小学生6年生向けの無料漢字ドリルです!すべて無料でダウンロードできますので、ご家庭や学習塾、学校などでご自由にダウンロードしてお使いください。小学校六年生で習う漢字は全部で181字あります。漢字は何度も根気よく書いて覚えましょう!頑張ってください! 地域の施設を活用しよう . 職業や性格などを言って,世界で活躍する人を紹介することができる。, This is my town. 光村図書出版のウェブサイト。小学校・中学校・高等学校の教科書,デジタル教科書の情報や,授業・教材研究に役立つコンテンツ,連載コラムを掲載しています。 ブラウザのJavaScript設定が無効になっているため,一部ご利用いただけない機能があります。お手数ですがJavaScript設定を有効にして,サイトをご覧くださいますようお願いいたします。, Welcome to Japan. 漢字の形と音・意味. Fun Time 9 文字遊び 文を作ろう やってみよう 折り紙で気持ちを伝えよう 英語の歌 I Think You’re Wonderful Review 世界の友達 3 Review 英語の学習を続けていこう 絵辞典 6年生で学習した表現 Sounds and Letters Let’s play sugoroku. 「知」図を取り入れて実践をしてみた,小学6年生の国語「帰り道」の授業。前回の続き。, 前回までは,主人公の心情を読むという,言ってしまえばオーソドックスな問いだった。今回は,文章の構成や簡単な修辞法に着目して読むという学習について書く。こうした授業は,僕にとって鬼門だった。今まで10年も国語の授業をしながら,こういった授業を「うまくいった」と感じることは…あまり無いかな…。どうしても,持っていきたい方向に持っていってしまい,ありゃりゃな授業になってしまう。でも,「知」図を使った授業をすると,今まで高い壁だった文章の構成や修辞技法の工夫を読み解いていく時間が,めちゃめちゃ楽しくなることが分かった。そして,学習の成果を振り返る「帰り道のかえりみち」というワークについても,記しておきたい。, まずは,二人の視点から書かれた群像劇の魅力について,子どもたちがどう考えたのかを紹介する。, C3「律と周也,律はこうだ。周也はこうだ。って書くから,2人の気持ちが分かりやすいと思いました。」C2「あ,似てる。お互いの気持ちが分かるからって書いた。T「一人の視点から書かれた物語だと,どうなっちゃうの?」C3「なんか,誤解が生まれるんじゃないかなぁと思ったの。」C2「うんうん。」C4「うちは,周也の目線と律の目線が分かるようにって書いたんだけど,言いたいことは一緒で,片方だけ読むともう片方が悪者になっちゃうと思ったのね。」C1「あー。1だけ読むと,確かに周也は嫌なやつだよね。」C2「でも,悪気はないじゃん?」C1「そうそう。2を読めば,それが分かる。」C3「そう。見方が違うだけなんだよね。」C1「僕は,こないだ出た話,有ったじゃん?自分が短所だと思っていることも,相手から見ると長所だってこと。それを,読者に伝えたかったんじゃないかと思うの。」C4「短所は長所ってやつね!」C1「そう,それ。それがいっちばん伝わるのは,この分ける書き方でしょ?」C3「確かに。1と2のどっちも書かないと,分かりづらいわ。」C2「この話,『わらぐつの中の神様』でもしたよね。伝えたいことによって,書き方が変わるって。」T「すごっ,よく覚えてるね。(私はすっかり忘れていた…)」C4「○○,すごいね。よく覚えてたね。テーマと書き方の話でしょ。やっぱりそうなんだね。」…, 子ども達は,読者と作者の視点を行ったり来たりしながら,物語を読んでいた。個々の意見が,論理的に表現されるときもあれば,そうでない時もある。しかし,ぽつぽつと,自分の「思いつき」をつぶやき,思いつきがいくつか結び付くことで,根拠を伴った意見が生まれる。その結びつきを発見することは,意見に関わったり共感したりしている全員にとって「楽しい」ようだった。だから,次の一言や,根拠のない思いつきをその場に投げ込んでみたくなる。それが続くことで,より考えが広がり,楽しさも加速していく。前編もお読みいただくと,より分かるのだが,大人が唸るような「すばらしく深い読み」(そういうものが有るとすれば)が生まれるわけではないと思う。しかし,思考が促され,自分達の考えたことが可視化される場に,どの子も参加しているということが,僕にとって大切な事だった。, C3「僕は,洗い流したいからだと思った。もし,降ってきたのが桜の花びらだったら…」T「ちょ,ちょっと待って!え,桜の花びら?」C3「もし,ですよ。そうすれば,天気雨じゃなかったら何でいけないかが分かるから。」T「あぁ,ごめん。つづき教えて?」C3「もし,花びらだったら,洗い流せないと思うんだよね。その気まずい感じを。」C2「そうだよね。だから,僕も一緒で,水がまほうをかけたって書いたの。」C1「"まほう"ってすごいね。」C2「なんか,昨日,律も周也も"重り"とか"異物"が,心にひっかかってたって言ってたじゃん。これこれ。これを流せるのは雨しかないかなって…」C1「よく嫌なことを忘れることを,"水に流す"っていうもんね。」, C4「雨しかないっていうのなら,私も似てること考えた。天気雨にしたのは,律が"どっちも好きだって言えるもの"にしないといけないと思ったのね。」一同「?」C4「だから,もし鳥のフンが落ちてきたら,律は好きって言えないじゃん。」C1「あはは。確かに。絶対に嫌だもんね。ミサイルも嫌だし。」T「他には?」C2「そうそう。事故が起きてハッとするってのも嫌だ。」C3「2人で転んじゃうってのも,嫌だよね。」C4「うん。でさ,最初に2人がケンカしたのって,律がどっちが好きか言えなくて,でも本当にどっちも好きだったからじゃん?だからさ,天気雨なら,降っても降らなくてもどっちも好きって,もう一回言えるじゃん。」C2「確かに!しかも,今度は周也も一緒にいるから,分かってもらえる!」C1「なるほどぉ。律が”もし自分も言えたなら…”って言ってたことが,ちゃんと言えたってことね!」C4「そうそう。そうするには"天気雨"しかないでしょ。」C3「すげぇ…」T「(手元の付箋を見て)まだ,有りそうだね。C2は?」C2「あと,2人が笑顔になるために,天気雨だったのかなって書いた。」T「うんうん。説明してくれる?」C2「周也は,前髪がツンツンしてるけど,それがペタってなったら面白いじゃん?これが,どしゃ降りだったら,笑ってられない。」C1「確かに。笑える雨っていうか,"明るい雨"だからいいんだよね。それと,僕はけんかが収まることを"雨があがる"ってことに例えたのかなって思った。」C2「雨があるから,晴れたって感じが出るもんね。」T「なんか,そんなことわざ有ったな…。あ,そうだ,雨が降らなければ、虹はできない。だ。」C4「すげぇ,ぴったりだ。私は,雨降って地固まるだと思ってた。」C3「何それ,初めて聞いた!よく知ってんね。」C1「あと,もう一個あって。2人が勘違いできるようにするために,天気雨にしたんじゃないかな。」T「どういうこと?」C1「その前まで,2人が考えてたことあったじゃん?周也は,ピンポン玉のこと考えてたでしょ?律は,なんか…いやな思いで…なんだっけ?」C2「あぁ,洗い流したい。みたいな?」C1「そうそう,なんか重りみたいな。で,律も周也も,天気雨なら今考えてることと重なって,勘違いできたじゃん?ピンポン玉とシャワーに。だから,お互いビックリして,どうでも良くなったんじゃない?」C4「確かに,天気雨なら,両方の考えに合うね!」物語の構成や修辞技法について,こんなにもエキサイティングに考えられるものかと,驚かされた時間だった。子ども達は,物語を読みながら,非常に多くのことを思いついたり,気づいたりしていることが分かった。その過程では,仮定したり,推測したり,関連付けたり,比較したり,相違点を探したり…時折,子どもたちがぐっと考えている緊張感が,ピリピリと伝わってくる。, でも,この授業では「考える」と言う言葉を,意識的に使わなかった。もしかすると,「考える」と言う言葉を使っていたら,また別の展開になっていたのかもしれない。「思いつく」と「気づく」。この2つの言葉は,まだまだ可能性を秘めているようだ。また,子ども達の「知」が,前時の授業で生まれた「知」や,これまでの経験と結び付きながら広がっていくのも印象的だった。『ほら,昨日の,これ!』とか,『何だっけ?これ何かに似てるな。あぁ,思い出せないぃ。』とか言いながら,どんどん一人一人の知がストレッチしていく。途中からは,僕も楽しくなって,子ども達と一緒に「知」図づくりに没頭していた。そう,これ,大人も楽しめちゃうのだ。『子どもも,大人も,学びを楽しめる授業』自分が追い求めているものの片鱗が垣間見れた,幸せな時間だった。, 今回の「帰り道」の授業で,ぜひ子ども達に取り組んでほしい活動が有った。それは,「帰り道」に描かれている場面の後,2人はどんな話をしながら家まで帰ったのかを考える。つまり,"『帰り道』のかえりみち"を考えるというもの。・お互いを褒め合って自信をつけ合う"かえりみち"を描く子・律と周也の立場が,逆転したような"かえりみち"を描く子・お互いの「どっちも好き」を伝え合う"かえりみち"を描く子, 「えぇ,どっちから先に話し始めるんだろう。」なんて,おしゃべりしてたんだけど,僕自身も同じ活動をしていたから無視して"かえりみち"作りに没頭していた。(笑)子ども達は,黙々と書く子もいれば,2人で話し合いながら書く子もいた。中身を見ると,これまでの話し合いがちゃんと反映されていて,でも,個々のオリジナリティーも十分に感じる作品になっていた。授業後は「めっちゃ考えたー。」とか,お互いの作品を見合って「面白い!」とか言いながら満足した様子だった。休校前に,この授業ができて,本当によかったな。, さて最後に,2回にわたってお伝えしてきた「知」図づくり。もちろん,まだまだ課題はある。特に,人数。この「帰り道」の授業をした6年生は,4人の学年。笑(複式学級だから5年生10人も一緒の学級だけど。)昨年度は,6年生12人でも実践は出来たから,12人までは経験があるけれど,それ以上は試したことがない。「少人数だから,できるんでしょ?」と言われると,現時点では「13人以上では,やったことが無いから分からない。」としか言えない。ただ,実感として感じるのは,確かに人数が増えると,教師が1人でファシリテートして行うのは難しくなるだろう。というか,そもそも何かを探求したり,新しい知を作り出す活動に大人数で取り組むことができるのか?とも思うわけだったりする。なにはともあれ,僕は今の少人数での指導に最適化させてこの活動を取り入れているので,もし大人数の学級を担当していたとしたら,別のアプローチをとったろうなと思う。ということで,少なくとも今年(もし休校が終わればだけれど)は,与えられた環境で,僕も「知」図を探究していこうと思うわけだ。, 福島の小学校で教師をしています。誰でも居られる,暮らせるクラスを大切にしています。. なりたい職業とその理由を言って,将来の夢を発表することができる。, Junior High School Life 喜楽研の 国語教科書プリント 6年 2020年度から,新学習指導要領による学習が本格実施されます。 今回の新学習指導要領では,「主体的・対話的で深い学び」が大きな観点となって います。 春のいぶき No.81「コミュニケーションのレッスン 鴻上尚史」 春の河 . COVID19の関係で,この物語文の授業ができずに終わってしまう学級もあるかもしれません。なんとももったいない話です。そこで,物語文「帰り道」を土台に, すぐに使いたい! このような勉強の仕方をすると、物語を丁寧に読むようになるでしょうね。 見たいスポーツをたずね合うことができる。, My Summer Vacation 小学6年生の漢字練習・テスト プリント; 小学生 漢字クイズ問題プリント; 小学6年生 国語 文章問題・読解プリント; 小学生 国語文法・語彙 練習問題プリント; 小学5・6年生 国語文法-中学受験対策 接続語 空欄補充プリント She is great. 1 帰り道 . 今年の光村図書の「6年生国語教科書」の物語文には,直木賞作家,森絵都さんが書き下ろした「帰り道」が載っています。, このお話は,短文ですが,1場面と2場面にわかれていて、左の2人の少年がそれぞれの場面の主人公となっています。そして,たった1時間の出来事の中で,ふたりの主人公がまったく違うことを考えているおもしろさがあります。友達関係が繊細になる高学年ならではの,心の機微を見事に表現しています。. 小景異情 . 国語の学習の「解答例」です。 物語の学習では、それぞれの感じ方を大切にしましょう。 言葉や漢字の学習では、しっかり見て、直しもしましょう! inahama 6年国語解答例 解答を読んでも わからないところは、 分散登校のときに 聞いてね★ 六年生の国語の学びを見わたそう [情報]ものの考え方,伝え方. 自分の町にあるものやそこでできることを紹介することができる。, My Best Memory 学びのパスポート 森絵都さんの紡ぐ物語は、子どもの心の機微を描いて秀逸だと思っています。 更新日:2020年5月1日. 言葉に注目という視点をもった読みかたが育てられると思います。, 今の教科書は、森絵都さんの物語で勉強をするのですか?うらやましい限りです。 続けてみよう. そして、この学び方も楽しそうですね。(ますますうらやましいです。) 4 つないで,つないで,一つのお話. 中学校で入りたい部活やしたいことを発表することができる。. 「知」図を取り入れて実践をしてみた,小学6年生の国語「帰り道」の授業。前回の続き。 前回までは,主人公の心情を読むという,言ってしまえばオーソドックスな問いだった。 今回は,文章の構成や簡単な修辞法に着目して読むという学習について書く。 「帰り道」この人いたかな?いなかったかな? 今年の光村図書の「6年生国語教科書」の物語文には,直木賞作家,森絵都さんが書き下ろした「帰り道」が載っています。 このお話は,短文ですが,1場面と2場面にわかれていて、左の2人の少年がそれぞれの場面の主人公となっています。 国語. 日本の行事やそこでできることを紹介することができる。, What do you want to watch? 小学校生活の思い出に残る行事を発表することができる。, What do you want to be? こんにちは。6年生国語科担当の權田です。 6年生の国語科では、物語文「帰り道」を学習しました。 登場人物の「律」と「周也」の人物像を捉える学習活動では、シンキングツールを用いて、本文中から人物像を捉える手がかりを探しました。 子どもたちが、一日も早く学校に戻って、このような学びを積み重ねていってほしいと思います。, 『帰り道』教科書でざっと読んだのですが、問題を読むと⁇です。もう一度じっくり読み返したくなりました。自分は勿論、子どもたちにも試してみたくなりました。, 私たちは、学校や図書館で使えるアニマシオンの手法を開発・ 普及する団体です。教員、司書、市民がメンバーです。ワークショップによる体験型月例会を重ね20年になります。沖縄、鹿児島、青森にもクラブがあります。. 「帰り道」この人いたかな?いなかったかな? 今年の光村図書の「6年生国語教科書」の物語文には,直木賞作家,森絵都さんが書き下ろした「帰り道」が載っています。 このお話は,短文ですが,1場面と2場面にわかれていて、左の2人の少年がそれぞれの場面の主人公となっています。 「知」図を取り入れて実践をしてみた,小学6年生の国語「帰り道」の授業。前回の続き。 前回までは,主人公の心情を読むという,言ってしまえばオーソドックスな問いだった。 今回は,文章の構成や簡単な修辞法に着目して読むという学習について書く。 小学校6年 国語 (光村図書) 小学校6年生 国語 光村図書「国語」を使用しているみなさんへ 6年生のみなさんに、光村図書やNHK for Schoolなど、家での学習に役立つ動画やワークシートの情報をしょうかいします。