中学1年で不登校になり、インドアに目覚めました。 切り替え方は、マニュアル(補足情報の36ページ)に書かれているので、そっちを見てください。, こんにちは。 e-sports文化の発展と共に、ゲーミングヘッドセットなども充実してきていますが、, 「SONY ECM-PCV80U」はUSB接続が可能なので、現在はPS4のボイスチャット用に使用しています。, 「SONY ECM-PCV80U」はよくも悪くも安価で初心者向きなので、音質的には若干難ありです。, また、USB接続なので後述する「オーディオインターフェース」がなくても接続できます。, 【継続は力なり】YouTubeを6年続けたら周りが引退していって結果的に伸びる未…, 【チャンネル登録者を増やす】1ヶ月に50本動画を投稿して見えてきたこと。学んだこ…, ゲーム実況動画で「○○さんのパクり」や「○○さんがやってた」という不毛なコメント…, SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン PC/ゲーム用 PCV80U ECM-PCV80U, TASCAM オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0 US-366, ヤマハ YAMAHA ウェブキャスティングミキサー オーディオインターフェース 6チャンネル AG06 インターネット配信に便利な機能付き 音楽制作アプリケーションCubasis LE対応, Luling Arts マイクスタンド アーム 卓上【2020年最新改良版 耐荷重 2kg】コンデンサーマイク用 マイクアーム ポップガード デスクアーム式 伸縮 金属製 ショックマウント 説明書付属 カラオケに適し 生放送 宅録 実況 動画投稿, 【情報戦に勝つ】ゲーム実況者なら押さえておきたい!ゲーム最新情報・トレンドを手に…, 【実際どうなの?】現役ユーチューバーがYouTuber専門学校の資料請求してみた。, 【YouTuber向け】動画編集ソフト、有料と無料どっちがおすすめ?現役ゲーム実況者が解説します【エ…, 【情報戦に勝つ】ゲーム実況者なら押さえておきたい!ゲーム最新情報・トレンドを手に入れる方法, 【ノイズにさよなら】声を高音質で録音する。”音質改善”のコツを現役ゲーム実況者が解説します. (1)ステレオの音声ファイルをモノラルに変換する。 また、最初から二本のマイクを一本にまとめた、「ステレオマイク」も売っています。, まず、補足をお願いいたしますが、  サウンドレコーダ(XPの場合)は下記の手順です。 とても分かり易く説明して下さりありがとうございます。  また、携帯オーディオをお持ちなら、付属のソフトにファイル形式変換の機能がついているかもしれません。 パソコンの再生音が混ざるという意味でしたら、録音コントロールでステレオミキサーや再生リダイレクトなどが選択されているのが原因です、, Audacityで、スカイプ用のマイクを使い声の録音をしました。 現在のチャンネル登録者数は約68000人です。, 簡単に説明すると ”音を拾える方向” のことです。 2.出てきたプロパティの、スピーカーの詳細設定。あたりで、左右どちらかに振り分ける。のような設定があります。  そこで、質問なんですが、ステレオではなく「モノラル」にしていれば、ちゃんと録音されていたのでしょうか?, ステレオのピンジャックの構造は、オス側の先端の丸い部分がL、その次の短い円筒部分がR、付け根側の長い円筒部分がアース(グランド)になっております。また差し込み側もこれに対応した構造です。 差し込み側がステレオ対応、オス側がモノーラルですと先端の丸い部分(L)は接続されますが、R側はアースされてしまい、結果としてL側の音しか聞こえません。 必ずモノラルで録音されてしまいます。 「ジャック」とは、「穴」のこと。「プラグ」とはオスのことです。 パソコンから音の左右バランスを調整してみても、 "レイテンシー補正"では、録音が完了した時に、設定した数値だけ録音トラックを自動的にシフトすることができます。つまり、設定した値だけ値秒ずらすといった使い方をすることができます。, Audacityの"品質"はAudacityの設定画面でのみ変更することができます。ここではサンプリングレートやビット深度などを変更する使い方をすることができます。, "サンプリング周波数"とはAudacity全体のサンプリングレートを変更する使い方をすることができます。録音したり、オーディオを保存したときの音声ファイルの音質はこの"サンプリング周波数"に準拠したものになります。, "サンプリング形式"にあるビット深度も同じように変更する使い方をすることができます。"サンプリング周波数"を上げれば上げるほど、高周波数の音声を録音・保存することができます。, "リアルタイム変換"とはリアルタイムで高いサンプリングレートにしたり、その逆をしたりする使い方をすることができます。出力する音声は、"サンプリング"、"サンプリング周波数"に準拠します。"Best Quality"ほど、PCが重くなり高音質になります。, "リアルタイム変換"の"ディザリング"とは、"サンプリング形式(ビット深度)"を変更する時のアルゴリズムを変更する使い方をすることができます。, "高品質変換"とは、ここで指定したサンプリングレートにしておけば、他のサンプリングレートでも強制的に指定したサンプリングレートに変更する使い方をすることができます。"変換の品質"と"ディザリング"は"リアルタイム変換"と同様に設定できます。, Audacityの設定画面の"取り込み/書き出し"の項目とは、音声ファイルの取り込み・書き出し時の設定変換を行う使い方をすることができます。, WAVファイルなどの非圧縮オーディオファイルを取り込む場合、"編集の前に非圧縮のオーディオファイルをコピーする"を選択すると、取り込んだファイルをキャッシュにコピーして、その音声ファイルを編集するといった使い方をすることができます。, "非圧縮のオーディオファイルから直接読み込みます(高速)"を選択すると、音声ファイルを直接高速で読み込む使い方をすることができます。, "すべてのトラックを基準化する"にチェックを入れると、取り込んだ音声ファイルの音量を均一にする使い方をすることができます。, 続いて"トラック書き出し時"の設定を行います。"常に全てのトラックをステレオあるいはモノラルチャンネルにミックスダウンする"を選択すると、複数トラックを合成する時に"ステレオ"か"モノラル"に限定する使い方をすることができます。, 基本的に音楽ファイルとして出力する場合は上の項目を選択しますが、下の"カスタムミックスを使用"では、出力する音声チャンネルごとにどのトラックを対応するか決定する使い方をすることができます。コーデックによってチャンネル数が異なります。, "メタデータエディタを書き出し前に表示"にチェックを入れると、音楽ファイルの"アーティスト名"、"トラック名"や"アルバム名"などのメタデータ編集ダイアログを毎回表示する使い方をすることができます。, Audacity設定画面の"ライブラリ"とは、出力ファイルで使用するコーデックを追加する使い方ができます。"MP3"では"lame_enc.dll"を選択し、"FFmpeg"では"avformat-55.dll"を選択することで、対応する音声ファイル形式を増やすことができます。, Audacityの設定画面にある"エフェクト"とはVSTといった追加エフェクトなどの設定する使い方ができます。ここでは基本的に全ての項目にチェックを入れても問題はありません。, Audacityの設定画面にある"キーボード"では、キーボードのショートカットキーを割当する使い方ができます。"書き出し"よりショートカットキーの設定をエクスポートし、"取り込み"からエクスポートした設定を読み込むことができます。, Audacityの設定画面にある"マウス"の項目では、アクション一覧を変更する使い方はできませんが、アクション一覧を確認する使い方をすることができます。, 最後にAudacityの基本的な使い方について説明していきます。音声の一部をカットしたり、エコーやリバーブをかけたり、音声を合成(マルチトラック)する方法、最後にファイルとして出力するまでの初心者向けの使い方を主に解説します。, 録音した音声などの一部をカットし、カット編集するAudacityの使い方について説明します。まずは上の画像のようにツールバーで"選択ツール"が選択されているか確認してください。, その後音声データのカットしたい部分を上の画像のように、波形データの上でドラッグして選択してください。, Audacity画面下部にある"選択開始"と"終了・長さ"にある時間を桁数ごとに"矢印キー↑or↓"で数字を変更することで、正確に音声データのカットする部分を選択できるといった別の使い方があります。, 音声データのカットする部分を選択できたら、上の画像のように編集メニューにあるカット機能の"切り取り"のアイコンを左クリックしてください。選択した音声データをカット編集することができます。, "切り取り"以外の編集メニューの項目でも音声(音量)をカットすることができます。"トリミング"では選択した部分以外の音声をカットし、"無音化"では選択した部分の音声をカットすることができます。, 音声データにエコーをかけるAudacityの使い方について説明していきます。まずエコーをかけたい音声データを左クリックして選択したら、"エフェクト"メニューの"エコー"を左クリックしてください。, "ディレイ時間"の秒数を大きくすることで、2回目移行に発生される音声データ(エコー)のタイミングを変更することができます。"減衰ファクター"の値を小さくすることで、エコーの減衰を早くすることができます。, "プレビュー"でエコーのかかり具合を確認したら、"OK"を左クリックして音声データにエコーをかけて編集してください。, 音声データにリバーブをかけるAudacityの使い方について説明していきます。まずリバーブをかけたい音声データを左クリックして選択したら、"エフェクト"メニューの"リバーブ"を左クリックしてください。, 次に各値を変更することでリバーブのかかり方などを変えることができます。"ロード"を左クリックすることで、リバーブの各値が登録されたプリセットを選択することができます。, "プレビュー"を左クリックすることで、リバーブのかかり具合を確認することができます。"OK"を左クリックして音声データにリバーブをかけて編集を完了してください。, 音声データをを合成(マルチトラック)するといったAudacityの使い方について説明していきます。"ファイル"メニューの"開く"で新たな音声データを開いたり、音声データを録音して、合成したい音声データを追加してください。, 再生マークを左クリックして、合成する音声データ同士が合成したかどうか確認することができます。, 合成した音声データが少しずれている場合は、上の画像のようにタイムシフトツールに変更して、合成する音声データをずらして、合成する音声データ同士のずれを直すことができます。, 合成する音声データを消したい場合、上の画像のように"×マーク"を左クリックしてください。合成する音声データをミュートするときは"ミュート"を左クリック、合成する音声データのみを再生する場合は"ソロ"を左クリックしてください。, 最後に、編集した音声データをファイルとして書き出す(出力する)Audacityの使い方について説明していきます。まずは"ファイル"メニューの"オーディオの書き出し"を左クリックしてください。, 次に出力する音声ファイルの名前を付けて、"保存"を左クリックしてください。また"ファイルの種類"から出力するファイルの形式も変えることができます。出力形式をMP3やAACにしたい場合、拡張機能をインストールする必要があります。, マルチトラックとして出力しようとすると、上の画像のようなダイアログが表示されます。"OK"を左クリックすることで、1つの音声ファイルとして出力されます。, 出力する音声ファイル形式によってはメタデータの編集をすることができます。出力ファイルの各項目を編集して、"OK"を左クリックしてください。これでAudacityで音声ファイルを出力することができます。.