飲食店でよく使う勘定科目を一覧にして記載しています。記事では、勘定科目のリストに加え、経費になるかならないかの判断の仕方や絶対にやってはいけない注意点も説明してします。 そのもの自体を販売することは、そう無いですよね。 平成元年 東京生まれ、両親は沖縄出身。   御社の特定商品の販売の為に出席されるのであれば、この勘定が妥当だと 1.料理教室で本番で皆で作るための料理の試作を重ねますが、その場合の材料購入の仕訳は開発費?それとも研究費でしょうか? 理由 いろいろ自分なりに調べたのですが、初めての事で疑問がたくさんあり、どうしてよいのか困っています。 よろしくお願いします。, >絶対的な正解はないのかもしれませんが、   思われます。 mixiユーザー 消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時  会議費 この場合の勘定科目はどうなりますか? 回答よろしくお願いします。, 1,2全て「材料費」でかまわないと思います。 今後自作の商品も販売して行こうと思っています。 今回の場合、2年前に全額損金計上されているので仕入/現金として処理するわけにもいかず、繰越資産として繰り越してきたわけでもありません。 税法が「費用」に計上することを認める: それとも、それ以外の科目でしょうか? サンプルとはいえ、場合によっては売ってしまうこともあるかと思います。 開発費用でいいんじゃないかな?まだ営業してない=売上はあがらないのだから原価に落とすのも早いのではないでしょうか。, 全然関係ないけれども、お子様もまだ小さいようですし、飲食業というのは、あれでなかなかに過酷な商売ですので、どうぞお体お大事になさいませ。. 上記の方法で計上し、決算書に売上原価として表示されています。   税法上損金とならないものは、内容に関わらずこの勘定を使用すると、 ご回答をよろしくお願い致します。, 「サービス業」に該当するのでしょうから、「仕入」・「売上原価」は発生しないのが通常です。 研究開発用に購入した資産を材料に転用するのは、使用目的の変更といえます。この場合、購入当時に普通に考えれば材料になるものだった(ご質問でいえば、当時普通に考えれば明らかに買い過ぎだった)といえてしまうかどうかで原則的処理が異なります。   何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。 固定資産科目としては普通は、 確定申告のときに困るのが「どの勘定科目に振り分けるのか」ということ。業種の特性とそれに対応する勘定科目をきちんと理解しておかないと、不正確な帳簿になってしまいます。今回は、個人事業主が開業することが多い「飲食業」の勘定科目について、解説したいと思います。   御社...続きを読む, 最近、自宅で料理教室をはじめましたが、帳簿のつけ方で分からないところがありますので、ご教授願います。 mixiユーザー 決算期末時点で在庫になっていないのであれば、棚卸も、仕様がないですね。 2期前(現在第5期)に基礎研究用として材料をいくつか購入しました(すべて10万円以下)。 mixiユーザー したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。 他の方がどのように処理をしているのかが知りたいと思っています。 ご教示頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。, 研究開発用に購入し、購入時点で研究開発費などに計上して一括で費用化した資産を、材料に転用したいということですね。原則的な処理と、少し砕けた処理とをご紹介します。 06月25日 17:33, [13] mixiユーザー 今までは仕入れた商品をそのまま販売していましたが、 その材料が大量に余り、最終製品の材料として使いたいと思っているのですが、計上方法がわからず困っています。 その為、アクセサリー・小物、服の試作品を作る為に材料を購入しましたが、これらは経理上「仕入れ」になり試作品としてその年に使用していない材料は棚卸しになるのでしょうか?試作品なので売上は直接たたないので、試作品自体も棚卸し対象とするのでしょうか? ◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。  販売促進費 ・法人税等の場合 商品をサンプルとして購入しました。 交流会の中身は、名刺交換や事業発表、時にはセミナーなどもあります。 実際のところどうなのでしょうか?企業によっても変わっていたりするのかもしれませんが、ご回答を頂きたいと思います。 2、反対に、繰越資産として計上してきた材料を研究開発に使用したい場合の仕訳は、研究開発費/他勘定振替高この仕訳で大丈夫でしょうか? もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか? だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い 06月25日 10:14, [10] 「消耗品費」にすると、かなり他の要素のものも含まれると思いますし、業種から判断して、「材料費」になるのかと・・・。普通業界の方たちは、それらのものをなんと呼んでいるのでしょう。「材料」と呼んでいるのであれば、「材料費」しか考えられないのですが、あまり特殊すぎず、外部の人間にも分かりやすい「○○」との呼び名があるのであれば、「○○費」と付けてしまう方法もあります。, お尋ねします。 の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております) 仕訳の勘定科目のことで質問があります。 その場合は、決算での棚卸の必要はないですよね? 詳しく知りたいので、 「材料仕入高」や「材料費」は[製造原価]の区分にあります。バックを作るための材料を仕入れるときはこれらを使います。決算で材料の棚卸高を計上するならば、「材料仕入高」を使う方が良いでしょう。棚卸高を計上しないならば、「材料費」を使う方が良いでしょう。 そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。 無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。 飲食店の確定申告において知っておいたほうがいいことは何でしょうか。やはり、 経費をどう計算するか は大きなウエイトを占めます。 そこで今回は、経費を中心にまとめてみました。飲食店ならではのトピックも盛り込んだので、注目してくださいね!         /雑益   10 いえてしまうのでしたら、前期以前の誤りですから、遡れる限り遡って決算書を修正す...続きを読む, なんとか弥生会計を使えるようになってきたのですが、簿記が苦手なので進みません(苦笑) 06月25日 09:27, [6]