All Rights Reserved. 専門用語は右から左に流れていき記憶に残りませんでした( ;∀;), という訳で、信頼できる先生が大丈夫と言ったのでそれを信じて、何か異常があったら受診するということで小児科の通院は終了することになりました!, 視覚神経に問題はないし、現状斜視の症状も出ていないし治ったみたいですね。 連れてくるの結構大変だったんで(;´∀`), 申し訳ないですが、次回の受診は辞退させていただきました。 脳MRI検査の結果について質問します。41歳主婦です。左の脳に白い影が2箇所写っていたのですが、先生はそのまま放置しておいていいと言われました。 2歳児の次女、突然斜視になる!?そんなことってあるんですか?(;´∀`) 脳の奇形や腫瘍、損傷が原因になることもありますが、小児では特別な原因はなく、持って生まれた体質である場合が多いです。 発作時の様子や脳波検査、脳の画像検査(CTやMRI)などを組み合わせて診 … やっと呼ばれたので診察室に入ると、主治医の先生とモニターに映し出されたMRI検査の画像。, 斜視も殆ど治ってきてるし、MRIの結果もなんともないだろうと気楽に考えていたのに・・・この点はなに?!!(゚Д゚;), MRIの結果ですが、視覚神経の部分に異常はありませんでした。脳腫瘍などもみられなかったです。 大人ではほとんど問題がない脳ドックですが、子供にとっては何もせずに30分間もずっとじっとしているのが困難な場合がります。そのため、鎮静剤などにより30分程度検査中は眠ってもらうことで検査を行う場合があります。また、この脳ドックでのMRIはかなり大きな音がするのと、閉所恐怖症などの人はあらかじめ検査担当の検査技師などに話をしておく必要があります。 脳の画像撮影に非常に有効なこの装置ですが、この検査装置自体は高額になるもののようで、脳神経外科などを有する大きな病院などでしかあまりあるところはありません。そのため、もし脳ドックを受けたいと考えたり、あるいは脳に何らかの気になる症状がある場合は、脳神経外科、神経内科などを標榜するところなどで、MRIがあるところを受診するなどの対応が必要になります。 q 脳MRI検査の結果について質問します。41歳主婦です。左の脳に白い影が. お急ぎのご予約・お問い合わせはお電話ください。*利用規約に同意の上お電話下さい。, マーソは健康長寿社会の実現をミッションとしてかかげ、安心で頼れる人間ドック・健診予約サイトを目指します!, 万が一同じプランで他のウェブサイトよりも条件が悪い場合はご連絡ください。 詳細は「脳と障害児教育」をご参照ください。(写真も掲載しています), 一人ひとりの顔が全部違うように、障害者一人一人の脳は全員違います。それを、見極めて、脳写真からリハビリテーションや脳教育の指示を出すことが最も効率のいい教育法だと考えます。, 脳画像を詳細に読んでみましょう。これは頭を床に対して水平に切ったもので、水平断像(A)といいます。 自然治癒して本当に良かったですね。, そうですねぇ。ちょっと経過をみておきたいけど、もう殆ど治ってるしお母さんが大変ならこれで終わりでもいいけど。, ・・・じゃあこれで終わりでもいいですか? もう一つ、テスラという単位もあります。, 絆創膏の内側に磁石が貼ってある有名な商品がありますが、肩こりに効くという、その磁石の強さは100ミリテスラ前後です。, 以前は、病院に設置されている多くのMRIは、1.5テスラでした。 普段見られないものが画像に現れると、何らかの不具合があるのではないかと、さらに細かく脳を調べる必要が出てきます。一般の脳ドックでは、このように普段見られない異常な部位があると、あなたの脳は○○という病気になっていますと教えてくれます。, 突然そのような事を言われてしまうと、脳全体が悪くなってしまった、と思ってしまいがちですが本当はそうではありません。白くなっている部分や、形がいびつな部分は脳全体から考えると一部分であって、脳全ての具合が悪いということはまずありません。, 例えば、脳全体の3割だけが調子悪いだけなのに、病名を付けられてしまうと、あたかも10割がダメになっていると言う印象を受けてしまうのです。, もちろん、悪い部分を見つけて治してくれるのが病院ですから、悪くなっている部分が見つかるのは当然と言えます。, しかし脳の場合、神経細胞がダメになると基本的に元に戻すことができませんから、悪くなった部分がわかっても何の解決にもならないのです。, 問題は、先程の例で言うなら、正常な状態の7割をどう上手く使いこなすかということです。ですが残念ながら残りの7割をどう使えばよいかを教えてくれるところがとても少ないのが現状なのです。, 自己判断や外見からの推測だけに頼らず、しっかりと脳をMRIで鑑定して意見を聞く加藤式脳画像診断をお薦めします。, 個人情報保護のため、MRI画像を掲載することを差し控えさせていただきます。 MRIとCT(シー・ティー)では、あきらかに撮影技術が異なっています。 急性斜視で初MRI検査!2歳児の酔っぱらい状態が可愛い(*´з`), 小児科の待合室で待つこと1時間弱。 小児科→眼科→総合病院へと病院を回り、総合病院眼科での辛く苦しい眼底検査を終え、そして先週やっとMRI検査を終えてきました。, 今までの経緯は以下の記事に書いています。 現在のところ顕微鏡でしかそのグループを区別することができませんが、さすがに頭を開いて生きた脳を見るわけにもいかないでしょう。そこで現在のところ、生きた脳を最も高精度で見ることがきる唯一の機械がMRIと言えます。, 脳のMRIで見えるものは何か。それはCTよりも鮮明な画像です。 最適な条件にて提供しております。. ALL RIGHTS RESERVED. 脳ドックでは受けられないmri脳画像診断を通じて、脳の健康状態だけでなく、自分の長所や潜在能力を知ることが出来ます。発達障害でお悩みの方も「脳の学校」にご相談ください。脳をmriで適切に把握し、最適な方法で脳を成長させることが大切です。 皮質は白く、白質線維は黒く描出されていますので、T2強調画像という撮影の仕方をしています。, まず、①の矢印のように前頭葉をみると、ひも状です。わずかにしか残っていません。しかし②の矢印、右の聴覚、音を聞いたりする場所は残っています。さらに下のほうを見ていきます。矢印③の示す黒いところは視覚野です。目から入った情報が、④のように視覚野に送られる線維のルートがあります。⑤のように左側の繊維は、とても細いこともわかります。さらに⑥のように反対の聴覚の領域も小さいです。しかし、①から⑥まで、残っているところは全部、彼は、必死で使っています。, ⑦海馬(記憶に関係があります)があります。化膿性髄膜炎後のB君のMRI画像をみると、ここに側頭葉の⑧聴覚、聞く場所があります。また、⑨の周辺かなり高次の機能、色々な言葉を理解したりする場所があります。, ですから、B君に対しては、聴覚的なアプローチは、可能であるといえます。たとえ、彼が今、耳が聞こえているかどうかは不明であっても、情報を入れるだけの価値は、充分にあるということです。また、左右の違いからも、より的確な情報の入り方を捉えることができます。, 視覚野の働きは左右違います。(A)に示すように、この視覚野は、左脳のルートを使った(右視野からの)情報は入りにくいけれども、右脳から情報(左視野)は、入りやすいということがわかります。, B君は、右側の前方の画面が脳の中に入りやすいということがわかります。ですから、この子に話しかける時は、右から立たなければいけないということです。左から入ったら、視覚からの情報が入りにくいということです。 とまちゃんの場合は命に別状はなく斜視も残らなかったのでよかったですが、そういう場合も大いにあるということが分かりました!, かなり個性的な子どもたちの育児に翻弄されながら、家事時短・節約・便利グッズ・趣味のドラマ鑑賞のことなどなど・・・自分の興味のあることを書いています。. Copyright © 2019 Take your time. 1点だけ小さな異常信号がみられます。これが今回のことでできたものか以前からあるものかは以前のデータがないので分かりませんが、健康所見に問題はないでしょう。, むっ、むずかしいっ!!( ;∀;) Copyright © KatoBrain Co., Ltd. All Rights Reserved. 【徹底比較】ジュニア用オムツ4品のサイズや価格まとめ 体格の大きなお子さんにおすすめ, この影がいつからあるかは不明。今回できたのかもしれないし、以前からあるのかもしれない。, 心配であれば半年後にもう1回MRI検査を受けてもいいが、また麻酔薬を使って眠らせて検査することになるのでそこまでしなくてもいいのでは。. CTは、通常の場合、微量ですが放射線を使いますので病気が疑われた場合にしか撮影しません。しかし、MRIなら、磁石の中に体を入れるだけなので、誰でも何回でも撮影することができます。, 加藤俊徳医師は、数年前に日本大学産婦人科との共同研究で、お母さんのおなかの中にいる胎児の脳を撮影したことで新聞にも載りました。もちろん、その赤ちゃんの脳には、何の影響も残りません、それがMRIのすごいところです。, 磁石の単位は、ガウスというのが一般的に知られています。 MRIが発明されたことで、それまで明瞭に見えなかった脳の形が、しわの一本一本まで見られるようになりました。さらにMRIでは、脳の中の液体がある場所をはじめ、脳表面の細胞と、そこにつながる線維の部分を明確に見分けることができるのです。, CTが画期的な医療技術として応用を広げている中1973年、放射線被曝の問題を解消する新たな画像法の論文が、米国のポール・クリスチャン・ローターバー博士から発表され『ネイチャー』誌に掲載されました。この論文は、磁石を利用して生体の画像を撮影できるMRIの誕生を示しており、2003年にローターバー博士はイギリスのマンスフィールド博士とともにノーベル医学生理学賞を受賞しました。, MRIはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像法)の略です。 また何か異変があれば受診することになりました。, 検査の結果を聞くときは夫にも一緒に来てもらえば良かった・・・と後から後悔しました。 30分ほど横になっているだけで、様々な方向からの脳の画像を撮影することができます。, MRI画像の多くは、脳ドックのように「脳に病気があるかどうか」を見つけるために使われています。, しかし加藤俊徳医師のMRI脳画像診断は、MRIの脳画像からご自身の長所や短所などの能力を診断することができます。, 脳から見たビジネスで自分の強みを活かす方法、お子さんの学力を伸ばす方法などのアドバイスや必要となるる脳番地トレーニングの処方の他、発達障害の診断や支援にもMRIの脳画像を活かすことができます。, どんな人も、過去にデジタルカメラなどで写真撮影をしたことがあるはずです。子どもの頃の写真、行事で撮った写真、記念写真、風景写真。, いまやカメラはスマートフォンに当たり前のように付いていて、いつでもどこでも、撮りたいものを写真として、記録できるようになりました。, すべてOKなら、今度は撮影室に入ります。 mriで白い斑点として描出されます。 また、細い血管がこのように動脈硬化を起こすと、 慢性的に脳の血流が低下した状態となります。 ⑤白質病変の対策は ・年齢とともに発見されやすく、高齢者の軽微な所見は加齢現象と考えられています。 銀色の分厚い扉を開けると、携帯電話についているデジタルカメラとは比べ物にならないほど大きな「脳のカメラ」が部屋いっぱいに設置してあります。 撮影するときは仰向けで横になるので、ベッド部分が入り口近くにあります。, そして、そのベッドの頭の部分には、体が通るほどの穴があいたドーナツ状の装置があります。これがMRI(エム・アール・アイ)。脳のカメラです。, 耳栓かヘッドホンをして、体と頭が動かないように固定されると、ベッドが動いて、ドーナツの中へと入っていきます。, すると、「ビー、ビー、ビー」と工事現場のような音が聞こえてきて、脳の写真撮影が始まります。それから約20~30分、寝転がっているだけで撮影は終了です。, 撮影が終わると、よくドラマで見るレントゲン写真のような黒いフィルムに脳の写真が焼き付けられています。, MRIとは、簡単に言うと、磁石によって作られた磁場を利用して生体を画像化する技術です。, 磁場というのは、磁石によっても作られますが、電流が流れるワイヤーによっても作られます。この場合のワイヤーは、ぐるぐると筒型に巻かれ、コイルと言います。このような磁場を作るのに電流が用いられている磁石のことを、永久磁石に対して電磁石と言います。, このコイルによって作られた磁場の方向を表すのが、中学校の理科でも習う「右ねじの法則」です。, 難しいことを並べているようですが、要は、磁石からできる磁場の中に体を入れて写真を撮っているのです。, MRIは、身体への害・副作用はないと考えられています。 mri検査の画像に白い影が1点・・・ 夫は仕事だったのでとまちゃんと私の二人で病院にやってきました。 小児科の待合室で待つこと1時間弱。 やっと呼ばれたので診察室に入ると、主治医の先生とモニターに映し出されたmri検査の画像。 このことでちょっと精神的に成長する部分があった気がします。, 今回の教訓は「目の異常はちゃんと検査してもらったほうがいい!」ということ。 白い点があっても大丈夫なのか?!, 色々分からなかったので質問して説明してもらったのですが・・・ 健診予約専用:0570-050-109平日:9~18時(土日祝休)利用規約に同意の上お電話ください。, ※電話・メール予約の場合にはTポイントの利用/付与はできません。※外来受付はできません。, 子供の脳ドックとMRIで何がわかるかですが、特に子供にたとえば脱力感が出たり息を吐き出す際の過呼吸が起きたりしている場合には、特定疾患のもやもや病などが疑われる可能性もあります。 この病気は脳ドックなどでMRIの画像撮影をしないと判断がつかない病気で、しかもその診断が確定してもこの病気の原因が分からないので、治療法もないという病気です。 医療機関のホームページなどからこの装置があるかどうかなどが分かるようになっていたり、あるいは子供の検査についての注意事項が載っているところもあります。, 脳ドックが受診できる医療施設を探しましょう。予約数が多い施設から探す「予約数順から探す」、 なお、MRIでは磁気を使った撮影になるため、金属類を身に付けての検査は受けられません。大抵の場合は、金属を身に付けていないかどうかの確認のために病院内で入院患者が来ているような院内服に着替えてから検査を受けることになります。 また、この脳ドックでのmriはかなり大きな音がするのと、閉所恐怖症などの人はあらかじめ検査担当の検査技師などに話をしておく必要があります。 なお、mriでは磁気を使った撮影になるため、金属類を身に付けての検査は受けられません。 同じように熱やウイルスで斜視になる人はたまにいるけど、そのまま治らない場合もあります。 q 脳MRI検査の結果について質問します。41歳主婦です。左の脳に白い影が. つまり、この画像撮影で病気を判断することに非常に有益ではありますが、もしかしたら難病が見つかる可能性もあります、ということになります。なお、このもやもや病は過呼吸などをすると症状が悪化したりして、しかも脳出血などの脳卒中の病気の引き金になる病気でもあります。 脳MRI検査の結果について質問します。41歳主婦です。左の脳に白い影が2箇所写っていたのですが、先生はそのまま放置しておいていいと言われました。 のロゴには、「限りない脳の可能性への追求」と刻印されております。, 「脳番地」は脳の学校の登録商標です(商標登録第5056139 /第5264859). このプロトンを磁化させることで、画像ができるのです。, 脳が育つと、形が変わります。 いつもいつも痛い思いをしながらも、なんとか頑張って通院したとまちゃんを本当に頑張ったと褒めてあげたいです(*´ω`) 脳MRI検査の結果について質問します。41歳主婦です。左の脳に白い影が2箇所写っていたのですが、先生はそのまま放置しておいていいと言われました。 続・2歳児の次女、突然斜視になる!?グルグル巻きの刑にされ大号泣(;´・ω・) MRI(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像)とは、脳の検査装置のことです。 とても単純なことですが、これは、この子の脳を見極めた時に対応する非常に重要な情報です。MRIによる画像診断の情報によって、効率よく、聴覚の入力、それから、視覚の入力が、可能になるのです。, 「あなたと話したい」という番組の制作につきあうのは大変でしたが、取材を通じて、教育によって脳が改善したいろいろな症例が出てきました。, そうした中で、脳の障害のされ方が全ての症例同じだった人たちがいました。それは、新生児の重症仮死といわれる人たちです。彼らは今まで間違って解釈され、このような脳をもった障害児は、最近まで適切な教育環境を受けることなく生きてきました。今も教育的な環境におかれていない方がいらっしゃるかもしれません。, 脳画像から判断する限り、②④の第一次運動野その近傍の白質をほとんど障害されているために、彼らの身体はほとんど動かず、③の口の領域まで障害がきています。しかし彼らはイエス・ノーぐらいのコミュニケーションはとれるようになる可能性があり、それ以上にコミュニケーション機能は高まっていくかもしれません。, この番組の取材で何が分かったことは、脳にダメージを受けた子でも、ブロードマン9番、10番の神経繊維が黒くずっと伸びているという事実です。⑥のウエルニッケ野や⑩のブローカ野など言語野は、障害されていません。ワーキングメモリー(作業記憶)に関係すると考えられる⑨の頭頂葉、⑪の前頭前野のブロードマン46番にも、白質線維が伸びています。高次の記憶に関係素すると考えられている下側頭回⑦も発達しています。このような発達は、不思議でたまらないのですが、事実です。, たしかに海馬⑤がちょっと白くなり萎縮していたり、視床⑧は白くなっています。図37のこの人達の親は、生後すぐの診断で、新生児医療の方々に「おそらく何もできませんよ」など非常に厳しいことを言われているでしょう。彼らは、そういった医療関係者のことばだけで、「もう何もできない」というレッテルを貼られて、適切な教育を受ける環境が半減してしまったことでしょう。, ところがこの画像をみて、私はこの前頭葉の運動野②④や視床⑧ 、一部の海馬⑤以外は脳の形は残っている、と思うわけです。「運動系が障害されると脳は働かないか」という、非常に脳科学としては重要な問題だったのですが、実は働くのです。たとえ海馬が少し障害されていたとしても、です。, つまり、残っているところ脳部位同士が結びつけば、コミュニケーションがとれると言うこと、これが今まで全くわかっていなかったのです。, このタイプの重症児(者)は、新生児期の脳画像によっても早期に、残存機能が推定でき、教育支援法を工夫することができます。しかし、臨床症状を見ると新生児科医は、重度であることを宣告し、残存機能に目を向けてその教育的予後と手段を示さないことがほとんどであったと思います。トーキングエイドなど教育によって発達が顕著な例は、運動障害が強くて、外見上でから、強い脳機能サインを推測しにくい場合が多いと思います。, この脳画像は左から水平断(A)、冠状断(B)のT2強調画像、矢状断(C)のFLAIR画像です。かなりひどく障害されています。脳は、ごくの部分しか残っていません「この人の耳は聞こえるわけない」ほとんどの人は、そう思うでしょう。, しかし、私には異なって見えます。彼は、間違いなく音を聞いてよく理解している。どの位理解しているかわからないけども、十分に聞こえていることが、ここの画像に写っています。, 彼は、運動野の障害が強いので、自分から働きかけはできません。ですが彼の脳は、ちゃんと音を解析的に聞いているのです。そういった重要なことがこの画像でわかります。左の前頭前野⑦も頭頂葉⑧も、海馬⑩も残っているので、ワーキングメモリーの働きを引き出すことができるかも知れません。実際にこの子は、食事を口から取っており、摂食行動を本人の意思の表出と考えることもできます。, 脳の学校(KatoBrain Co.,Ltd.) 「異常信号」ってなんすか?! 最近では、3テスラのMRIが脳画像撮影の主流になりつつあります。, テスラの強さは特殊なので、ざっと計算してみると、MRIは、肩こり治療に使う磁石の強さの約225倍もの力を持っています。, 200倍の磁石というと、1kgの鉄の塊を吸いつけるか、200kgの鉄の塊を吸いつけるかの大きな違いです。, MRIがどうして銀色の仰々しい扉で特別な部屋に入れられているかというと、MRIのドーナツの中の磁場より、MRI装置の周りの磁場が鉄の塊を動かすほど強いので、磁石によって金属などを引き寄せる磁力を遮断するシールドルームが必要だからなのです。, 実話として、加藤俊徳医師が4テスラの装置で脳研究していたころ、MRI装置から10メートル以上も離れていた机上では、2センチほどの金属クリップが離れて見えないMRI装置の方向を向いて立ち上がりました。クリップを3つほど触れさせてみると、フックしなくても簡単に繋がりました。朝、研究所の机に行くと、いつもこのクリップたちが立ち上がって待っているのでした。, これ以上の磁石の話は、物理や数学の話になってしまうので触れませんが、脳を撮影するデジタルカメラは、このような磁石がつくる磁場によって撮影されているものなのです。, MRIで映し出す水分とは、水素原子核(プロトン)という物質です。 q 脳MRI検査の結果について質問します。 41歳主婦です。左の脳に白い影が. 磁気共鳴現象とは、簡単に言えば、磁石の力が支配する磁場に置いた物質に、ある特定の周波数の電波をあてると原子が共振する現象のことです。物質によって共鳴するものが違うので、これを利用して画像化する方法です。, 当時はまだ、磁気共鳴現象を使ったNMR(nuclear magnetic resonance)化学分析装置によって、物質の化学分析をしている時代でしたが、ローターバー博士は、この原理を使って生体の画像化に取り組みました。この一人のパイオニアの試みが、今では全世界に広がっています。NMRによる生体の画像化が確実に成功を収めてくると、生体を撮影する装置を特にMRIと呼ぶようになったわけです。, 左に示した脳画像は頭部を地面に水平に撮影した水平断像MRIと呼ばれています。右に示したCT画像は、ほぼ同時期の同一人物のものす。, ふたつの画像を比較すると、MRIでは、頭蓋骨と脳実質の間に白く映し出されている脳髄液の領域が判別できますが、CTでははっきり区別できないことがわかります。, そして、脳実質を見るうえでもっとも大きな違いは、MRIでは「大脳皮質」と「白質」の境界が明瞭に描出されていることです。「皮質」は大脳の表層にある神経細胞の集まりで、思考の首座と考えられています。一方「白質」は皮質の下にある神経繊維の束で、いわば情報を運ぶブロードバンドの役割をしています。, こうして「生きている脳」の内側の構造は、ぼんやりとしか見えていなかった時代から、実際に脳解剖を見ているかのような鮮明さで見える段階に進歩しました。また、脳の病気の部分と健康な部分も、明確に区別できるようになりました。, MRI撮影は実に便利で、両耳に並行に撮影する冠状断像や前後の方向に撮影する矢状(しじょう)断像のように、見たい方向を選んで撮影することもできます。, MRIの矢状断像によって前葉と後葉に分かれて異なったホルモンを分泌する脳下垂体の実質が映し出されるようになりました。エックス線写真では、「トルコ鞍」の外形しか見えなず、CTでも脳下垂体の実質の描出は、困難でした。, 最近では、三次元撮影として3D-MRI撮影法も汎用され、脳の構造をどの角度からでも再構成して詳細に調べられるようになっています。, こうして、CT撮影では制約のあった脳の構造撮影が、MRIではいとも簡単に、自由自在に得られるようになりました。現在では、おおよそ1ミリメートル程度の脳病変も検出することができます。, またMRIは磁石を用いるので、放射線被曝の問題も解消されました。そして、磁石の強さを強くするほど短い時間で鮮明な脳画像が得られることが分ってきました。, 磁石の強度はテスラという人の名前から取って、単位をテスラ(T)としています。当初一般に病院で使われてきたMRIの磁場の強度は、0.5テスラや1.5テスラでした。, しかし、1990年代後半に入ると、加藤俊徳医師が1995年から2001年まで在籍していた米国のミネソタ大学MRI研究センターなどでは、4テスラや7テスラのMRI装置が研究用として稼動し始めました。, これら特殊研究施設でのMRI装置の研究成果や、コンピューター機能の向上、磁石をシールドする技術の進歩などにより、21世紀に入った現在では3テスラMRI装置が臨床医療現場に応用されるようになっています。, このように現在では、頭蓋骨を見るためにはエックス線とCTが有効ですが、脳の実質を詳細に把握するためには、MRIが不可欠のものになっていまます。, 最近のデジタルカメラには白黒で撮ったり、フルカラーで撮ったりと色々なタイプの写真を撮ることができる機能があります。, それはMRIも同じで、目的に応じて撮り方を変えることができます。普段私たちが見かけるMRIの画像は白黒の写真のようだと思います。これは、液体部分が白く、脳の細胞部分が灰色、または黒くなるように調節された画像なのです。, 特に黒く映っている部分は、主に細胞と細胞を結んでおたがいに連絡が取り合えるようにしている神経線維のようなものです。画像で見ると枝のようになっているのがわかります。そこで私はそのような線維が脳に広がっている様子を枝ぶりに例えています。, 脳のMRI画像をみると、たまに白い点々が散らばっていたり、ある部分が一面真っ白だったり、脳の形が一部分だけいびつだったりすることがあります。 形が変わる場所は、私が脳の枝ぶりと呼んでいる白質(はくしつ)という部分と、神経細胞が集まっている皮質の部分で、合わせて脳番地と呼んでいいます。, 脳のMRI画像から細かく読影すれば、その人の得意・不得意能力や性格、生活環境、しいては、今後の方針まで導き出すことができるのです。, ご存じのように、私たちの脳は神経細胞のかたまりです。ところが一言で神経細胞のかたまりと言っても、脳全体が同じ種類の細胞で出来ているという訳ではありません。, 脳表面だけでも、ある部分にはある種類の神経細胞が多いなどと、見た目や成長段階の異なる神経細胞がいくつかの群れを作って一つの脳を作り上げているのです。, MRIにとってそのような神経細胞はとても小さいので、ひとつひとつの神経細胞の形まで見分けることができません。