相続税や贈与税、法人税など様々な税金は、金融機関やコンビニ払いを利用している方が多いでしょう。税金をクレジットカード支払うメリットと、決済手数料について詳しく解説していきます。, 消費税や法人税など29種類の税金をクレジットカードを利用して納付することができます。, 国税庁が開設しているクレジットカード納税のページで、クレジットカード納税ができます。支払いの手間を省いたり、高額な納税がしやすくなったりするなどのメリットがあります。, クレジットカードで納付可能な税金は、全ての税金ではありません。クレジットカードで支払いできる税金を確認しておきましょう。, 税金のクレジットカード支払いは、トヨタファイナンスという納付受託者が一度、税金の立替をし、税金を国に支払うというシステムになっています。クレジットカードは、引き落とし日にまとめて決済を行うため、立替を行わなかった場合、納付期日に遅れる可能性があります。, 金融機関やコンビニに出向いて税金の支払いをする場合、現金を用意する必要などがあり、支払いに手間がかかります。, 一方で、クレジットカードであれば、自宅にいても、PCとクレジットカードがあれば、支払うことが可能になり、支払いの手間を大幅に軽減します。, クレジットカードで決済ができる分決済手数料がかかりますが、手数料がかかっても、手軽な方が良いという方は、利用するメリットがあります。, 税金をクレジットカード納付をする大きなメリットは、ポイントが貯まることです。クレジットカードをショッピング以外にも利用することで、効率よくポイントを貯めることができます。また納付額が上がるほど、ポイントも多く貯まります。, 貯まったポイントは、個人のカードであれば、アイテム交換や電子マネーへの換金などに利用でき、お得なショッピングに生かすことができます。, ポイントを現金に換算して計算してみると、納付額が軽減されると考えることもできるため、ポイントが貯まるのは大きなメリットと言えます。, クレジットカードで税金を納付することができますが、決済手数料がかかるため、注意が必要です。金融機関やコンビニで税金を支払う場合、決済手数料がかからないことと比べると、デメリットとなります。, 税金納付に伴うクレジットカード決済手数料は、納付額によって変化します。10,000円ごとに決済手数料82円(税込)かかります。, 10万円の納付額だった場合、820円の決済手数料となりますが、数百円で済むため、そこまで気にならないかもしれませんが、法人の税を支払うなど、納付額がより多くなると、100万円で8,200円、500万円で41,000円と、決済手数料が増えていきます。, 先ほど記載したように、クレジットカードでの税金納付は、納付受託者が立て替えています。利用者が国に直接払うはずの税金を一度立て替えることによって、クレジットカードの未払いや遅延などの未回収のリスクを負うことになります。, 本来利用者が行うべき支払いの立替に対するリスクの保険として、利用者が決済手数料が発生するのです。, 金融機関やコンビニで現金納付をする際は、支払いのタイムラグがなく、お金の流れがスムーズで、リスクがなく決済手数料が発生しないと考えることができます。, 納付する税金の1ヶ月分の支払いを少なくしたいという場合には、リボ払いが有効ですが、金利手数料がかかってしまいます。, 1年かけて返済する場合に、支払い額の15%の金利手数料を払うことになります。半年で返済する場合は、7.5%の金利手数料、2ヶ月返済で2.5%の金利手数料と計算でき、早く返済するほど、金利手数料も低くなります。, 特定の税金は、web上でクレジットカードを利用して納付することができます。さらに、ポイントも貯まることなどのメリットがあります。, デメリットは納付額の増加とともに決済手数料が上がることです。メリットや決済手数料を把握し、クレジットカード納税の利用を検討してみましょう。, 以上、税金をクレジットカードで納付するメリットは?手数料はどうなるか徹底解説…という話題でした!, クレカでタダ乗り!?平社員、最上級スイートクラスの飛行機に搭乗!スイートクラスがあなたを待ってます!, JCB CARD Wは若年層にも嬉しいカード!お得なポイントや評判、メリット・デメリットを解説, dカードはdポイントがお得にたまる年会費実質無料おすすめカード!お得なキャンペーンや審査基準、ドコモdカードを徹底紹介!. 三菱UFJ 4. © 2020 UNIQURE All rights reserved. ※2:ICT総研調べ(2020年1月時点), 今回紹介してきたように、クレジットカード決済には加盟店が支払う手数料と消費者が支払う手数料の2種類が存在します。クレジットカードの店舗導入にあたっては初期費用、ランニングコストが高額になりがちでデメリットとして感じられることもありますが、一方で来店客数が増加するなどのメリットがあることも確かです。, 加盟店手数料は業種ごとによって異なり、特に個人経営の飲食店や美容室などは高い割合になりがちです。しかし、QRコード決済など他のキャッシュレス決済も併用することでトータルのコストを節約できる可能性もあります。そのため、QRコード決済のなかでも利用率No.1のPayPayをぜひこの機会にご検討ください。, QRコード決済を店舗に導入しようと考えたとき、実際にはどのような手続きが必要になるのでしょうか。この記事では個人事業主の方がQRコード決済を店舗に導入する方法を解説します!, さまざまなキャンペーンが開催され、盛り上がるキャッシュレス決済サービス。この記事では、キャッシュレス決済に欠かせない手数料やPayPayのお得なキャンペーンについて、詳しくご紹介します。, お電話でのお申込み・ご相談をサポートセンターにて対応しています。お気軽にお問い合わせください。, クレジットカードの最大のメリットとして、支払い方法が多様で高額商品でも購入しやすいことが挙げられます, クレジットカード決済を行うと加盟店手数料がかかってしまうからといって、その分を手数料として上乗せして消費者に請求することは禁止されています, 当然のことながら幅広い決済方法に対応すればするほど、より多くの消費者を取り込むことができ、来店客の増加に期待できます, クレジットカード決済に対応していれば分割払いやリボ払い、ボーナス払いといった多様な決済に対応でき、高額な商品であっても売りやすいメリットがあります, クレジットカード決済に対応していればスマートに購入手続きを進められ、お店の回転率もアップするでしょう, 大前提として、クレジットカード加盟店として契約する場合、業種や売上規模などによって加盟店手数料の割合は異なります, クレジットカード決済を店舗に導入する場合、カードを読み取る専用のリーダーが必要になります, クレジットカードの加盟店として契約するためには、クレジットカード会社と直接契約する方法以外にも、決済代行会社を経由して契約する方法もあります, 個人で経営している飲食店や美容室であれば、スマホやタブレットで利用できるモバイル決済の導入を検討してみましょう, 手数料が安いQRコード決済を導入すれば、クレジットカードのユーザーと分散させることができるため、結果として加盟店が支払う手数料の圧縮にも役立ちます, 基本料のような月額固定費も不要で、銀行口座への入金手数料も無料(※1)。そのため、PayPayは現金決済と同様にランニングコストがかからず安心です, PayPayはクレジットカードのように専用のカードリーダーなど高額な機器を購入する必要もなく、初期費用は無料で導入が可能です, 株式会社ジェーシービー「【クレジットカードに関する総合調査】2018年度版 調査結果レポート」, ・決済システム利用料は、2021年9月30日まで無料です。2020年4月1日以降新たに加盟店になる年商10億円以上の法人の場合は有料です。詳細は, ・2020年10月1日よりアリペイ・アリペイコネクトサービスにおける決済システム利用料は取引金額の1.98%(税別)となり、取引金額から自動で差し引かれます。, ・入金手数料はジャパンネット銀行の場合のみ永年無料です。その他の場合は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。. 【2020年11月最新版】スマホQR決済アプリキャンペーン一覧!PayPay、LINE Pay、楽天... 楽天ペイ、オンライン決済の楽天ポイント付与ルール改悪、楽天カード以外のチャージはポイント付与対象外... Paidyで分割3回まで無料に、ペイディーってどんなサービス?どこで使える?... オリコカード・ザ・ポイント 今だけ最大8,000ポイントプレゼント!Amazonで2%還元、年会費無... 三井住友カード 保険・補償が充実!バランスがよく信頼できる定番カード【評判・口コミあり】... JALカード 最大2.0%還元!超スピードJALマイルが直接貯まる最強カード【評判・口コミあり】... TRUST CLUB プラチナマスターカード 年会費3,000円の実力を調査... JCBプラチナ 最高サービスを備えたコストパフォーマンスの高いカード【評判・口コミあり】... freeeセゾンプラチナ・アメックス徹底解説2020!スタートアップのビジネスを加速する, JCB CARD Biz徹底解説2020 法人登記簿不要で発行できるビジネスカード!フリーランスや個人事業主にもおすすめ, セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード 経営者向けのハイエンドカード【セゾンプラチナアメックス】, ライフカードゴールドビジネス(デポジット) スタートアップにおすすめの法人カード!デポジットで限度額が決まる, 本サイトに掲載されているすべてのコンテンツの無断複写は、著作権法上の例外を除き禁じられています。, クレジットカード会社と加盟店の間で結ばれている「加盟店規約」に違反している可能性が高い, 100円の商品の購入であっても、ランチタイムの支払いであっても、カード払いに店舗が対応していればカードで支払うことはできる, オーストラリアのクレジットカード事情 使用上の注意点と使える国際ブランド、おすすめカード, 25%の還元が受けられるマイナポイント事業って?登録方法から使い方まで徹底解説。登録しておきたいスマホ決済サービスはこれだ!, Pontaポイントの貯め方・使い方徹底解説2020!期間限定ポイントの使い方、おすすめのクレジットカードなど, スターバックスで最もお得な支払い方法を徹底調査!スタバでおすすめのクレジットカードやキャッシュレス, チタン・ブラック・ゴールド「ラグジュアリーカード」の年会費・還元率・サービスを比較, 【Google Pay使い方ガイド】モバイルSuicaやnanacoなど各種電子マネーに対応のマルチ決済. カード決済手数料を顧客に負担させようとするその店の対応は、 クレジットカード会社の規約違反である可能性が高い でしょう。 まとめ この記事ではクレジットカード決済の手数料と消費税の関係について解説してきました。 COPYRIGHT © BENRISTA ALL RIGHTS RESERVED. 専門家が選ぶおすすめクレジットカード10選をピックアップ!年会費無料から高還元率まで気になるカードをチェック!, 今話題のペイサービスの中でも話題のスマホ決済を紹介!還元率、ポイント、使い勝手、一番良いのはどれ?, 事業決済で得するカードはこちらから。個人事業主・自営業の方も注目のラインナップです。, 飲食店などでクレジットカードが使えるという表示があるのに、「ランチタイムはカード払いはできません」と言われたり、「カード払いは〇〇円以上からです」と言われたり、手数料を上乗せされた経験はないだろうか?, 結論から言えば、上記のようなクレジットカードの「利用拒否」などは、クレジットカード会社と加盟店の間で結ばれている「加盟店規約」に違反している可能性が高い。, 全てのケースで必ず規約違反になるわけではないが、原則としては店舗がクレジットカード払いを取り扱っている場合、上記のような行為は禁止されているのだ。, 本記事では、店舗がカードの利用を拒否する理由や遭遇した場合の対処方法などを紹介する。, 何故店舗はランチの代金をカード払いさせたくないのか?また、〇〇円以上という制限をかけるのか?, 答えは、カード払いの場合「手数料」の支払いが発生し、実質的な売上が目減りするからである。, 店舗はクレジットカードを使えるようにする代わりに、クレジットカード会社に手数料を支払っているのだ。, たかが3%を節約するために利用拒否するのか?と思われるかもしれないが、利益が3%減るのと同じことなので、店舗には痛手なのだ。, また、特に飲食店のランチは元々利益があまり出ない値段設定であることが多く、お客さんへのアピールとして安くランチを提供している店が多い。, 最初から利益が少ないのに、カードで支払いでさらに利益が減ってしまうため、ランチタイムではカード払いを拒否する店舗があるのだ。, 購入金額が少なく元々利益があまり出ないのに、カード払いにされてしまうとさらに利益が減ってしまうからだ。, カードの利用を拒否するのは、店舗側にも言い分があることをお分かりいただけたと思う。, しかし、店舗側の言い分はカードの利用を拒否する正当な理由にはならないことを覚えておいてほしい。, 規約違反になる・ならないという以前に、そもそも店舗はカード払いに対応することで十分なメリットを受けているからだ。, メリットがあるからこそ手数料を支払ってでもカード払いを可能にするのであり、メリットがないならばそもそも導入しないだろう。, 店舗はカード払いに対応することにより客単価をあげ、さらに集客力アップの恩恵を受けているのだ。, 以下は主なクレジットカード会社の加盟店規約の規約違反について書かれた箇所の抜粋だ。, 加盟店は、有効なカードを提示した会員に対して、商品の販売代金ならびにサービス提供代金について手数料等を上乗せする等現金客と異なる代金の請求をすること、およびカードの円滑な使用を妨げる何らの制限をも加えないものとします。また正当な理由なくして信用販売を拒絶し、代金の全額または一部(税金、送料等を含む)に対 して直接現金支払いを要求する等、会員に対して差別的取扱いは行わないものとします。, 加盟店は、有効なカードを提示した会員または有効なギフトカードの使用者に対し、信用販売またはギフトカードの取扱いを拒絶したり、直接現金払いや他社の発行するクレジットカードまたはギフトカードの利用を要求したり、現金客と異なる代金を請求したり、信用販売またはギフトカードの取扱いの, 加盟店は、有効なカードを提示した会員に対して正当な理由なくして信用販売を拒絶し、または直接現金での支払いもしくは当該カード以外のクレジットカードその他の支払い手段による支払いを要求する等の行為はできないものとします。また、会員に現金客と異なる代金等を請求する、または、取扱商品等もしくは信用販売の対象とする商品等の代金額または提供の対価の額につき制限を設けるなど、会員に不利益となる差別的な取扱いをすることはできないものとします。, 有効なカードを提示した会員に、正当な理由なく信用販売の拒絶や現金払い要求を行わないこと。 有効なカードを提示した会員に対して、手数料その他名目の如何を問わず、現金払い顧客と異なる代金を請求するなど、会員に不利となる差別的な取扱いを行わないこと。, カード払い自体は受け付けるものの、手数料と称して客側に追加料金を請求することは加盟店規約で禁じられている。, 一般的に上乗せされる手数料は3%〜20%程度で、店舗側がクレジットカード会社に支払うはずの手数料を客に請求していることが多い。, カードが使えない場合は実質的に損はしていないが、手数料を上乗せされてしまった場合は少なからず損していることになる。, もし、カード払いには手数料がかかると言われた場合は購入自体を見送ることをおすすめする。, 例え規約違反だとしても、3%程度の上乗せならばわからなくもないが、10%以上の手数料を要求する店舗は悪質なので注意してほしい。, 客が元々カード払いをすることを前提として考えて、はじめから3%程度のカード払いの手数料を含んだ価格設定にしている店舗だ。, 現金払いの客とカード払いの客で差をつけているわけではなく、後から手数料と称して請求しているわけでもないため賢い方法といえる。, 手数料を上乗せする行為は日本では禁止されているが、諸外国でも同じとは限らないので注意が必要だ。, 例えば、観光や留学で人気のオーストラリアなどは、手数料を上乗せする行為を法律で認めている。, もし海外でカードを利用する場合は、手数料の上乗せがあるかどうかを事前に旅行会社などに確認しておくと良いだろう。, しかし、本来は100円の商品の購入であっても、ランチタイムの支払いであっても、カード払いに店舗が対応していればカードで支払うことはできる。, 店舗側は「カードでの支払いができない」と主張してくるが、カードリーダーが壊れていたり、元々カード払いに対応していない場合以外は、物理的に不可能なわけではない。, ただし、物理的にはカード払いはできるのだから、カードで支払いをさせろ!と主張しても無駄な場合が多い。, 何故なら、レジを担当している者はあくまで店長や上司の指示に従っているのであり、自身が判断しているわけではないからだ。, また、規約違反に該当することや、物理的にはカードが使えることすら知らない場合もある。, カード払いに対応しているはずの店舗でカードの利用を拒否された場合、現金の持ち合わせがないと主張するとカード払いを受け入れてくれることがある。, レジや店舗入り口にカードブランドのロゴがあり、カードが使えると思ったから利用したのであって、後からカードが使えないと言われても困るという主張だ。, 強引な主張ではあるが、どうしてもカード払いにしたい場合は有効なので覚えておくと良いだろう。, ここまで店舗の加盟店規約違反についてみてきたが、注意してほしいのは加盟店規約違反をしていても「違法」ではないということだ。, 加盟店規約はあくまでクレジットカード会社が定めている規約であり、法律で定められているわけではないのだ。, つまり、規約違反をしている店舗を訴えることはできないし、よほど悪質でない限り店舗が法的に罰せられることはない。, カードの利用拒否や手数料を上乗せされそうになった場合の対処方法を以下でみていこう。, 上述したように、カードが使えないだけならば損をしているわけではないので現金で支払えば済む。, また、手数料を請求された際もカード払いを取りやめて、現金で支払うことをおすすめする。, カードで支払うとポイントがつくとは言え、上乗せされる手数料分の方が圧倒的に多くなるため、損をしてしまうからだ。, 違法ではないものの、規約違反をする店舗を快く思わないのであれば、そもそも購入自体を取りやめても良いだろう。, しかし、飲食店の場合は食べた後に支払うを行うケースが多く、購入を取りやめるということ自体ができない場合は注意が必要だ。, もし、ランチタイムでもカードで支払いをしたいと考えるならば、前もって確認しておくことをおすすめする。, 規約違反をしている店舗がある場合、クレジットカード会社に連絡をすると対応をしてくれる場合がある。, 場合によっては規約違反をした店舗との契約を解除し、カード払い自体がそもそもできないように措置をとる場合もある。, しかし、対応をしてくれるかどうかはクレジットカード会社次第のため、あくまでも「対応をしてくれる場合がある」程度に考えておくのが良いだろう。, ここまでクレジットカードの加盟店規約違反について紹介したが、いかがだっただろうか?, 店舗側にも事情があり、違法ではないため、カードの利用拒否や手数料の追加請求は日常的に行われている。, また、取り締まりを行う専門機関などがあるわけではないため、実質的には黙認状態であることも多い。, 食べてしまった後、使ってしまった後などの購入を取りやめることができないことが予想される店舗でカード払いをするつもりがあるならば、事前に確認をすることが最も重要だろう。, オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。, 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。, また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。, おすすめのPayサービスは?種類と利用方法を比較!PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、au PAY, JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)が到着!インビテーション(招待)までの経緯と、申し込みから審査、到着までの過程を全公開. 以下は主なクレジットカード会社の加盟店規約の規約違反について書かれた箇所の抜粋だ。 1.

クレジットカードを利用して、どうも腑に落ちない経験をしたことってありませんか。 レシートをよくよく見ると、税金以外にもカード手数料なるものが取られていた。 実はこのケース、飲み屋に非常に多いのです。その理由も「手数料」にあるからなのです。 三井住友カード 2. 国によっては10%ほどのカード決済手数料が上乗せされることもあるようですが、少なくとも日本で使用する分にはカード手数料の考慮は不要です。, ただし、カード決済手数料をカード利用者側に負担させようと、料金を上乗せしている店も存在するのが実情です。 ・ 相続税 6. 会社・事業での納税、消費税や法人税、たばこ税他に加えて個人の税金、自動車税や相続税、贈与税までもが「クレジットカード引き落とし決済」ができる便利さと裏腹に手数料がかかる大きなデメリット、正しいいクレジットカードの活用法のまとめをご紹介。 セゾンカード 上記それぞれの規約の表現方法は異なるが、店舗の以下の行為を禁じていると言える。 以下でそれぞれの行為について詳しく見ていこう。 (答) 次の税目の納付が可能です。 また、本税に加えて、附帯税(加算税、延滞税等)の納付も可能です(附帯税のみの納付も可能です。)。 1. カード決済手数料を顧客に負担させようとするその店の対応は、クレジットカード会社の規約違反である可能性が高いでしょう。, また、近年クレジットカード以外にも様々な決済方法が登場しており、それらの決済手数料についても消費税の課税・非課税はしっかり把握しておきたいところです。, 新たな決済方法を導入する際には、消費税が課税されるのか、非課税となるのか、契約内容を確認しておきましょう。, 生活の必需品になりつつある「クレジットカード」。何枚も欲しいものではないけれど、どうせなら還元率が高いものがいいし、…, 画像引用元|三井住友VISAカード 【更新情報】 ・現在三井住友カードでは入会特典の上限額を期間限定で増額、12,0…, ステータスカードの一つである「ゴールドカード」。年会費がかかるものが多く、「年会費無料のクレカで十分」「年会費を払っ…, イオングループで買い物をしているとよく見かける「イオンカード」。 中にはまだ作っていないけれども、気になっているとい…, 電子マネー、QRコード、クレジットカードなどの「キャッシュレス決済」を利用することでポイントが還元受けられる「マイナ…, 新規入会&利用で特典最大20,000円分! 初年度年会費無料、経費でポイントがどんどんたまる三井住友ビジネスカードの詳細はこちら.

加えて、企業間取引では銀行振込手数料を負担するケースもあるでしょう。, これらの各種決済手数料は、基本的には消費税が課税されると考えてください。 なお、最近話題となったPayPayの決済手数料は現在無料であるため、表には含めていません。, ここまで店側が支払うカード決済手数料について解説してきましたが、最後にクレジットカード利用者側の手数料について解説します。

(参考資料:株式会社ジェーシービー「【クレジットカードに関する総合調査】2018年度版 調査結果レポート」), 商品を購入したりサービスを契約したいという意思があったとしても、費用が高額で手持ちの現金がなく諦めてしまうケースも多いでしょう。しかし、クレジットカード決済に対応していれば分割払いやリボ払い、ボーナス払いといった多様な決済に対応でき、高額な商品であっても売りやすいメリットがあります。, 一般的に個別にローンを組んで分割払いに対応しようとすると、申込書に必要事項を記載し審査に申し込む必要があり、それだけで消費者にとっては高いハードルに感じられてしまいがちです。しかし、クレジットカード決済に対応していればスマートに購入手続きを進められ、お店の回転率もアップするでしょう。, 現金決済では会計時の現金のやり取りはもちろんですが、閉店後に売上金のチェックや現金の管理も必要です。クレジットカード決済であれば会計時には暗証番号の入力やサインをもらうだけで完結するため、現金を数えてお釣りを渡す手間もなくスムーズです。また、現金のカウントミスによる違算のリスクを軽減させられるメリットもあります。, クレジットカードの加盟店として登録した場合、どの程度の加盟店手数料を支払う必要があるのでしょうか。一概に断定することは難しいものの、ある程度の相場をご紹介します。, 大前提として、クレジットカード加盟店として契約する場合、業種や売上規模などによって加盟店手数料の割合は異なります。, たとえば、個人経営の飲食店であれば4〜7%であるのに対し、全国チェーンのコンビニエンスストアなどは1%前後の割合といわれており、大きな開きがあります。この理由としては、経営基盤が盤石で規模が大きいコンビニなどは手数料の未収リスクが低く、反対に個人経営の店舗は高くなることが挙げられます。, また、百貨店や大型デパートなど、未収リスクが低くても売上に対する利益率が比較的高い業種の場合は3%前後の加盟店手数料が設定されているケースが多いようです。, クレジットカード決済を店舗に導入する場合、カードを読み取る専用のリーダーが必要になります。一口にカードリーダーといっても、クレジットカードのみが読み取り可能なものもあれば、電子マネーなど複数の決済手段に対応しているものもあります。, クレジットカードのみに対応しているカードリーダーであれば10万円前後、電子マネーにも対応しているものは20万円前後の端末価格が相場です。また、読み取ったカード情報を認証するためには通信環境が必要なため、通信回線がない場合は新たに契約しなければなりません。, ちなみに、最近では従来の据え置き型カードリーダー以外にも、スマホやタブレットと接続して読み取り可能なクレジットカード決済も存在します。モバイル決済ともよばれますが、初期費用を大幅に抑えられるため、個人が経営している飲食店や美容室などから高い支持を獲得しています。, クレジットカード決済を導入するにあたり、加盟店手数料の節約は経営者にとって重要な課題です。少しでも店舗の利益を得るためにはどのような方法が有効なのでしょうか。3つのポイントを中心に解説します。, クレジットカードの加盟店として契約するためには、クレジットカード会社と直接契約する方法以外にも、決済代行会社を経由して契約する方法もあります。たとえば、3種類のクレジットカードに対応させたいと考えた場合、決済代行会社を利用することで1度の申し込みで完結できます。, 決済代行会社によっても加盟店手数料の割合は異なるため、詳細な条件を比較したうえで検討するのがおすすめです。ちなみに、決済代行会社も加盟店手数料は公表していないため、事前に見積をとってもらう必要があります。, 個人で経営している飲食店や美容室であれば、スマホやタブレットで利用できるモバイル決済の導入を検討してみましょう。カードリーダー端末の初期費用が安く抑えられるほか、モバイル決済事業者によっては交通系ICカードなどの電子マネー決済にも対応しています。, 加盟店手数料もクレジットカードブランドごとに明確に決められているため、見積もりを取ってもらわなくてもコストの予測が立てやすいです。, クレジットカード決済を導入する最大のメリットは、多くの消費者を取り込めるところにあります。当然のことながら、クレジットカードと現金以外の決済方法に対応すれば、さらに多くの消費者の来店が見込めます。, なかでも、QRコード決済は急速に利用者の数を伸ばしているキャッシュレス決済で、還元率も高いことから日常的な決済手段として活用している消費者も多いです。手数料が安いQRコード決済を導入すれば、クレジットカードのユーザーと分散させることができるため、結果として加盟店が支払う手数料の圧縮にも役立ちます。, クレジットカードの加盟店手数料節約につながるQRコード決済を導入するのであれば、PayPayがおすすめです。その理由として挙げられるポイントを3つご紹介します。, PayPayの場合は、クレジットカードの加盟店手数料に相当する決済システム利用料が2021年9月30日まで無料となっています。基本料のような月額固定費も不要で、銀行口座への入金手数料も無料(※1)。そのため、PayPayは現金決済と同様にランニングコストがかからず安心です。, ※1:ジャパンネット銀行の場合のみ永年無料。その他金融機関の場合は2020年6月30日まで無料。以降、入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生。, PayPayはクレジットカードのように専用のカードリーダーなど高額な機器を購入する必要もなく、初期費用は無料で導入が可能です。PayPayに申し込んだ後には専用のQRコードが送付されてくるため、それを店頭に掲示しておき、決済する際に消費者のスマートフォンで撮影するだけで完了します。, PayPayは数あるQRコード決済のなかでも利用率No.1(※2)を誇ります。QRコード決済が乱立し、どれを導入すれば良いのか分からないという方であっても安心。ユーザー数が多いからこそ、クレジットカードとPayPayの併用によって集客アップが期待できます。