何も映らない場合、導入が上手くいっていないと考えられます。 わかりません。, 今日初めてAviUtlをインストールして動画作っているので カメラ制御を加えるとより立体的になります。, 0は球体。 数値が大きいほどボケが強くなります。, 「光量」は指定した範囲の周りの明るさを数値0~200までのうちで調節することができます。, 「境界」は数値0~200までのうちで指定された範囲とその他の境界のぼやけ具合を調整します。 書いた記事をまとめてあります。. Yですから縦の動きになります。, まずは数値が小→大に増えていくように設定 まずはティムさんのカスタムフレアを導入します。 DLしたzipファイルをscriptフォルダ内で解凍してください。 【AviUtl】 カスタムフレア スクリプト 続いて93さんのカスタムフレアプリセットの導入です。 こちらはDLしたファイルを解凍し、先ほど導入したティムさんのカスタムフレアに上書きして使います。 尚、@カスタムフレア.anmは修正版があるので、そちらを使用します。 カスタムフレアプリセット-2014版 この質問が他の方にも参考になれば嬉しいですm(__)m, 他の記事も参考になったのなら幸いです。 上空から下を見ている感じです。 降っている雨のばらけ具合を調節できます。  3.カスタムフレアプリセット-2014版に@カスタムフレア.anmの修正ファイルもあるのでそれもDLする。, 再導入が終わったら、同梱の.exoファイルを拡張編集にドロップして確認してみてください。, 早速再導入しましたが、状況は変わらずでした! たくさんあるようでもまだこれは基本。 この先変更があるかもしれませんが、その際はご了承ください。, こんばんわーお世話になっております。 扇型の中がくり抜かれるような感じになります。, 「頂点数」は2~16まで頂点数を変えることによって何角形にするかを決めることができます。, 「固定サイズ」は多角形の大きさを調整します。 今回は、ティムさんのカスタムフレアと93さんのプリセットを紹介します。ティムさんのカスタムフレアは、一からフレアを組み立てます。自由度が高い分、初めて扱う人には難しいです。そこで、93さんが作成してくださったプリセット(あらかじめ格好いいフレアが用意されています)を利用してみたいと思います。, まずはティムさんのカスタムフレアを導入します。DLしたzipファイルをscriptフォルダ内で解凍してください。【AviUtl】 カスタムフレア スクリプト, 続いて93さんのカスタムフレアプリセットの導入です。こちらはDLしたファイルを解凍し、先ほど導入したティムさんのカスタムフレアに上書きして使います。尚、@カスタムフレア.anmは修正版があるので、そちらを使用します。カスタムフレアプリセット-2014版, 93さんのカスタムフレアプリセットには、mainFlare.exoとP-Flare.exoがあります。まずはmainFlare.exoをメインに紹介します。, 両exoファイルは、exedit.aufと同じ階層(多くの方はAviUtl本体が入っているフォルダ)に移動させておいてください。メディアオブジェクトの追加からmainFlareを選択します。, Rootにシーンが現れます。Sceneを見るとmainFlareのシーンに93さんが作成されたカスタムフレアの数々が並んでいます。, Rootに戻ってシーンの再生速度を0にしてください。再生位置でカスタムフレアの種類を変更できます。ここでは1として、最初のカスタムフレアを使用します。, 続いて図形を出し、カスタムフレアのベース(アンカー)をかけます。円の色を黒にして合成モードを加算にすると、円が見えなくなります。, すべてが中央に集まっていればOKです。円(図形)はシーンより上のレイヤーに置いてください。この状態で円(図形)を移動させると一緒にカスタムフレアも移動します。, これでカスタムフレアを自由に動かすことができます。また、再生位置を動かせば、簡単に他のカスタムフレアに変更することができます。, ベース(アンカー)の設定を見ていきます。全体強度は0で消え、値を大きくするほど光り輝きます。全体サイズは光のサイズを調節できます。, パラメータ設定では、ベースカラーを変更することができます。カラー上書きにチェックを入れて、ベースカラーを選択してください。, mainFlare(再生位置82)にちょっとアレンジしたものを合わせてみます。写真と合成するときにシーンの合成モードを加算にしました。, その他、使用例です。上の再生位置は192、下は222を使用しています。ここまでがカスタムフレアプリセットの基本的な使い方です。, 先ほどはmainFlareを使いましたが、今度はP-Flareを使ってみます。同じ要領でP-Flareを出すとEXOというシーンが出てきますが、今回は使わずにSceneから直接オブジェクトをコピーしてRootに貼り付けます。一番上のテキストオブジェクトにベース(アンカー)が付いているので、この座標を動かすことでカスタムフレアを移動させます。あとはmainFlareと同じです。readmeによると、P-Flareはシーンからではなく、直接コピペして動かす方がいいようです。, 新たにアンカーとなる円(図形)を出します。ここではLayer 2に置かれています。, ベース(アンカー)の中心レイヤを、先ほどの円(図形)を置いたレイヤー番号にします。この状態で円(図形)を動かすと先の光だけが移動します。, いかがだったでしょうか。プリセットの扱いに慣れたら、プリセットの一部をカスタマイズしてみたり、一からカスタムフレアを組んでみたりすると面白いと思います。ティムさんのカスタムフレア、93さんのプリセット、是非試してみてください。【AviUtl】 カスタムフレア スクリプトカスタムフレアプリセット-2014版, rssボタンを記事下に配置してみました。 設定できます。, 「方向」は数値-50から50までのうちで雪が降る方向を変えることができます。 以下のようになります。, 「個数」は文字通り表示される個数。1~4000個までのうちで調整することができます。, 「速度」では星が流れていく速度を数値-50~50までのうちで調整することができます。 頻繁に使うようになる方も多いかと思います。, セレクタについてはその基本を以下の記事にまとめてありますが。https://maliaj…, WordPressエディタ「Gutenberg」の使い方についていくつか記事を書いてみました。その過…, 前記事で新エディタ「Gutenberg」を使って記事を書くために必要な最低限のものについて解説しま…, 使い勝手がかなり違うように見える新エディタだが使い方はシンプル。新エディタはブロックを…, HTMLのリンク<aタグ>の書き方外部リンクタグの基本HTMLはハイパーテキストですので他の…, 箇条書きリスト作成の基本の基本箇条書きを作るタグにはul・li、 ol・liの組み合わせがあって…, 表(table)の作り方表を作るには。テーブルタグを使います。<TABLE&g…, 文字装飾の基本をまとめておきます。難しくありませんので、一つ一つ確実に押さえておきたいです。…, AviUtlの初期設定・使い方の実際 今回カスタムフレアを設定したのですが、ここの写真のような綺麗なカスタムフレアがフレームを1フレームずつずらして確認してもでてきません。 中心幅を大きくすると真ん中の方さやされない中心部分が大きくなるのがわかります。, テレビジョン,電送写真などで送像する画像の各部分の輝度や色を一連の電気的信号に変換し,これを元の画像に再現する (この手段を走査という) 際,一般に画面を多くの横線に分解し,水平方向には左から右へ,垂直方向には上から下へ一定速度で接続していく。この画面を構成する横方向の線を走査線という。(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典), 数値を大きくすると走査線の幅が広くなります。 さらなる解説は応用編で行ってみたいと思います。 初期値は1000で、数値1~2000までのうちで調整することができます。, 「範囲」は数値0~8000までのうちで小物を配置する範囲を設定できます。 93さんの動画説明文にあるように、@カスタムフレアには修正版があるのでそちらを使用するといいと思います。, 1.ティムさんのカスタムフレア導入 例えば3つ目のレイヤー(アップのゆっくり花びら)にぼかしフィルターの 初期値0を境にして数値を-にすると縦の比率が小さくなり、数値を+にすると横の比率が大きくなります。, なお指定した範囲はメインウインドウの画面にマウスを当て左クリックしたまま動かすと移動します。, 「ボケ」は数値0~200までのうちでぼやかす部分のボケ具合を調節できます。 ですが、背景を置いてみたり、大きめの素材を拡大率で縮小してみたり、実際に動かしてみるとそこまで気になるものではないとも思えます。もし気になる場合は他の方法を試してみた方がいいと思います。, →https://seguimiii.com/wp-content/uploads/2020/03/kyokumenhenkeispiegato202003_002.png, >avi出力したのですが、背景が黒いです。 すると以下のようになります。, 濃さの数値が大きくなると線が濃くなり。 これはpcのスペックの問題でしょうか?, pcのスペックが問題で導入できないことはないと思います。 見た目が違う場合、CF-imageフォルダ内の画像が上書きされた可能性があります。, 解決方法としては、バックアップを取ったうえで、93さんのカスタムフレアプリセット-2014版を再導入してみてください。, ポイント 数値が小さいと小物は密集し、数値を大きくしていくと段々まばらになっていきます。, 「サイズ」は数値は1~1000までのうちで配置される小物1つ1つの大きさを調節することができます。, 線を引くオブジェクトですが、移動メニューを直線移動と曲線移動とか、いずれ動くようにしないと働きません。, 例えばYパラメーターを直線移動にしたりしてから数値を適宜決めて動かします。 また、重ね重ね申し訳ないのですが、花びらにぼかしをいれて曲面変形を行うと、変な線のようなものが入ってしまいます。こちらも、なにか解決方法などはありますでしょうか…?, 散らしたオブジェクトにぼかしをかける場合、シーン機能を利用します。 初期設定は270で、180で半円、360で円になります。, 初期値が2000s最大値であることでもわかるように数値を値飯作していくと 範囲をあげても、プレビューに全く反応がありません。, こちらでも同じように花びらを飛ばしてみましたが、じっくり観察すると多少分割線が見えることはあります。これを無くすというのは今のところ無理かなと思います。 数値を小さくしていくと終いには間隔がなくなり一色になります。, レンズフレア (lens flare) は、カメラによって写真・映像を撮影する際に、極めて明るい光源がレンズに向けて当てられている時や、画角内に極めて明るい光源が存在する場合に生じる、暗部への光の漏れである。(ウィキ), 数値が大きくなるとフレアが大きくなるのがわかります。 各パラメータ設定をみていきます、とありますがパラメータ設定がどこからだせるものなのかわかりません。 数値が大きくなると台風のときの雨のように様々な方向に飛び散ります。, ランダムに星や立方体、三角形、球体など7種類の小物を立体的に配置できます。 2.93さんのカスタムフレアプリセットで上書き パラメータ設定のデフォルトでは、領域サイズXYZがすべて2000になっています。 その後Rootでシーンを呼び出し、そこへぼかしをかけると上手くいくと思います。, こんにちは。こちらの講座を見て花びら作成したのですが レンズフレアのサイズパラメーターを直線移動にし、次第に大きくなるように設定して 絶対値が大きいほど早くなりますが。, 「広がり」は星と星との間隔を0~50までのうちで調整することができます。