ブート> を実行してみてください。   .Sort.SortFields.Add Key:=Range("A8:A16") _     .Header = xlYes Excelでマクロを作成するときは、通常、作業中のブックに保存しますが、個人用マクロブックを作成すると、Excel起動時に常に起動されるので、どのブックでも使用できるようになります。 個人用マクロブックは、Excel … Excelは、長年使っていますが、過去に経験したことがない ”MicroSoft Excelは, 動作を停止しました” が出るようになりました。, 以下のマクロを実行して、xlsm形式で保存すると必ず「MicroSoft Excelは, 動作を停止しました」と表示され、Excelが再起動するか、そのまま終了してしまいます。, 【並び替えマクロ】----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------, Application.ScreenUpdating = False PERSONAL.XLSが毎回表示される理由 PERSONAL.XLSを変更して非表示にしないで普通に保存してしまうと、 以後Excelを起動するたびに、このPERSONALが毎回出てきます マクロの記録をするときなどに[マクロ … Excel 2013 でデータが表示されないのですね。   .Sort.SortFields.Clear     Range(Selection, Range("A8")).Select また、問題が起きるのは特定のファイルかどうかもあわせて書いてみてください。 いくつかのマクロを作成・実行し、完成したのを確認後、開いているブックをすべて閉じて、Excelを再起動しましたが、マクロ一覧の中が空になっています。, \AppDate\Roaming\ Microsoft\Excel\XLSTARTの中にもPERSONAL.XLSはなく空です。, オプションからアドイン管理を見ても、使用不可に設定されているアイテムはありません、となっています。, マクロの作成・テスト中、PERSONAL.XLSは再表示し、立ち上げていましたが、それを終了した時点でマクロが消えてしまったのでしょうか?, オプションのセキュリティセンターのマクロ設定では「警告を表示せずすべてのマクロを無効にする」にチェックが入っていました。これが原因でしょうか?, 警告を表示してすべてのマクロを無効にするにチェックを入れ、警告後、毎回有効にする必要があるのでしょうか?, 前回の確認で混乱させてしまったかもしれません。 Personal.xlsというファイル(マクロブック)に保存したマクロは、どのExcelファイルからでも利用することができるようになっています。 ), このスレッドはロックされています。質問をフォローすることや役に立つと投票することはできますが、このスレッドに返信することはできません。.         , Order2:=xlAscending, Header:=xlNo, OrderCustom:=Application.CustomListCount + 1, MatchCase:=False _ ートや別ブックにデータ転記をするにはどう書くか?, 103回 必見!2次元配列から1次元配列にする, 104 回 2次元配列を縮小したり、要素を入れ替える, アクティブセルを変更するマクロ, 選択セルに文字を入力するマクロ, 選択範囲のデータを消去するマクロ, セル上にボタンマクロ実行ボタンを作る, 個人用マクロブックにマクロを保存, 指定したフォルダのブックを開くマクロ, 好みの幅に列幅を変更するマクロ, 選択範囲に合計入力するマクロ, 1月から12月まで入力するマクロ, 形式を選択して貼り付けマクロ, 値の貼り付けをするマクロ~エラー回避. >※ Excel ブックにトラブルが無いかを確認するためです。, 「ドキュメント検査機能では削除できない個人情報がドキュメントに含まれていることがありますので、ご注意ください。」, と言うメッセージが新たに出るようになり、OKボタンを押すと動作停止のアラートが出ます。, ◆ネットで類似エラーを検索していたら、以下の一文を見つけましたが、何か関係ありそうな気がするのですが、、、。, 「Excel 2003まででユーザー設定の並べ替え基準を使うときは、まずユーザー設定リストに登録して、引数OrderCustomには「ユーザー設定リストの何番目」と指定します。もちろん、ユーザー設定リストに登録されていない基準で並べ替えることはできません。, 対して、Excel 2007の引数「CustomOrder」は、独自の並べ替え基準を文字列で指定します。」, http://officetanaka.net/excel/vba/tips/tips148.htm より引用, ブックの作り直しの時、シートを移動するとか、書式も含めて貼り付けされていませんか?, その場合、シートを旧ブックから移動してきたり、書式書式を含めてシート全体をコピー&ペーストするとトラブルが伝染する場合が多いです。, 作り直しの際はコピー&ペーストを使っても良いのですが、形式を選択して貼り付けの数式(数式と値が貼り付けられます)くらいまでにしてください。, このスレッド、↑で本論に関係ない口出しするまで、内容見てませんでしたが・・・・・・, Win7+Excel2013、Win7+Excel2010 いずれもX86で環境は違うのですが発生します。, 確認ですが、第2キーを("4", "5", "6", "7", "8", "9", "10", "11", "12", "1", "2", "3"), >確認ですが、第2キーを("4", "5", "6", "7", "8", "9", "10", "11", "12", "1", "2",> "3") Excelでマクロを作成するときは、通常、作業中のブックに保存しますが、個人用マクロブックを作成すると、Excel起動時に常に起動されるので、どのブックでも使用できるようになります。, 個人用マクロブックは、Excel起動時に起動されますが、非表示となっているので意識することはありません。, マクロの記録を使って保存する場合は、[マクロの保存先]で[個人用マクロブック]に切り替えます。, ここでは、[Ctrl]+[Shift]+[*]を押して、表全体を(アクティブセル領域)を選択した後、[Delete]キーを押して範囲選択を削除する動作を記録しました。, 下のようにPERSONAL.XLBが作成されて、コードが記録されているのがわかります。, 個人用マクロブックを保存する場合は、作成するために使用したブックは保存しなくていいですが、[個人用マクロブックの変更を保存しますか?]という以下のメッセージウィンドウでは、必ず[保存]をクリックします。, それでも、もっとスマートに操作するために、クイックアクセスツールバーにマクロを登録しておくといいです。, クイックアクセスツールバーの▼ボタンをクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。, [コマンドの選択]で[マクロ]を選択すると、個人用マクロブックが現れますので、選択して中央の[追加]ボタンをクリックします。, 参考コマンドボタンは特定のファイルのみに追加することもできます。以下の記事で解説しています。.