⇒うつ病悩み相談|職場や友人との人間関係で悩む対処法 単純にパワハラを受けてうつになったということだけが退職の理由ではないはずです。, 基本的には、面接ではうつ病で退職した旨は伏せて別の理由を言った方が無難です。 © 2020 休職ライフスタイル All rights reserved. 「嘘を言って入社したとしたら問題が起こるのでは?」, ということですが、 ⇒うつ病|対人恐怖症の克服 元うつ病の私が実践する方法. この質問を受けた際に、私が採用担当であれば、うつ病の過去がある方は、必ず採用しないだろうと思いました。, また、こうもアドバイスしてくれました。 ・上記と同じく、うつ病の過去がある方とうつ病を患ったことがない方の能力が同じであればどちらを採用しますか? この記事では、介護業界への転職を考えている30代、40代、50代の方に向けて、介…, この記事では、介護士として働く職員が日々悩まされる腰痛について焦点をあてて、腰痛になりやすい介助から…, この記事では、今の仕事をやめる予定であるが、今後の仕事で特に自分のむいている職業…, 介護施設を辞めたい|ちょっと待って!?勤続年数が精神的負担を減らす介護施設の異様な状況を検証. Copyright ©  まるにアンテナ All rights reserved. Copyright (C) 2020 嫁が監修!うつ旦那のための転職百科事典 All Rights Reserved. 面接時の退職理由については、うつ病等に関わらず、マイナスとなる理由を述べるべきではないとの考え方は、色々な面接対策の本に記載があるかと思います。 私自身が考えた退職理由は、 ・長時間労働 ・自分を見失った. うつ病で退職してから転職活動をしたとして、「そもそも転職することができるかどうか」で質問をいただくことが多いのですが、その答えとしては, うつ病が原因で退職したという内容を打ち明けるのは、転職活動においてはあまりよくないです。, 通常の転職よりも難易度が高いことを考えて、「転職エージェント」のサポートは使わない手はなかったと感じています。, 相性のいいキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めていくことを強くオススメします。. 完全に嘘をつくよりかはうつ病以外の事実を拾って上手いこと言った方が良いです。 という部分を軸にして考えることにしました。私が当時うつで辞める� それで正直にパワハラでうつ病になった旨を言いましたが、結果その会社に採用となりました。, 正社員の面接の場合は、うつ病になかなか理解を貰えない場合が多く極力伏せて話した方が良いですが、アルバイトやパートの面接ではパワハラによってうつになったという本当の退職理由を言っても理解が得られるケースが多いです。, 理解を得られる会社は少ないですが、それでも正直に話してみた方が入社してからもやりやすいので、正直に話してみるのも一つの手です。, 本当の退職理由は伏せて話した方がうまくいくことが多いとお話ししてきましたが、ここで出てくる疑問が, 「うつであることを伏せて別の理由をいうのは嘘になるのでは?」 (会社と方向性や価値観が合わなくなったなど), うつで休職したのをきっかけに、「クリエイティブな仕事を一人でやりたい」と、ブログ活動を開始しました。 ・採用担当者であれば、採用の責任を負っているわけです。あなたが採用された後にすぐにうつになって辞めてしまっては、面接担当者としての資質が疑われるかもしれない, その上で、ハローワークの担当として、嘘を付くことは同義的にお勧めできませんが、うつになって会社を辞めることになったとしても、その際の理由は他にありませんか?つまりうつ病であることは触れずにその他で正当な理由を退職理由として考えてみるということは出来ませんか?, とアドバイスをくれました。私は、このハローワークの担当者からのアドバイスをもとに一旦退職理由について整理を始めました。 このサイトに来ていただいている方の中には、うつ病で退職をしてから転職活動をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?, 転職活動をしていく中で、旦那も困っていた内容が、「うつ病で退職したことを素直にいっても大丈夫なのかな」ということです。, 旦那と同じように、うつ病で退職して転職活動をしていく中で、「その退職理由の考え方について」疑問を抱かれている方の参考になる内容をお伝えできればと思っております。, うつ病で退職してから転職活動をしたとして、「そもそも転職することができるかどうか」で質問をいただくことが多いのですが、その答えとしては「Yes」と回答しております。, しかし、「うつ病で退職したことが転職活動において不利になりますよね?」という質問に対する答えも、同じく「Yes」と回答しています。, これは、知ってショックを受ける内容かもしれませんが、旦那の転職活動を振り返って見ても「転職した事実は不利になる」ということは間違い無いでしょう。, 採用する企業側として、「うつ病で退職した」ということを知った場合、何を考えるでしょうか?, しかし、決して口には出しませんが、面接する以上「その人がもし採用になった場合」のことをとことんイメージして採用活動をする以上、必ず頭の中で考えているはずです。, そうなってくると、例えば「同じくらいの能力で同等の経験を積んで来ている人」が同時期に面接を受けていた場合、やはり、リスクの少ない方の求職者を採用する方向で考えることがほとんどだそうです。, なので、企業に対して面接の際に「私はうつ病が原因で退職しました」と打ち明けるのは、やっぱり不利になる可能性が非常に高いです。, 「うつ病で退職した」と告白した後に、「どんな仕事でも耐えられます!」「残業があるのですね。体力には自信があります!」「誰とでも仲良く働けます!」といった切り返しができるでしょうか?, 答えはおそらく「No」ですよね。仮に切り返せたとしても「うつ病で退職した」事実があるので「説得力」が増して来ません。, つまり、一種懸命考えた自己PRや志望動機など、企業へのアピールの力が半減してしまうと考えたほうがいいということです。, なので、採用面接を受ける側からしても「うつ病で退職した」と打ち明けるのは不利になることが予想できます。, 今までお話してきたように、うつ病が原因で退職したという内容を打ち明けるのは、転職活動においてはあまりよくないです。, なので、結論としては「退職理由にうつ病の事実は使わないほうがいい」と考えることができます。, うつ病の事実に限らずですが、自分が不利になってしまうようなことを自ら伝える必要はありません。, 仮に伝えるならば、その意実を有利な状況に繋げられるストーリーに組み立てて伝える必要があります。, ただ、旦那の転職活動の経験を振り返って見て、「うつ病で退職した」という言葉を有利に変えることはできませんでした。, なので、退職理由として伝えるべき内容は、たとえうつ病が原因だったとしても、ダイレクトにその事実を伝えることを避けたほうがいいということができます。, (ただし、後々転職先の人に打ち明けるのであれば、そこでもめてしまうことになりかねません。もし入社後にはっきりと「うつ病で退職していたのです」と打ち明けたいとお考えの場合は、最初の段階から打ち明けておく方がいいでしょう。), 旦那に関しても「嘘を付くくらいなら正直に話したほうが後々後悔しないと思う」といっていました。, 「ただ、不利になるとわかっていて打ち明けるのもな…」という思いもあったのは事実です。, 「うつ病で退職した」ことから転職するのは一般的な転職活動と比べると難易度が高いです。, そのような状況ならばどうするのがいいかといったノウハウに関しても、転職エージェントの人は持っています。, 旦那の印象としても「伝え方を変えただけで、随分と印象が良くなった」といっていたので、効果は必ずあります。, うつ病で退職場合は、伝え方の部分を自分の言葉で工夫して解釈できるように落とし込むことで、不利になる度合いを軽減することが可能になるので、是非参考にして見てください。, 上記でお伝えさせていただいた内容は、あくまで「旦那と、その担当のキャリアアドバイザーの方の例」になります。, 旦那1人で考えていた場合を想像して見ても、あまりうまくいっているイメージが持てません。, やはり、通常の転職よりも難易度が高いことを考えて、「転職エージェント」のサポートは使わない手はなかったと感じています。, 特にキャリアアドバイザーの方のアドバイスが具体的で深いので、一度相談したい方にとってはオススメです。, 自己流で進めて壁にぶつかる前に、転職エージェントに登録をし、相性のいいキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めていくことを強くオススメします。, ・旦那のうつ病の経験から、「職場でうつ病になった時の対処法」についても記載しております。. と同時に、うつ病という言葉は面接では言わない方が無難であるなと納得を得ました。, 私が転職活動をしていた当時も就職難のご時世であり、ハローワークからも同一の求人に数十名の方が応募されることが殆どです。つまり転職活動は失業者の競争の場所でした。いかに面接で自分をアピールできるかがポイントになってくるのに、うつの過去といったマイナス要素は自己の評価を下げるだけでした。, せっかく書類選考を通過して面接までたどり着いても私がうつであることを打ち明けた2社のように面接中に落ちたと確信できるような発言は避けるべきだとも考えました。, 面接時の退職理由については、うつ病等に関わらず、マイナスとなる理由を述べるべきではないとの考え方は、色々な面接対策の本に記載があるかと思います。, という部分を軸にして考えることにしました。私が当時うつで辞めることになった会社では営業をしており、仕事が終わらない状態であれば、夜の終電時間まで残業がありました。一人一人が受け持つ仕事量が相当な量でしたので、どれだけ要領よく仕事をこなしても、次から次へと仕事がやってくる環境での仕事でした。, そして、終電までに仕事が終わらなければカプセルホテル泊行きとなり、また休日出勤は仕事が終わっていなければあたり前でした。ようは昼も夜も休みなく、深夜午前に自宅に帰っても仕事をしていた状態で、つまりずっと仕事漬けの生活であったわけです。, ですので、うつ病どうこうの前に自分のことを考えれない状態であったのは事実です。そういった状態が続き、退職に至ったわけですので、うつ病を理由とした回答をしなくても、嘘はついてはいないかと思いました。, そこで、次の就職先は地元の田舎での会社でしたので、都会とは違いそこまで残業を強要されることはないかと考えた結果退職理由として、長時間労働で自分を見失った部分を述べました。, その退職理由を持って幾つかの会社に応募し、面接に臨みましたが、その理由では、むしろ面接官の同情を誘うことが多く、そこまで突っ込まれることはなくなりました。, そして、通常の転職面接と同じように現在までの経験や希望する職種等の方が重視される面接となり、比較的こちらが想定通りの面接となり、落ちても納得がいくものでした。, 当然そうした面接の際には、うつ病の過去は隠しておりましたが、何社かの面接を経て無事に就職先が決まることになりました。, 以上が私がうつ病から面接を受けた際の経験談をもとにお話してきました。うつ病であることを隠すということは、本来であれば許させることではないかもしれませんが、私の話を参考に何かのヒントになれば幸いです。, ⇒うつ病を治す具体的な克服法 鬱病歴を持つ私の経験談 「本当の理由は?」と訊かれました。 逆に、面接を受ける側の目線から考えて見ましょう。(私たち目線です。) 「うつ病で退職した」と告白した後� なので、企業に対して面接の際に「私はうつ病が原因で退職しました」と打ち明けるのは、やっぱり不利になる可能性が非常に高いです。 転職活動をする側の目線から考えてみる. この記事では、あなたがうつ病を患って前職を退職したのちに再就職をされようと面接試験を受ける際のヒントになればと私の経験談をもとにお話します。, 私自身は、うつ病を患った後に、再就職するにあたり、数多くの転職面接を受けてきました。再就職先を探すにあたっては、うつ病を自分では克服出来たのか、もしくは、治ったのか治っていないのかは分からない状態ではありましたが、比較的病状も安定してきた時点から就職活動を再開しておりました。, 私は、うつが理由で前職を退職したこともあり、みなさんもそのような病気が理由での退職であれば、非常に困るのが次の就職先での面接試験かと思います。社会人の転職であれば、必ず質問を受けるのが前職の退職理由です。「あなたが前職を退職した理由は何ですか?」という質問に対して回答する必要が出てきます。, 私は転職の面接を受けるにあたっては、うつ病の過去について触れても問題はないのかなと当初は高をくくっていました。応募した会社の2社において退職理由として、うつの症状が出たことを訴えましたがそれに付け加えて「今は全く仕事をするには問題はありません」と強くアピールをしました。, しかし、うつと面接官が聞いた瞬間から2社ともですが顔色が明らかに変わるのが分かりました。つまり以降の質問は、その病気について質問攻めです。「今は治っているのですか?医者には通っているのですか?うちの仕事でも忙しいことがありますが、耐えれますか?」といったように、質問されたくないような事柄について、ビシバシと質問が飛んできました。, 応募した2社の面接では、面接中に「落ちた」ことがはっきりと分かるくらい面接官の表情も険しく、後半に受けた質問についてなど記憶にも残らない茫然とした気持ちになったことは今でも覚えています。, 当時「こんなことではせっかく書類選考を通過して面接までたどり着いても100発100中で落ちる」と、転職できない自分の今後を考えると、非常に深刻な気持ちになりました。, そのような茫然自失の状態の時に、ハローワークの担当者に相談しました。つまり「うつ病であることを面接でいうと、落ちてしまいます。何かよい方法はないでしょうか?」という相談です。, ハローワークの担当の方は、こちらが指定しない限りは、日替わりです。ですので私のようなうつ病を患った方の対処の仕方を過去に経験したことのある担当者であれば、かなり親身に相談に乗ってくれます。私もそうしたうつであった過去をどのように面接で言うのかと聞いていくうちにとても詳しい担当の方に出会いました。, ・あなたが採用担当と仮定して面接を担当した時に、過去にうつ病であったことを話した応募者をどう思いますか? ハローワークや転職エージェントでもうつであることは言わない方が良いと進めている方が多いです。, うつ病は簡単に再発してしまう病気なので、せっかく入社してきてもすぐに休まれたり辞められたりするわけにはいかないからです。, わたしの知人は、「会社の目指す方向性と自分の目指す方向性に相違が出てきたから」と、うまいこと言っていました。, パワハラや過労なども、あまり露骨に言うのも印象が悪くなることがあるので言うのは慎重になった方が良いです。, わたしのエピソードですが、やはり面接ではうつ病についてもパワハラについても触れないようにしていましたが、ある会社の面接では事実を伏せているのがバレて センスの良い人が好きです。. うつ病の場合退職理由は転職の面接で何と言う? 基本的に、面接ではうつ病により退職したということは伏せておいた方が無難です。 ハローワークや転職エージェントでもうつであることは言わない方が良いと進めている方が多いです。 生活レベルを下げられない 無駄遣いをやめるには?無理なく節約する方法 一人暮らしの場合は?, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます).