エクセル(Excel)「ブックの共有設定」の基本をマスターしましょう。ひとつのブックを複数で共有して管理する場合があります。そんなとき活用できるのが、ブックの共有設定。使い方のコツやブックの共有によって使用できなくなる機能も紹介します。, Excel2007以前のバージョンでは「ツール」メニュー→「ブックの共有」をクリック, ※ブックが保存されると元に戻すことができなくなります。不安な場合は、一度操作を中止してバックアップを作成してから操作すると良いでしょう。, Excel2007以前のバージョンでは「ツール」メニュー→「保護」→「ブックの保護と共有」をクリック, ※変更履歴を表示するには、「ツール」メニュー→「変更履歴の記録」→「変更箇所の表示」をクリックしてください。, Excel2007以前のバージョンでは「ツール」メニュー→「変更履歴の記録」→「変更箇所の確認」をクリック, ※変更履歴をすべて反映していない場合は、変更履歴が削除されても良いかどうか確認してから操作を続行すると良いでしょう。もし、変更履歴の処置について不安がある場合は「いいえ」ボタンをクリックして操作を中断し、残っている変更履歴について反映するかどうか確認してください。, Excel2007以前のバージョンでは「ツール」メニュー→「保護」→「共有ブックの保護解除」をクリック, ExcelのVLOOKUP関数の使い方!指定列からデータを取り出す方法を初心者向けにサンプルでわかりやすく解説, ※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。. エラーを除いてSUM関数で合計する方法|#VALUE!,#REF!,#N/A,#DIV/0! ということで今回は、シートごとに分割して保存するVBAについて紹介したいと思います。, この例ではブックの保存先として、下記の部分でtest.xlsmと同じフォルダを指定しています。, ここを必要に応じて書き換えてあげることで、任意のフォルダにブックを保存することができます。, WorksheetsオブジェクトのCopyメソッドはその名の通り、シートをコピーします。, 引数はbeforeかafter、つまりどのシートの前後にシートをコピーするか指定できます。, Copy実行後はコピーして新しく作成されたブックがアクティブになる性質を利用して、, あとは、先ほどの新しく出来たブックのSaveAsメソッドを、保存先を指定して呼び出します。, 新しく作成したブックは特定のフォルダに格納したい!なんてこともあるかも知れません。, さきほどのコードとの違いは、Dir関数とMkdirステートメントでフォルダを操作しているところです。, 第二引数は定数を指定します。vbDirectoryを指定すると一致するディレクトリ名を返してくれます。, そしてMkdirステートメントは、make directoryの略で、ディレクトリを作成します。, このブログで紹介している内容は、多分に私見が含まれています。それでも、なるべく正確性を保つよう心がけていますが「それは違うんじゃない?」などのご意見がありましたらご連絡ください。また、このブログに掲載しているコードは利用規約の範囲で自由にお使いください。, shinmai_papaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 購入はこちら, この時何年か関係なく、SUMIFS関数を使って月ごとに集計したい時の方法になります。, SUMIFS関数の引数①合計対象範囲は「合計したい範囲」なので「D2:D14」、②検索範囲1は「月の値が入っている範囲」なので「C2:C14」、③条件1は「検索値」なので「F2(値は「4」)」となります。, ちなみに計算式は「=SUMIFS($D$2:$D$14,$C$2:$C$14,F2)」となります。, SUMIFS関数の引数①合計対象範囲は「合計したい範囲」なので「C2:C14」、②検索範囲1は「月の値が入っている範囲」なので「B2:B14」、③条件1は「検索値」なので「F2(値は「2019/4/1」)」、④検索範囲2も「月の値が入っている範囲」なので「B2:B14」、⑤条件2も「検索値」なので「G2(値は「2019/4/30」)」となります。, ちなみに計算式は「=SUMIFS($C$2:$C$14,$B$2:$B$14,">="&F2,$B$2:$B$14,"<="&G2)」となります。, SUMIFS関数の引数①合計対象範囲は「合計したい範囲」なので「D2:D14」、②検索範囲1は「月の値が入っている範囲」なので「C2:C14」、③条件1は「検索値」なので「F2(値は「2019」)」となります。, SUMIFS関数の一番の欠点は「引数の参照に他ブックを指定すると、そのブックが閉じている時は#VALUE!エラー(値がないという意味のエラー)になるところです。, 例えば「参照元の表があるファイル」と「集計した結果を表示させるファイル」が別だとエラーになる時がある(というかほとんどの場合)のです。, ですからSUMIFS関数を使う時の注意点は、「同じファイルに表があり結果を表示させる場合」となります。, 高機能PCがクーポン利用で更にお得 を繰り返します。 Excel業務あるあるシリーズ。 複数のシートを独立したExcelファイルに分割して保存したい!! ちまちまコピーして保存して・・・と手作業でやるのは効率が悪い!! ということで今回は、シートごとに分割して保存するVBAについて紹介したいと思います。 トップページ > エクセル関数 問題解決 > 月ごと・年月ごと・年ごとに集計・合計する方法, つまり条件に期間を任意の指定することで、月、年月、年ごとの集計をするということです。, SUMIFS関数は「=SUMIFS(①合計対象範囲,②条件範囲1,③条件1,④条件範囲2,⑤条件2…))」のように最低①~③の3つ、プラス条件の数に応じて「条件の数×2」の要素(引数)を指定する必要があります。, このようにまずはSUMIFS関数を使って月・年月・年ごとの数値を抽出し集計する方法があります。, SUMPRODUCT関数は計算式の書き方で様々なことができる関数ですが、その中の一つにSUMIFS関数と同じような、「特定の条件に一致する数値を合計し返す」ことができます。, つまりこちらも条件に期間を任意の指定することで、月、年月、年ごとの集計をするということです。, SUMPRODUCT関数は「=SUMPRODUCT(①配列1,②配列2…))」のように最低①の1つ、条件の数に応じて「同じ数」の要素(引数)を指定する必要があります。, しかし色々な使い方ができる関数なだけに、引数の名前だけで感覚的に何を入れればいいかは分かるようになっていません。, SUMPRODUCT関数で「特定の条件に一致する数値を合計し返す」ことをする場合には、各引数に次の内容を指定します。, 計算の対象になるセル範囲を指定(SUMIFS関数の『合計対象範囲』と同じように入力), 詳しい使い方は後で述べますが、SUMPRODUCT関数を使って月・年月・年ごとの数値を抽出し集計する方法もあります。, 買えば買うほどT‐POINTが貯まる!使える!! ~ 2. エクセル(Excel)「ブックの共有設定」の基本をマスターしましょう。ひとつのブックを複数で共有して管理する場合があります。そんなとき活用できるのが、ブックの共有設定。使い方のコツやブックの共有によって使用できなくなる機能も紹介します。 Excelを使ったデータ作成では「ファイルが開かなくなった」「作業中にフリーズした」「データが破損して保存できなくなった」などのトラブルに見舞われたことがある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、重くなってしまいがちなExcelファイルを軽くする裏技をご紹介 します。 ~ 2. YAHOO!ショッピング, サイト上から簡単に買い物ができて、T-POINTも貯まります! Excelでは別のシートにあるデータを流用できる。そうなると、別のブックにあるデータも利用したくなる。しかしそんなことができるのか。もちろんできるし、こちらにもいろいろなテクニックがある。 Excel では、タイトル バーのファイル名にコロンと番号を付加して、同じブックの複数のウィンドウを区別します。 新しいウィンドウに切り替えて、表示するシートをクリックします。 ウィンドウに表示するシートごとに手順 1. Excel では、タイトル バーのファイル名にコロンと番号を付加して、同じブックの複数のウィンドウを区別します。 新しいウィンドウに切り替えて、表示するシートをクリックします。 ウィンドウに表示するシートごとに手順 1. Excelでは別のシートにあるデータを流用できる。そうなると、別のブックにあるデータも利用したくなる。しかしそんなことができるのか。もちろんできるし、こちらにもいろいろなテクニックがある。, まずはデータが入力されている既存のブックと作業用のブックを開く。2つのブックで作業する場合、「表示」タブから「整列」を選び、ダイアログが開いたら「左右に並べて表示」を選択して「OK」ボタンを押す。こうしておくと、2つのブックを左右に並べられ、双方を往来しながらの作業がとても楽になる。, 既存のブックから作業用ブックに一部のデータを流用する場合、既存ブックの目的個所をコピーして、作業用ブックにペーストすればよい。これにはちょっと変わった方法があって、既存ブックの目的個所を選択し、[Ctrl]キーを押しながら選択範囲の外枠をドラッグして、作業用ブック側にドロップする。この方法でも、一部データを別のブックにペーストできる。, また、一部データではなく、シート1枚丸ごと作業ブックに持って行きたいこともあるだろう。この場合、既存ブック側のインポートしたいシートのタブを右クリックして、「移動またはコピー」を選び、「移動先ブック名」から作業用ブックを選び、「コピーを作成する」をチェックした後に「OK」ボタンを押す。, もっとも、こちらにもマウスとキーボードを使ったショートカットがある。[Ctrl]キーを押しながら既存ブックのシートタブをドラッグして、作業用ブックのシートタブの列にドラッグしてみよう。これでシート丸ごとコピーできてしまう。, この記事は会員登録で続きをご覧いただけます。次ページでログインまたはお申し込みください。, チームや会社のメンバーで日経クロステックを体験してもらうために、30日間無料キャンペーンを実施しています。申込期限:12月11日まで, 2020年11月24日(火) 14:00~17:25 2020年11月25日(水)14:00-17:25, 2020年10月1日に起こったシステム障害と、過去の東証関連記事をまとめました。最新情報を随時追加します。. ブログを報告する. パンチ穴を開ける場合は [パンチ] チェック ボックスをオンにし、一覧からパンチ穴の位置をクリックします。次に、[名前をつけて保存] をクリックします。, [ワンクリック設定アイコン名] ボックスにアイコンの名前を入力し、[OK] をクリックします。, Ctrl キーを押しながら印刷したいシートをクリックします。ここでは、例として [Sheet1] と [Sheet2] を選択します。, [名前] ボックスの一覧から使用するプリンターをクリックし、[OK] をクリックします。, このウェブサイトのレイアウトやリンクの一部は、Javascriptを無効にすると正常に機能しない場合があります。 Excel は、シートごとに印刷の設定が保存されます。そのため、book 全体でステープルまたはパンチ穴を開けるように設定しても、正しく実行することができません。このような場合は、シートごとにステープルまたはパンチ穴を開けるように設定します。ステープルまたはパンチ穴を開けるように設定するには、次の手順を実行します。, IPSiO NX810 または IPSiO CX6100/6600 の場合は、ステープルのみ設定することができます。, ここでは、例として Windows XP にインストールされた IPSiO CX9000 の手順を案内しています。, 印刷したいシートをクリックします。ここでは、例として [Sheet1] をクリックします。, [名前] ボックスの一覧から使用するプリンターをクリックし、[プロパティ] をクリックします。, ステープラーで閉じる場合は [ステープル] チェック ボックスをオンにし、一覧から閉じ位置をクリックします。 2つのブックを往来する場合、「表示」タブ→「整列」→「左右に並べて表示」で2つのブックを並べて表示する。, 既存ブックのデータを選択し、選択した範囲の外枠を、[Ctrl]キーを押しながらドラッグして、作業用ブックにドロップする。結果はコピー&ペーストと同じだ, [Ctrl]キーを押しながらシートタブをドラッグして、作業用ブックにドロップする。一発でシートを丸ごとコピーできる. Copyright © Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. パンチ穴を開ける場合は [パンチ] チェック ボックスをオンにし、一覧からパンチ穴の位置をクリックします。次に、[OK] をクリックします。, ステープラーで閉じる場合は [ステープル] チェック ボックスをオンにし、一覧から閉じ位置をクリックします。 Excel は、シートごとに印刷の設定が保存されます。そのため、book 全体でステープルまたはパンチ穴を開けるように設定しても、正しく実行することができません。このような場合は、シートごとにステープルまたはパンチ穴を開けるように設定します。 Excelで同じフォーマットのシートを複数作成したいときに便利なシートのコピー。同じブック内で同様のシートを複数作成したいときに、まず基本のシートを1枚作成し、残りはその基本シートをコピー・複製してから作成するのが効率的なのでおすすめ。今回はこのようなときのシートをコピーする手順と、それと同様に別のブックへのシートのコピーができるので、その手順や、Wordへコピーしたいといったときの方法も合わせて紹介していきます。, 【1】もとのシートをコピーする手順 コピーしたいシートの上で右クリック →「移動またはコピー」を選択→挿入先を選択 →「コピーを作成する」にチェックを入れる → 「OK」をクリック, 【2】結果挿入先をコピー元のシートにしていると、通常はそのシートの前に「(2)元のシート名」という名前が自動的に付けられ挿入されます。, 次は以下のように同様のシートを別のブックでも使いたいときなど、シートを別のブックへコピーする方法と、そのときの注意点を紹介します。, コピーしたいシートの上で右クリック →「移動またはコピー」を選択→挿入ブック名を選択 →「コピーを作成する」にチェックを入れる → 「OK」をクリック ※コピー先のブックを開いておかないとコピー先に選択できません。, 同様のシートを別のブックでも使いたいけど、同時にブックも作りたいというときの方法を紹介します。, 【1】コピー先を「新しいブック」としてコピー コピーしたいシートの上で右クリック →「移動またはコピー」を選択→挿入ブック名を「新しいブック」に選択 →「コピーを作成する」にチェックを入れる → 「OK」をクリック, 【2】結果コピー元のシートと違う配色でコピーされたシートが作成される場合があります。配色を変えたいときは 「ページレイアウト」→「テーマ」で変更できます。, Excelで作成した表をWordに盛り込みたいときもあるでしょう。体裁を崩さずそのまま張り付けたいのならば、「図として貼り付け」機能を利用すれば、簡単にコピーできます。詳しくは以下で紹介しています。, Excelで表崩れさせず同じ見た目のままコピペしたい。セルを図としてコピーする方法, Wordでも表を編集できるようにしたい場合はちょっとしたコツが必要です。次のように内容をコピーすることができるので、次はその方法を紹介します。, シートの左端をクリックして、シート全体を選択(「Ctrl-」を押しながら「A」でもかまいません) → Excelメニューの「ホーム」 → 「コピー」を選択, 挿入した表全体を選択 → 「レイアウト(右側)」→ 「セルのサイズ」グループの「自動調整」→「ウィンドウ幅に自動調整」を選択 → 文字サイズや行列幅を微調整, ※表を選択した際には、通常のWord用のレイアウトタブ(左側)ではなく、Excel用のレイアウトタブ(右側)で調整するので注意。, 今回はシートをコピーして異なるシートで活用する方法について紹介しました。シートの操作や編集に関しては、基本的に編集したいシート上で右クリックすることで行えます。同じファイル内にコピーをしてシートが増えてきた場合は、シートの色を変えてわかりやすくするなどの工夫をしてみてください。(学生の窓口編集部), Vol.8 「好きだった人をネット検索するのが辞められない」奥手がゆえの悲しいサガ【週末アドレセンスー恋の忘れ方ー】, 【オンライン公開取材】大学生から投資を始めたら資産1億円って突破する!