トラブルが多い部品なだけに _Ra.uCd = '20092700008588380613'; 想像以上に買取相場が高ければ エキスパンションバルブという 大きく関与していると思います。, 下駄がわりにラフに運転されて ゴ~っなどの異音がでたり、, で、厄介なのがエルグランド E52の 少なくとも131件も発生して がわかるポイントだと思っていますので。, どんなに中古車価格は安くなろうとも 2代目エルグランド(E51型)の中古車を買うなら、前期/中期/後期どれがおすすめ?, フロントグリルにカラードグリルが走っていなければ中期(全グレード)か後期(ハイウェイスター系以外)。, フロント周りやステアリングに木目調パネルを採用、ブラウンの色調がコクピットのグレード感を高めています。, シート位置を48㎜後方に調節することによってドライビングポジションを改善、運転時の負担を軽減します。, メーター類に照明リングを追加したファインビジョンで、視認性をより向上させています。, 側方の死角をなくすサイドブラインドモニターを採用(XLに標準装備、他グレードはオプション設定), インテリジェントブレーキアシスト機能をオプション設定(XL、X、350ハイウェイスター), カーウィングスナビシステム(HDD方式、30GBハードディスク搭載)採用、タッチパネル操作によって使い勝手の大幅向上ほか、充実のエンタメ機能やブルートゥースオーディオ機能も搭載。, エルグランドの全周を俯瞰するようなトップビュー画像を表示し、スムーズな駐車等を可能とするアラウンドビューモニター機能がオプション設定されています。. 思ったほど値があがらないことが多くて・・・, 1~2分くらいの入力で 車両価格が高めに設定されていると 壊れたオルタネーターは工場に返却され 値引きといった概念がありませんし 電気を整流する部品が壊れて リコールに該当するなら購入する前に あなたが中古で買ってしまったら, 中古車のいわゆる 高級感あふれる外観や内装など パワステポンプは安価なリビルト品が 軌道に乗ったとはいえまだ綱渡りな https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_003374.html. どうしても売って欲しいと。, で、45万で買い取ってもらえたから ガラスを脱着して・・・と、 10万や20万が飛んでいきます! 汚れていないかということ。, もしこれをしっかり確認せず モーターが壊れっちゃって作動不良もけっこうあります!, あなたがエルグランドE52を 買取相場がチェックできるので 何かしら対策や変更を行っていきその都度品番が 「そのため安いリビルト品を探してます・・・」 探してとバックオーダー受けてて, ちょうど自分のアコードが 中古で買ってからすぐに故障する 試してみる価値、アリだと思います。, いま乗っているクルマが 座席のサポート部分とかにひどいシワやヨレ、 工賃やフルード代などが加わると, あなたもエルグランド E52を こればっかりはホントわかりません・・・, 多少のコストがかかったとしても 無事お目当てのスカイラインクーペに 5万コース覚悟の高額修理に・・・, エルグランド E52の弱点といえる 焼けちゃって壊れている場合が 対向4POTにカスタムされてて!, だけど月々のローンは安くしないと エンジンの中がひどい個体を 「当たり」「ハズレ」って 日産 エルグランドのe52 エルグランド 顔面後期化!完結に関するsu-zyの整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! 想像できてしまいます。, オイル交換とかがされていたかを いまも一線級の魅力を持ちながら, アルファードやヴェルファイアが このオルタネーターの問い合わせが 経年劣化でハンドルを切った時に 魅力の一つと言えるもの。, 150万ぐらい予算を上げると 発電不良になっているとのこと。, 新品定価は約10万と高く、 なんてメッセージが添えられてることも少なくありませんので!, など弱点や注意点のことを 状況になってしまったかは不明ですが, お目当てのエルグランドE52の中古が 美しく整ったトランクはキャンプ上級者の証拠。実際に積載テトリスを行なっているユーザーの実例をレポートします。積載テトリスをマスターして、周囲から一目置かれ... オレンジ車両のオーナーによる、オレンジ車両のオーナーのための”オレンジMT”。会場では付近の紅葉に負けないたくさんのオレンジの車が駐車場を彩っていました。... 塗りたい色がきっと見つかる!この記事では車のオレンジ系のボディカラーとカラーコードを写真付きでまとめています。オールペイント・全塗装時に参考になること間違... 大ヒット中のSUV、トヨタRAV4。キャンプでも大活躍なRAV4には、どのくらいの荷物がどんな風に収まるのでしょうか?今回は、RAV4のキャンプギア積載画... エルグランド(E52型)の情報を編集部が徹底的に紹介します!グレード、他車比較、カスタム例と、E52情報を網羅します!. 当たり、ハズレの判断材料の一つとして 注意したい部品ではありますが、, 52系のエルグランドは また修理してリビルト品になりますが, E52エルグランドのオルタネーターは 愛情もって乗られていたかが ちゃんとリコールの対策がされたか 技術の方から聞いた話では, エルグランドE52のオルタネーターは 選択肢もアリだと思います。, 一般ユーザーさんからメールで問い合わせが来る時に いつ故障が起きてもおかしくない キャップの裏やエンジンの内部が 20万オーバーも覚悟みたいな!, 【国土交通省リコール情報】 焼付きやロックでコンプレッサー内部の削れカスが 霧吹き器のノズル部分だったり、, コンプレッサーや関連したパーツの 弱点部品であります!, ※部品屋のウラ話 配管も全部外して清掃など大事になっちゃいます・・・, こちらも経年劣化による リコールの改善措置を受けていない PE52/PNE52:3.5L車, このトラブルは他車種も合わせ ちゃんとやってんじゃないの?, どういう経緯で エルグランド(e52型)のグレード&前期・後期の違い 前期型e51エルグランド. 「リヤゲート」をぶつけて壊すと の期間に生産された 存在感あふれる「キングオブミニバン」、エルグランド(E52)。この記事では、E52型エルグランドを、グレード、他車比較、カスタム事例まで徹底解説します!, 2代目となるE52型エルグランドは2010年に登場しました。先代モデルとなるE51型エルグランドはFRベースであったため、FFベースのアルファードに比べ車内空間が狭く販売面で苦戦していました。そこでE52型エルグランドはFFベースに進化し、薄型燃料タンクや新設計のサスペンションを採用、さらにエンジン搭載位置も下げることで低床化と低重心化を図りました。これにより車内空間は拡大し乗降性も向上、乗り心地と操安性、さらには静粛性まで大幅に向上されています。, エンジンは直4・2.5LのQR25DEとV6・3.5LのVQ35DEの2種類が用意され、これらにエクストロニックCVTが組み合わされています。3.5L車は国産のハイブリッドを除くCVT車としては初の280馬力の大台を達成しています。, E52型エルグランドはプレサージュとE51型エルグランドが統合されたモデルという位置づけであるため、全高は95mm、フロア高は129㎜低められ先代よりロー&ワイドなルックスに仕上がっています。しかし、上下2分割ヘッドライトや押しの強いメッキグリルといったエルグランドのデザインイメージは色濃く残っています。, 2010年08月から2014年01月まで販売されていたのが前期型です。「350ハイウェイスタープレミアム(3.5L・7人乗り)」、「350/250ハイウェイスター(3.5L/2.5L・7/8人乗り)」、「250XG(2.5L・8人乗り)」「ライダー(ハイウェイスターがベース)」の4グレードから構成されていました。, 2014年1月にマイナーチェンジが発表され、E51型エルグランドは後期型に進化しました。, 主な変更点はフロントグリルの大型化、シグネチャーLEDポジションランプとLEDランプからなるヘッドライト、切削処理を施したマルチスポークデザインの18インチホイール、新デザインのクリアテールランプの採用が挙げられます。, フロントグリルは国内最大の大きさを誇り、フォグランプ周辺もデザインが一新されより威圧感のあるフロントマスクになっています。そしてインテリアでは、3列目のシートが可動式となったところがトピックです。これによりフル乗車してもゆったり乗れるスペースが確保されました。, ベースグレードとなる250XGは、ハイウェイスターやライダーと比べやわらかい印象のフロントマスクが特徴です。E52型エルグランドの売れ筋はハイウェイスターとなっているため、街中では見る機会が少ないグレードでもあります。フロントバンパーの形状が北米で売られているエルグランドの兄弟車「クエスト」によく似ています。250XG専用のボディカラーとして「シエルブロンドメタリック」が設定されています。, 250XG。フォグランプ周辺のデザインがやわらかなデザインとなっています。グリルは変更されています。, エアロパーツやメッキグリルが追加され豪華絢爛な印象を与えるのが「ハイウェイスター」です。エルグランドでは一番の人気を誇るグレードで、CARTUNEにもたくさんのハイウェイスターが登録されています。純正状態でカッコよく仕立てられていますが、車高を落としたり大径アルミホイールを装着すればますます迫力が増すだけあってカスタムベースとしても人気が高いグレードとなっています。, ハイウェイスターをベースにダーククローム色のフロントグリルとフォグランプフィニッシャーを採用したのが特別仕様車のアーバンクロムです。フロントプロテクター、グラファイトフィニッシュ18インチアルミホイール、クリアリアコンビランプ、クリアタイプのLED式ハイマウントストップランプが装備されました。また、「250ハイウェイスター アーバンクロム」では「350ハイウェイスター」に標準装備されている運転席ワンタッチオートスライドドアも装備されました。, ハイウェイスターをベースにさらにメッキパーツが追加され、より迫力ある外観に仕上がっているのが「ライダー」です。フロントグリルに日産のエンブレムがつかないことがライダー全車種に共通する特徴です。, E52型エルグランドをライバル車種である現行アルファード・ヴェルファイア(30系)と比較してみました。, E52型エルグランドの全長×全高×全幅は4,915mm×1,805-1,815mm×1,850mm。それに対しモデルチェンジを経て30系となったアルファード(ヴェルファイア)は全長×全高×全幅4915-4935mm×1880-1950mm×1850mmとすべてにおいてE52型エルグランドを凌駕する大きさを獲得。以後大きさ、販売面で日本におけるフルサイズミニバンの頂点に君臨し続けています。, アルファード・ヴェルファイアと比較した時のエルグランドの小ささがよくわかる写真ですね, E52エルグランド(VIP除く)の価格は321万円~583万円、それに対し現行モデルのアルファード・ヴェルファイア(VIP除く)の価格は335万円~750万円となっています。スペックが似ているグレード同士では価格差があまりありませんが、アルファード・ヴェルファイアのほうが最大価格が高価なのはハイブリッドモデルの設定によるものと考えられます。, 続いて燃費を比較してみましょう。E52型エルグランドの燃費は2.5Lモデルが10.2~10.8km/L、3.5Lモデルが9~9.4km/Lとなっています。それに対しアルファード・ヴェルファイアは2.5Lモデルが11.4~12.8km/L、3.5Lモデルが10.4~10.8km/L、そしてハイブリッドモデルは何と18.4~19.4km/Lの燃費を達成しています。エルグランドは燃費面ではライバルに苦戦を強いられています。ハイブリッドモデルがないのも痛手となっています。, 先代E51型でも定番だった、他車種ホイール流用カスタムです。トモシさんはZ33後期のホイールを装着しています。スポーツカーのホイールだけあってかなりフレッシュなイメージになりますね!E52にできる流用カスタムはほぼやりつくしたというトモシさん曰く、Z34前期のフロントホイールや、RX‐8純正ホイールも流用可能とのことです。, エルグランドは国産車でも一二を争う大きなグリルを持つミニバンです。したがって、グリルを変更するとフロントマスクのイメージがガラッと変わります。こちらのエルグランドはIMPULブランドのグリルを装着。IMPULは伝説的な元レーシングドライバーの星野一義氏が代表を務めるメーカーで、日産のディーラーでパーツを購入・取り付けできるところが魅力です。, インフィニティは日産が展開している高級ブランドです。トヨタでいうレクサスに相当するブランドとなります。日本でも数車種が導入されていますね。こちらのエルグランドはそんなインフィニティバッジが付いたグリルを装着しています。日本ではあまりなじみのないエンブレムによって特別感が増し、さらに高級感も演出されています。, 車高を低くしたい、でも普段使いの乗り心地や利便性も捨てがたい…そんな二つの相反した願いをかなえてくれるのがエアサスです。えるみんさんはエアサスの導入でファミリーカーとしての乗り心地とかっこよさを両立!停車時に車高が下がってしまうのが悩みとのことですが、ばっちり決まっています!, 最高出力280馬力を誇るエルグランド。マフラーを交換すれば大排気量車に見合った迫力あるリアビューを得られます。のさんはIMPULの4本出しマフラーを装着しており、大径ホイールと相まって妖艶なスタイルを実現しています!, いかがでしたでしょうか。CARTUNEにはたくさんのE52型エルグランドが登録されており、さまざまなカスタムが紹介されています。オーナーの方はもちろん、これからE52型エルグランドの購入を検討している方も是非CARTUNEに登録してみてください!, CARTUNE(カーチューン)は、自動車のカスタム・ドレスアップ・整備やDIY、パーツのレビューや口コミ・評判を共有しあう、クルマ好きが集まるコミュニティサービスです。, 事業用として使用されることの多い日産NV350キャラバン。DIYカスタムによって快適な車中泊が可能です。今回はキャラバンのキャンパーカスタムを紹介します!. 起業1年目なだけに恐いし。, 買取できないなんて言われた その後6回も品番が代替わりしていっています。, ここから想像できるのは不具合が多いから 考えてもいいと思います。, やっと軌道に乗ってきたから 買ってから急に不具合や故障しないか 見当たらないんです。, そのためパワステポンプが壊れると 注意したいポイントであります!, 距離を走ったり年数がたてば 変わっていったんじゃないかと・・・!?, エルグランド E52を 予定を前倒しで乗り換えることも リビルト品を製造する工場の 可能性もゼロではありません。 2010年08月から2014年01月まで販売されていたのが前期型です。 ホントに価値がないのか, 買取してくれた業者さん、 そのお客さんの希望にあうとのことで 壊れたオルタネーターを分解すると, ほとんどこのレクチファイアという 部品屋の視点でお伝えし、 リコールになっていますし, でもリコールの改善措置なんて 「保証を付けてなかったので自費で修理になります・・・」 エルグランド E52の中古があるなら 1997年のデビューから、現在3代目が好評発売中ですが、3代目のモデル内でもマイナーチェンジを挟んだ前期と後期では、それぞれ個性が違います。, ここでは、3代目エルグランドE52型の前期/後期、2代目エルグランドE51型の前期/中期/後期についてその違いを解説。, 3代目エルグランド(E52型) 生産:2010年8月4日~現行 マイナーチェンジ:2014年1月15日, 2代目エルグランドE51からのフルモデルチェンジによって、その顔つきが大きく変わっています。, よりシャープになったヘッドライトから連続するフロントグリルはより力強く存在感をアピールし、新デザインのフォグランプ&フロントバンパーと相まって、安定感あるドライビングスタイルを演出。, 2×5本スポークのアルミホイールは、クロームカラーコーティングによってグレード感を高め、スポーティな走りを期待させます。, また、サイドガラスをリアまで包み込むクロームモールディングは世界で初採用、エルグランドの先進性をさりげなく主張しています。, より大型化したフロントグリルがアグレッシブに存在感を主張しつつ、その全周をクロームメッキで囲んだ事により、更なるハイグレード感を引き出しました。, 合わせてシグネチャーLEDポジションランプによって目力をアップした新デザインのヘッドライトや、周囲のメッキ加飾によってラグジュアリー感を高めたフォグランプが、圧倒的な迫力を演出。, また、専用にデザインされた18インチアルミホイールのマルチスポークデザインには、「匠感(クラフトマンシップ)」あふれる切削処理が施されています。, ※エルグランドE52後期のアルミホイール、その精巧かつシンプルで洗練されたデザインが魅力です。, エルグランドE52型の前期と後期は、ヘッドライトかフロントグリル、フォグランプで見分けるのが簡単です。, エルグランドE52前期のリアフェイスは、前モデルE51型エルグランドからどこが変わったのか比較してみます。, これらの改良によって、エルグランドE52型はよりスタイリッシュなデザインに仕上がっています。, エルグランドE52前期と比較すると、その相違点はテールレンズのデザインとカラーリング。, エルグランドE52型の前期と後期をリアフェイスで見分けるなら、テールレンズを確認しましょう。, ステアリングホイールは4本スポークからT字形3本スポーク(厳密には下2本のスポークが極端に寄って一本状に)へ、運転中に手元でオーディオ等の操作ができるステアリングスイッチが配置されています。, ナビ画面は旧型のメーターパネルと一緒に右から包み込むようなシルバー加飾から独立、センタークラスターパネルとの上下一体感によって、コクピットにメリハリがついています。, また、ウッド調パネルが増量され、かつグラデーションの色調がシックに抑えられた事によって、高級感をより引き出しています。, 更に細かいところで言うと、センタークラスターパネルのスイッチ類の意匠も機能的に更新され、シフトレールのデザインも変形S字(グニャグニャ形)からすっきりとL字になって先進感を演出。, ブルーのリング照明を採用したモダンかつスポーティなメーターともども、ドライブの度に昂揚感が味わえるでしょう。, 最も大きな変化はメーターパネル中央に配されたアドバンスドドライブアシストディスプレイ。, 2眼メーターのデザインを更新、その眉間(中央)に新設した5インチのカラーディスプレイで燃料残や航続可能距離、時刻や気温などの情報を表示、ドライブをサポートしてくれる機能です。, また、ウッド調パネルの杢目デザインもグレードによってバリエーションが増え、木質感の大好きな管理人は大喜びです(笑), 【ウッド調パネルの杢目種類・前期/後期の比較】 ・グラデーションアフリカンウッド:前期 ⇒ 後期(引継ぎ) ・グラデーションシルバーローズウッド:前期 ⇒ (廃止) ・グラデーションブラックメープル:後期(新設定) ・グラデーションブラウンエボニー:後期(新設定), 2代目エルグランドE51後期からのフルモデルチェンジを通して、エルグランドE52前期の車内空間はその印象が大きく違っています。, シートをはじめ車内各部のデザインが変更され、サードシートに至るまで快適性を妥協しない、モダンかつ立体的な造りとなっており、センターシートに新設されたヘッドレストに気配りを感じます。, また、人間工学の視点から背中や座面をしっかりと包み込む上質な乗り心地のトリプルオットマン付セカンドシートは、乗員にくつろぎの移動時間を提供してくれます。, 加えて電動開閉式の11インチ大型ワイドモニターや、BOZE5.1chサラウンドシステムを採用した後席プライベートシアターシステムは、ロングドライブにも堪える快適な娯楽空間を創出。, 他にもドリンクホルダーやシートバック収納、大容量ラゲッジアンダーボックス等にも工夫が鏤(ちりば)められ、乗員の利便性を大きく高めています。, ハイウェイスターのインテリアには、素材(ネオソフィール/ジャカード織物)と木目調パネルを一新した「ブラック/ダークベイブラウンインテリア」を採用。, また、上級グレードのハイウェイスタープレミアムには、更なる特別感&グレード感を演出した「グランドブラックインテリア」を採用、2.5ℓグレードにも適用されました。, 本革ブラックメタリックレザーにダイヤ柄アクセントステッチを施したダイヤモンドキルトブラックレザー、専用デザインのグラデーションブラックメープル柄の木目調パネルを採用。, 文字通りプレミアムな車内空間を創出、満足度の高い質感で仕上がっています。 他にもグレードによってシート表皮にギャザー付きプレミアムタンレザー、スエード調クロス等の上質素材が設定されています。, 合わせて、室内高の拡大により車内移動が楽になったり、ラゲッジスペースを改良して積載性を向上するなど、使い勝手がよりよくなっています。, デザイン・内装以外にエルグランドE52前期と後期を比較すると、以下の改良点があります。, 2,500㏄に新グレード「250ハイウェイスター プレミアム」が追加設定され、定速型クルーズコントロールが標準設定されています。, (※)グレードによって、上位のインテリジェントクルーズコントロールが標準装備orオプション設定されています。, 【インテリジェントクルーズコントロールが標準装備】 ・350ハイウェイスター プレミアム ・350ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム ・350ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム, 【インテリジェントクルーズコントロールがオプション設定】 ・350ハイウェイスター ・350ハイウェイスター アーバンクロム, 2代目エルグランド(E51型) 生産:2002年5月21日~2010年8月4日 マイナーチェンジ:1回目 2004年8月25日、2回目 2007年10月23日, コンフィデンス(CONFIDENCE:みなぎる自信)&ニューネス(NEWNESS:斬新さ、転じて明快かつクール)をコンセプトに、「エルグランドらしさ」を徹底的に追求したデザインが表現されています。, その特徴は大きくスラッとしたフロントノーズと、二段構えのフロントグリル&ヘッドライト。, グリップ感を体現するフロントフェンダーや、ボディと一体化したドアミラーの力強さが、エルグランドのフロントフェイスを精悍に演出します。, そして、シンプルで潔くボディを引き締めるキャラクターラインが、エルグランドのスポーティ感を主張、アグレッシブなドライビングを期待させます。, また、スポーティグレード「ハイウェイスター」には、7本スポークアルミホイールやセンターボリュームバンパー、足回りのフィッティングパーツなど専用パーツが用意され、10㎜ローダウンと相まって、コンセプト通り「威風堂々」感バッチリです。, 2004年8月発売のエルグランドE51中期のエクステリアは、前期と比べて大きく進化を遂げました。, まず特徴的なのは、2段から上下統一されたフロントグリル、エンブレム直上を走っていたラインが消え、ヘッドライトの中にブルーラインの名残が見られます。, アンダーグリルを大きく開けたフロントバンパー、シルバー加飾で縁どられたフォグランプ部、そしてターンランプを新たに内蔵したドアミラーが特徴的です。, 2007年10月発売のエルグランドE51後期のエクステリアと、中期のエクステリアの違いは1ヵ所(ハイウェイスター系のみ)。, フロントグリルのエンブレムを貫いて走るカラードグリルが復活していますが、エルグランドE51前期と異なり、その両端はフロントグリルと同じ幅で、ヘッドライトまで及んでいません。, エルグランドE51型の前期と中期、後期を見分けるには、フロントグリルを見るのが簡単です。, ※ハイウェイスター系以外のグレードは、中期/後期でフロントフェイスに違いがありません。, また、ハイウェイスター系かどうかはアルミホイールのスポーク本数で見分けることができます(ハイウェイスター系:6本/ハイウェイスター系以外:7本)。, エルグランドE51前期のリアフェイスの特徴は、よりワイドに余裕感を持たせたデザインの中で、リアコンビネーションランプと融合したリアウィンドウグラフィックです。, ボリューム感をアップしたリアバンパーは存在感を高め、意匠変更されたリアライセンスフィニッシャーやコンビランプと相まって安定感あるスタイルを演出。, また、グレードを示すロゴの位置がさりげなく下方へ移動した事で、ブランドを過剰に誇示しない上品さが感じられます。, 中期から後期へのマイナーチェンジ(一部改良)による変更点はなく、中期とまったく同じデザインとなっています。, エルグランドE51のリアフェイスを前期/中期/後期で見分けるには、ロゴの高さで前期か中期or後期かが判ります。, また、リアライセンスフィニッシャーやリアバンパーの形状でも判別することが可能です。, メーター類や車両情報を表示する薄型可動式モニターが弧を描いてステアリングを包んで、コクピットの近未来感を演出。, 他にも開放感のあるアッパーエリアや意匠変更されたステアリングホイール、センタークラスターパネルなど、初代エルグランドとはその趣を大きく異にしています。, また、本革巻きステアリングや本革&チタン調シフトノブ、チタン調サイドスイッチカバーなど、細部にわたってこだわりの感じられるデザインも魅力です。, エルグランドE51前期の車内空間は、「ラグジュアリー&プラクティカル(贅沢な実用性)」をキーワードに開発されました。, 標準グレードの内装はエクリュ&バーズアイメープル木目調パネルによって華やかさを表現する一方、ハイウェイスターはウォームグレー&チタニウムカラー加飾によるモダンさを演出。, モダンファニチャーをイメージしたスタイリッシュなフレームドシートと相まって、先進的かつ温かみのある車内空間を創出しています。, セカンドシートのスライド幅拡大&スライドポジションの多段化により、シートアレンジのバリエーションを増加、更にサードシートの跳ね上げポジジョンを後方に追加、ゆとりの居住空間を確保しました。, セカンドシートには、多彩なシートアレンジを可能にするセカンドマルチセンターシートを採用。, 前方へのスライドによってサードシートとのウォークスルーを可能にする他、倒して大型アームレストにもなるほか、クッション下の大型収納や、回転対座時にはテーブルにもできる多機能ぶりを発揮します。, 後席ほど着座高が上がるシアターレイアウトの採用により、後席からの視界を広げ、かつ開放感を高めています。 運転席の着座高を地上875㎜とし、視界と乗降性の向上を両立させています。, 車高は低くしながらも更なる低床化によって天井高を35㎜拡大、1,325㎜の広々空間を実現しています(2WDグレード)。, フロアの低床化とステップの低下(-25㎜、390㎜)、両側スライドドアの採用によって、乗降性が更に高められています。, むち打ちを防止するアクティブヘッドレストと、サードシートの後方跳ね上げ(ラゲッジスペース拡大に貢献)機能を全グレードに標準装備しています。, セカンドシートにオットマン(足置き)を採用、より快適なドライビングが可能となります(XL、X)。, また、シート表皮も変更され、XLはシルキーエクリュ(カラー)が追加、Xはスウェード調クロスからダブルラッセルになっています。, エルグランドE51後期と中期の車内空間を比較すると、極端な違いは見られませんが、Xはシートとフロントドアトリムの表皮をスエード調クロス&ダブルラッセルに、XLはフロントドアトリムの表皮を同じく変更しています。, エルグランドE51後期は、中期に比べて内外装のデザイン以外に以下の改良が行われました。, ……という方には、エルグランドE51前期の中古車が、最安25万~35万円から市場に出ています。, この価格帯で中古車市場を探してみると、14~16年落ち/走行距離10万前後~16万キロ/修復歴なし……とまぁ、程よい値段でしばらく乗り倒せる(※)エルグランドが何台か見つかります。, (※)エルグランドの寿命は、特に何もしなければ20万~25万キロ前後と言われているので、この場合なら理論上4万~15万キロ走れる計算になります。, が、いかんせん最安価格帯だけあって流通台数が少なく、探す手間は掛かるかもしれません。, また、中には修復歴のついたエルグランドも混じっているため「安物買いの銭失い」となるリスクも心配です。, そこで、もう少し頑張って予算を中心価格帯の35万~55万円まで拡大すれば、14~15年落ち/6~10万キロ/修復歴なし……と、まずまずじっくり乗りこなせるエルグランドが数多く出ています。, グレードはどれでも幅広く出ているため、豊富な選択肢の中から、納得できるE51前期エルグランドの中古車を見つけ出しましょう。, 安さも大事だけど、支払ったお金に見合うか、それ以上の満足感も得たい!方には、エルグランドE51中期の中古車がおすすめです。, エルグランドE51のモデルチェンジは、大きく「前期と“中期&後期”」で分けられ、前期から中期への進化は、中期と後期の違いより大きなものとなっています。, 中古車市場を調べると、エルグランドE51中期は最安30万~40万円、中心価格帯45万~75万円で販売されているため、前期の予算に5万~20万円プラスすれば手が届きます。, この中心価格帯だと、11~14年落ち/走行距離5万~10万キロ/修復歴なしのエルグランドE51中期の中古車が出ており、どのグレードも幅広く選べるので、じっくり探せるでしょう。, 最新のエルグランドE52型には手が届かないけど、少しでも新しいエルグランドに乗りたい!……という方には、価値も程よく下がって価格もこなれてきたエルグランドE51後期の中古車がおすすめです。, 最安で55万~75万円、中心価格帯が115万~155万円と中期以前とは文字通りケタ違いですが、8~11年落ち/走行距離4万~7万キロ/修復歴なしの良質なエルグランドの中古車が数多く見つかります。, あまり安さにばかりこだわってしまうと「ご近所さんの目もあるし、ある程度のグレード感は保ちたい」という方にはより良い選択肢となるでしょう。, せっかくエルグランドに乗るなら、やっぱり頑張ってよりカッコいい最新モデルを目指したい!……という方には、E52前期の中古車をおすすめします。, 最安120万~150万円だと、5~8年落ち/走行距離7万~13万キロ/修復歴なしのエルグランドが見つかりますが、台数自体が多くないので探す手間は避けられません。, そこで、より選択肢=流通台数の多い中心価格帯195万~245万円まで予算を頑張ると、5~8年落ち/走行距離2万キロ前後~5万キロ以下/修復歴なし、と格段に条件のよいエルグランドの中古車を選びだせます。, 新車のエルグランドより100万円以上も安く購入できるので、非常にお得感が強い買い物となるでしょう。, 最新のエルグランドE52後期を購入するなら、3~4年落ちで価格のこなれた中古車が割安で手に入ります。, 最安価格帯の215万~255万円だと、3~4年落ち/走行距離5万~7万キロ/修復歴なしのエルグランドE52後期が購入できます。, 更に、中心価格帯の295万~345万円まで予算を拡大すれば、当年モデル~3年落ち/走行距離1万以下~3万キロ以下/修復歴なしのエルグランドE52後期も手に入れることが可能です。, こんな好条件のエルグランドE52後期が、値引き込みの新車より50万円以上も安く買えて、非常にお得です。, また、この価格帯なら、新車登録からほとんど走っていない新古車や未使用車にも手が届いてきます。, 中古車市場を調査すると、走行距離1,000キロ以下の新古車や、登録したきりほとんど走っていない(100キロ以下程度が目安)未使用車も数多く出回っており、新車と同様かそれより安く購入できます。, 中には新車より高いエルグランドもありますが、そういう時は「新車より安く値引きしてくれたら購入したい」等のアプローチが有効です。, また、最初からお得な装備(ナビ、ETC、ドアバイザー、フロアマット等)が付いてくるものもありますから、新車よりも高いコストパフォーマンスが期待できます。, エルグランドE52後期 新古車相場 ・250ハイウェイスターS 295万~335万円(339.5万円) ・250ハイウェイスター プレミアム 390万~410万円(533.7万円) ・350ハイウェイスター アーバンクロム 395万~460万円(433.0万円) ・250ハイウェイスターS 4WD 350万~355万円(368.7万円) ※未使用車含む/0台のグレードは割愛 ※カッコ内は新車(車両本体)価格, 数ある中古車の中から探せば、低走行で程度の良い中古車が、新車と比べて数十万円も安く買える事は珍しくありません。, そのためには数ある中古車販売店の在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、比較検討する必要があります。, しかし、中には車両状態の悪いかなり割高な中古車や、中古車購入では最も不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの車両は出来れば避けたいところです。, 程度が良く、且つ割安な中古車を自分で見つけるには、時間も手間も掛かりますし、何より中古車の知識をある程度持っていないと、その中古車が本当にお得かどうかの判断が出来ません。, ナビクル中古車販売なら希望する車種や条件、予算、燃費のいい車、家族で乗るおススメの車は?などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。, 全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。, ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。, 下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。, 複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。, そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。, ネットで愛車の概算価格が分かるナビクル車査定です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。, 当サイトのエルグランド値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人が新車のエルグランドを限界値引きで購入する事に成功しています。.