NTT熊本市のNTT西日本桜町ビルを建替え再開発!地上14階、延べ3.75万㎡の複合商業施設【2024年度完成予定】 に アリー my dear より 東京・品川区の天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「ペタルス東京」が2020年11月9日にオープン! “ 大阪・OBPに新たな美術館を計画/ホテル・事務所ビルの敷地内に建設/マルイト ”. 投稿日時:2020.11.9.19:18 / 最終更新:2020.11.10.22:38, 2025年に夢洲エリアにおいて2回目の大阪万博を開催する予定となっており、大阪市の中心市街地や周辺では大規模な再開発計画が続々と明らかになっています。, 中でも梅田・大阪駅周辺エリアでは大規模な再開発が連続して行われ、都市の風景が大幅に変貌を遂げる予定となっています。, JR大阪駅の北側の通称「北ヤード」は2000年代に入ってから大規模なヨドバシカメラ・ヨドバシ梅田タワーの進出や、4棟の超高層ビルを中心としたうめきた1期地区などが建設され、西日本最大規模のビジネス街・繁華街である梅田エリアの一角として再開発が進みました。, 梅田北ヤードエリア最大級の再開発として、「うめきた2期地区開発」が2024年夏に一部開業予定となっています。, 4棟のボックスが積み重なるような独創的なデザインの超高層ビルを中心に、大阪駅前のイメージを一新する大規模な都市公園など贅沢な空間などが誕生予定です。, 大規模な都市公園と独創的なボックスデザインの超高層ビルが建設され、近未来的な景観が出現します。, 地上51階、47階、39階、28階建ての4棟の超高層複合ビルが建設され、エリア中央にはミュージアムも含まれる大規模な都市公園が整備されます。, オフィスやホテル、住宅、商業施設など多彩な都市機能が立体的に提供される予定となっています。, 2023年春にはうめきた2期エリアのアクセス駅となり、なにわ筋線計画とも連動予定の北梅田駅も開業予定です。, 民間宅地北街区には地上47階建てのタワーマンションと、地上28階建ての複合ビルが建設されます。, 民間宅地北街区には地上51階建てのタワーマンションと、地上39階建ての複合ビルが建設されます。. 着工:2019年08月(予定) 建築主:ディー・エフ・エル・リース 大阪市では梅田・中之島周辺や本町・心斎橋・難波といったキタ・ミナミ両エリアで再開発ラッシュとなっています。, 老朽建築物の新陳代謝が進んでおり、老朽建築物が次々と超高層タワーマンションや超高層オフィスビルに生まれ変わっています。, 梅田北ヤード跡地再開発「うめきた」は、1期がグランフロント大阪として開業済みですが、2期地区の再開発が動き出します。, エリア中央に広大な都市型公園を整備し、南北に超高層複合ビルを2棟ずつ建設する計画で、総延べ床面積は約53万㎡にのぼります。, デザインも自然と調和しつつ近未来的な雰囲気で、梅田エリアの景観を劇的に変えるインパクトを持っています。, うめきた2期地区開発事業者決定!三菱地所を代表とする企業グループに。延床53万㎡超の大規模再開発!, 超高層のオフィスビル・タワーマンションの他に目立つ開発が、大規模ホテルの開発計画です。, これは関西で爆発的に増加しているアジア・中国・欧州などの海外からのインバウンド観光客の宿泊需要を受けたもので、観光地としての人気が高まっている間はホテル建設ラッシュが続く見通しです。, 海外からのインバウンド観光客の増加を受け、ネックとなっているのが関空と大阪・京都間の所要時間でした。それを一気に解決し、大阪の新たな交通軸となることが予想される「なにわ筋線」計画です。, 膨大な建設費がネックとなり今まで計画が進んできておりませんでしたが、2017年に、府・市・JR西日本・南海・阪急の5者がなにわ筋線建設に向けて協力して取り組み、2031年春の開業を目指すことが決定しました。, なにわ筋線のルートと途中駅・乗り入れ鉄道会社まとめ。大阪の交通事情が一変する可能性。, 2025年の大阪万博開催決定を受けて、大阪万博の会場となる夢洲エリアへのアクセス路線として、2024年完成を目指し、大阪メトロ中央線の夢洲駅延伸計画が進行中です。, 万博会場となる夢洲エリアは、IR(統合型リゾート)の整備が検討されており、実現した場合は、JRゆめ咲線(桜島線)の夢洲駅延伸や、京阪中之島線の九条駅延伸・中央線接続による臨海部アクセス改善などのプロジェクトが動き出す可能性があります。, 「淀屋橋駅西地区再開発」東地区とツインタワー形成へ。大和ハウス工業等が超高層ビルを整備。, 大丸心斎橋店北館リニューアルのテナント店舗&バイト求人は?いつオープン?改装で休館中, 大阪駅新駅ビル開発。駅西を大規模に再開発、高架下に改札口や商業施設もオープン予定。, 「大阪駅西地区開発計画」大阪梅田に超高層複合施設を建設。大阪駅直結の商業施設はいつオープン?テナント店舗は?梅田三丁目計画。KITTE大阪となるか?, 「大阪駅西エリア開発」は2023年以降に竣工を目指す。JR西日本による大型駅ビルが構想中。, 大阪市難波のセンタラ・ホテル&リゾートの求人採用&ホテル情報。いつオープン予定?34階建ての超高層ホテル。, 近鉄大阪上本町駅ターミナルを再開発する構想が明らかに!2033年度完成目指す。シェラトン都ホテル大阪や駅舎を建替, 大阪夢洲IR(統合型リゾート)開発コンセプト募集に7者が登録し2019年8月に提案予定!, 大阪淀屋橋にツインビル(タワー)を建設する計画が明らかに。再開発し高さ150m、135mの高層ビルを建設, 大阪夢洲IR(統合型リゾート)誘致構想を徹底解説!開業時期・スケジュールはいつ?場所は?, OMO7大阪新今宮の求人採用&ホテル情報は?いつオープン予定?意味や読み方は?星野リゾートによる都市型観光ホテル, 本町サンケイビルは2021年10月竣工予定!大阪本町エリアに超高層オフィスビルを建設, 日本生命淀屋橋ビル建替計画(再開発)は2022年10月竣工!高さ123mの超高層オフィスビル計画が明らかに, アパホテル&リゾート梅田駅タワーの求人採用&ホテル情報は?いつオープン予定?客室数1500室超の超高層タワーホテルが誕生, 心斎橋プラザビル本館ほか4棟を31階建ての超高層ビルに建替再開発!ヒューリックにより計画, 心斎橋パルコ(PARCO)のテナント店舗&バイト求人は?2020年のいつオープン予定?大丸心斎橋店北館に再出店!, 星野リゾートの新今宮駅前ホテルが2019年3月着工、2021年10月の完成目指す。開業時期は2021年10月以降, 「夢洲駅タワービル」大阪メトロが夢洲駅超高層駅ビル構想を発表!275m級55階建て, ヨドバシ梅田タワーに阪急阪神ホテルズが出店!1000室の梅田エリア最大級のホテルが誕生!, (仮称)京阪神OBPビルは2021年2月竣工!地上15階建て超高層データセンターが誕生!, 阪神百貨店梅田本店が6月1日に部分開業!「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」1期棟竣工, USJ7棟目のオフィシャルホテル「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ」が2018年7月オープン!, 都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。, Designed by 都市レポ 全国の再開発情報・再開発マップ都市レポは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。. 大阪の開発計画3:大阪の都市機能を向上させるエリア開発 (写真=pixta) 大阪では「大阪7大再生プロジェクト」と呼ばれる再開発が進んでいます。 うめきた2期再開発. まさに「Google版AirDrop」。ワイヤレスファイル送信「Near by Share」が便利, 大阪府は、新大阪駅周辺地域の再開発について、まちづくり方針の骨格を公表した。2037年のリニア全線開通を踏まえ、新大阪駅周辺の20年から30年先を見据えた新しいまちづくりを目指す。, 同地域は2018年8月に内閣府から「都市再生緊急整備地域の候補となる地域(候補地域)」として指定。国や大阪府、民間事業者などが将来のまちづくりについて検討を重ね、「新大阪駅周辺地域都市再生緊急整備地域 まちづくり方針の骨格」を取りまとめた。, 同方針は、リニア中央新幹線の全線開通による「スーパー・メガリージョン」の形成など、新たなインパクトに備え、新大阪駅周辺の20年から30年先を見据えた新しいまちづくりをコンセプトとするもの。, 開発検討対象地域は、新大阪駅周辺を中心に、直近の鉄道交通結節点となる、十三駅周辺、淡路駅周辺も含めた範囲が対象となる。, リニアの開通により、東京など主要都市圏への所要時間が大幅に減少する新しい交通ネットワーク形成によって、実質的に7,000万人規模の巨大都市圏が形成されることを前提に、アジアの発展や、Society5.0(超スマート社会)の到来、災害への対応、SDGsを踏まえた街づくりを目指す。, 「スーパー・メガリージョンの西の拠点」として、交流を促進。多様な人や情報を融合して新たなビジネスを生み出すことが重要とし、ビジネス・産業を促進する機能を一体的に提供する。観光・文化などにも注力し、ツーリストのベースキャンプとして、日本各地とのネットワークを構築する。これらを実現するため、低利用な民有地の開発促進、公共空間と、民間建築物の重層的活用の促進、開発者と、利用者側のネットワーク構築などを行なう。, また、広域交通ネットワークの一大ハブ拠点として、多様な交通サービスの提供や利用者一人一人に最適な交通モードへの乗換利便性を向上することで交通結節点機能を強化。国内外の利用者が安心して利用できるユニバーサルデザインの街づくりや、移動のシームレス化などを実現する。このため、新大阪駅の交通広場での立体的な空間利用の促進、地域内の回遊性を高めるシームレスな交通システム実証を行なう。, その他、日本の国際都市としての顔にふさわしい都市空間として、新しさと歴史を持つ深みのある高質な都市空間を創造。淀川の活用など、光、緑、水などを効果的に利用して心地よい空間作りを目指す。, 今後は、新大阪の動きを国内外に広くプロモーション。民間都市開発の機運醸成、新たな事業の創出、人の集積などの動きを作り出すほか、プロジェクト実現に向けた取り組みを官民連携で推進。早期実現可能なものは適宜、具体化を進めるという。. All rights reserved. 大阪市は2020年2月13日に一般会計で 1 兆 7700 億円となる来年度予算案を発表しました。20 25 年大阪・関西万博の開催準備や、大阪irの誘致を見据えた成長戦略の実行に予算を重点配分し、投資的経費は前年比プラス 14%と大幅に増加しました 。 スタンダード不動産のスタッフブログ記事ページ、「大阪の心斎橋の再開発・都市開発計画2020年の予定 」でございます。このページでは賃貸物件や売買物件の最新情報、お得な情報など、弊社から最新の情報をお届け致します。物件探しの際はぜひお役立てください。 Copyright ©2018Impress Corporation. 着々と再開発が進む難波・心斎橋エリア. Impress Corporation. →ヴィアイン大阪京橋(仮称)の建設状況 19.08, 【スペック】 JR西日本グループのジェイアール西日本デイリーサービスネットは、JR京橋駅近くに「ヴィアイン大阪京橋(仮称)」を出店すると発表しました。当該地は大阪ビジネスパークに近く、JR京橋駅から徒歩1分でアクセスできる好立地。客室数約220室、延べ床面積約6000㎡の規模で2020年12月の開業を予定しています。 名称:ヴィアイン大阪京橋 →ヴィアイン大阪京橋(仮称)の建設状況 20.03 施工者:大和ハウス工業 「うめきた2期」(出典 三菱地所 2018年5月時点)「うめきた」は、JR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の敷地面積24haの再開発計画(1期7ha +2期17ha)で、すでに1期部分は「グランフロント大阪」(敷地面積7ha)として2013年に開業 北陸新幹線ー敦賀延伸の開業時期が1年以上延期の見通し。加賀トンネルの地盤が膨張しひび割れが発生, 大阪中之島美術館・Nakanoshima Museum of Art, Osakaの建設状況 20.11【2021年度開館予定】, 本当に必要なのは8倍速で決められる仕組み。「大阪都構想」住民投票否決を受けて伝えたいこと, 【和歌山IR】和歌山県がIR開業目標を当初より1年延期の2026年春頃に変更。政府が申請期間を9カ月延期するため, 【2021年9月竣工】天神ビッグバン1号案件「(仮称) 天神ビジネスセンター」新築工事がついに着工!, NTT熊本市のNTT西日本桜町ビルを建替え再開発!地上14階、延べ3.75万㎡の複合商業施設【2024年度完成予定】, 東京・品川区の天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「ペタルス東京」が2020年11月9日にオープン!, アリオ松原(仮称)松原天美ショッピングセンターの建設状況 20.09【2020年11月開業予定】, 星野リゾート OMO7 大阪新今宮 建設工事の状況 20.11【2022年4月開業予定】, JPタワー大阪(仮称)梅田3丁目計画 建設工事の状況 20.11【2024年3月竣工予定】. 難波・心斎橋エリアは梅田・中之島エリアよりは再開発が活発ではありませんでしたが、「なんばスカイオ」が2018年に竣工し、「大丸心斎橋店本館建替え計画」など大型の再開発が進行中です。 wホテルが大阪進出! 目次「大阪駅西地区開発計画」大阪駅前に日本郵便やJR等が大規模開発大阪駅西地区開発計画のフロア構成商業施設は「KITTE大阪・梅田」になるか?大阪駅西地区開発計画の入居... 「夢洲駅タワービル」大阪メトロが夢洲駅超高層駅ビル構想を発表!275m級55階建て. スタンダード不動産のスタッフブログ記事ページ、「大阪の心斎橋の再開発・都市開発計画2020年の予定 」でございます。このページでは賃貸物件や売買物件の最新情報、お得な情報など、弊社から最新の情報をお届け致します。物件探しの際はぜひお役立てください。 →ヴィアイン大阪京橋(仮称)の建設状況 20.01 計画しているのは、心斎橋新橋交差点北東側の一等地で、「心斎橋プラザビル本館」などの, 「心斎橋プラザビル本館」から移って、「心斎橋プラザビル本館」などの4棟を解体して新しいビルをこの跡地に建てる、というようなシナリオがイメージできるのではないでしょうか。, 大阪の心斎橋では、さまざまな再開発・都市開発計画が予定されていますが、ここでは、「心斎橋. ヴィアインホテルチェーンは、JR西日本グループが展開するビジネスホテルチェーンで、この計画が完成すると、全27棟、客室数約6,600室の規模となります。