TXT_SQ = “UPDATE T_TEST SET ” で、AAやBBに値を設定するところを行単位にIF文と組み合わせて使います。, 新規行の登録や、大量の列を更新する場合は ADODB.Recordset を使った方が楽, ADODB.Command は更新したい対象をIF~ELESEIF~END IFで切り替えて使いたい時や大量の行を更新, 楽天ひかりでPR-400NEを使い光電話とIPv4 over IPv6(DS-L…, Office365 Business の説明を稟議書作成向けにまとめました【Of…, RAIJINTEK METIS PLUS + Mini-ITXマザーボード 組込…, Microsoft Teams の無料サインアップではまる【Office365】…, トラブルシュート Microsoft Teams でヘッドセットが使えない【Microsoft365】. TXT_SQ = TXT_SQ & “AA=’CC0005′, ” . T.K. TXT_SQ = TXT_SQ & “BB=’CCCCCC’ ” sql文 whereでフィールドの更新 update テーブル名 set フィールド名=値 where フィールド名=条件値 accessのvbaでsqlを使い、条件に合ったレコードのみ更新するサンプルソフトです SQL UPDATE文 更新クエリ(AccessVBA)のプログラム例 ... Access VBA SQL UPDATE文 更新クエリ. TXT_SQ = TXT_SQ & “WHERE ID = 5;” SQL UPDATE文 更新クエリ UPDATE table set フィールド1 = NewValue[, . sql文も 「select * from テーブル名 where 検索条件」で簡単に済みます。 adodb.command は更新したい対象をif~eleseif~end ifで切り替えて使いたい時や大量の行を更新 する場合におすすめです。 上記の例だと txt_sq = “update t_test set ” txt_sq = txt_sq & “aa=’cc0005′, ” 2013年11月20 ... 2013年12月5 日 T.K. 久しぶりに Access – Excel 連携の Update文ではまったので、備忘録として残しておこうと思います。結論から言えばだだの覚え違いなんですが、今回は「ADODB.Recordset と ADODB.Command の使い分け」の話をまとめます。, 1の方法は1行単位に処理するので対象が複数行ある場合はEOFまでMoveNextする必要があります。, 2の方法は一括で更新が終わるのでSQL文を書くことが苦にならない人はこちらを好む傾向もあります。わたしもこちら派だったりします・・・。, SQL文さえ分かればこちらはかなり簡単です。Insert も Delete も自由自在です。, 経験的に言うと新規行の登録や、大量の列を更新する場合は ADODB.Recordset を使った方が楽です。SQL文も 「SELECT * FROM テーブル名 WHERE 検索条件」で簡単に済みます。, ADODB.Command は更新したい対象をIF~ELESEIF~END IFで切り替えて使いたい時や大量の行を更新する場合におすすめです。, 上記の例だと Access VBA SQL文を使って更新する方法。,Accessでよく使われるVBAの使い方を、初心者向けに図を交えて詳しく解説します。VBAを基礎から学べます。