態でした。, なので、これから先書いていく「禁酒によって感じた効果」は、ほぼ毎日酒を飲んでいた人間が禁酒して感じたことになりますので、その点を頭に入れて読んでもらえたらなと思います。, 個人差は色々とあるかと思いますが、自分自身が感じたことをありのまま書いていきますので、よろしくお願いします。, 誰しも日によって、「今日コンディションが良いな」とか「今日酷い顔しているな」とかあるかと思いますが、その自分の中での「コンディション」が整っている日が増えましたね。, 毎日お酒を飲んでいた時は、顔もむくみがちで、顔全体が赤みががっていて、目の下のクマも目立つような状態が当たり前でした。, ぐるけんは元々顔の皮膚が薄いタイプのようで、冬場乾燥したりしても、顔がすぐに赤みがかってしまうようなタイプなので、余計にお酒の影響も受けていたのかなと思います。, 個人的には、顔のむくみはお酒が原因だと思っていましたが、顔が赤みがかっていることや目の下のクマに関しては、お酒が原因でもあるけど、辞めても「劇的に改善」することはないだろうと思っていました。(それは自分の体質だろうとも思っていました), 顔の慢性的なむくみが取れて、顔がシャープになりましたし、目元のむくみが取れたからか、二重幅もハッキリするようになり、涙袋もよりハッキリしてくるようになりましたね。, 何よりも、頬を中心に全体的に広がっていた「赤み」がなくなり、目の下のクマも全く目立たなくなりました。, むくみはなくなるだろうなと思っていましたが、顔の赤みやクマはここまでなくなると思いませんでした。, 個人的には、顔の赤みやクマは化粧水や洗顔料を色々試したりしていたほどだったので、これだけでも「禁酒」して良かったなと思える結果でした。, お酒を飲まなくなってからは、なにより「睡眠の質」が上がっているなと感じることが出来ましたね。, お酒を飲むと、睡魔に襲われますので、「寝やすくなる」と錯覚しがちですが、そのまま寝ると翌日朝起きた時が地獄です。, 二日酔いも若干残っているような感じで、体の疲れも取れておらず、何よりも口が乾いて水分不足のような状態に陥っていることも珍しくありません。(もちろん、お酒を飲んだ時には、しっかり水も取るようにしていますが、それでもです), さらに、朝方自然な目覚めではなく、強烈な尿意で不快に目覚めることも多々ありましたね。, もちろん普通に目覚めの悪い日もありましたが、お酒を飲んだ翌日に比べると全然いい目覚めに感じました。, もう一つ朝繋がりで感じた効果としては、「朝ごはんが美味しく感じるようになった」ですかね。, ほぼ毎日お酒を飲んでいた時は、朝方はまだ体にスイッチが入っていない感じで、正直朝ごはんは「ただ食べるだけ」でした。, それが「禁酒」してからは、朝ごはんを美味しく食べられるようになり、前日に「明日の朝ご飯は何にしようか」と考える楽しみまで生まれましたね。, これまでは、朝ご飯はとりあえず食べるだけで、食事の楽しみは「昼食」と「夕食」だけという感じでした。, 「朝ごはんが美味しく感じられるようになった」ことは、個人的に「禁酒」してみて良かったなと感じられることの一つでしたね。, 酒を飲んでいる時から自覚はあったんですが、「時間がもったいないな」とはずっと思っていました。, お酒を飲むと、結局その後に何かやろうという気にはならなくなってしまうことが多いんですよね。, もちろん、「テレビ」とか「ゲーム」とか娯楽はできますが、例えばこのブログを更新しようとか、少し英語を勉強してみようとか、本を読もうとか思っても、なかなか出来ませんし、出来ても質が低くなってしまいます。, ぐるけんが良くやっていた飲み方として、18時プレイボールの野球に合わせて飲み始めるというのがあったのですが、それをやってしまうと、事実上その日は18時で終了といった感じでしたね。(野球とお酒好きのぐるけんにとっては最高でしたが), このような過ごし方をしてしまうと、時間を「大きく無駄」にしてしまっているんですよね。, 「禁酒」を始めてからは、夕食を食べ終わった後にもかなりの時間があるので、その時間に色々と出来るようになりました。, 「禁酒」すると、寝るまでの間は「こんなに時間があったのか」と思いましたし、改めて「もったいないこと」していたなと反省する結果になりました。, やっぱりほぼ毎日お酒を飲んでいると、「睡眠の質」は下がりますし、その結果少しずつ「慢性的な疲労」が蓄積していたのかもしれませんね。, 何よりも、「禁酒」をするようになったことで、飲みに行く誘いをお断りするようになったので、それも結構楽になりました。, 付き合いで飲むのも悪くはないですが、たくさんお酒を飲みながら遅い時間まで過ごすと、次の日の疲労がすごいんですよね。, そういう意味では「肉体的」にも楽になりましたし、ある意味で「精神的」にも楽になった部分もあるかもしれませんね。, やっぱり「お酒」もタダではないので、酒代とつまみ代がかからなくなったのは大きいですね。, ほぼ毎日飲んでいたぐるけんは、大体1日1000円ぐらいの酒代・つまみ代がかかっていたかもしれません。, 月に2回ほど外で飲む際も、安い居酒屋で飲んでも1回5000円ぐらいはかかってたかなと思います。, もちろん、普段はつまみ代の中に夕食の一部のようなものが含まれていたり、外飲みに行く時は、夕食代が浮いたりはするわけですが、単純に計算すると3~4万ぐらいはお金が浮いているかなと思いますね。(ぐるけんの場合ですが), 実際には、半分趣味みたいな「ウイスキー」をたくさん買ってしまう月なんかもあり、もっとお金が浮いている月もあるかもしれません。, 続いて、「禁酒」することによって瘦せることが出来たのかについても書いていこうと思います。, いわゆる、「ダイエット情報」がありふれている中で、「お酒を控える」というのもダイエットの定番になるかと思います。, ちなみに禁酒していた期間は、特にダイエットを意識していたわけではなく、食べたいものを食べていました。, また運動もほとんどしていませんでしたので、ぐるけんにとって変わったことは、ほぼ毎日飲んでいた「酒」を辞めたということだけでした。, あくまで、ぐるけんが感じたことにはなりますが、「酒を控える」ことで、ある程度「食べ過ぎ」は防止できたかなと感じています。, あとは、酒を飲んでいる時は「つまみ」になるような味の濃いものを好んで食べていましたので、ある程度1日あたりの塩分摂取量も少なくなったかなと思います。, また月に2回ほど外で飲む際は、たくさん酒を飲むこともあり、食欲も底なしになって、ついつい食べ過ぎてしまっていましたが、それがなくなったのは良かったかなと思います。, とはいえ、単純に普段通りの生活のまま「お酒」だけを控えても、大して瘦せることは出来ないとも言えそうです。, ただ、「ダイエット」には食事制限も非常に重要ですし、そういった意味では「お酒」を控えることで、「食欲の暴走」を抑えて、食事制限も出来るという考え方も出来そうです。, 今回、ぐるけんは「ダイエット」をしようと思っていたわけではないので、「食事制限」などはしませんでしたが、自分が「食事制限」をしなくてはならないと考えた時には、圧倒的にお酒を控えた方が、「食事制限」もしやすいかなと感じましたね。, あくまで、自分がダイエットすると考えた時には、「お酒」を普段通り飲み続けたままだと、ダイエット出来ないことはないけど、「難易度が上がる」という表現がしっくりくるのかなと思います。(実際、ぐるけんもお酒を毎日飲みながら痩せた経験もあります), まず、禁酒して気づいたことと言えば、やっぱりお酒は少なからず「体に良くないもの」なんだなということですね。, 今まで酒飲みとして、何となく「目を逸らしてきた」ことでしたが、今回で改めて実感してしまう結果となりました。, ほぼ毎日飲んでいたことで、普段どれだけ「体にダメージ」を与えていたかも、自分自身でよく分かりました。, 日常的に「体が軽くなった」と思いますし、肝臓とかも相当疲れていたのかなと思います。, 不思議とあれだけ毎日飲んでいたお酒も、しばらく飲まなくなると、そこまで体が欲することもなくなってきます。, 「もしかしたら、このままお酒飲まなくても大丈夫じゃない?」という気持ちすら湧いてきます。, しかし、ついこないだ久しぶりに「お酒」を飲んでみると、結局すぐに「元の感覚」に戻ってしまいました(笑), 一度「禁酒」したことで、別に「毎日飲みたい」とも思わなくなりましたし、週に2回程度で週末に楽しむぐらいがいいかなとも考えています。(まあどうなるかは分かりませんが), 年齢や体質等にもよると思いますが、人によって色々と悪い影響が出ない「飲酒量・頻度」というのがあると思います。, ぐるけんも再び飲むようになってから、色々と探っていますが、週に2回程度で今まで通りの量を飲む分には、「禁酒」していた時期と体の状態もそこまで変わりなく、お酒を楽しめているかなと思います。, 「酒は百薬の長」という言葉がありますが、個人的には飲まなくても大丈夫な人は飲まない方が、健康的な生活を送れるだろうと思います。, ぐるけんのように「お酒好き」で、人生にお酒が欠かせないという人は、自分の体への影響を考えて、色々な影響が出にくいラインで楽しめたらいいのかなと思いました。, 今回、思いのほか「手ごたえ」もあったので、またそのうち「プチ禁酒」を時々していこうかなとも思いましたよ。, ぐるけんと同じく、お酒が大好きな方も、一度「禁酒」してみてはどうですか?(もしくは量を減らす), 恐らく、普段飲む量や頻度が多い人ほど、「禁酒」した時に感じる「効果」も大きなものになると思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. そりゃ太ります。1,000キロカロリーとは行かないにしてもそのくらいは食べていたわけです。, […] http://nekomaru.fun/2018/10/11/%E3%80%90%E7%A6%81%E9%85%92%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83… […], 20年間ガンガン酒を飲んだくれて体調とお金を無駄にしてしまいました。 Copyright© やせればいいと思ってた , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. アルコールを無毒にするまでには長い時間が必要になるため、毎日飲酒する習慣のある方の場合には常に肝臓はダメージを受け続けているのです。, 肥満や糖尿を原因とする脂肪肝と比べた場合、アルコール性の脂肪肝は禁酒により早期に改善することが分かっています。 休肝日や禁酒が健康にいいという話は、聞きたくなくても耳に入ってくるものですよね。, お酒好きの方にとって、健康診断の肝臓や血圧に関する項目は気になるところになります。 過去に10キロ以上の自力ダイエットとリバウンドを3回繰り返した。 日頃の水分摂取量によっても異なるでしょう。, 更に飲酒の際に塩分の強いつまみを食べる方の場合は、その分の塩分摂取量が減少します。 お酒の飲みすぎが身体に良くないということはよく言われます。 毎日のように数リットルの酒を飲み、時には記憶を無くすような飲み方を何年もしてきました。そんな僕は2017年3月にきっぱり断酒! 酒をやめた当時、(身長170cmで)70〜72kgでちょいぽっちゃり気味だったけど、3ヶ月で59.8キロまで減量 【スポンサードリンク】 飲酒による血圧への影響は非常に複雑で、実際に効果を実感するまでには時間がかかる場合が多いと言えます。 しかし、不健全な飲酒ではなく断酒を始めて健康を取り戻しながら体重が減ったのはうれしい体験でした。, 最大のハードルは断酒をすると食欲が増進する。しかも甘いものが食べたくなるということです。, 私は断酒した後少し体重が増えたのですが、断酒1年くらいしてから毎年2kgコンスタントに減りました, 今回の記事はダイエットの方法・運動の方法は私が体験したことを少し紹介しているだけです。, 方法そのものではなくて断酒・禁酒後に体重を減らすために知っておいたほうがいい知識と考え方をまとめました, 断酒後のダイエットは酒にハマった脳を知って実践するのと、がむしゃらにダイエットや筋トレをするのとでは結果は全く違ってくると思います, 今回の記事ではコツコツと体重を減らし体を鍛えることが断酒と良い相乗効果をもたらすことについてまとめました。, 断酒・禁酒をした後、メンタル面の調子が悪くて医師から抗うつ剤などを処方されることもあります。, 治療中の場合でも仕組みを理解することでマイペースで効果を上げることが可能になります。, 私自身の経験でもTwitterを見ても感じるのは最初の1週間で体重が減っている人は食生活が見直されている場合が多いようです, 単純にお酒のカロリーとおつまみのカロリーが減るので、私は痩せることが多かったと思います。, 断酒を始めたばかりの頃は「元気が出てきた」と思う時と「何となく疲れた」と思うことが交互にやってきます, どれくらい飲んできたかにもよりますが体からアルコールへの欲求(飲酒欲求)が抜けるには1週間くらいかかるのが普通です, 私がいろいろな人を見ている限りでは最初は順調に体重が減る時期がある程度まで続く人が多いように思えます, 特に食生活を見直して、さらに何らかの運動を取り入れている人はあっという間に変化が訪れます。, ジムでは友達もでき、トレーナーさんにお世話になりましたが、腰痛の悪化と高血圧がひどくなって退会する羽目になりました。, 断酒して1か月以降にダイエットで特に気を付けたいのは甘いものが食べたくなるという誘惑です。, 個人差はあるのですが、脳内の報酬系からのささやきで痩せない、ダイエットに挫折することはよくあります, 断酒と同時に運動をするのはとても良いのですが運動をした以上に甘いものが欲しくなり消費したエネルギー以上に食べてしまうのはよくあることです。, 食べ過ぎは体調がよくなったというのも大きな理由ですが脳がアルコールの代わりを欲しているという視点は持っておいたほうがいいと思います。, 規則正しく痩せ始めたのは断酒一年たって色々なことが安定してきたというのが一番大きかったと思います。, 「ストレスを発散できれば酒をやめられるかもしれない」と思いましたが、甘い考えでした。, 一見すると関係なさそうに見える嗜癖(依存の対象)の共通点が「脳内のドーパミンの分泌異常」です。, そしてドーパミンの放出側も受け取る側も神経細胞が変化してアルコールへの依存は脳の中に永遠に保存されます。, しかし継続できている人は「楽しい」「毎日やっているから」と言って結構楽しんでいます。, 「頑張っている自分へのご褒美を与えてくれる」というドーパミンがバランスよく働いてくれると継続が可能になります。, ですから痩せる・ダイエットのための方法は自分に合った・自分が興味のある分野で構わないということです。, 流行りの方法を追いかけるより自分が興味があり、継続できそうということを重視して選ぶほうがいいかもしれません, 先ほども書きましたが、私はお酒を飲んでいた頃に「酒の代わりにトレーニング」を目論見ましたが失敗しました。, 知っておきたい大切な考え方は「脳の報酬系の回路は努力して目標を達成しようとするときには健全に働くが飲酒のように楽をして快楽を求めようとするとドーパミンの分泌が異常になる」ということです。, 私の経験では断酒を継続するのに「楽をして結果を得たがっている脳」から「努力が楽しみになる脳」へと切り替えられた人は心も安定し始め、成功しているようです, Vega星人 アルコール依存症と診断されて18年。現在断酒10年。 アダルトチルドレン 飲まない生活を基本にして回復を目指しています。 得意技は「度重なる失敗から断酒継続ができるようになった経験値」です。 会社員。仕事と愛妻の介護とブログで一日が終わります。 断酒の継続・依存症からの回復・本人と家族の生きづらさの克服をテーマにブログ運営・Twitterでの発信をしています。 ブログ「依存症からの回復」 https://twitter.com/vega0323, アルコールにはカロリーはありますが栄養はありません。お酒を飲んで太る理由は多くの場合つまみなどの食べ過ぎにあります。「締めのラーメンなど」をつい食べ過ぎてしまいます。アルコールと肥満の関係を知るとお酒は飲まないのが良い。また付き合いの場合は少量で済ますのが良いと書きました。, 断酒・禁酒には動機が大切。アルコールを抜いて最初の1週間までの効果・体調や気持ち、特に肝臓(γ-GTP)・血圧・体重などの変化。それぞれの場面での失敗しやすいポイントを断酒の経過を中心にまとめました。さらに継続していくためのヒントを最後に書きました。, アルコールが原因の脳委縮の症状を画像を載せ、実際に診断された自分自身の体験も含めて書きました。なぜ委縮するのか、飲酒量との関係、反対意見、自分自身が回復するためにやった方法を書いています。そして断酒して脳は使えば記憶力を中心に回復します, 断酒後に甘いものを食べたくなるのは、脳の仕組み・働きがあります。今回は「ドーパミン」「血糖値」「レプチン」からざっくりとまとめてみました。甘いものが食べたくなる原因が分かれば食べ過ぎ対策も可能になるかもしれません。, 私自身も「痩せようかな!」「少し体を鍛えてみよう」と思ったときは最初の1~6か月くらいまでは順調でした。, 「大胸筋」「広背筋」「大臀筋」「太もも(大腿四頭筋&ハムストリング)」「ふくらはぎ(腓腹筋+ヒラメ筋)」などの, 先ほども書きましたが、私は断酒できなかった頃、つまり一時的にやめてまたスリップ(再飲酒)を繰り返していた頃に.