ECO PROモード(燃費向上のためのエンジン・電装系の総合コントロール) 528iは実質値下げ。デザインはキープコンセプト。, 全車改定内容 10.2インチに大型化されたモニター, ■日本仕様 ドアミラーにウインカー内臓。 日常の4000回転以下では、車内での遮音は保たれます。, 5シリーズの遮音の高さとターボエンジンの厚い低速トルクは、エンジンを回さずに済むため、車内の静粛性向上にも繋がっています。, 厚いトルクと8ATによるエンジンを回さない車速の上げ方は、低燃費に繋がり、日常の移動シーンでその真価が発揮される。これこそが、最新のBMWが提唱するefficient dynamicsなのです。. いずれにしてもツーリングの方が人気であるが。, ワイパーは、右ハンと左ハンがそれぞれ別になった。E60では左ハン用のみのワイパーであったので、不満に思っていた方も多かったようである。E60は、複雑なリンク機構でワイパーの稼動面積をカバーしていたが、やはり右・左が別々の方が一般ユーザーにとっては違和感が少ないだろう。, F10が登場するTV CM曲「クルマは単なる移動手段ではない。」これはCM専用に製作されたもので非売品です。 先行してデビューしたF01-7シリーズの弟分として考えれば、シリーズのイメージを継承しており、 エンジン・オート/スタート・ストップ機能 カメラとミリ波レーダーセンサーを併用した運転支援システム ・先代525iの8.8km/Lから11.4km/L燃費向上 Copyright 1996-2020 BMWファン. 最大出力時の総合出力は340ps。モーターのみで60km/h以下での単独走行が可能。 作曲:松井亮(meister)、プロデュース:佐藤能久、制作:サーティース ヘッドライトの眉毛がLED化。Mspoのハンドル形状変更。, Msportのバンパー形状に変更無し。ModernとLuxuryバンパー形状変更。 bmw f10 f11 f07の概要. 6代目のBMW F10セダン F11ツーリングがプレスリリースされる。, 本国では、530d グランツーリスモのディーゼルターボもラインナップされる。(日本導入予定無し), スイス・ジュネーブショーで5シリーズGT グランツーリスモ(形式F07)がデビュー。7シリーズベースのシャーシを用いて、全長4998mm、ホイールベース3070mmのSUV使い勝手とセダン走りを融合させた新しいボディが5シリーズのラインナップに加わる。2段階で開閉するトランクは440Lを確保。, 日本導入予定は、2タイプ。・「535i」3.0L直6シングルターボ(306ps、40.8kgm) ヘッドアップディスプレイ, 523i/490,000(レザーシート・シートヒーター別オプション) 18インチMダブルスポークアルミ(350M 標準) bmw f10 f11 f07の概要. 燃費性能改善:535i(JC08/12.2km/l)、550i(JC08/9.6km/l) エクステリア:Mエアロ、19インチMライトホイール、Mスポーツサス JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社カービューと協力して運営しています。, プライバシー | carview! マルチディスプレイメーターパネルとヘッドアップディスプレイ、HiFiシステム・プロフェッショナル 550i/290,000, 専用のMサス・Mエアロを装備するパッケージ > BMW車初の自動車取得税と重量税が約50%軽減のエコカー減税に認定 8速AT、 上級frセダンとしてbmwの主力モデルに位置するbmwの5シリーズの6代目となるセダン(f10型)である。 ワゴンタイプのツーリング((f11)も同様にラインナップされる。 450ps、66.3kgmへパワーアップ。0-100km/h加速は5.0秒。, 535i/550iエンジンオートスタート/ストップ機能、ドライビングパフォーマンスコントロールを追加 エンジン・オート/スタート・ストップ機能 サーキットの限界体感が出来るタクシーである。(約216ユーロ) 523iノーマルモデルを廃止し、ModernとLuxuryを用意し、大幅な装備充実を図ったが価格もアップ。 ミネラル・グレーとメディテレーニアン・ブルーの2色設定 オンボードコンピュータ/オートエアコン/AUC(空気汚染物質関知内気循環) ホイールベースの拡大で、後席ニールームも13ミリ拡大 レザーシート(フロントシートヒーター) BMW 5シリーズ (f10) 2011年9月(平成23年9月) 発売モデル プロフィール・基本スペック BMWの伝統あるアッパーミドルレンジ、第6世代目となる5シリーズ。 ヘルプ・お問い合わせ | 日本では、グランツーリスモとツーリングの両方が選べるわけで、恵まれているとも言える。 Mロゴ付のドアシルプレートなど専用パーツを装備する。, ・標準ホイール:M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング350M M5専用エアロを装備する。19インチMライトアルミホイール ヘッドアップディスプレイ, ブレーキエネルギー回生システム、エアフラップアクティブコントロール、電動パワーステアリング, コネクテッドドライブ(ナビやネット接続、緊急通報システム、レーン逸脱警告、ナイトビジョン、アクティブクルーズコントロール), ■日本仕様 BMW 衝突回避・被害軽減ブレーキやアクティブ・クルーズ・コントロールの機能を包括する。, LCI(ライフサイクルインパルス)となる大きな変更である。 ・ボディカラー:ブラックII、アルピン・ホワイトIII、チタン・シルバー、スペース・グレー、ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト、インペリアル・ブルー・ブリリアント・エフェクト、カーボン・ブラック(専用色)より選択可能, F10のスタイリングは、鋭い顔つきのE60から一転。やや万人向けの大人しいイメージになった。 7/25予約開始→納車2012/1。価格1495万円, ・520i:1997cc、184ps、27.5kgm ボディサイズは、全長4907、全幅1860、全高1462mm、ホイールベース2968mm、セダンより全長が+8mm。, 535iグランツーリスモ: 878万円。3.0直6ツインターボ550iグランツーリスモ:1114万円。4.4V8ツインターボ, 5代目の5シリーズ(BMW E60セダン E61ツーリング)からバトンタッチし、 4本出しのマフラー 新東名高速道路、反映済みバージョン, 3リッター直6直噴ツインパワーターボエンジン 電装系(レーダー探知機)のことなら「みんカラ」。bmw 5シリーズ セダンに装着できるパーツのレビューや価格情報が満載。パーツレビュー投稿数690万件突破!bmw 5シリーズ セダンのパーツ情報は日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 BMW 5シリーズ セダンを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、エクステリア・インテリア・エンジン性能など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 リアシートは4:2:4の分割可倒式、リアシートを倒せば560→1670Lに拡大。 8速AT、電動パワステ、マイクロハイブリッドテクノロジーなどは528iと同様。 ・アッシュウッドインテリアトリムが標準, 528iは標準のダゴダレザーシート(メモリー付きパワーシート)、電動ランバーサポート、リヤ電動ローラーブラインドが 排出ガス処理技術「BMW ブルーパフォーマンステクノロジー」備え、メンテナンスフリーのクリーンディーゼル化を達成する。, 4.4リッターV8の直噴ツインスクロールターボエンジンはは、 BMW5シリーズの6代目となるセダン(F10) ツーリング(F11) グランツーリスモ(F07)のスペックやカタログなどの関連情報を解説します。, 上級FRセダンとしてBMWの主力モデルに位置するBMWの5シリーズの6代目となるセダン(F10型)である。ワゴンタイプのツーリング((F11)も同様にラインナップされる。エクステリデザインはエイドリアン・ファンホーイドンク氏をデザイン責任者として、エクステリアデザイナーはヤチェック・フレーリッヒ氏が担当。先代(E60)のシャープなスタイリングからに比べて、マイルドのスタイリングに路線を変更された。 解決済み 2011年度式のBMW F10 528iに乗っています。 6気筒の3.0Ⅼなのですが、アイドリング停車時の振動が気になっています。購入当初から微妙にシートに伝わる振動があるのです。 72.9kgm/3000-4750rpm 価格について 私の愛車の車体価格は税抜き 398万円でした。 登録が2015年9月末でしたので、たった1年4か月落ち。 愛車(F10 523d)に3ヶ月、約6000kmを乗ったレビューを書きたいと思います。 ネット上では、意外にも523dに関するレビューが少ないので、少しでもお役に立てばと思います。, 私の愛車の車体価格は税抜き 398万円でした。 登録が2015年9月末でしたので、たった1年4か月落ち。走行はわずか7,400kmでならし運転が終わったぐらい、ディーラー保証もまだ1年8ヶ月近く残っている(新車保証が3年間なので継承すると)、という、ほぼ新車といってもいい状態の極上車でした。 ところが、新車価格はMスポーツということもあり、702万円。如何に新車で買うのがもったいないか、という点がポイントです。 この価格は、相場から見てそれ自体かなり競争力のある価格なのですが、まったくのノーマルではなく、今回は、20インチのホイールが最初からついている状態でしたので、かなりお得感がありました。もちろん、事故歴もありませんし、禁煙車、ワンオーナーです。 それ以外に、納車整備の段階で、エンジンオイル、クーラント、ファンベルト、バッテリー、エアフィルター、ワイパーブレード等、消耗品を総取っ替えして頂き、本当に新車同然でした。, 刺激はありませんが、普通に速いです。 超速いということはないですが、特に不満はありません。 ディーゼルエンジンの特性で、低回転時からかなり太いトルクが発生するので、そんなに回転を上げなくても、8速ATが良い仕事をして、いつの間にか車速が上がっていくイメージです。表現が難しいのですが、一般道を普通の速度で走行する限り、アクセルにほんのちょこんと足を乗せているだけの感じです。一旦スピードに乗ったら、ほぼ2千回転以下で事足りますので、エンジンが唸る局面がないためとても静かで、結果、「あれ?この車ってディーゼルだったっけ?」とさえ思う瞬間があります。これは素直にすごいと思います。 乗り継ぐ前は、E60の545iに乗っており、V8のかなりスムーズに吹け上がるエンジンでしたので、加速時には、かなり回転数を上げて、それなりの咆哮を発していたので、ものすごく対照的です(笑) ただ、BMWは、刺激的なエンジン音を発するものだ、という固定概念が強い方や、そうゆう刺激を求めている方には正直向かないと思います。, 1800kgに迫る巨体に2リットルのエンジンと聞くと、誰もがパワー不足だろうと思います。 ただ、これも全く不足ありまん。333PSを誇るE60 545iに乗っていた私でさえも、まったく不満ありませんので、よほどのハイパフォーマンスカーに乗ってみえない方にとっては、パワー不足だと思うことはないと思います。 これはガソリンエンジンの4Lクラスのトルクを、2千回転以下で発生するこの車のディーゼルエンジンの特性のお陰だと思います。(最大トルクだけで見ると、45.9kg・mを発揮する545iと比べて、523dは38.7kg・mなので、7kg・mぐらい低いわけですが、最大トルクを発するのに、545iは3600回転まで回さないといけないのに対し、523dは、1750回転から最大トルクが発揮される、というのが理論的裏付けです。要は、そんなにエンジンを回さなくても、おいしい領域が使えるので、パワー不足を感じにい、ということです) 大きな、重たい車を運転しているという感覚が不思議とないんです。それぐらい軽やかなんです。 確かに、0-100km加速は、データ上は8秒近くかかるようなので大したことがないのですが、80km/hぐらいから先の加速は何の不満もありません。 この前、高速の合流時に、追い越し車線を160km/hぐらいで攻めているAudi A6を見ましたが、十分ついていけました。直ぐに止めましたが。, これはすごいの一言。 カタログ値は16.6km/Lという数値であり、その数値はまだ出たことはありませんが、一般道中心で、だいたい13km/L~14km/Lぐらいです。かなり燃費はいいです。遠出も気にならなくなりました。以前の車が5~6km/Lぐらいしか走らない545iでしたので、その差がすごいです。感覚的にも、なかなか燃料系の針が動かないので、いつもにやにやしています。加えて、523dは軽油なので、ハイオクと比べると1リッターあたり、35円ぐらい違いますので、545iの時と比べると、燃料代はおよそ4分の1ぐらいに圧縮できました(笑) この車を選んだポイントの一つに、維持費の安さがありますので、狙ったとおりで大満足です。コストコの超安い軽油を満タンに入れたら5千円ちょいでしたよ。, これは、まさにBMWのそれです。 一発で鼻先がくっと入りますし、思い通りにトレースできて、オンザレール感覚です。 高速道路の出口など、結構な車速でカーブに進入しても、ほとんどロールがなく、運転が超楽しいです。 ロールがほとんどないので、後部座席の双子ちゃんにも優しいです。 BMWの駆け抜けるよろこび、そもものを体現していると言えます。, これは車高も含めてパーフェクトです。何の不満もありません。 私の愛車はMスポーツなので、Mスポーツではないグレードと比べると硬めだと言われているのですが、結果、Mスポーツにしてよかったです。 私の愛車の場合、20インチのホイールを履いていてタイヤも扁平なので、Mスポーツの脚と相まって、相当硬くなるのではないかとちょっと心配していましたが、非常にしなやかに動きますし、コーナーも踏ん張れるので、乗り心地はすこぶるいいです。うちのワイフも大満足でした。 多分、これには、このブログでも何度かご紹介しているタイヤである、Continental のExtreme Contact DWSによる部分も大きいと私は踏んでいます。 脚が硬めであることを見越して、納車時からエブリンさんに指定しておいて大正解でした。 F10のノーマルの脚は、BMWにしては柔らかいと感じるユーザーも多いようで、後からビルシュタインなどを入れるといこともよく聞くので、Mスポーツという選択も正解でした。, これは、気になる人は気になると思います。特に、BMW はエンジン音命!という方には受け入れられないと思います。 私はもう慣れましたが。, まず、アイドリング音は、自分が車の外に居たり、乗っていても窓が開いている際は、かなり音は大きめです。メルセデスのディーゼルモデルより明らかに音が大きいです。マツダのCX-5なんて、もっと音は小さいです。, 加速する際は、遮音対策がされているとはいえ、停止時から時速40km/hぐらいまでは、それなりの音が社内に届きますが、それから先はなかなか静かで、4気筒の直噴ガソリンエンジンなんかよりはよっぽど静かです。高速道路では一旦流れに乗れば、以降の高速巡航は本当に静かです。加速レーンで一気に加速して合流する際は、音もなくスピードに乗るので不思議な感覚です。この静かさが物足りないと逆に感じる方も居ると思います。ディーゼルって難しいですね。, ちなみに、この前、車に詳しくない義理の妹を乗せた際、ディーゼルだとは思わなかったとのことでした。, ★ガレージエブリンさんのBMWコンプリートカーが気になる方はコチラ !! ★ノーマルのBMWの在庫のお問い合わせはコチラ !!, 皆様のポチッが更新の励みになります。 1日1回、コチラをクリックして頂けると嬉しいです!!, もう一つのブログ、http://bmwmania.jugem.jp もよろしくお願い致します!, 次のHTML タグと属性が使えます:
.