・2Bの問題数:167題+演習問題167題 「医学部・東大・京大を志望する場合、0から二次レベルまでの物理の独学は不可能に近いです。」 �jB��!Z&���M˻̰�Ah����䆺�nl\V�q���Y$�������Yb�W�yT����ft�χ97��@�9���a�_�`�ZRξrKL_���Fw?�o� ��Ij�M���:�@ujꐇ����H���k���f"���S �2��Dm�:s�p�Å���[���K�����&��a���h��b ��΃�TM^Ce�ӕ�0��nU�${���}�4u��n����؉�ZW:�K�S1_0��E��p�(��\t �&k��\tVu!U��}p�k��-��S|X���a\bnvfSHq���)0�sSS�.$j�ߏ�������a�Op�7�x���!�=�|n���׬^�ks�ڭ�㋰�\��mEݕlU�1�~�->hf,DM�Xl�]��Y�5��Nݷ��������w��{�m�%Gu�. 数学Ⅰaは高校数学の基礎となる内容です。そのため、一見それほど難しい単元はありません。 とはいえ、2次関数は最初につまる人が出て来る単元です。また、場合の数・確率は難関大学の入試でも頻出単元です。 物理には、数式が登場しますが、同時に、「数式の解釈」というものが付きまといます。 ・教科書某用問題集を持っていなければ市販のもので代用, ・約90題 ・他の入試問題集とは構成が異なるので扱い方注意 理系が地学で受験しない最大の理由は、「地学を高校で習っていないから」ではないでしょうか。地質学会などでも問題になっていますが、最近の高校での地学履修者の割合はせいぜい5~6%とされています。多くの高校では地学の授業そのものがありません。授業がなければ参考書も少ない、指導できる先生も多くはないのです。例えば東京都は10年以上地学専攻の先生を採用していません(採用試験すら行われていない)。このような状況では、受験科目としてはどうしても敬遠されがちで、受験者も少ないわけです。  【大学受験での日本史選択】 高校数学の教科書で 一番レベルの高い教科書は何でしょうか? もちろん各出版社が出してる一番レベルが高い教科書を比較して また、一番簡単な教科書は何でしょうか? これも各出版社が出してる一番簡単な教科書を比較して 最後に 一番幅広いレベルを揃えている教科書 … との記述があります。 出版社発表では、当該出版社の中では1番難しい, 公立進学校に入学予定の新高一ですが、買おうか迷っています。用途は定期テスト用にしたいと思っています。, 高3です。 I�a�Gc��k��1�H�eE��(����F����68`}?�x��N���*w��o�-q(���Yd�:�.�jↆA�w ・解説のくわしさ、わかりやすさ ・手元に無いため問題数は不明 ・講義型ではなくチャートのような構成 ・そのごちゃごちゃのせいで勉強(数学)が苦手な人は使えないと思われる(やる気があればその点はクリアできるかもしれない ・問題数が多いので完成するのに時間がかかる, ・明らかに最難関向け This blog is kept spam free by WP-SpamFree. Landmark 教科書 cd. 確率や整数などに単元を絞ったテキスト。弱点を補ったり、出題傾向対策で使うテキスト。「微積分の極意」、「マスターオブ整数」などが代表例。, 目標偏差値=志望校の偏差値と考えておけばOKです。大学の偏差値については以下のような一般的に言われている値を考えておけばいいと思います。当然、誤差はあるのでざっくりと考えておけばいいでしょう。, 70〜:東大、京大、東工大、一橋大、難医大など ・実践編は明らかに青チャート以上, ・網羅型 endobj ・教科書某用問題集があるなら必要ない, ・問題集型 ・数列が面白いほどわかる本 理屈が詳しく書いてあり、文章がわかりやすく丁寧に書かれている教科書はどちらなのでしょうか? Vivid1 教科書 和訳 lesson4. ・これだけだと対応できる問題に不安がある その後(2)の段階で、大学への数学の増刊号と過去問、模試が最短だと思います。 網羅系の参考書はすべてを演習するのは時間的に厳しいかもしれませんので、難しいものは飛ばして選んでやり直すのもありです。, ③について ご高見お願いいたします。, こちら(http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20080703)のサイトに、 Vivid1 教科書 和訳 lesson3. 理屈は深く追求したいのですが。でも違いはわずかということですので、もう少し考えてみます。, 啓林館は化学、物理の方で良い教科書だと聞いたことがあります。 物理の場合は、 ・時間に余裕があるなら新数学スタンダード演習の方が良い, ・約270題(大問でカウント) ・辞書的に使える ・問題数が限られてるのでこれだけだと演習不足になるかも ・50くらいの問題レベルから掲載されてるが55未満で使えるかと言われるとそうでもない ・目標偏差値70以上だと少し物足りない気がするので上限を70とした ・問題数が限られてるのでこれだけだと演習不足になるかも 和田秀樹氏は、本の中で、「橋本の物理をはじめからていねいに...続きを読む, 数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。 実は甘えがあると受かるものも受からなくなるため、親が思いつきで言っただけだと後で聞いたのですが、当時模試でもB判定の連続であったため、やむなく変更。 代わりと言っちゃなんですが、私の分まで医学部に確実に受かってください^^;, こんにちは、疑問なのですがセンター試験の日本史Aと日本史Bとはどのような違いがあるのでしょうか? それでも地学の面白さがよい、好きな地学系の学部に行きたいと思われるのであれば、私がそうだったように好きで得意な地学で受験して全然かまわないと思いますよ。好きで得意な科目で受験勉強した方が楽しいですしね。もちろん参考書問題集は少ないし、自分で努力する場面も増えますが。私の場合、高校ではほとんど独学に近い状態で受験しましたが、主な地学系大学の入試過去問をそれぞれ10年分くらいやりました。参考書はあまり使わず、教科書と副読本だけだったかなあ。あとは大学教養レベルの地学教科書が入手できるようなら、読んでおくくらいでしょうか。まあこれはうん十年前の話なのであまり参考にはならないかも知れません。 ・解説が詳しいのが最大のメリット 真剣に悩んでいます。 ・解説は詳しいし理解が深まる要素はたくさん書いてあるが、構成のわかりにくさや演習のしにくさを考えたら青チャやFocusGoldを使った方がいい ・目標偏差値65以上だと少し物足りない気がするので上限を65とした ・別解があるのも嬉しい ・扱うには最低でも青チャの例題を全てクリアしてるくらいの学力は必要 ・解説が詳しいのが最大のメリット 教科書の章末問題に成ると、1~2問、全然歯が立た無い問題も有ります。 この部分では、教科書+教科書と同一の出版社による「教科書傍用の問題集」(教科書ガイドでは無い)が良いと思います。 高専数学(5年生):なし 問題の解き方や考え方を理解するためのテキスト。解説が詳しく載っていて、例題+練習問題の形になっているものが多い。チャートなどが代表例。「理解」というのは演習を通してはじめて完了するものなので、個人的には演習用の問題もセットになっているものが良いと思います。, 演習用 ・チャレンジ編のレベルは青チャートの総合演習と同じ(問題数が違う)  日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古代史からスタートするので日本史Aの教科書より内容的に若干難しい内容も取り扱います。 そして、高専の赤点は60点と高校より高いです。授業についていくためにも毎回、授業の予習&復習は、欠かさず行う習慣を1年次からつけましょう。, 高専受験に挑む中学生の皆さんとサポートする保護者の方へ、合格に近づく為の入試対策の勉強法などを紹介します。, 息子が高専を受験した際、高専のアレコレをリサーチしました。その時に調べた情報を高専を受験する中学生の皆さんに紹介しています。少しでもお役にたつ情報となれば、とても嬉しいです。. 書店に並ぶのも今のうちだけだと思いますから思い切って買っちゃえばいいと思います。 ・数2の微分積分が面白いほどわかる本, ・30題 ・高専2年次は、高校3年で習う微分積分等を習います。 ・目標偏差値55未満の人に使わせるかと考えたとき、それなら黄チャかなと思うので適正偏差値の下限を55としました ・三角関数が面白いほどわかる本 章末すらすら解ける人、というより解こうと思ってる人自体少なかったような。。 ④そして、ⅠAⅡBの過去問に入る前の仕上げは、標準問題精講でよいのでしょうか。, ①、②について ・”研究”や”参考(別解)”、類題もあり理解が深まる工夫がされている ・指数・対数が面白いほどわかる本 高等学校 数学 教科書 比較 創作漢字教科書体. ・1Aの問題数:101題+演習問題101題 予習・初級タイプ KATSUYA, やさしい, 予習, 先取り, 入門, 初級, 参考書, 数学, 自宅学習, これでわかる数学Ⅱという参考書がありますが、これでわかる数学Ⅱ+bとは異なる内容を扱っているのでしょうか?書店にはⅡ+bしか置いていないので…, すみませんが、私もII+bしか見たことがありませんので分かりかねます。出版社などを確認していただき、同じであれば、内容的には数学IIのみが収録されているだけでレベルなども変わらないと思います。, 春から高1になるものです。青チャートが家にあってやっていたのですが、解答見てなんとか理解できているかな、という状態なので、基礎から固めようと思っています。(基礎が大事と聞いたので)自分は中学では数学が得意だったので、日常レベルからやろうと思っています。ここのサイトの参考書を本屋で見ようと思うのですが、よくわかる数学の上の方をやろうと思います。その後に青チャートでいいでしょうか?, よくわかる数学→青チャートの順番で問題ないと思います。よくわかる数学はチャートなみに分厚いので、2冊ともこなすのが難しいようでしたら、学校で教科書傍用のワーク(4STEP、クリアーなど)が配布されるまではチャートで進めておくという方法もあります。チャートでは、コンパス3ぐらいまでを進めていけば無理なく進められると思います。, 新高3の東大理Ⅰ志望です。 ・2次関数・方程式と不等式 ・3の問題数:手元にないので不明 ・また、私立の小問対策用という位置付けというのも特徴 ・40〜50レベルの土台・軸を作るのに最適 ・目標偏差値65以上だと少し物足りない気がするので上限を65とした わかる方回答よろしくお願いします。, 「種類 高校」に関するQ&A: 高校一年生の女子です!ギターの種類などについて。, 「数学 東京書籍」に関するQ&A: 新しい数学 中三 東京書籍の問題です。, 詳しい回答ありがとうございます。 1 0 obj 解説はふつう ・聖文新社から出版されてる(と言えばわかる人はわかる) 教科書は何種類もありますが、高校の数学では「数研出版」と「東京書籍」の教科書がいいと聞きます。 ネットで調べて考えた自分の参考書ルートに多少不安がありましたが安心しました! ・StepUpと章末問題のレベルは青チャートのExercisesとほぼ同じ ・A:例題79、大問292 ・三角関数・指数・対数関数 ・例題の選定が微妙、特に偏差値50前後が薄い印象 ②その場合、Focus Goldなどの網羅系に戻って復習するのは、時間的な面で効果的でしょうか。 社会 人 2 年 目 の 教科書. ・逆にそれ(解説がごちゃごちゃ書かれていて見にくいの)が最大の難点でもある ・集約型なので問題パターンは多くない 〜50:大東亜帝国、摂神追桃など それに対して、高専は、教科書通りに淡々と進み、工学で役に立つ数学を重視して学びますので、高校で習う範囲を省略することもあります。その分、大学で学ぶレベルの内容を広範囲で習得していきます。, 結論から言って、高専の数学は、公立高校に比べて習うスピードが早く、年次が上がるにつれて専門的になり、難度が上がります。 がいいと思います。, ④について ・教科書某用問題集を持っているなら必要ない, ・手元にないため問題数は不明 といったところで、つまづく人が、他の科目よりも多いように思います。 高校数学(2年生):数学Ⅱ(3単位)+数学Ⅲ(2単位)+数学B(2単位)=合計7単位 ・高専3年次は、大学数学の解析学、線形変換、行列、ベクトルなどの内容を習います。 他の科目は勉強してますが、物理に関しては、「独学は無理」という言葉が頭に浮かび、生物にしたほうがいいかなぁなどと躊躇して勉強する気になれません。ただ生物より物理のが、現代医療はMRIとかあるし、大切なのでなるべく物理を学びたいのです。大学に入ってから苦労しそうだし。 ・“初めから始める”の基本レベルにあたる部分の演習問題もある ・3は手元にないため問題数不明 もちろん問題集で演習もするつもりですが、、やはり参考書を教科書代わりにして、 ・難易度 ・類題もない, ・“合格!数学”に対応した問題集 数学は人より時間をかけてできるようになった方だと思います。 ・理系の人もトレーニングとして使える 高校数学の確率についての質問です。 確率は整数(自然数と表現した方がいいのでしょうか、)になることはありますか?ありませんか? 私はこの前確率の問題を問題を演習した時、自分の回答が2になったことがありました。 回答が出た時自分でもあれ? ・どちらかというと理解用 「下手な教師よりよっぽどわかりやすい。今まで物理が独学に不向きと言われていたのはこのような参考書がなかったから。」 ・過去50年の主要大学(上位国公立、早慶上智あたり)の入試で出題された空間図形に関する問題548題を収録 50〜55:日東専駒、産近甲龍など ・問題数が少ないので早めに終わらせられる ・目標偏差値60以下の人に使わせるか考えると、使わせないので適正偏差値の下限を60とした 青チャート(例題)→理系プラチカ→やさ理→過去問のような感じで大丈夫なのでしょうか?? ですので、「数学があんまり好きじゃないなぁ~」とか「数学がメチャ苦手」と思っている人は ・2Bは約180題 〜35:高校数学の知識ほぼ0の状態かそれに近い状態, 理解用と入試演習用 ・空間図形をマスターしたい人にはオススメ ボリュームはそれほど多くないのですが、その分全問題を繰り返し完全に解法を身につけることが出来るはずです。 ・偏差値60くらいまでの高校の学校対策にも最適。 参考URL:http://tahara-phys.net,http://webkouza.com, 数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。 基本戦略としては、数学は全く得意ではなく英語と現代文では高得点が見込めるので、2次で足を引っ張らない程度の点が取れればいいかなと思っています。 高専に入学するとひたすら数学の授業です 高専(高等専門学校)は、5年間一貫教育を通じて、実践的技術者(エンジニア)を養成する学校です。 高専に行きたいと思う方は、将来技術者として働きたいと思って … 高校数学の参考書、教科書某用問題集、市販問題集の難易度を表にまとめました。 単純にテキストの難易度をまとめただけではなく、大学受験での目標偏差値とテキスト毎の適正偏差値に … よろしくお願いします。, 青チャート(例題)→理系プラチカ→やさ理→過去問 ・坂田アキラシリーズ(数学)には次のテキストがある それと、旧帝大医学部レベルまで物理を独学で引き上げるのは、正直なところ無理なのかという点も意見を下さい。因みに自分は理解力はいいほうではありません。文系脳に近いです。 ・問題数、パターンが豊富なので基本演習に最適。 高校の数学の教科書について質問です。教科書は何種類もありますが、高校の数学では「数研出版」と「東京書籍」の教科書がいいと聞きます。理屈が詳しく書いてあり、文章がわかりやすく丁寧に書かれている教科書はどちらなのでしょうか? ・2次関数が面白いほどわかる本 ・目標偏差値70以上だと少し物足りない気がするので上限を70とした ・目標偏差値60以上の人に使わせるか考えると、使わせないので適正偏差値の上限を60とした, ・約150題 ・目標偏差値45以上の人に使わせるかというと、使わせないので上限を45としました ・時間に余裕があるなら新数学スタンダード演習の方が良い, ・100題 ・2Bの問題数:手元にないので不明 後者の場合は、まずIAIIBの標問がある程度定着したらでもOKです。ただし、微積分の計算はやっておかないと確実に鈍ると思いますので、ワークの計算問題のところだけでもやりましょう。微分はできれば増減・凹凸・グラフを書くところとか、最大・最小のところがいいです。積分は定積分計算のところがいいでしょう。, 前者の場合:ガイドで独習+ワーク(答えのあるもの)⇒1対1対応などで演習⇒本サイトの入試標準演習タイプの本で演習(IAIIBとまとめて) ・単年度の入試問題から有名校の問題を中心に問題を集めてある 前回の回答で私が言いたかった事がうまく伝わらなかったようですので補足すると、まず人それぞれ「完璧」と思うレベルが違います。例えば私の場合教科書は大方理解したとは思っていましたが、マスターしたのは半分か1/3程度と思っていました。でも、偏差値は全受験者の中でトップクラスでした。私の友人は「教科書の内容は完璧なんだけど模擬試験になると点数取れないんだよな。」と言っており、実際平均点を若干上回る程度でした。恐らく教科書を完璧と思っていても偏差値は50を切ってる人も居るでしょう。 ※受験者の質によって違う…現在代ゼミの私大模試を受けている人たちにしてください。母集団の中の平均。, #2です。 と書いてあったからです。 ・白チャよりさらに下のレベル ・使うとしても目標偏差値60〜 ・受験生が勉強の進度に合わせて使うのがオススメ ・問は必ずしも基本的な問題とは限らない ・目標偏差値60以上だとちょっと弱いので上限を60としました, ・標準問題精講の上位版だが構成的に問題集という色が強いので入試演習用に記載してある, ・あくまでも最難関大を目指す人が「基礎力」を身につけるためのテキスト  日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。 ・基本知識が0ないしほぼ0の人にはたぶん使わせないので目標偏差値の下限は35としました 教科書某用問題集と比較すると問題数は若干少ない(基本的な問題がないため) 大雑把にいうと、 教科書某用問題集があるなら必要ない, ・1:例題92、大問351 ����h�C�� その次に取り組むべきI,A,II,Bの問題集または参考書を教えていただきたいです。  →「日本史B」を選択 ・問題の解答集は途中計算などが省略されている部分も多いので初心者は使わない方がいい, ・1Aは約210題 単純にテキストの難易度をまとめただけではなく、大学受験での目標偏差値とテキスト毎の適正偏差値についても考慮してあります。, 「ここおかしくね?」とか「このテキストも加えて欲しい!」みたいな要望・質問があれば@hiro_studishまでお願いします。テキストは随時、追加・修正していく予定です。, 先に進む前に、必ず以下の項目に目を通してください。ここに掲載されている難易度対照表や適正偏差値は、単純にテキストに掲載されている問題の難易度の幅を表しているわけではないです。あくまでも大学入試に向けて使うとしたらということを考えてあります。, テキストは「理解用」「演習用」「入試演習用」「分野別」「計算練習用」の5つに分けて考えるとわかりやすいと思います。, 理解用 ・解説編は受験で使うテクニックや考え方などがまとまっているので、参考書的に使うと良いと思う ・高専5年次は、卒業研究が中心で、数学は習わない高専が多いです。, 学ぶ内容が一緒でも、高校ではセンター試験対策で、チャート式等の副教材でガンガン例題や問題を解いて深く掘り下げます。 stream ・例題の最大難易度が偏差値55〜60くらい この記事では「ハッとめざめる確率」の難易度、問題数、オススメの使い方を紹介します。... 「解法の探求・確率」は有名な確率の問題集の1つですが、どの程度の難易度なのか、どのくらいの問題数なのかを知らない人も多いと思います。この記事では「解法の探求・確率」の難易度、問題数、オススメの使い方について紹介します。... 大学への数学の中でも激ムズとして知られるマスターオブ整数について画像つきでまとめました。良い教材なんですが、あまり使う場面がないというのが本音です。その理由も含めて説明してあるので参考にしてみてください。... 大学への数学の中でも激ムズとして知られるマスターオブ整数の姉妹教材「マスターオブ場合の数」について画像つきでまとめました。良い教材なんですが、あまり使う場面がないというのが本音です。その理由も含めて説明してあるので参考にしてみてください。... 「大学への数学 微積分/基礎の極意」の難易度や使い方について解説しました。受験生にはオススメしないことや、使いにくいことで有名な2部の使い方などを説明したのでぜひ参考にしてください。... 計算演習用の問題集といえば駿台が出している「カルキュール」。カルキュールは計算問題だけではなく、各単元の基本問題の演習もできる優れものなので、数学を使う全受験生にオススメしたい1冊です。 やっと「長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書数学」が終わった。10月から始めて、なんだかんだやらない時期もあったのだが、半年近くかかった。この本、大人の学び直しには最適 … ・問題数が少ないので ・対応問題集と合わせて使って初めて成立するテキストかもしれない 教科書を使わないというのは危険でしょうか? 高校数学(3年生):数学Ⅲ(5単位)+応用数学(2単位)=合計7単位 センター試験の地学問題はさほど難しいとされてはいないですね。むしろ暗記主体でもそこそこの点数を取れるため、センター試験地学受験者は文系受験者、つまり1次にしか使わない受験者の方が圧倒的(確か90%以上)に多いです。2次でも物理などに比べれば比較的点は取りやすいと思います。 よろしければ大学受験で地学教科を使われた方にお答え頂きたいです。それと、もし地学科目を受験に使われた方が居ましたら 二次対策に使われた教材も教えて頂ければ幸いです。, 私も物理地学で受験しましたが、昔の話なので現在とは状況は違っているかも知れません。 新数学スタンダード演習で今のところ90%近く初見で正解している状態です。 ・数列, ・シリーズで無限級数、複素数、式と曲線などがある ・そのかわりにけっこう難しい例題もあったりする ・12ABまでしかないのが残念 ・小問対策向け ・途中式や式変形の解説が詳しい ・目標偏差値50以下の人に使わせるかというと、使わせないので下限を50としました ・確率・順列と組み合わせ 高校数学の教科書には練習問題の答えが載っていません。しかし教科書ガイドを購入することで、練習問題の答えが分かるだけではなく、非常に効果的な学習を実行できるようになります。筆者が実際に行っていた「最強の教科書 … 3 0 obj ・マセマよりは見やすい 新課程になり、数研出版さんからは、(1)数学シリーズ(4stepなどに対応の難易度の高めらしい、青チャート対応)と(2)新編数学シリーズ(主に基礎編で白チャート対応らしい)が刊行されていますが、どちらが良いのか? ・1Aの問題数:135題+演習問題135題 ・基礎力判定の上位版 ・「演習用」だけ進めるのはどうかと言われるとそれならチャート使った方がいい気もする, ・集約型 前者であれば、大至急独学で行う必要があります。志望大学を考えると、高2までで数IIIを終えているような層もいます。教科書ガイド等を用い、独学を始めてください。 というようなコメントをしています。 感覚的ですが、数研の教科書の章末は東北大くらいじゃないですかね。 <> ・問題数はめんどいのでカウントしてない 演習用は理解用と併せて使うのが基本なので、どの理解用テキストと合わせて使うのが適正かを考え適正偏差値を判断しました。例えばクリアーは白チャや黄チャと合わせて使うのが適正だと思います。, 分野別 ・扱うには最低でも青チャの例題を全てクリアしてるくらいの学力は必要 ・本来、自分で勉強を進める中で到達する最善ないしそれに近いテクニックや考え方などが書かれているので、これを読みつつ勉強すると効率的に勉強できるかもしれない  →「日本史A」を選択(学習時間が少なくてすむ) ・目標偏差値65以下の人に使わせるか考えると、使わせないので適正偏差値の下限を65とした 高2から物理の授業が学校で始まる予定でしたが、丁度高2から家庭の事情により、高校には通っていませんので、ほぼ独学というわけです。 ・空間幾何学のための基礎知識 医学部対策ドットコムにて複数の大学入試の数学のレベルが書いてありましたので参考にしてみましたが、総じて容易から標準レベルのようですので、全体を理解するまでは教科書レベルのみで十分と思います。 ・目標偏差値60以下の人に使わせるか考えると、使わせないので適正偏差値の下限を60とした ・出題パターン毎&難易度順に掲載 ※人それぞれで、応用力によって違う…母集団の中の真ん中くらいの平均的な能力の持ち主に基準を合わせてください。(というか、教科書全部完璧にしていて、参考書類は一切手をつけていないという同一の条件では大して差は出ないような気がしないでもないのですが・・・) 「物理とは何を目指しているのか?」 これがうまくいかないと、公式を暗記しても、理解できないのだと思います。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, (数研出版、数ii)教科書の章末問題の解答解説がのっているサイトはありますか?