アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】, 学生のみなさんは、もうすぐ試験! 効率よく暗記する勉強法として話題なのが「青ペン暗記術」。ご存じの人もいると思いますが、実際に青ペンで何をすればどんな効果がでるの? そんな疑問を早稲田塾の創業者、相川秀希さんの著書『頭がよくなる青ペン書きなぐり勉強法』から探ってみました。, 青という色は興奮した気持ちを鎮めて落ち着かせる効果があります。興奮した気持ちで勉強をすると気が散って集中力が高まりません。しかし、青文字で勉強することで心が沈静し、リラックスした状態で集中することができ、記憶力が高められるのです。, 通常、勉強するときの文字は黒、強調したい部分は赤や蛍光マーカーなどを使う人が多いと思います。そうした配色に慣れていると青一色で書かれた文字は新鮮で印象に残るはず。とりわけ記憶したいものに対して、青字で書き連ねることが記憶力の向上につながると考えられています。, 1.青ペン→使いきった達成感を味わいやすいモノを選ぶ 青ペン暗記と組み合わせると最強の勉強法とは? 青ペン暗記法に限らず、世間では様々な勉強のテクニックが提唱されていますよね。でも考えてもらいたいんです。 どうすれば試験に1発で合格することができるのか。 それは、 理解が不十分のものをいきなり読んで覚えるのは中々ハードルが高いですから、一度目は手で書くことで、高い集中力をもって文章を理解します。, 2回目以降:テキストを見ずに口ずさむ ⇒ 詰まったり出てこなかったりしたらテキストを見る ⇒ テキストを見ずに口ずさむ ⇒ 覚えるまで繰り返し, なお、隙間時間は短いので、暗記は新しいものより一度暗記したことがあるものの方が良いです。, 鑑定士試験は黒以外に青色ボールペンも認められているので、せっかくなら普段の勉強の時から寒色系を使うのが効果的ですかもね!, 私が受験生の時、青色なら他より目立つので採点官にアピールになる?とかいう謎の噂を聞いたことがありました。, (私は普段から紺色のボールペン使ってたので、そんなことあるならそれはそれでラッキーかと思ってました笑), 良くはみだして論文を書いている人がいますが、即失格になるミスなので絶対止めましょう!, Youtubeとかで『記憶力 BGM』とか検索すると記憶力upや集中力up、海馬刺激を謳ったBGMがたくさんヒットします。, 仮倉庫にしまった情報を何回も使うと、その情報は大事なものと認識されて、長期記憶の倉庫へ移されます(もう覚えた状態になります)。, 受験当時は気休めでもないよりマシと思って、これらのBGMを流しながら勉強していました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, この記事は約5分で読めます。暗記のサポート記事は他にもありますので参考になれば幸いです。, 金融機関から不動産鑑定士になった猫好きなサラリーマンです。 まずはこちらからご連絡ください!, 勉強をする際に、なんでも「書こう」とする人がいるかと思います。数学や小論文などは、途中経過や推敲を大切にする科目です。そのため、書いて残しておかないと、どうしようもなくなってしまいます。しかし、暗記に関しては別です。暗記は、ノートに書いて記録をのこすことが目的ではありません。自分の頭の中の『記憶』にのこすことが大切です。そしてその『記憶』をうまく引き出し、利用することで、問題を解いていく。これが受験の鉄則です。なによりも前提となる知識を、頭の中にたくさん蓄えておくことが大切なのです。そのため、たくさん蓄えるにはどうしたらいいのか?ということを一番の軸に据えて、自分にあった『暗記法』を習得しましょう。, 数年前から流行っている『青ペン勉強法』。ご存知のみなさんも多いかと思います。暗記をする際に青ペンでひたすらノートに書きなぐっていく方法です。これは大手学習塾の『早稲田塾』が提唱し始めて、広まったものだと言われています。現在では多くの関連書籍が発売されるなど、かなりポピュラーな暗記法になっています。しかしそんな勉強法ですが、直接的な効果が実証されていないこと、ご存知でしたか?青は人を「冷静にする」効果があると言われています。この勉強法は、青ペンによって青色の「色の効果」を使って、冷静さを引き出すようにしているのです。青ペンが直接的に記憶の定着を促しているわけではありません。よくいる受験生で青ペンを使って書いたからといって、安心しきってしまう人がいます。書くことで手が疲れたからといって、暗記の時間を短くしてしまう人がいます。それでは「青色の色の効果」の意味はありません。青ペンを使うことで、落ち着いて暗記ができる人のみこの勉強法は有効なのです。, では、実際にどのような暗記法がいいでしょうか?ここから2つほど提案したいと思います。まずは、青ペン暗記法+音読です。先ほどにも述べた通り、青ペンには人を「冷静にする」効果があります。この効果はペンで書くときのみに有効なわけではなく、青い文字を見たときにも有効になります。つまり、青ペン勉強法を使って文字を書いて、手が疲れたらそれを読む。これで、青色の効果を二重に感じることができるはずです。ただ目で追って読むよりもさらに効果を上げるには、『音読』も有効な手段です。『音読』をすることによって、ただ視覚情報だけではなく、耳からの聴覚情報も使って暗記ができます。手で書く、目で見る、耳で聞く。多くの感覚器官をフル活用するこの勉強法。気晴らしにもいいかもしれません。, 次に提案したいのは、フラッシュカードです。平たく言えば、単語帳を使った暗記です。単語帳を使って暗記とか、常識じゃない?」と思う方も多いはず。しかし、今回強調したいのは、単語帳をただ見るのではなく「フラッシュ」つまりは素早く見ることが大事だということです。前述した通り、暗記の目的は素早く知識を引き出すことにあります。どんなにたくさん英単語を知っていたって、それぞれ思い出すのに何時間もかかっていたら、意味がありませんね。できるだけ素早く思い出すために、暗記の段階からその訓練をするのです。具体的には、単語帳を用意して、その単語帳にまだ覚えていないものを書いていきます。例えば、授業で出てきた新しい単語。どんなに見ても覚えられない年号。なんでもいいです。それらを一枚一枚書いていきます。ポイントなのは、できるだけ大きな字で、余計な情報は載せずに書くことです。面倒が増えて、単語帳を完成しきれない可能性が出るということもありますが、一瞬で見てわかるものにするためです。単語帳ができあがったら、今度は少し早めの一定のペースで読んでいきます。そしてそのペースに乗って答えを思い出せたページから捨てていきます。そうすると、自分のまだ覚えきれていないもの・思い出すのに時間がかかるものが集まります。これらを徹底的に潰していくことで、抜けのない知識を得ることができます。, みなさん、どうでしたか?今回紹介した以外にも多くの暗記法があるかと思います。その中から、自分にあったものを見つけて、根気よく暗記できるといいですね。なによりも大事なことは、「書いただけでは暗記できない」ということです。青ペンで書くにしろ、単語帳を書くにしろ、それだけではあまり意味がありません。手軽に繰り返し行うことで、何度も情報の更新を行い記憶を定着していく。そしてその記憶の定着こそが、知識を引き出す鍵になります。暗記に苦手意識があるみなさんは、ぜひ自分の暗記法を見直してみてください。.