小児の場合は、適切な治療を行えば再発しないことが多いです。一方、大人の場合は非行通性・交通性ともに再発することが多々あります。, 再発は、精巣上体炎などの炎症性疾患や外傷、心不全や腎不全など体内に水分が過剰に溜まりやすい病気などを罹患した時に引き起こしやすいとされています。, 幼児の陰嚢水腫は、成長とともに自然消滅することがあるため経過観察が一般的です。ただし、鼠径ヘルニアと一緒に起こっている場合は、早期に手術が必要になる場合があります。陰嚢部分が大きくなっていると感じたときは、必ず病院を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。. 陰嚢水腫とは、鞘膜という袋状の組織に体液が溜まり陰嚢が大きくなったり左右差が見られる病気です。この記事では、陰嚢水腫の治療法について解説しています。 陰嚢水腫は大人と子供で原因や治療法が違ってくるので、正適した治療を受けられるようにきちんと理解しておきましょう。 陰嚢水腫とは精巣の周囲に液体がたまって陰嚢(いわゆるたまのふくろ)がふくらんだ状態を言います。生まれたばかりの男の赤ちゃんでは比較的高頻度に認めます。 しかし、人間にもタマ袋(陰嚢=いんのう)が大きく腫れて見える「陰嚢水腫」という病気があります。炎症を起こして腫れているわけではありませんので、痛みもなく、命に関わることもありません。 陰嚢腫脹の検査の際、その原因は精巣腫瘍か陰嚢水腫がほとんどであり、両者は超音波で容易に鑑別できる。 また炎症性の病変を疑っている場合や精巣回転症(睾丸捻転)ではカラードプラ法が有用であるが、必ず対側と比較して評価する。 All Rights Reserved. 陰毛水腫を根本的に治癒するためには手術が必要です。, 手術では、通常は腰椎麻酔下で液体のたまった鞘膜を切除しますので、3~5日の入院期間が必要になることが一般的です。, 子供の場合では、2〜3歳までは自然治癒する傾向があるので経過観察します。 ‚é‚ÆŠmŽÀ‚Å‚ ‚éB, “à•”ƒGƒR[‹Ïˆê‚È’áƒGƒR[ŽîᎂƂµ‚Ä•`o‚³‚ê‚Ä‚¢‚éB³í‚̐¸‘ƒ‘gD‚ª•Ó‰•”‚ÉŽc‘¶‚µ‚Ä‚¢‚éB, “à•”ƒGƒR[‹Ïˆê‚È•ª—tó‚Ì’áƒGƒR[Žîᎂł ‚邪A”÷¬‚ȐΊD‰»‚𖳐”‚É”F‚ß‚éB, seminoma‚Ƃ͈قȂèA“à•”ƒGƒR[‚Í‚â‚⍂ƒGƒR[‚ŁA”X–Eó•Ï«‚à”º‚Á‚Ä‚¢‚éB, “à•”ƒGƒR[‹Ïˆê‚È’áƒGƒR[ŽîᎂƂµ‚Ä•`o‚³‚ê‚Ä‚¢‚éBSeminoma‚Ƃ̊ӕʂ͍¢“ï‚Å‚ ‚éB. 針吸引は施術が容易で短時間で済むというメリットがありますが、効果は一時的であり、再度水分が溜まってしまうリスクが高いと考えられています。 陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)とは、睾丸(こうがん)を包み込む陰嚢(いんのう)に水がたまり膨張した状態をさします。こうしたことは新生男児によくおこります。貯まっているものは腹水とよばれる水で、痛みもなく、命に関わることもありません。 信楽焼のタヌキの置物があると、大きくダラリと垂れた“タマ袋”につい目が行ってしまいます。お金が貯まる金運を表しているようですが、あまり格好がいい姿とはいえません。 しかし、人間にもタマ袋(陰嚢=いんのう)が大きく腫れて見える「陰嚢水腫」という病気があります。炎症を起こして腫れているわけではありませんので、痛みもなく、命に関わることもありません。タマ袋の中に何がたまって大きくなるかといえば、「腹水」と呼ばれる水(体液)です。 特に乳幼児によく見られる病気ですが、大人になってから発症する場合もあります。乳幼児に見られるのは、先天的(生まれつき)に起こるタイプの陰嚢水腫です。 男性の睾丸(こうがん=精巣)は、胎児の頃はおなかの辺りで形成されます。それが下降して腹膜の一部とくっついて、徐々に股の付け根の方に移動していき、陰嚢の中に納まります。正常なら睾丸によって引っ張られた腹膜は突起状になって閉じますが、それが閉じずに交通路が残ってしまうと腹水が流れ込んで陰嚢にたまるのです。これを「交通性陰嚢水腫」と呼びます。, 性感染症専門医療機関「プライベートケアクリニック東京」院長。日大医学部卒。医学博士。日本性感染症学会(功労会員)、(財)性の健康医学財団(代議員)、厚生労働省エイズ対策研究事業「性感染症患者のHIV感染と行動のモニタリングに関する研究」共同研究者、川崎STI研究会代表世話人などを務め、日本の性感染症予防・治療を牽引している。著書も多く、近著に「性感染症 プライベートゾーンの怖い医学」(角川新書)がある。. 精巣捻転は、急性陰嚢痛および腫脹を訴える患者には考慮しなければなりません。精巣捻転は、捻転の期間が長くなるにつれて精巣の救助の可能性が低下するため、外科的緊急事態です。精巣付属器の捻転、精巣上体炎、外傷、ヘルニア、陰嚢水腫、精索静脈瘤、シェーンライン・ヘノッホ紫斑病などの精巣捻転を模倣する可能性のある状態は、通常、即時の外科的介入を必要としません。急性陰嚢症の原因は通常、慎重な病歴、徹底した身体検査、適切な診断テストに基づいて確定できます。症状の発症、 … しかし、生まれたばかりの頃は体の作りが未熟なため、精巣を包む膜と腹膜が完全の閉じ切っておらず、お腹の中の水が陰嚢に流れて溜まることがあるのです。, ほとんどは一歳頃までに完全に閉じ切るため自然に治りますが、隙間が大きな場合は自然に治ることはなく手術が必要になることもあります。, 大人で見られる陰嚢水腫は原因がはっきりわからないことが多いですが、なかには精巣がんなどの重篤な病気が隠れていることがあるので、痛みなどの症状がない場合もできるだけ早く病院を受診するようにしましょう。, 鞘膜が閉じた後、水分が体に吸収されなかったことによっておこる病態で、大人に見られます。 水の生成と吸収の平衡が崩れることで発症し、水腫の大きさも変動します。陰嚢に残った水分は、1年以内に体内に吸収されることが一般的です。, 漿膜からの浸出液が水腫の原因なので、手術法では大きくなっている鞘膜の切除が必要です。陰嚢を水腫の大きさによって3~5cm切開し、そこから精巣を包む水腫を切開して、内容液を排出します。, 水腫壁は切除し反転縫合し、内容液がたまらないようにします。非常に大きい水腫があるときなど浸出液が大量に出ること予想される場合は、廃液するために細い管(ドレーン)を留置することもあります。, 睾丸の周囲の鞘膜が完全に閉じていないことでおこる病態で、幼児に多く見られます。 立位時または腹内圧上昇時には腹水で満たされ、横臥時に空になります。不完全な閉塞が、水分が入る原因になります。, 手術は、腹腔内と交通している管を切断し、漿膜腔への腹水の流入を防ぐことを目的とします。鼠径部を3~4cm切開し、鼠径管(おなかの中から陰嚢内に通じている血管、精管、漿膜が通る道)を切開し、水腫と交通している鞘状突起を切断し、腹水の水腫への流入を止めます。交通性の陰嚢水腫では水腫壁の切除、摘出は行いません。, まれではありますが、術後、切開して部位に感染が起こる可能性があります。この場合は抗生物質の投与を行い、膿んでしまった場合は傷を開いて膿を排出するなどの対策がとられます。, 陰嚢内血腫が生じた場合は再手術を必要とすることがあります。また精巣が委縮する危険性も皆無ではありません。必要に応じて不妊治療を行う場合もあります。, 陰嚢水腫はライトなどで陰嚢に光を当てると透けて赤く見える特徴があるため、陰嚢の腫れやライトによる透けなどから容易に陰嚢水腫の可能性を疑うことは可能ですが、診断のためには陰嚢内に腸管や脂肪などが存在しないか確認するために超音波検査を行います。, また、大人の陰嚢水腫は上述した通り、精巣がんなどの病気が背景にあるケースも珍しくないため、CTやMRIなどの画像検査や腫瘍マーカーの有無を調べるための血液検査などを行うことがあります。, 大人の場合は針吸引を行うこともあります。 性で,右側が630ml,左側が900mlであった.巨大陰嚢水腫は,本邦では自験例を加えて21例が報告されている. キーワード:巨大陰嚢水腫,成人,陰嚢腫瘤 図1 術前の陰嚢部所見 VOL.16NO.1 MARCH2011 両側巨大陰嚢水腫の1例 41 手術は全身麻酔下で、大人と同様に鞘膜を切除しますが、交通性(下記で詳しく解説)のことが多いので陰嚢ではなく鼠径部に横約2cmを切開します。, 陰嚢水腫は再発することがあります。 2018/1/15 記事改定日: 2020/7/14 記事改定回数:3回, 陰嚢水腫とは、鞘膜という袋状の組織に体液が溜まり陰嚢が大きくなったり左右差が見られる病気です。この記事では、陰嚢水腫の治療法について解説しています。 漢方で陰嚢水腫などの体内に溜まった水を抜く治療の症例。一般的に処方される五苓散ではほとんど効かないので、大腹皮や灯心草などの生薬が入った丸剤での治療を行っている。ただし、手術を行う方がよい場合は手術をお勧めしている。 これは落ち込んだ腸がお腹に戻らないと、痛みに加え、腸閉塞を起こす危険性があるためです。, 3〜4歳以降では、大きくなって本人が気にしたり歩きづらいと感じてる様子がみられる場合に手術が検討されます。 Copyright © Nikkan Gendai. 陰嚢水腫は交通性、非交通性と2種類あります。 交通性 これは小児に多いです。 通常お腹と陰嚢はその間に壁があってつながっていないのですが、まだ発育が不十分でつながっているため、お腹の水が陰嚢内に貯まってしまい起こります。