赤ちゃんとの外出について1ヶ月健診が終わった後からお出かけok場所、ママが行きたくても我慢するべき場所や赤ちゃんや乳幼児連れでの外出先別マナーや乗り物の利用、服装や持ち物など赤ちゃん連れの外出で残念な思い出をつくらない為のポイントをご紹介。 赤ちゃんがお腹にいる時から、抱っこ紐やベビーカーなどを準備して、おでかけを楽しみにしているママパパも多いはず。無事退院してお家に帰ってきたけど、いつから外出していいの?必要な持ち物は?赤ちゃんを連れて行けるところは?など、たくさんの心配点が出てきますよね。 生後5ヶ月頃の赤ちゃんとのお出かけや外出がしたいママはたくさんいます。今回は、生後5ヶ月の赤ちゃんの発達状況をはじめ、生後5ヶ月の赤ちゃんと普段から行ける外出先を紹介します。おすすめのお出かけスポットや外出の時の服装、お出かけする時の持ち物も挙げています。 毎日の散歩、たまの遠出など、生後6ヶ月頃の赤ちゃんとの外出の行き先や服装などについてもみていきます。 生後6ヶ月の赤ちゃんとの外出先. 赤ちゃんは産まれてから首や腰がすわるまでは、前開きの肌着や上下繋がった前開きのロンパースでないと着せにくいと思います。 ですが、赤ちゃんも 生後6ヶ月頃にもなると、個人差はあるのものの、腰がだんだんすわってきて、支えが無 […] 赤ちゃんがお腹にいる時から、抱っこ紐やベビーカーなどを準備して、おでかけを楽しみにしているママパパも多いはず。無事退院してお家に帰ってきたけど、いつから外出していいの?必要な持ち物は?赤ちゃんを連れて行けるところは?など、たくさんの心配点が出てきますよね。1日の大半を寝て過ごす新生児期でも通院などで外出しないといけないこともあるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんが外出できるようになる時期の目安について、また月齢別の外出時の注意点や持ち物、おすすめスポットなどをまとめてみました。成長していくに連れ、おでかけできる範囲もどんどん広がっていきますよ。赤ちゃんと快適に楽しくおでかけするために、ぜひチェックしてみてくださいね。, 新生児とは、出生後28日未満の赤ちゃんのこと。新生児は1日の大半を寝て過ごします。新生児の間は基本的に家でゆっくり過ごしましょう。なぜなら、新生児はまだ身体も弱く、免疫力も低いので、病気になる可能性が高いからです。外界からの刺激をできるだけ避け、感染症を予防してあげましょう。ちなみに新生児が大人と同じ湯船に入らず、沐浴をするのも感染症予防が理由です。また、問題なく出産、退院しても、ママの体は完全に回復しているわけではありません。3時間ごとの授乳や慣れない赤ちゃんのお世話で、寝不足が続いている時期でもあります。赤ちゃんが外出できるようになるまでは、赤ちゃんが寝ている間はママもなるべく横になって体を休めるようにしましょう。買い物などは、パパにお願いしたり、ネットスーパーなどを利用したりするのがおすすめです。ちょっと気分転換ややむを得ない用事で外出したいこともありますよね。そんな時は、できるだけ赤ちゃんを連れて行くのは避け、パパや家族に家で見てもらうといいでしょう。, 赤ちゃんのおでかけデビューは、一般的に生後1ヶ月に行われる1ヶ月健診になることが多いようです。1ヶ月健診で特に問題がなければ、少しずつ外出してもOKになります。退院後家で過ごしてきた赤ちゃんは、外気や人ごみには慣れていません。1ヶ月健診に公共交通機関を利用していく場合は、ラッシュの時間を避けていけるように健診の予約をすることをおすすめします。徒歩や車、タクシーを利用して行く場合も、赤ちゃんを連れて荷物も多いおでかけになるので、時間に余裕をもってでかけるようにしてくださいね。, 病院によっては、退院後1週間目に健診がある場合もあります。また、赤ちゃんの体調次第で1ヶ月健診前に診察に行く機会がある場合もあるでしょう。その場合は、できるだけ赤ちゃんを外気に触れさせることは避けたいところです。なるべく車かタクシーを利用しましょう。ママの身体の回復も完全ではない時期です。病院まで歩ける距離でもベビーカーや抱っこ紐で抱っこをして荷物を持って歩くのは大変ですよ。, 上の子がいる場合、幼稚園や保育園への送迎が毎日あるご家庭もありますよね。また、習い事の付き添いや送迎もあるでしょう。やはり2人目、3人目、それ以上となると、退院後マニュアル通りに家でゆっくり、とはなかなかいきませんよね。しかし新生児を連れての外出はできるだけ避けたいところです。パパや祖父母、ママ友、地域のファミリーサポートなどの助けをうまく借りることをおすすめします。どうしても、新生児を連れて外出する際は、感染症や紫外線対策をしっかりして短時間で済ませるようにするといいでしょう。特に寒い時期は、体が冷えないように気を付けてくださいね。また、乾燥した季節は、感染症にかかりやすいので、人ごみは避け、ママの手もこまめに消毒するようにしましょう。, 赤ちゃんの月齢によって、おでかけできる範囲や必要な持ち物は変わってきます。ねんねの時期、お座りの時期、立っちの時期と成長していくにつれ、おでかけが楽になったり大変になったりします。また、赤ちゃんの成長によって、おでかけ方法やおでかけ先も変化してきます。外出は、大人には気にならないことでも、赤ちゃんにとっては刺激がいっぱいの経験になることでしょう。なるべく親の都合で連れ回すのではなく、赤ちゃんにとって負担の少ないおでかけを心がけるようにしたいですね。それでは、月齢別でおでかけポイントをご紹介していきましょう。, 1ヶ月健診が終わり、何も問題がないからといって、どんどん外出して大丈夫かというと、そうではありません。生後1、2ヶ月のうちはあくまでも家の中での生活が基本です。まずは、1日数分の外気浴程度の散歩からスタートしましょう。外気浴とは、外の空気に触れて慣れること。室内で窓を開けて、外の風や光に当たる外気浴は生後2~3週間から可能です。次にベランダやお庭で慣らしておくと、生後1ヶ月過ぎにはだいぶ外気に慣れていることでしょう。散歩をする時間や距離を少しずつ延ばしていくと、外出にもだんだん慣れていきますよ。上の子の送り迎えなどもあり、なかなか理想通りにいかないこともありますよね。どうしても一緒に出かけなくてはならない場合は、短時間で帰ってくるようにしましょう。, 月齢の低い赤ちゃんは、まだ体温調整がうまくできません。お家の中と外の気温差が大きいと負担になってしまいます。なるべく気温差が少ない時間帯がいいでしょう。夏場なら涼しい午前中、冬場なら気温が上がる昼過ぎの時間帯がおすすめです。暑過ぎる日や寒さが厳しい日は、室内で過ごすようにしましょう。, この時期はまだ抵抗力も低いので、外出が可能になってからも近所での短時間のおでかけが基本になります。お天気の良い日は公園に連れて行ってあげると外気浴もできますし、日光を浴びると赤ちゃんの生活リズムも身に付いてきますよ。近くのスーパーまで買い物ついでにお散歩するのもいいですね。ただ、混雑する時間帯は避けるようにしましょう。, 赤ちゃんを連れて、近所へ散歩へ行くくらいでも何があるかはわかりません。どんな短時間でもおでかけする時は常に母子手帳と保険証、医療証を忘れずに持参するようにしましょう。数分程度のお散歩や買い物なら、母子手帳などの他にママの財布や携帯電話などの貴重品とガーゼやタオル、ウエットシートくらいがあれば大丈夫でしょう。, 生後1ヶ月から使用できるベビーカーや抱っこ紐がありますが、振動などから赤ちゃんに負担が大きくかかる時期ですので、長時間の使用はなるべく避けましょう。大変な出産を終えて日々の夜泣きや授乳で大変なママ達は少しリフレッシュしたくなる時期ですよね。家にこもり気持ちがふさがってしまうのも赤ちゃんにとって良くないですよ。パパや他の家族に赤ちゃんを見てもらって、しばしのひとりタイムを楽しむのもいいですね。またママ一人では、まだ赤ちゃんとのおでかけが不安、という場合は、パパや他の家族と一緒に赤ちゃんの負担にならない外出をしましょう。, 生後3ヶ月頃になると、赤ちゃんにも抵抗力がついてくるので電車やバスデビューが始まる頃になるでしょう。赤ちゃんにとって初めての公共交通機関デビューは、無理のない距離から始めましょう。まずは、手助けをしてもらえるようにパパや家族と一緒に出かけることをおすすめします。まだまだ小さい赤ちゃんですので授乳やおむつ替えも頻繁にありますし、長時間の移動、頻繁な外出や、感染症が流行している時期のおでかけは負担になるので避けるようにしましょう。徐々におでかけする時間や距離を伸ばしていって慣らしていくといいですね。, 近所に子ども支援センターや児童館があれば、遊びに行ってもいいかもしれません。ねんねの時期の赤ちゃんも過ごせるように、ベビーベッドやベビーメリーが置いてあるところが多いです。赤ちゃんとの初めての生活に少し疲れてしまっても、子ども支援センターのようなところに行けば、同じ月齢の赤ちゃんがいるママとお話しできたり、保健師さんに相談もできるのでおすすめです。, 赤ちゃんが小さいうちのおでかけ先は、授乳やおむつ替えができるベビールームが設置されている百貨店や大型のショッピングモール、赤ちゃん専門店などが安心ですよ。ベビースケールや身長計が置いてあるところもあるので、体重の増減が気になる時おでかけ先でチェックできるのもうれしいですね。出産前は入る機会のなかったベビールームですが、最近ではママの気分も上がるようなおしゃれな内装のところもあるので、訪れるのが楽しくなります。慣れないうちは、外出先にベビールームがあるかどうか、どこにあるかを事前に調べておくようにしましょう。, 最近ではベビーウェルカムの飲食店も多いので、家族やお友達とランチを楽しむこともできるようになります。座敷や小上がりの席があるところだと、赤ちゃんを寝かせてあげられるのでおすすめですよ。キッズカフェでは、赤ちゃん連れしかいないので心置きなくランチを楽しめますし、赤ちゃんが楽しめるおもちゃも置いてあるので飽きずに過ごせます。, 赤ちゃんとのおでかけの際は、たくさんの持ち物が必要になります。なので、容量が大きく軽量なマザーズバッグがあるとおでかけも快適になりますよ。生後3,4ヶ月頃までのおでかけに必要な持ち物にはこのようなものがあります。これらはミルク・おむつを卒業するまで基本の持ち物です。【赤ちゃん連れの基本の持ち物】・母子手帳・保険証・医療証・おむつ(5,6枚あると安心です)・お尻ふき・おむつ替えシート・おむつ処理袋(捨てられるところが多いですが、持ち帰る必要もあるので準備しましょう)・着替え(うんちが漏れることがよくあるんです!)・ミルク用品一式・授乳ケープ・ガーゼ、タオル・ウェットティッシュ・体温調整グッズ(上着やブランケットなど)・お気に入りのおもちゃなど(途中でぐずった時のためにあると便利です)また、ベビーカーでおでかけする場合でも、スリングや首座り前から使える抱っこ紐を一緒に持って出かけると、どうしても抱っこしなければいけなくなった時でも安心です。車でのおでかけの時は、ベビーシートを必ず装着して出かけましょう。赤ちゃん連れの荷物は小旅行並みに多いので頑張りましょう!, ベビールームやおむつ替え設備があるところならおむつ用ゴミ箱が設置されている場合がほとんどですが、ない場合は使用済みおむつを持ち歩くことになります。そんな時に便利なのが防臭力のある袋です。使用済みおむつもこれに入れれば臭いを気にせず持ち歩けますよ。, 商品情報*参考価格:¥ 1,080*ブランド:クリロン化成*サイズ:Medium*商品重量:0.4kg商品の特徴*商品サイズ (幅×奥行×高さ) :16.5cm×5.5cm×8cm*内容量:1個, 初めてのベビーカーで電車・バス移動の際は、それまでは気付かなかった段差など、バリアが多くあることを実感すると思います。特に電車とホームの隙間にタイヤが引っかかりやすいので、乗車の際は十分に気を付けましょう。もちろん無理な乗車は禁物です。時間に余裕を持ってでかけましょう。, 5,6ヶ月頃の赤ちゃんになると、首が据わってくるので、おでかけもしやすくなります。この頃は意志も少しずつ出てくるのでベビーカーを嫌がる赤ちゃんもいるかもしれません。その場合は少し大変ですが抱っこ紐を活用したり、ベビーカー用おもちゃを使ってベビーカーを楽しんでもらえるような工夫をしましょう。首が据わってくると、遠くへのおでかけもできるようになり飛行機や新幹線で旅行に行きやすくなります。まずは、乗り物に乗っている時間が短めの旅行から始めてみましょう。飛行機を利用する際は、ベビーバシネット・ベビーカーの貸出やベビーミールなどベビー向けサービスを活用すると快適に過ごせます。赤ちゃんが生まれてからの初めての旅行はとても思い出になるので、無理なく楽しめるといいですね。, また、旅行に行く時はベビーウェルカムの宿泊先を選ぶといいですよ。宿によって種類は異なりますが、たくさんの赤ちゃんのお世話グッズが備えられていて大変便利です。ミキハウスが認定するウェルカムベビーのお宿や星野リゾートのキッズ&ベビーウエルカムがある施設は赤ちゃん連れの家族に大人気ですよ。, 基本的には3,4ヶ月の頃までと変わりありません。旅行の場合は、離乳食をスタートしている赤ちゃんは、食事の用意が必要ですね。ベビーフードのお粥を活用すると便利ですよ。離乳食用のスプーンやエプロンも忘れずに持っていきましょう。離乳食がまだでもマグやストローデビューしている赤ちゃんは、ベビーマグが荷物に加わります。暑い日のおでかけの時はこまめに水分補給をさせるようにしましょう。, ベビーカーでのおでかけが多くなると、気付かされるのは自分一人で移動するよりも、かなり時間がかかるということです。なかなかエレベーターが見つからなかったり、エレベーターに乗るためには遠回りしなくてはいけなかったりと何かと時間がかかってしまうのです。電車でどこかに行く際に、乗換案内を検索する方も多いとは思いますがベビーカーでのおでかけではその時間通りに移動できないことも多いです。なので、電車移動の際はスケジュールに余裕を持って動くことをおすすめします。ベビーカーでの移動を考慮した乗換案内検索サイトを利用してもいいですね!, お座りができるようになったり、自分で自由に移動できるようになる頃からは、赤ちゃんも様々なものに興味が出てくるので、お外に遊びに連れて行ってあげましょう。広々としたプレイエリアでは思う存分遊ぶことができ、他の赤ちゃんも居ると刺激を受けるので成長に繋がります。お天気の良い日は、芝生のある公園に連れて行ってあげると気持ちがいいですよ。動物園やテーマパークデビューも良いですね!お座りが上手にできるようになると、ベビーチェアにも座ることができるので外食もしやすくなりますよ。遊びに行ける範囲も広がり、ママパパも赤ちゃんとのおでかけに慣れてくる頃です。いつでも安全を心がけてたくさん楽しい時間を過ごしましょう!, 腰が据わりハイハイができるようになる頃からは、赤ちゃん向けのプレイエリアがある場所に遊びに行くと楽しいですよ。子ども向けのプレイエリアでも、乳幼児エリアと幼児エリアに分かれているところですと、まだ小さい赤ちゃんでも安全に遊べるのでチェックしてみましょう。, お座りができるようになる頃から、興味も広がり動物の絵を見て喜ぶ赤ちゃんもいるかもしれません。動物園や水族館は赤ちゃん連れにぴったりです。なんとなく分かっていないようでも、赤ちゃんに「ぞうさんがいるね!」「きれいなお魚さんだね!」と話しかけてあげると言葉の理解力向上にも繋がります。テーマパークが好きだけど、妊娠中からはずっと我慢していたママも多いのでは?私もディズニーランドが大好きで子どもと一緒に行くことを夢見ていました。テーマパークによっては、1人でお座りができれば乗れるアトラクションもありますし、ショーやパレードを見るだけでも楽しいですよ。絶叫系に乗りたい時は、パパや同伴者と交代で乗りましょう!, 離乳食も進んでくると、おでかけ先で離乳食をあげる機会も出てきます。「不二家レストラン」や「IKEA」では離乳食を無料で頂けるサービスがあるので活用してみてくださいね。またファミリー向けの食べ放題のお店や、パン食べ放題のお店などでは取り分けできるものもありますよ。, 離乳食が本格的に始まり、段階も進んでくるとお食事セットも持ち歩く必要が出てきます。この頃から追加されるお食事セットはこのようなものです。【基本のお食事セット】・赤ちゃん用スプーン&フォークセット・お食事用エプロン・手口ふき・離乳食(手作りが大変であれば、おでかけな便利なベビーフードを活用してみては?)・飲み物【あると便利なお食事グッズ】・離乳食用はさみ(うどんなど麺ものを取り分ける際に便利です。)この頃からは、赤ちゃんせんべいやボーロなどおやつも食べられるようになるので、おでかけ中にぐずった時のお助けグッズとして持っているといいですよ。また、お座りができるまではA型・AB兼用ベビーカーを使用しますが、この頃からはB型ベビーカーやバギーを使用できるようになります。とてもコンパクトで軽量なので、公共交通機関を使用するおでかけストレスが軽減されるのでおすすめですよ!紫外線が強い時期に公園など外におでかけする時は、日焼け止めや虫よけをしてからおでかけしたり、長時間のおでかけの際には持ち歩きましょう。, スープなどの汁物も飲ませやすい深めのスプーンと赤ちゃんのお口に入れやすい浅めのスプーンの2本セットです。やわらかい素材なので、赤ちゃんの口あたりもやさいい感触ですよ。ケース付きで、おでかけにぴったりですね。, 商品情報*参考価格:¥ 648*ブランド:リッチェル*カラー:マルチカラー商品の特徴*食べさせてあげやすい育児スプーン。やわらかい素材でお口にやさしい触感で離乳食初期に最適です。*【材質】ポリプロピレン、エラストマー*【機能】耐熱温度:スプーン:120℃、ケース:90℃,本体:電子レンジ・煮沸・薬液消毒可,ケース:薬液消毒可*[本体サイズ] スープ用スプーン:16.1×2.5cm 離乳食スプーン:15.4×2.6cm*[製造国] 中華人民共和国, NEO-NOCX加工と言う、油汚れが落ちやす加工が施されたエプロンです。水につけるとカレーやミートソースの汚れも落ちるんですよ。ポケット部分は食洗機でも洗えてお手入れ楽々。持ち運ぶ際は、エプロンをくるくる巻いてポケットに入れれば、とってもコンパクトになりますよ。, 商品情報*ブランド:コンビ*対象年齢:0歳5ヶ月~*カラー:しましま*サイズ:首周り寸法 25~30cm*商品サイズ:7cm x 23cm x 33cm*商品重量:82g商品の特徴*[本体サイズ] 個装サイズ:8×6×25cm*油汚れが落ちやすいNEO-NOCX(R)加工を採用!*[製造国] 日本, おでかけのお供に便利なケース付きの離乳食はさみです。刃先は食器を傷つけにくいプラスチック製。麺類だけでなく、ソーセージやブロッコリーなども楽に切れますよ。, 商品情報*参考価格:¥ 701*ブランド:リッチェル*対象年齢:3歳~50歳*カラー:マルチカラー*商品サイズ:3cm x 20cm x 13cm*商品重量:82g商品の特徴*【材質】本体:ABS樹脂、ケース:ポリプロピレン*【機能】耐熱温度:本体・留め具:80℃、ケース:120℃,食洗機:ケースのみ可,本体・留め具・ケース:薬液消毒可*[本体サイズ] サイズ/離乳食はさみ:6.7x1.1x11.7H(cm)、ケース:12.5x7.5x2.1H(cm)*本体、ケース付き, アロベビーUV&アウトドアミストは、その通り、日焼け止めとアウトドア対策が1つになったミストです。レモングラスやローズマリーなど天然由来の成分100%なので、赤ちゃんでも安心して使えます。, 商品情報*参考価格:¥ 2,538*ブランド:ALOBABY*メーカー:N&O Life*サイズ:1本*商品サイズ:4cm x 4cm x 14cm*商品重量:0.2kg, 生後6ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの免疫力が落ちてきます。そうすると、感染症にもかかりやすくなり初めての風邪や病気を体験することもあるでしょう。おでかけに慣れてきて、たくさん外の世界に触れ刺激をもらうと同時に、病気ももらいやすくなるので赤ちゃんも含めて家族全員で帰宅時の手洗いを心がけるようにしましょう。とはいえ、風邪をひくことによって免疫も付いてどんどん強い身体になっていくので、気をつけながら楽しくおでかけすることが1番ですね!, いかがでしたか?今回は、0歳の赤ちゃんとおでかけする際の月齢別ポイントをご紹介しました。赤ちゃんとのおでかけは大変なこともありますが、親も新しい発見や出会いがたくさんあり楽しいことがいっぱいです!親子で成長していく機会も多いので、楽しいおでかけをしてくださいね。, 1988年生まれ東京在住の母親です。2014年6月生まれの、電車とワンワンが大好きな男の子を育てています。昔から子どもが大好きで、念願の母親になることができ日々奮闘しながらも楽しく育児をしています!ファッション、おでかけ、子どもグッズ、ベビーサインなどの幼児教育、子鉄情報などなど…子育てが楽しくなるような情報をお伝えできたらと思います☆.