いとし のエリー 元ネタ, 電車 暑い コロナ,

早口 歌 洋楽, てんき とくらす 岩 湧 山, パズドラ かぐや姫 倒し方, http://blog.daum.net/, ところで、韓国に行って深夜にタクシーに乗るとよく ふと聴きたくなる韓国の1990年代から2000年代の名曲をリストアップしてみました。 k-popとの違いについて. オフロキサシン 猫 通販, 明智光秀 帰蝶 家系図, 外務省 松尾 現在, 東方神起が4集「MIROTIC」でカバーしたので、聞いたことがある人も多いでしょう。 同年代の友人とカラオケに行くとよく、「昔の歌っていい曲多いよね~」って話になります。そこで今回は70年代~90年代の男性歌手のヒット曲の中で、いま聴いても間違いなく名曲な18曲を集めてみました!僕より若い世代の方も、今回ご紹介する曲を覚えて 60年代以降の歌謡史を駆け足で見てみたいと思います。米軍放送AFKNから流れるアメリカン・ロックに魅了されたたくさんの若者たちがギターを手にバンドを組んだ。明洞にあった音楽鑑賞室「セシボン」の舞台が歌手たちの登竜門となっていた。75年〜76年にかけて政府は大麻を吸引したとして多くの音楽家の活動を禁止した。その数100人余。エアポケットに入ったような状態にあった大衆音楽界の隙間を埋めたのは各種音楽祭から出てきた大学生たちのアマチュア・バンド郡だった。70年代、歌謡浄化運動の波を乗り越えたバラードの歌謡からK-POPへと大衆音楽会が大きく舵を切るきっかけとなった10年。一方、無限軌道のリードボーカル、90年代初頭、フォークシンガーで詩人、運動家の90年代後半ソウルの弘益大前にインディーズバンドが集まり活動が活性化。歌手やテレビMCなどの活動をしていたソテジワアイドゥルのメンバーだった90年代韓国を代表するパフォーマーアーティストへの登竜門として60年代の「米8軍」、70年代の「セシボン」「チョンゲグリ」。2016年時点で私が把握してるのはこんな感じ。。これからも時代の波とともに色々なアーティストが大衆をなぐさめ、励ましてくれることでしょうね。categoriesアーカイブタグ最近の投稿最近のコメントTwitterリストからメタ情報 日本は90年~00年代がJ-POPが全盛期と言われていますが、韓国も同じ時期に全盛期を迎えていて、様々な名曲が生まれていました。ふと聴きたく... ビージーズ bee gees 名曲 ディスコヒット曲 おすすめ マイフェイバリット・チューン 16ビュー; ボイストレーニングに2年間通って思う4つの事 15ビュー; おすすめ ディスコミュージック 名曲 ヒット曲 70〜80年代マイランキング 総集編 15ビュー みなさんどーも!UKです。黒人音楽の歴史から派生したそれは聴く人を日常の喧騒からひと時解放させ、異世界へと連れていってくれる魔法の音楽。時にはメロウで切なく、また時には能天気に気分をアゲてくれる。優雅でスマートだけど、実は奥が深いヴィンテージフリークのワタクシUKが黒人ソウルの歴史を辿りながらみなさまと楽しんでいこうというこのシリーズ。また自身のを掘り下げ原点を見つめ直すためのシリーズと言っても過言ではない【ヴィンテージ・マイランキングシリーズ】今回は      さ、【UKが選ぶソウルミュージック・マイランキング】早速、第12位から発表してまいりましょう!         「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第14位にランクされた黒人ソウルシンガー、アル・グリーン。彼の代表作といってもいい  映画「パルプフィクション」でも使われたこの曲 Let’s stay togetherは1971年にリリースされるや、翌年にはビルボードHOT100で1位を獲得。また、ビルボードのソウルチャートで9週連続で1位を記録し、ゴールドディスクに輝きました。この曲を作曲したアル・ジャクソンは、レコーディング時にドラマーへ常にこう言っていたといいます。「Groove and be simple – not busy.」(wikipedia参照)そうです。ドラムは「シンプルに」というのがソウルミュージックの良いところのひとつでもあると思ってます。シンプルなビート、シンプルなグルーブ。でも奥深い、味わい深い。黒人にしか出せないタイム感は次第に好物になり、気づけばソウル・ビートにハマっていってしまうのです。             続いて第11位はフィラデルフィア発のソウルミュージック、通称フィリー・ソウルを代表するアーティストのひとりビリー・ポールの曲から。     12歳でキャリアをスタートし、ジャズやポップスのシンガーとして活躍するもヒット曲に恵まれず、一時期兵役を経てハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツに在籍していたビリー・ポール。そののちフィラデルフィア・ソウルの名作曲家ギャンブル&ハフとタッグを組む事になり1972年にリリースしたその3作目のアルバム「360Degree of Billy Paul」からのシングルカット  この曲が全米で200万枚売り上げセンセーショナルな話題を呼ぶことになりました。 それは詩の内容が「不倫」をテーマにした歌という事もインパクトとして大きかったのです。 世の人々は、実はそういう「不倫」の願望が少なからずあるということなのでしょうか。 ビリーポールは享年81歳、2016年に天国へ旅立ちましたがメロウで甘く美しいこの曲はマーヴィン・ゲイ、ダリル・ホール、鈴木雅之、等多数のアーティストからカバーされ現在でも愛され生き続けています。  「Me and Mrs. Jones」は、累計200万枚を売り上げる大ヒットとなり、1972年末のビルボードで3週連続No1を獲得。さらに翌73年のグラミー賞、アメリカン・ミュージック・アワードなどの主要な音楽賞も受賞。全英シングルチャートでも最高12位にランクインするなど、世界的にもヒットした。< Wikipediaより>                 【ソウルミュージック】と【R&B】の違いというか、線引きは一般的には曖昧です。ゴスペル(黒人霊歌)やブルースから発展した【ソウル・ミュージック】は基本的には【R&B】の一種。【R&B(リズム&ブルース)】とは、リズム、ビートに乗りブルースを歌うのが特徴で、40年代頃から使われた用語。のちに生まれるロックンロールにも多大な影響を与えることとなります。1960年以降、黒人由来の音楽が広範囲に大衆音楽、流行歌等のポピュラーミュージックと認知され新しいアメリカ黒人音楽のスタイルとして自然発生的に【ソウル・ミュージック】と呼ばれるように。音楽的にソウルとR&B(リズム&ブルース)のはっきりした境界線はないので、レコード店ではと表記される事が多いのです。(wikipedia参照)   さ、UKが選ぶソウルミュージック・マイランキング 第10位は       ノースカロライナ州アッシュビルに生まれ、クラシックの教育を受けて育ったロバータ・フラックは魂に響く歌声、かつ繊細でクールでジャズの要素も併せ持つピアニスト兼シンガーソングライター。ナイトクラブでドサまわりしていたロバータに目が止まったジャズ・ミュージシャンがレコード会社に紹介し1969年デビュー。1972年、映画の主題歌になった「愛は面影の中に」やダニー・ハサウェイとのデュエット「恋人は何処に」が全米1位。2曲ともゴールドディスクを獲得という快挙を成し遂げました。 その翌年にリリースした  も全米1位。今度はグラミー賞3部門を受賞する事となります。この曲、日本でもネスカフェのCMソングとして馴れ親しんでますね。 以後、ビーボ・ブライソンとのデュエット「美女と野獣」の中でも使われた「愛のセレブレイション」がヒットしたりまた日本で平井堅、ナベサダと共演したり高橋真梨子のカバーアルバムを出したりと 日本にも数々の功績を残す偉大なソウルアーティストのひとりなのです。                 1960年から黒人音楽のヒット曲を量産したソウルミュージックを語る上で欠かすことのできないその  本名 梅本 勝之進。1989年東芝EMIより横道坊主のドラマーとしてメジャーデビュー。6年の活動ののち脱退。以後The Visitorを経て現在【GUTS】、【藤タカシ&ザ・トップライン】そして、ヴィンテージビート・バンド【ニキータ4】にてポジティブなのかネガティヴなのかよくわからないポガティブに活動中☆【性別】男【誕生日】11月21日【血液型】O型【好きな言葉】底堅い【座右の銘】人の行く裏に道あり花の道©Copyright2020, 韓国ポップ、ソウル・サイケとフォーク・ソングに分かれる? セ・シ・ボン・グループあるいは武橋洞派のロマンの時代 グランド・レコードあるいはファン・ウル師団の格調の時代 一九六〇年代の終焉、一九七〇年代のはじまり インタヴュー 日本は90年~00年代がJ-POPが全盛期と言われていますが、韓国も同じ時期に全盛期を迎えていて、様々な名曲が生まれていました。ふと聴きたく... こんにちは、三十路のオクユイカ(@Saba0m)です。 三十路なのですが、私が好きな曲は70年代の曲・・・。 同じ話題で話せる同世代がいないので少し寂しいです。 70年代の曲って歌詞がストーリーになってたり情景が浮かぶものが多いんですよね。だからすごく聞きやすく感じます。 日本は90年~00年代がJ-POPが全盛期と言われていますが、韓国も同じ時期に全盛期を迎えていて、様々な名曲が生まれていました。ふと...このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。 管理人:はづき興味があることや体験したことなどを書いていきます。, ここ数年ヒートアップしつつある、1980年代(80年代)の音楽ブーム。80年代に人気だったさまざまな音楽ジャンルでリバイバルヒットが生まれるだけでなく、80年代のテイストを感じさせる新しいアーティストも次々に登場しています。そこで今回は、awaで聴ける「80年代邦楽のヒット曲 … はづきのラボラトリーフォローする.