エフェリア帆船本体と、緑装備の強化がある程度済んだので、次はエフェリア帆船の青等級の装備品を作っていこうと思っています。というか記事書き始めから投稿が遅すぎて、一部もう完成した船舶装備もあります。 エフェリア帆船青装備の […] 『黒い砂漠』の世界には広大な海洋エリアがあります。船を使って自由に旅をすることも海獣MOBと戦闘など、さまざま冒険があります。新しいコンテンツ『物々交換』を行うことで新しい帆船の製作や、いわゆる金策といわれるシルバーを稼ぐことも可能です。, そんな広大なエリアを旅する『海マン(または海ウーマン)』になるためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。このページの趣旨は、これから海洋にでる冒険者向けの記事まとめです。, 『海洋の時代』アップデートがくる以前は帆船を作ることは大変な作業でした。ですが新しく実装された『帆船増築』により帆船を段階的にバージョンアップすることができ、海洋プレイをしながら帆船をアップデートしていくことができます。, 生活カテゴリの『航海Lv』も上げやすくなり、新しく実装されたメインクエスト『笑顔のベリア』依頼を完走するだけで快適に移動できるスキル『快速巡航』を覚えることができます。, 以前までは帆船を作るのが困難で、海洋を旅をする準備段階で挫折してしまうプレイヤーも多かったかもしれません。しかしながら、『海洋の時代』アップデートにより初期帆船である『バルタリ帆船』を簡単に入手することができるようになりました。さらに上位の船にアップグレードすることも可能です。, 従来までは、難易度が高かった『エフェリア帆船』や、さらに面倒な『エフェリア護衛船』ですが、より上位の船『エフェリア貿易船』『エフェリア駆逐艦』などが実装されました。, 従来の資産が無駄にならないように『エフェリア帆船』や『エフェリア護衛船』を新しく実装された『増築』によって上位の船にグレードアップできます。最上位の船への難易度はかなり高く、装備も揃えるとなるとかなりの時間を要するでしょう。, また、新たに実装された『物々交換』コンテンツにより、陸地の貿易コンテンツのようにシルバーを稼ぐこともできるようになりました。, ・『マゴリア海域』から『大洋』に地域名が変わる 今回の記事ではシナリオクリア, 今回は宗教勝利をした時のお話。開始4文字目から早くもネタバレをしながら進行します。 ・帆船や護衛船を上位の帆船にアップグレードできる『増築』 2か月ほど前に2年ぶりの黒い砂漠復帰後、海に浮かぶ大きな船を目にしてからの大目標となっていたエフェリア帆船の製作が完了した。, 総製作期間はおよそ1ヶ月ちょっと。これでもきっと早い方?遅い方なのかな?プレイ時間の7割くらいのアクションは帆船製作に傾いていた。, 黒い砂漠復帰後2記事目がエフェリア帆船完成ってどうなのって話ですが、黒い砂漠記事を書く余力もない程熱中して楽しんでおりましたwそれほど楽しいという事で~。, 今回はエフェリア帆船を作った時の日記のようなこれから作る人へのアドバイスのような何かを書いています。, 黒い砂漠プレイヤーなら当然目にした事はあると思いますが、黒い砂漠プレイヤーでない方向けに一応ご紹介。, 近海の釣りや島の探索であれば作るのも簡単な漁船で十分ですし、船速を上げるアイテムと釣りが密接にかかわる関係もある事、更に”銛”を使った漁は漁船でしか出来ないらしいので今でも現役で利用する人は多い。, もう実装されてから随分と経過していて、既に所有済みのプレイヤーさんもかなりたくさん居ますw今頃になってやっと帆船かよ!と言われちゃいそうですがw, 長くプレイされている方は現在では護衛船の製作に励んでおられるか、もしくは全く海洋コンテンツに興味が無いかでしょうかね。, 復帰組の私にはもう新しいもののオンパレードで各コンテンツ実装直後の未知要素がたっくさん。, 未プレイの方で、黒い砂漠が気になるな。って方には好ましくない話かもしれませんが、黒い砂漠にはファストトラベルやワープといった、長距離間を即時に移動する仕組みが用意されていません。, とてつもなく広大な黒い砂漠における移動手段として、陸地の移動には馬があり、根気よく育てて交配や交換を繰り返し、世代を更新してより速く移動出来る馬を生産する。, 馬を生産する生産者の方も多数おられ、ゲーム内通貨であるシルバーで直接取引して入手する事も十分可能なので、新規さんにとって陸地の移動に関しては敷居は低め。, 生産する。と言っても自動移動ルート指定で延々と走らせておくだけですがw今の期間は桜が咲いています。キレイ, ですが、2018/4現在、大洋と呼ばれる広大な海の移動に関しては、海洋生物や海賊と言った敵性モンスターの存在により、出来れば帆船以上の大型の船を用意する必要があります。(漁船でも移動可能ですが、修理が不可能である事と余りにも長距離過ぎる為に船の寿命がすぐに尽きてしまう問題や、敵性モンスターに船を破壊される可能性が高め), その大洋の広さと言ったら、主要大陸から現在実装済みの大洋を挟んだ先にある一つの村に移動する為に掛かる時間は、現在考え得る最速の船をもってしても片道30分近くは掛かってしまうレベルの無駄に広い海なんです。帆船でなければ〇時間掛かるかも・・・。泳ぎが速くなるアバターを着ずに泳いだらいつまで経っても着かないかもw, イカダや漁船とは異なり、エフェリア帆船や護衛艦は修理が可能である事と、航海レベルによって利用可能となる移動スキルが使える事、海洋モンスターの討伐が可能となる大砲も搭載しています。, 代わりに製作がとても困難で、まず金策利用として販売しようと考える人が稀であり、取引による入手がとても難しくなっています。, その為、私のように帆船が欲しいけれど手持ちシルバーもそれほどないという場合には、自力の加工採集生産によって入手する必要が出てきます。, いざ製作を始めてみると痛感する事となるのですが、この中で最も大変なのが『規格角材』, 木を伐採して1回につき1~2つずつしか取れない丸太を10個加工して、使える角材が2個前後出来る。, これだけでも丸太の必要数の多さがわかります。時々取引所に売っている人が居るけど私から見るとととんでもない。, 私の場合は伐採をする日には800本前後の丸太をノルマとして、他の事をしていてサボった日もあり、総製作時間は日付にして1ヶ月程度掛かってしまった。, 1ヶ月という期間は決して短くはなく、ほぼ金策そっちのけでひたすら伐採と航海レベル上げを繰り返すだけとなってしまったので、継続的に物事を行う事が苦手な方は別のコンテンツで金策をして、エフェリア帆船の登録証をシルバー積んで取引所で買うべき。, それ以外の素材は大したこと無いのですが、延々とお金にならない伐採を繰り返していると同じ労力で金策をしていたなら1Gくらい超えるんじゃないかと思う気持ちが少し辛い。, エフェリア港町のフィラベルト・バラーシから毎日0時更新で受注出来るデイリークエストの選択報酬の一つが『図面:エフェリア帆船』です。, 彼の付近にある箱を、波止場にいるNPCに2個運ぶクエスト内容となっており、サブキャラでも置いて毎日こなすと良いでしょう。, 図面は一般プレイヤー的に1日1個程度ずつしか集められないので、帆船を作り始める頃から毎日デイリークエストを達成する必要がある。(帆船非所有プレイヤーが都度実践するには遠すぎる場所にも一応入手出来るクエストがあるが、時間的にあまりおすすめ出来ない上に特別急いで数を揃える必要が無い。), 必要素材在庫無しの状態から製作を開始し、取引所も活用しない場合、まず間違いなく最後には規格角材800個だったり、労働者が素材を組み込む段階で詰まると思うので、図面集めに関しては全く急ぐ必要はなかったりもする。20個ですし。, 『マツの木合板』は必要数こそ一番多いが、規格角材用の丸太を集める際にマツの木を中心に伐採する事で、規格角材が揃う頃には必要十分以上を得られるはず。, 終盤は”丸太入手の為”にトネリコ原木やシラカバ原木など種類を問わず伐採を進めたりもしたが、規格角材用の丸太が揃った(帆船が完成した)頃にはマツの木原木7449、マツの木板1909(離席時などに意味なく加工していた分もあるはずだけど、護衛船製作にも相当数必要となる)、マツの木合板398が余っているという状況だった。, 最初から最後まで全てマツの木を選んで伐採した場合にはこれよりももっと多く余るようになると思われます。, マツの木原木採集を労働者に任せる場合であれば、自身で採集する木の種類は何でも良くなり、丸太採集効率が上がるというメリットも一応あります。, 『鋼鉄』は鉄と石炭を労働者に取りに行かせて自分で加工をする。必要数も多くはないのでとても簡単な部類ですが、貢献度が少ない方にとっては大変。, 鋼鉄に限らず、素材の加工の際に新規の方や生産にあまり手を付けていない方はすぐには加工出来ないかもしれません。加工には採集見習いLv4以上のキャラクターで連続依頼をこなして条件を満たし、加熱‐訓練知識を得る事が必要。詳しくはゲーム内製作ノート「鋼鉄」のページ参照。, 『亜麻布』は労働者に亜麻を集めさせて、亜麻→亜麻糸→亜麻布と加工していく。こちらも製作ノート参照。, 亜麻についてですが、個人的に序盤の加工レベルが凄くあがりやすいアイテムだと感じて昔からたくさん集めさせていましたのですぐに必要数揃いました。, 仮に早く揃いやすい鋼鉄や亜麻布に貢献度を回す必要が無くなった方は、労働者でマツの木原木を取る事を否定はしないけど、限りある貢献度・労働者を扱う場合は次のステップ(護衛船)の事も見据えてヤシの木(原木及びココナッツ)を取りに行かせておくことを強くおすすめ致します。(バレンシア在住のプレイヤー除く), バレンシア大陸の首都バレンシア東、『アレハヤシの森』が貢献度投資不要の都市に隣接しており、1ヶ所の拠点で2ヶ所採集可能なので貢献度にも優しくおすすめ。, 行動力が少な目の方でも近くの拠点労働者に収集させておいて、必要数揃ってから輸送でも良いですし、少しずつでも時々何かのついでに回収でも良いでしょう。, ・・・エフェリア帆船本体には使わないんですけどねwでも、帆船を自分で作ろうと考えちゃうような方にはきっと、早くヤシの木取らせておくんだった~となる事間違いなしっ, 多くの方がセレンディア、バレノス、カルフェオン地方で活動を主としていると考えていますが、バレンシア地方を主な活動地域としている方は、逆に自力採集を近場のヤシの木に、労働者にマツの木を取りに行かせるのも良いですね。, 私はエフェリア帆船の必要素材を一つも取引所から買う事なく完成まで漕ぎつけた。(※魔力が込められた伐採斧を除く), 振り返ればひたすら伐採の毎日。狩りもせず特別な金策もせず、帆船で海洋コンテンツを楽しむべくプレイしている時間は愚直に木を伐採していた。, 毎日がマツの木との戦いだった。「伐採はスポーツだ」とでも言いたくなるくらいの巡回具合で、エントアバター(採集速度を増加させる効果を持つ衣装)で伐採を繰り返す様は傍から見れば不気味だったと思える。, ではエントの森で採集を。とすぐには思わず一度ご自身の住環境・キャラクター環境を考えてみましょう。, 私の場合はフローリン村のすぐ北『メンフクロウの森』で伐採していました。(ぐるっと回る頃に再採集可能に。※定員1名が限界。), 要課金で見た目はメイド服。加工時、素材をインベントリに持っていなくても倉庫内のアイテムを直接加工出来る。ただし完成品はキャラクターインベントリに入る。, あらかじめ素材を手に持つ必要が無くなるのでキャラクターの重量に余裕が出来、より長く加工を継続させ続ける事が出来る。(長く放置出来る), こまめに素材と完成品の状態をチェックするのであれば不要とも言えるがあるととても便利。, ところで最初に購入した時に使い方が分からず困ったのだけど・・・セットを装備した状態で倉庫を開いたときに取引所登録ボタンの隣、以下の図のボタンが増えている。, 左下の加工ボタンを押して、倉庫内アイテムの加工を始める事が出来ます。わかりづらい。, とにかく信じられない程の回数伐採をする事になるので、一回毎の採集時間は短い方が良いのは当然。採集潜在力5段階は必須クラス。, 他では採集用の銀刺繍服(自力製作か取引所。課金不要)と、ギルドスキル採集2以上ある所に所属する事が望ましい。, 採集レベル熟練5以上で装備可能な採集道具。イベントなどの配布や、馬の皇室納品によって入手可能なので、取引所の流通もそこそこある。他のプレイヤーの予約額をチェックして元の販売価格の2倍前後で予約を入れて入手すべき。, 採集時間の減少の為にも絶対利用しましょう。(先の尖った・堅い)黒結晶の欠片も明らかに獲得しやすくなる印象。, エフェリア帆船はエフェリア港町(エフェリア3-5番地2階)で生産する必要が有ります。, エフェリア帆船の生産は労働者にしか行えず、工程数が膨大なので大量の労働者の雇用をする為に宿泊施設もたくさん借りなくてはいけません。, 生産はエフェリア港町の施設で行いますが、拠点接続済みの都市から労働者を派遣する事も出来ます。その場合は所属する都市の倉庫に素材を配置して労働者を仕事に向かわせましょう!, まだ黒い砂漠を始めたばかりのプレイヤーがエフェリア帆船の製作に挑むのは茨の道です。, 一度に1~2個ずつしか取れない丸太を10000本を軽く超えて獲得する必要があるので、採集に利用する行動力もたくさん必要。, 放置時に接続しているキャラクターは多めに、その他キャラクターは少しずつ行動力が回復しますが、最大行動力が少ないと1日プレイをしていない時間帯に回復して溢れてしまう行動力が少し勿体ない。, 取引所でも流通の多めなカーマスリブの祝福には行動力回復+2と、アイテム獲得確率+20%という効果が付いています。, 当然「採集で消費する行動力>回復する行動力」となるので、行動力の回復を高めるカーマスリブの祝福はあると嬉しい。, るっちは途中から利用し始めたのですが世界が変わった。先尖・堅いの入手数もカーマスリブ適用有無で明らかに違ったと実感した。, 行動力回復ポーションも買ったりしてみた事もあるけれど、1日のプレイ時間(放置なしで接続している時間)が短めの方や、行動力の最大値が少な目の方はポーション。長くプレイ出来る方や行動力最大値が高い方はカーマスリブの祝福を利用すべきだと思います。, 前項との関連となりますが、サブキャラクターを増やす事のメリットはたくさんあります。, 一つは単純に利用出来る行動力が増える事。それぞれのキャラクターで採集レベルを高めて採集していくもよし。この方法では家名声褒賞が上がり長期的に見ても素晴らしいメリットがあります。, 採集用のメインキャラクター集中派は、サブキャラの行動力を分ける為に、エフェリア(船着き場)・カルフェオン(大学)・ベリア・ケプラン・アレハンドロ農場・グリッシーに居るNPCアルスティンに話しかけて行動力回復ポーションをもらい、倉庫や輸送経由で渡す事で、サブキャラの溢れてしまう行動力の1キャラ集中化も可能です。, 丸太や原木は比較的重いアイテムであり、相当数を集める以上すぐに重量オーバーとなってしまいます。, 馬車のように重量を多く持てる搭乗物を近くの厩舎に配置する事をまずはおすすめします。, 馬車に入りきらない重量までアイテムが貯まったら、集めたアイテムを全てキャラクターに所持させて、馬に乗り換えて都市へ帰りましょう。, 採集場所の近くに厩舎は必須。同様に活動拠点から馬車などで出向いてという方法もありますが、あまり遠いようであれば馬で採集場所付近の厩舎まで移動し、馬車に乗り換える方が良いでしょう。(往路の移動速度低下、馬車の寿命問題の為), おすすめの馬車は180kで厩舎でいつでも買える14マス入る農場馬車です。貴族馬車は3M前後で20マス入り便利ですが、単純に必要数揃えると高いという事と取引所でも品薄の為。, 各厩舎に1つは農場馬車を置いておけば、出し入れやどこにアイテムを入れたかわかりづらい等少々不便はありますが、14マス倉庫が増えるようなものと言えますし、倉庫がなくても厩舎があるような場所に倉庫のようなものを作る事が出来ます。, 初めて厩舎を訪れる場合は手持ちバッグにシルバーを用意して行くか、毎日届く家名声褒賞のメールを残しておき、必要金額を引き出して利用しましょう。, 全く準備出来ていない状態から1日や2日で集まるような物量ではありませんので、日々の積み重ね、こつこつと焦らず慌てず少しずつでも着実に集めていく事、完成品を手に入れた後を楽しみに、辛い時には採集をしない日を作る事も大切です。, 根を詰めてゲームに疲れてしまっては意味がない。ゲームをやるという事が苦行であってはならない。楽しむものであるべきだから。, るっちはある日とても親切なギルドメンバーが集うギルドに拾われて、ギルドメンバーの協力のおかげでエフェリア帆船の完成と同じ日に航海レベル熟練1を達成する事が出来ました。(快速巡行が利用可能となるレベル), これにより、非常に億劫だった大洋の移動が格段にスムーズとなって、ソロではまだ成し得てなかったであろう海洋の各種コンテンツを時間短縮で楽しむ事が出来るようになりました。, 発売目前のDQ11:ドラゴンクエスト11に触れられる新しい動画が公開されています。