半月以上のブログ更新滞っていましたがちょっと土日出ずっぱりで全然書く暇がなくて、一旦ブログ書くのを止めてしまうと習慣が途切れてしまい放置していました。すみません。, 噂は結構前から出ていて、まさかEOS Rが発売されてから4ヶ月も経っていない中で本当に発表されるとは思っていなく衝撃的でした…。, EOS RPのPはフィルムカメラ普及モデルの「Canon P ポピュレール」のPから取ったそうでCanonは一般人にもフルサイズカメラの普及を進めていく意志を感じられます。, さて、内容としてはEOS Rの廉価版でスペックはソニーαシリーズに比べると見劣りしますが基本スペックは抑えており、フルサイズ初心者におすすめ出来る仕上がりとなっています。, 特にこの小型・軽量なスペックは本当に待っていたシロモノ…。何故最初にこっちを発表しなかったのかと思わず叫んでしまったぐらい。, Canonの策略としてもKiss Mからフルサイズに興味がある人に乗り換えてもらおう、もしくはCanon EOS RPをメイン、KissMをサブにして囲い込みの作戦もあるかもしれません。, そんな感じで今回はCanon機で最高の登山カメラだやったー!って言いながらEOS Rを購入した人柱の一人として、EOS RからEOS RPに買い換えるべきか考えていきたいと思います。(とりあえず発表された時はEOS Rを売ってMAPカメラの予約サイトから予約しそうになりましたところ思いとどまりました…), 2時間で書いた記事で見直しとか全然してないので誤字・脱字はすみません。と何か間違えてることがあればご指摘願います。, エンジンは同じなので基本出てくる画としてはEOS RとEOS RPは変わらないと思います。画素数については、EOS Rが約3030万画素に対してEOS RPは約2620万画素です。, 初心者の場合ですと約3030万画素もいらないと思いますよ。個人的にはEOS RPの約2620万画素丁度いいと思っています。ただ、単純な考えです画素数が減った分クロップ撮影時の画素数は減ると思いますので(考え方間違っていたらすみません)クロップ撮影を多用するならEOS RからEOS RPに乗り換えるメリットはあまりないかな?, 感度の耐性は同じだけどノイズの出方とかについては実際に撮影してみないとなんとも言えない。, EOS RPが最高1/4000秒に対してEOS Rが最高1/8000秒になります。1/4000秒だとEOS 6Dを思い出す。単焦点レンズで昼間に開放で撮影となると1/4000は物足りないことが多い。というわけでここはEOS Rに軍杯が上がる。, まあ、基本自分は天体撮影に使用していて連射で撮ることはなくなってきているので正直どちらでもいい項目です。ただ、今後野鳥撮影とか復活するとなるとやっぱ最高約8コマ/秒はほしいかも?, EOS RPが0.39型 約236万ドットに対してEOS Rが0.5型 約369万ドットになります。, 正直これも実機を触ってみないとわからないですね。ファインダーのドット数変わるとどうなるか…。, EOS RPの10万回って結構少ないような…。でも連射しない風景撮影なら問題ないか。, EOS RPがバッテリーありで約485g、EOS Rが約660gなので単純計算で175gも軽くなる…!, また、サイズもEOS Rが約135.8(幅)×98.3(高さ)×84.4(奥行)mmに対してEOS RPが約132.5(幅)×85.0(高さ)×70.0(奥行)mmと一回り小さくなる。, 登山で持ち運びや常に首からぶら下げることをを考えるならEOS RPに乗り換えは全然ありだと思う!, しかし、本当に軽さだけで乗り換えるべきなのか?後ほど登山カメラとしてどうなのかも考えてみる。, これは、EOS RPの小型軽量のために「LP-E6N」から「LP-E17」に変わっていて容量的にはどうしても撮影可能枚数が減ってしまう。でも、その分予備バッテリーを用意してカバーするという考えて良いと思う。また、「LP-E6N」に比べて「LP-E17」のバッテリーの値段は安いので買いやすいというのもある。, EOS RPが3.0型/104万画素/バリアングル/タッチでEOS Rは3.15型/210万画素/バリアングル/タッチとなっている。小型化のためかモニターはわずかに小さくなっているがここも特筆する点はない。, さて、EOS Rは元々体力のない自分が機材をなるべく軽くしたいということで購入したものだ。実際にCanon EOS 5DMarkⅣからEOS Rを持ってみるとあまりに軽くて使いやすかった。, ただ、現段階ではRFの広角レンズが発売されていないので正直軽量化はきちんとできていない。(結局山にシグマ14-24mm F2.8というくっそ重いレンズを持っていている。)でもRF15-35mmL IS USMというフィルターもつけられて15mmスタートで35mmまで使えて1kgは下回りそうな星景写真で間違いなく神レンズとして崇められるレンズが発表されたのでこの点は解消されそうだ。, と、話がずれてしまったが、EOS RPは登山カメラとしてはEOS Rより175gも軽量化されてなおかつ小型にもなっているので首からぶら下げた時の負担は間違いなく減ると思う。特にRF35mm F1.8 マクロ IS STMとの組み合わせは登山中の日常撮影にはかなり便利だと想像できる。, しかし、下記記事でも述べられたいたが残念ポイントとしてEOS RPは電源OFF時においてもセンサーが丸見え状態なところ。, EOS Rは電源OFF時にシャッター幕がおりてセンサーを保護してくれる。もちろんこういった機能は将来的な故障のリスクを含むが、レンズ交換時にセンサーを保護してくれる点は精神衛生上良い。(きちんと保護されているかは謎だがないよりかはまし), この点だけでも個人的にはEOS RからEOS RPに乗り換えようという考えを改めた。, 登山カメラのデメリットとしてはこの辺ぐらいだろうか?でも個人的にはこのデメリットがとても痛い。, ・バッテリー「LP-E6」ではないので、遠征での撮影でEOS 5DMarkⅣとバッテリー共有できない分、充電器と「LP-E6」の「LP-E17」の両方を持っていかなければならなくなること。(EOS Rはその点EOS 5D MarkⅣのサブカメラとして最高だ), ・EOS RPは電源OFF時にシャッター幕がおりてセンサーを保護してくれないこと。, もちろんまだEOS RPの実機を触っていないので触って「何これやべぇ」ってなったら買い換えるかもしれないけど。いや買い換えというよりかはEOS Rのサブとして…(何言ってんだ), EOS RPはEOS kiss Mからフルサイズに乗り換えたいと思う人やこれからカメラを始めたいという人にオススメしたい。特にCanonのカメラは使いやすいUIなので初心者は最初に使ってほしいカメラだ。, EOS Rを持っていなくて登山用カメラを探している人にとってもデメリットで電源OFF時にシャッター幕がおりてセンサーを保護しないと言ってるがやはり小型・軽量の点で素晴らしい風景を収めたい間違いなくCanon EOS RPは候補に入れて欲しい。, あーだこーだ言ったけどCanonの5000台限定モデルのゴールドEOS RPめっちゃ欲しいんだけど?, まだ見ぬ星景写真を求めて日本各地の色々な場所を訪れています。(現在は九州がメイン) 3/14にCanonから発売されたフルサイズミラーレス一眼カメラ、「EOS RP」を買いました。 いや、予約して発売日に買ったので、すでに2週間が経とうとしているんですけどね(汗) ということで、ひとまず買いました報告のブログを書きます。 文化祭で使える(?)プラネタリウムの自作ドームの作り方も紹介しています。. 1. RF35mm F1.8 マクロ IS STMが届いた! 2. 3/14にCanonから発売されたフルサイズミラーレス一眼カメラ、「EOS RP」を買いました。, エクステンショングリップEG-E1の限定色(ゴールド)が付属しているので、開封したら速攻で取り付けます。, 上から、EOS 55(フィルム機)、EOS 7D、EOS RPですが、RPのゴールドカラーってどことなくEOS 55のシルバーボディと似ているあたりもお気に入りです。, ところで、今回、RPを購入したことで、2年ほど前に義父にもらったまま保管していた「Canon FD 55mm F1.2 S.S.C.」という古いレンズが日の目を見ることに。, 撮影もEOS Rから搭載されたFvモードを使うと、EVF見ながら露出合わせるのがやりやすくて良い感じ。, この他の常用レンズがTAMRON A09とCanon EF50mm F1.8IIくらいとなってしまい、レンズ資産的にはちょっと心許ない感はあるのですが、今後のRFレンズラインナップの充実(特に手の出しやすい非Lレンズで…)を待ちましょう。, 子供を撮るときはJPEG撮って出しばかりですが、近々仕事帰りに都内で夜景とか、近所の荒川河川敷あたりで天体写真とかRAWでもじっくり撮ってみようと思ってます。, ロードバイクに乗るときに着る、サイクルウェア。ここ最近、一緒にライドに行った方々やtwitterでのお友達が着ている、Raphaのウェアのデザイン性や機能性の良さを目にして、自分もオシャレで着心地の良いウェアが欲しいなぁ…と思うようになっていました。, 天体観測に写真に自転車に…とあれこれ多趣味な故に内容にまとまりがありませんが、元々は天文HPから始まったブログです。 | 各地の星空を天体撮影記で記録しています。また、撮影機材のレビュー記事も時たま書いています。, Starryheavensさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 前置き 10月25日には既に手元に届いていたのですが色々あってやっと休みの日に触れる事が出来ました。わーいわーい と、ちょっと満月期なので天体撮影に不利ですが、月が昇ってくる前に何枚か写真が撮れたので天体撮影してみての使い勝手の感想などを速報的な感じで書いて行きます。 eos rpの10万回って結構少ないような…。 10月25日には既に手元に届いていたのですが色々あってやっと休みの日に触れる事が出来ました。わーいわーい, と、ちょっと満月期なので天体撮影に不利ですが、月が昇ってくる前に何枚か写真が撮れたので天体撮影してみての使い勝手の感想などを速報的な感じで書いて行きます。, これまで使用してきたCanon EOS 5DMark Ⅳは光学ファインダーなので夜間にファインダーを除いて構図決めるのが難しかったですが、Canon EOS Rだと電子ファインダー(以下EVF)に変わったおかげか夜間の暗い所でも薄っすらながらEVFに天の川が映ることが出来たので構図作りがしやすくなった。, もちろんライブビューモニターを使えばこれまでも出来た話だけど個人的にはファインダーを使用した方が構図作りがしやすいので天体撮影している身としては結構ありがたく感じた。, Canon EOS 5DMark Ⅳだとバリアングルがなかったのでローアングル、ハイアングルの構図決めの時に不便だったが。Canon EOS Rはバリアングルがあるおかげでローアングル、ハイアングルの構図決めが行いやすくなったので本当に助かりました。, 夜間の撮影だと三脚に載せるのでグリップの握りやすさはそこまで関係ないけどホールド力はデジタル一眼レフと同等レベル, ソニーのαシリーズなどはグリップの握りやすさが微妙だったので乗り換えしなかったのもあるけどCanon EOS Rはこれまでデジタル一眼レフを使用していた方でも違和感無く使用できるグリップ力があると感じました。, Canon EOS 5D Mark Ⅳは約162万ドットでEOS Rは約210万ドットなので液晶モニターで見る写真がかなり綺麗に見えるので写真が綺麗に撮れたという印象を与えると思う。実際にCanon EOS Rの初期レビューでも同じ様に語っている人が多かった。ただ、写真の写りに関しては個人的にはCanon EOS 5DMark Ⅳより格段に上がっている印象は受けなかった。, 広角レンズをCanon EOS Rに付けていてもクロップ機能のおかげでちょっと望遠の構図を作れるようになった。クロップ機能は実際のところカメラ内トリミングと同じことをしているだけだけどやはりあるのとないのじゃ利便性は違うので積極的に使っていきたい, 今回、山梨県の甘利山で月が登る前に天体撮影で使用する上限のISO 6400, ISO12800をCanon EOS Rで撮影してきました。, (設定:ISO 12800, F4.0, 露出時間15秒,※Lightroomで露出を弄ってISO6400と合わせています。), ISO 6400とISO12800でのノイズ量に関しては個人的な意見ですが、そこまで大差はなくてISO12800でも天の川撮影で使用出来そうな印象を受けました。撮影中は 5DMarkⅣに比べ大幅に性能アップしているようにないような印象でしたが、若干高感度性能は上がっているかもしれません。, ※ISO感度の比較としてはLRで露出を弄っているのであくまで参考程度にお願いします。, 一応今後5DMarkⅣでも同様の写真を撮影したので後ほどそのことに関しての比較記事書こうかと思います。, EOS Rで新しいRAWファイルCR3になっているのでLightroomを更新していないと使用出来ないので更新は必ずしないとそもそもデータが取り込めません。, Canon EOS Rの箱を空けてみると入っていたのはType-Cのケーブルのみなので通常のUSBポートしか無い場合はすぐに使う事が出来ない。, にしてもこれでCanon EOS 6DとEOS 5DMarkⅣとEOS Rでの取り込みケーブルが全部違うのでケーブルが煩雑になってしまった…。, ちなみに現在自分はアダプターがないのでSDカードからそのままPCに取り込んでいます。, aceyoon USB Type C メス 変換 コネクタ [2点セット] USB Aオス→ USB-Cメス アダプタ 最新USB3.1 最大10Gbpsスピード転送 USB-C 変換アダプタ 急速充電 + データ転送 小型 軽量 高交換性 USB Male to タイプ C Female 変換コネクタ, Canon EOS 5DMarkⅣやCanon EOS6Dで使用していたTC-80N3はCanon EOS RだとE3タイプ(Canon kissシリーズのリモコン端子になっている)なのでCanon リモートコントローラアダプターRA-E3が必要になってきます。, とりあえず簡単なCanon EOS Rを購入したので天体撮影で使ってみた感想でした。, まだ見ぬ星景写真を求めて日本各地の色々な場所を訪れています。(現在は九州がメイン) 各地の星空を天体撮影記で記録しています。また、撮影機材のレビュー記事も時たま書いています。, Starryheavensさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog まえがき 2. ブログを報告する, お題「これ買いました」 1. ブログを報告する, 目次 1. eos rpが0.39型 約236万ドットに対してeos rが0.5型 約369万ドットになります。 正直これも実機を触ってみないとわからないですね。ファインダーのドット数変わるとどうなるか…。 6. シャッター耐久回数について. 『小ささ軽さは正義』 CANON EOS RP ボディ ミノルタファンになりましたさんのレビュー評価・評判。価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・画質・操作性など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 eos r seo-sp4改造開始: ミラーレスeos rのir改造開始しました。 改造タイプは4タイプ。 フィルターを交換する通常のseo-sp4改造とseo-sp4c改造および f値の小さな鏡筒でも外周ケラレの出ない seo-sp4ii改造とseo-sp4cii改造です。 | Canon RF24-105mm F4-7…, 【天体撮影記 第141夜】 富山県 薬師峠キャンプ場からの星空とテント (EOS R6と星空), 【レビュー】Canon RF24-105mm F4-7.1 IS STMを登山で使ってみた感想, Leofotoのスライドレール NR140とEOS R専用のLPC-EOSRを購入しました。, 【天体撮影記 第73夜】 千葉県 星空撮影スポット 夫婦岩 (雀島)と冬の星座を撮影してきました。, 【天体撮影記 第144夜】 大分県 九重連山 月明かりに照らされた大船山の御池の紅葉と星々, 【天体撮影記 第142夜】 長崎県 小さな小島の鳥居とさよなら夏の天の川 (EOS R6と夏の天の川), 【登山記 1日目】 北アルプス 薬師岳~雲ノ平~祖父岳〜水晶岳~鷲羽岳~黒部五郎岳 3泊4日テント泊. RF35mm F1.8 …, EOS R買った人どんまいって煽られてるけどEOS RPに買い換えるべきか?買い換えないか?, EOS RPが最高1/4000秒に対してEOS Rが最高1/8000秒になります。, ・バッテリー「LP-E6」ではないので、遠征での撮影でEOS 5DMarkⅣとバッテリー共有できない分、充電器と「LP-E6」の「LP-E17」の両方を持っていかなければならなくなること。(EOS Rはその点, 【天体撮影記 第141夜】 富山県 薬師峠キャンプ場からの星空とテント (EOS R6と星空), 【レビュー】登山用にCanon RF24-105mm F4-7.1 IS STMを購入しました。, ハーフマクロも使えて小さくて明るいレンズ RF35mm F1.8 マクロ IS STMを購入しました…, 【天体撮影記 第144夜】 大分県 九重連山 月明かりに照らされた大船山の御池の紅葉と星々, 【天体撮影記 第142夜】 長崎県 小さな小島の鳥居とさよなら夏の天の川 (EOS R6と夏の天の川), 【登山記 1日目】 北アルプス 薬師岳~雲ノ平~祖父岳〜水晶岳~鷲羽岳~黒部五郎岳 3泊4日テント泊. EOS Digital @ 54(Cooled 6D M101) 53(EOS-R SEO-SP4) 53(EOS-R SEO-SP4) 52(Cooled U c M27) 51(Cooled U c M33) 50: 48(47 46: 45 44 43 42 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1