ですから、白髪というのは、混ざるべき色素が足りないことで起こる現象といえます。 アンダーヘア(陰毛)に白髪が生える原因 . 髪の内部には、髪のしなやかさを保つ水分や髪色を支える色素が豊富に含まれています。そのため、髪の内部の繊維が外側に露出すると、水分や色素が流れ出してしまい髪質が悪くなります。 一般的に、陰毛の白髪は40歳代になってから生えてくることが多いですが、早い人は10代~20代の若いころに陰毛に白髪が生えてくることもあります。 髪や体毛は遺伝的要因が大きいと言われており、20~30代で白髪が多い場合は加齢だけでなく遺伝的に白髪になりやすい体質である可能性が高くなります。 コルテックス(毛皮質)1 […], ヘアクリームを使うとき、ヘアオイルやトリートメントと同じような使い方をしていると髪がベタついたり毛穴詰まりを起 […], なぜ髪の毛がべたつくのでしょうか。このべたつきは放置しても大丈夫なのか、気になる方もいると思います。そこで今回 […], 「髪が細くてボリュームがない…」とお悩みではありませんか?気がつくと髪の毛が細くなっていたという時、どう対策し […], 薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!, 抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!, 頭皮・フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!, ミノキシジル大学の基礎情報などみなさんの疑問などが解決できるようドクターが解説します!. 公開日:2014/07/03, のような症状のサインだという噂がネット上などの口コミでいわれています。結論からいうと、アンダーヘアの白髪が直接的に上記のような病気の前兆となることはありません。, 髪の毛に若白髪ができる=病気ではないのと同様に、アンダーヘアも、白髪が生えてきたからといって、それが病気のサインということはありません。, また、髪の毛には白髪がないのにという場合も同様で、髪の毛に先に白髪が出る場合もあれば、アンダーへアの方が先の場合もあるため、アンダーヘアだけに白髪があるからといって、過剰に心配しなくても大丈夫です。, 実は、できた瞬間の毛は、もともとは白い毛です。髪の毛がつくられていく過程のなかでメラニン色素が混ざっていくため、毛穴から生えるときには色がついているのです。ですから、白髪というのは、混ざるべき色素が足りないことで起こる現象といえます。, 髪の毛と同様、毛に色素が正常に含まれなくなる原因には、以下のようなものがあります。, メラニン色素を作るときに必要な酵素・チロシナーゼは、加齢とともに体内から減っていきます。チロシナーゼが足りなければ、どれだけメラノサイトが健康なままであったとしても、スムーズにメラニン色素を作り出すことはできなくなってしまいます。, 白髪は食生活とも関係があります。健全にメラニンが作られるためには、ミネラルやアミノ酸、ビタミンなどが必須です。特にミネラルは、チロシナーゼが働くためには欠かせない栄養素です。, 不規則な生活や睡眠不足は、自律神経のバランスを乱します。自律神経は成長ホルモンの分泌や全身の血行などもコントロールしていますので、自律神経が乱れると新陳代謝や血行が悪くなり、白髪の原因となります。, 白髪の原因としてはストレスもよく知られているでしょう。ストレスも自律神経の乱れを招くため、髪や体毛にダメージを与えることになります。, 胃腸疾患や甲状腺疾患といった一部の病気では、白髪を増やす場合があります。また、薬の副作用で白髪になることもあります。胃痛など、他の症状と併発して急に白髪が増えたという場合には、このケースに該当する可能性があります。, アンダーヘアの白髪は、数本生えたからといって、特に心配する必要はありません。しかし、遺伝や老化以外では、なんらかの原因でメラニンが正常に作られなくなっているわけですから、もし上述した食生活や生活習慣、ストレスなどの問題があるようであれば、改善するように努めましょう。, 抜いても白髪は増えませんが、デリケートなパーツに太い毛が生えているだけに、毛嚢炎(もうのうえん)や埋没毛など、トラブルが発生することがあります。, 気になる場合は、はさみなどでカットするか、なるべく添加物の入っていないデリケートゾーン用の毛染めなどを使い、染めるようにしましょう。, クリニックなどでのレーザー脱毛は、メラニンに反応するため白髪をレーザーで永久脱毛することはできません。毛穴に針(ニードル)を差し込み、電流を流して行う脱毛方法を選択する必要があります。, ニードル脱毛は、一般的にレーザー脱毛よりも時間もコストもかかる場合が多いので、将来的にアンダーヘアの白髪が気になるようであれば、白髪になる前にVIOのアンダーヘアを脱毛しておき、なるべく白髪になる毛を減らしておくとよいでしょう。. 理由はわかりましたが、安心はできません。と言うのも、この状態は髪にひどいダメージが蓄積されている証拠であるからです。, 髪の内側の繊維質が外側へ露出する主な原因として、外部からの直接的なダメージが考えられます。紫外線によるダメージやドライヤーやヘアアイロンの熱などが髪に加わると、その影響で髪の表面が剥がれてしまうからです。 化粧品・サプリメント・健康食品・専門医師監修によるクリニック専売品などのオリジナルエイジングケアプロダクツの研究開発及び製造・販売・卸業務。 亜鉛はタンパク質を髪の主成分であるケラチンに変えるために必要不可欠です。 亜鉛は生牡蠣や豚レバーなどに多く含まれていますが、通常の食生活ではなかなか摂れず、不足しがちです。亜鉛を効率よく摂取するにはサプリメントを活用しましょう。, 毛先だけ白い髪の毛や、白い部分が見える髪の毛に気づいたら、まずは軽く擦ってみましょう。擦っても落ちないならばそれは髪のダメージにより内側の繊維質が飛び出したものです。直すことはできないのでカットし、髪のダメージを意識的に予防しましょう。具体的には紫外線対策やバランスの良い食生活を心がけることで髪のダメージ軽減を期待できます。とくに不足しがちな亜鉛はサプリメントで補って、健康的な髪の成長を目指しましょう。, ○事業内容 エイジングケア分野のNPO法人・研究団体の活動を支援するとともに、専門医師・大学機関との共同研究を通じ、研究・開発を進め商品を製造。, シャンプー剤を使わずにお湯だけで髪を洗う、通称「湯シャン」は、皮脂の量が多いときや、ワックスなどの整髪料を髪に […], 目次 1. この中で重視してほしいのは亜鉛です。なぜなら、髪に必要な栄養素のうち、最も摂取しにくい成分であるからです。 また、部分的に破損している状態ですのでトリートメントの補修効果も期待できません。対処方法としては白くなっている部分より少し毛根寄りの部分でカットするしかありません。, できてしまったあとの対処方法は切るしかありませんので、「今後できないようにするには」と予防に目を向けましょう。, カラーやパーマ、ブリーチは頻度を抑えて、また施術後のヘアケアでダメージを軽減しましょう。 紫外線は外出時に帽子をかぶる、炎天下で外に出ないなどの工夫で対策しましょう。 また、先に挙げた直接的ではないダメージ要因については、それぞれの問題点にあわせた対処で予防効果を期待できるでしょう。, 食生活の偏りを解消すること、またダイエットや減量時にはふだんよりもさらに栄養バランスへの配慮を心がけましょう。少し後で詳しくご説明します。, 加齢に逆らうことはできませんが、加齢による悪影響には予防を試みることは可能です。紫外線対策やバランスのよい栄養補給で加齢による髪のダメージを軽減できるでしょう。, ストレスは溜め込まず、また発散する方法を見つけましょう。ストレスによる悪影響は主に血行不良です。適度な運動はストレス発散にもなり、同時に血行促進も期待できるのでおすすめします。, 実は髪をいたわるヘアケアもダメージの原因のひとつです。髪は熱だけでなく摩擦によるダメージにも弱いので、髪を洗う際やタオルで拭く際にゴシゴシと擦ると髪同士が傷ついてしまいます。髪の状態を良好に保つためには、キューティクルへのダメージをいかに減らすかが重要です。シャンプーをする時や、タオルを使う時は髪同士を擦らないように注意しましょう。 一方、どれだけ配慮してもキューティクルへのダメージを完全になくすことはできません。ですがトリートメントやコンディショナーを使うことでキューティクルの傷を補い、髪の内部にある水分や色素が失われることを防げます。, 毛先が白くなる現象を予防するために、最も効果的なのは適切な栄養を摂取することです。 ふと鏡を見たら、髪の毛先だけが白くなっていたり、髪に白い点が見えたりといった症状に気づいたことはありませんか。 指で擦ってもとれない、明らかに髪の毛が白くなっている状態であれば、それはワックスや汚れの付着ではなく髪が傷んでいるサインです。 なぜこんな症状が起きるのか、どう対策すればいいのかを紹介します。, 髪に出る白い点のような部分の正体は、髪の表層の保護膜であるキューティクルを突き破って出てきた、髪の内側の繊維質です。 髪の毛と同様、毛に色素が正常に含まれなくなる原因には、以下のようなものがあります。 (1)老化による酵素・チロシナーゼの減少. 髪に出る白い点のような部分の正体は、髪の表層の保護膜であるキューティクルを突き破って出てきた、髪の内側の繊維質です。 髪はケラチンというタンパク質の繊維がいくつも重なった束状に形成されています。この繊維がちぎれてしまうと、束状のまとまりを失い、繊維がキューティクルの外側に飛び出すことがあります キューティクル(毛表皮)1.2. ○研究開発・製造 ダメージがひどくなると、繊維が光を反射して毛先が白く見えるようになります。 髪質、髪の硬さは何で決まるの?1.1. 更新日:2018/02/06 髪はケラチンというタンパク質の繊維がいくつも重なった束状に形成されています。この繊維がちぎれてしまうと、束状のまとまりを失い、繊維がキューティクルの外側に飛び出すことがあります。この部分が白く見えるのが、毛先や毛の途中が白くなる理由なのです。 なお、一度傷ついた髪を元通りに修復さすることはできないので、髪をきれいに伸ばしたい人は髪をダメージの原因から遠ざける必要があります。, 紫外線やカラーリング、パーマ、ブリーチなどは髪を傷める原因になりますが、これらの直接髪に作用する原因以外でも、髪へのダメージは起こりえます。 代表的な原因としては栄養不足や加齢、ストレスなどが考えられます。それぞれについて確認しましょう。, ふだんの食生活で栄養の偏りがあるとき、また過度なダイエットや減量によって必要な栄養素が足りないとき、髪を保護する層、キューティクルが薄くなります。キューティクルが薄くなった髪はダメージに弱くなり、髪の繊維も飛び出しやすくなります。, ストレスは血管を収縮させ、血行不良を招きます。血行不良になると血液を介して全身に栄養を行き渡らせるはたらきが鈍り、髪をつくる頭皮内の毛根にも必要な栄養素が届きにくくなります。栄養素が届かなくては髪もうまく成長できず、細く弱々しい髪が伸びる原因になります。, 髪のダメージの結果、というと「ケアをすれば直るのではないか」と考えるかもしれませんが、伸びて外に出ている髪の毛は既に死んでいる細胞です。死んでいる細胞を回復させることはできないので、髪の繊維質が露出してしまった部分も直すことはできません。 髪にとくに必要な成分は、タンパク質、ミネラル(亜鉛)、ビタミンの3種類があります。 白髪とは限らない!白い毛先の正体とは .