電子マネーの種類別に利用率を見てみると、交通系電子マネーの利用率には地域差が大きく出ています。関東地方では半数近くが交通系電子マネーを利用している一方で、四国では16%台にとどまっています。 消費増税とポイント還元の恩恵を受け、電子マネーの利用率も1年で2割増加し60%に。今回は「決済動向調査」から、日本のキャッシュレス化とqrコード決済の状況に関する結果を紹介します。 ... 性・年代別qrコード決済アプリ利用率. 最もキャッシュレス比率が高かったのは、ネットショッピング・通販で、88.3%がクレジットカード、デビットカード、電子マネーによって支払いが行われています。, 電子マネーの種類別に利用率を見てみると、交通系電子マネーの利用率には地域差が大きく出ています。関東地方では半数近くが交通系電子マネーを利用している一方で、四国では16%台にとどまっています。, 年代別にみると、クレジットカードは若年層の利用率が低い一方で、デビットカードの利用率は高い結果でした, 本データは、2018年10月に実施したクレジットカード大規模調査において、決済手段の利用状況について聴取したものとなります。 昔に比べてクレジットカードの種類はかなり増えました。またデビットカードや電子マネーといったキャッシュレスで買い物できる仕組みが普及している現在、現金を持ち歩かなくても問題ない時代になってきています。, そんな中、クレジットカードブランドJCBがキャッシュレス化に対する実態調査を実施し、その結果を発表しました。, 質問の回答で「非常に当てはまる」「やや当てはまる」と答えた人の割合を合計しています。, 年代によってばらつきがあるものの、男性は30代、60代で約半数がキャッシュレス化している、と答えています。下でとりあげますが、クレジットカードの割合が多く、続いて電子マネーとなっています。ただ、最近はプリペイドカード利用率も急上昇しているようです。, 女性は男性ほどではないにしても、おおむね3人に1人はキャッシュレス化していると思っているようです。スマホシェアで圧倒的1位のiPhoneも最新モデルで電子マネーに対応してますし、特に女性人気が高いiPhoneで利用者が増えればさらにキャッシュレス化が進みそうです。, デビットカードやプリペイドカードのように前払い式の決済手段を使っている人が半分以上となっています。クレジットカードのような後払い式のほうが少ない結果に。, キャッシュ以外の支払い方法では未だクレジットカードが一番多いんですが、回答者の答えは前払い式をよく使っている、と。矛盾が発生してますね(汗)。比較的新しい電子マネーやプリペイドカード払いではなく、昔から使っているクレジットカードはキャッシュレスのイメージじゃないと感じているのかもしれません。, 1位はクレジットカード。電子マネーの利用者が約半分と迫ってきていますが、まだまだ決済手段としてはトップを維持しそうですね。, 日本では早くから対応していたおサイフケータイ対応端末で支払う人が多いですね。続いて電子マネーが2位。ただし、前払い式でチャージが必要なことから利用金額は低めです。コンビニなど小額決済でよく使われるようです。, それに対してクレジットカードは金額が大きめ。高額商品購入時に使う人が多い傾向です。, 以前クレジットカードが一番利用される決済方法ですが、電子マネーやプリペイドカードの伸び率からすると、いずれ逆転されるかもしれませんね。, クレジットカード会社のスマホアプリで利用状況をチェック!主なポータルアプリ6種を紹介. *本セミナーは終了しました* イプソスでは、行動科学をマーケティングに活用する事例とアクティベーションワークショップをご紹介するセミナーを実施いたします。, 今回のイプソスセミナーでは、従来のセグメンテーションにソーシャル・リスニング、画像解析を取り込んだ新しいセグメンテーションへのアプローチ、及び、刻々と変化するオムニ・チャネルにおける消費者のジャーニー(path to purchase)を捉える新しいショッパー調査のアプローチをご紹介いたします。.

イプソスは様々な決済手段の利用状況についての大規模調査をオンラインアンケートにより実施しました。, イプソスは227,059名に対して、クレジットカード、デビットカード、電子マネーと現金の利用実態について、オンラインアンケートを実施しました。, 年代別で支払い経験率(決済手段にかかわらず、支払いを行った経験)を見てみると、コンビニエンスストア、ファーストフードでは若年層の経験率が高く、逆にスーパーマーケットや国内旅行は高齢者の利用が多くみられました。, スーパーマーケットやコンビニエンスストアで支払いが最も多かったのは、現金でそれぞれ45.0%、46.3%。コンビニエンスストアでは電子マネーの決済比率が高く、24.7%が電子マネーでの支払いとなっています。 多くの場所で、依然として現金が決済手段の中でもっとも使われている。特にドラッグストアやファーストフードでは現金の決済金額シェアは50%を超えている。, 一方、キャッシュレス決済が進んでいるのは、ネットショッピングと海外旅行で、いずれもクレジットカードでの決済金額シェアは3分の2を上回っている。, クレジットカードの20代の利用は低い一方で、デビットカードの利用率は20代が最も高い結果であった。. On September 29, join us for a look at the latest Global Business Influencers insights. イプソス金融チームは、消費者動向や日本国内外の金融サービスの利用状況などを幅広く捉え、エンドユーザーに対するサービスの改善を図る金融機関様に資する情報提供を行ってまいります。, 本調査のより詳細なデータや、この結果をもとにした深堀調査などにご興味のある場合は、弊社までご連絡ください。. 若年層リサーチ結果を発信する「 TesTee Lab 」にて、10代・20代 の男女1,290名 (10代男性316名、10代女性315名、20代男性318 名、20代女性341名)を対象に電子マネーに関する調査を実施しました。 支払い方法や電子マネーの所持率、利用されている電子マネーの種類など電子マネーに関する調査結果 … September 18 - Global Business Influencers make business decisions worth trillions of dollars and wield significant power when it comes to deciding how to manage and spend their personal wealth, representing the key to profitability for many industries, including B2B, finance, luxury, travel and others. 様々な決済手段の利用率. 性別や年代によってキャッシュレス化の実態にかなり差があるようです。 以前クレジットカードが一番利用される決済方法ですが、電子マネーやプリペイドカードの伸び率からすると、いずれ逆転されるかもしれませんね。 This blog is kept spam free by WP-SpamFree. 電子マネー「週に1回以上利用」は8割以上、年代別でも特徴あり。 ~「電子マネーの利用実態調査」~ 2007 年にPASMO とSuica の相互利用サービス開始され、今年で10 年目。日銀が2月に発表した電子マネーの決済金額は りそな銀行【AAdvantage VISA カード】の年会費、ポイント還元率、付帯保険、特典まとめ.