4 健康診断書が就活に影響を及ぼすことはない. 転職活動において、最終面接前や内定後には、健康診断書の提出を求められることがあります。初めての転職の場合、「どのように健康診断書を取得すればいいのだろう?」「健康診断書は合否に影響するのか?」など、不安になってしまうことがあるかもしれません。 応募書類の添削や面接対策はもちろん、自分一人では気づかない最適な求人に出会える可能性が高まります。, 従業員の健康状態を把握しておく必要性を感じている会社の場合、健康診断書の提出を求められることがあります。その場合に、何をどうやって準備すればよいのか、確認していきましょう。, まず、健康診断書とは何かというと、現在の健康状況の診断書で、健康診断を受けた後に発行される書類です。健康診断書とは似たようなもので、健康診断証明書という書類もあります。, 健康診断証明書は、定期健康診断で得られた所見を元に、保健管理センターが発行する証明書のことを指します。対応方法が異なるため、提出を求められた場合は、念のためどちらの書類なのかを確認しましょう。, 新卒の場合は、大学の年度初めに健康診断が実施されており、大学の窓口などで比較的簡単に発行することができます。費用も数百円程度なので、負担も軽いですね。提出を求められた場合は、最新のものを提出します。複数の企業から提出を求められる場合もあるので、数枚ストックを持っておくと、スムーズに対応できると思います。, 企業によっては、コピーでもOKという場合もありますが、基本的には原本を提出しましょう。健康診断書は、あなたの重要な個人情報です。そのため、原本の提出を求められることが多いです。, 新卒の人が大学の窓口で発行する場合は数百円で発行できますが、それ以外の場合は、1枚あたり500円~2,000円程度が必要になるようです。, また、有効期限が厳密に決められているわけではありませんが、一般的には3か月以内に発行されたものを有効としています。企業は、今のあなたの健康状態を把握するために提出を求めるわけですから、1年以上前のものを提出することはしないようにしましょう。, 大学の窓口などで簡単に発行できる新卒と違い、既卒や第二新卒の場合は、基本的には自ら健康診断を受ける必要があります。そのため、健康診断の予約から健康診断書の発行まで、自分で対応する必要があるので、流れと注意点を確認しておきましょう。, 検査内容については、企業側から指示があることもあります。その場合は、指示に従い、病院にも対応可能か確認し、検査依頼をしましょう。, 追加料金がかかる場合もあるので、費用面も併せて確認しておきましょう。特に指示がない場合も、念のため検査内容について確認しましょう。書類の提出後、情報が足りないと指摘を受けたら、また検査を受けなければならなくなり、二度手間になるからです。, 特に指定のない場合は、雇入時健康診断(一般的な健康診断項目)の項目に則って検査を受ければ問題ないでしょう。, 労働安全衛生規則第43条では、事業者が労働者を雇う時に、労働者に対して雇入時健康診断を行うことを義務付けています。検査項目は11種類あり、検査項目の省略は禁じられています。, なお、雇入時健康診断の目的は、入社時の適正配置、入社後の健康管理に役立てることにあります。, 雇入時・定期健康診断時に必須の検査(問診)です。今までに罹った疾患や業務歴(健康への影響があり得る過去の業務)の有無に併せ、現在の健康状態も調査します。, 雇入時・定期健康診断時に必須の検査(問診)です。自覚症状(自分自身が病気かな?と思う症状)と他覚症状(医師の所見によって確認される症状)を検査します。, 雇入時・定期健康診断時に必須の検査(体重・視力・聴力)です。身長については、20歳以上は医師の判断により省略可能です。定期健康診断においては、腹囲は下記の場合に限り、医師の判断により省略可能です。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、40歳未満で下記に該当しない場合、医師の判断により省略可能です。肺炎や肺がんなど、胸の疾患の有無を調べます。, 雇入時・定期健康診断時に必須の検査です。動脈と心臓に関する疾患が発症するリスクを確認するために行います。高血圧は成人病のリスクが増大します。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、40歳未満の人(35歳を除く)は、医師の判断により省略可能です。貧血の有無を調べます。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、40歳未満の人は医師の判断により省略可能です(35歳除く)。肝機能障害を把握し、就業上の措置などを行うことを目的に実施します。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、40歳未満の人は医師の判断により省略可能です(35歳除く)。動脈硬化の原因となる高脂血症を把握するために行います。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、40歳未満の人は医師の判断により省略可能です(35歳除く)。検査結果は、主に糖尿病の診断に用いられます。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、35歳未満、36~39歳の人は、医師の判断により省略可能です。心臓の異常などを把握するために行います。 ("naturalWidth"in a&&"naturalHeight"in a))return{};for(var d=0;a=c[d];++d){var e=a.getAttribute("data-pagespeed-url-hash");e&&(! 診断書の提出が義務付けられていると、面倒で仮病を使って休む人を減らせるかもしれませんね。今まで必要なかったのに急に診断書の提出を求められたなら、もしかしたらズル休みをしている人が多かったのかもしれません。 Copyright© 採用バンク | 首都特化型採用メディア , 2020 All Rights Reserved. この記事では、転職活動中の健康診断書の取得方法や転職活動の際になぜ健康診断書の提出が求められるのか、提出した健康診断書の内容によって、採用の合否に影響があるのか等について解説していきます。, 特定社会保険労務士・産業カウンセラー ただし、転職先の会社指定で受診場所を決められた場合は、その指示に従いましょう。, 前職で健康診断を受診している場合、3か月以内に健康診断を受けた項目については、その結果を提出することも可能です。なぜなら、雇入れ時健診と会社で実施する年1回の定期健康診断は、検査の項目が同じだからです。 診断書の拒絶には正当な理由がある」と認定した先例があります。(大阪高裁昭和61.1.30判例 タイムズ589号108頁) ② 診断書の修正要求 医師は自らの医学的判断に基づいて診断書を作成すべきものであり、患者の要求に応じて書き換 5 会社に提出する診断書の様式について 6 持病があって働くのが苦痛な場合診断書を会社に提出しないとだめですか? 今では「サイヨ牛ケンくんは採用試験のプロ」と呼ばれるまでに至った。.