「電子帳簿保存法」とは、仕訳帳等の帳簿や請求書等の書類について、全部又は一部の電子データによる保存を認めた法律です。2020年分の個人事業主の確定申告からは、青色申告の最高65万円特別控除を受けるためには、e-Tax(電子申告)または、電子帳簿保存が必須要件になります。 帳簿データや国税関係書類のスキャン文書をセキュアに保管。人工知能(ai)を使った登録支援機能により、電子帳簿保存法への対応を支援し、税務申告や帳票運用コストを削減します。 経費精算システム「楽楽精算」は、公的に認められた電子帳簿保存法の対応ソフトです。スキャナ保存要件に対応したタイムスタンプ機能、一括検索機能など豊富な機能を揃えており、実際に電帳法での運用をしている企業の事例や、適用するメリットもご紹介しています。 ステム「楽楽精算」, 販売パートナーになりたい方はこちら. この「電子帳簿ソフト法的要件認証制度」とは、国税関係帳簿を作成・保存する電子帳簿保存法対応ソフトウェアの機能仕様をチェックし、jiimaが法的要件を満足していると判断したソフトウェアを認証す … 今回は電子帳簿保存法を適用して業務改善をしている企業の導入事例のご紹介です。 大企業からベンチャーまで、さまざまな会社が電子帳簿保存法やスキャナ保存制度を使って経理業務を効率化しています。 電子帳簿保存法対応ソフトを導入している企業は? DataDelivery(データデリバリー) は、電子帳簿保存法に対応可能な電子帳簿システムです。大量の帳簿データをオフィス内の端末からタイムリーに閲覧ができ、必要なデータも即時に検索が可能です。 ステムの環境構築。製品導入、テスト稼働, 操作方法、運用方法について学習, タイムスタンプ本番用に切り替え. 国税庁の「電子帳簿保存法関係」ページについて、令和元年7月1日付で大幅に内容の改定が行われました。 2019年4月26日 e-文書対応ソリューション『ScanSave』の製品ページをリニューアルしました。 電子帳簿保存法へ対応する場合、唯一、社員が負担に感じるのは「入力までの期限」かもしれない。電子帳簿保存法では、領収書の電子データ化は受領してから特に速やかに入力という「3日ルール」がある … 期保存する必要がなく、リプレース時のデータ移行コストを削減, 帳簿データだけでなく帳票もあわせて保存することができ、参照・検索により運用・監査の効率が向上, 機密性の高い文書もきめ細かいセキュリティ機能で安全に管理.