Ruby - 数式文字列 => 逆ポーランド記法 変換(スタック使用)! ), #readを実行するためにrunまたはevalを呼び出す前に、キューのデータを取り込むためには, #tf.train.start_queue_runnersを呼び出さなければなりません。, 'Tensor("DecodeCSV:1", shape=(), dtype=int32)', tensorflow/models/image/cifar10/cifar10_input.py, 手書き文字を作れるJavascriptをつくってTensorFlowで予測させてみた, Python3 - xのn乗のグラフ(matplotlibのsubplotとアニメーション), Stripe - on_behalf_ofを使えと言われても使ってはいけなかったのでメモ, DockerでPM2とAdonis.jsとApache2でWebsocketを動かすときのメモ, Slackのgeneralチャンネルのメッセージを全削除するスクリプトを作ったけど削除できなかった, MySQL - 複数テーブルを連結して重複を削除しつつ、特定テーブルに存在するデータを削除する. * CSV 読み込みテスト * 何回やっても下記になりました。shffle=Falseにすると、最初に取得するファイルも、tf.train.string_input_producerに渡した順番通りで固定のようです。, 上記のコードで、csvファイルの1行当たりのカラム数が5より大きい場合はエラーになりました。, record_defaultsを下記のように変えたらエラーになりました。record_defaultsの形状をみて、想定しているデータの個数やデータ型を想定しているようです。それと合わないデータが入ってたらエラーを出すようです。, record_defaultsを下記のように変えたらエラーになりました。shapeのランクが1じゃないといけないらしいです。shapeが(5, 0)になるからダメで、(5, 1)になるようにしないといけないってことかな?, record_defaultsを下記にしたら、エラーになりました。numpyの配列だとダメっぽいです。, #ファイルパスのリストをtf.train.string_input_producerに渡す, # ファイル名キューへのデータ取り込みを開始する。 (Start populating the filename queue. 今回は、出力された逆ポーランド記法での表現を読み込んで計算する処理を実装してみました。, 11月になりましたので、先月10月分の当ブログアクセス状況を公開します。(※自分用の記録). (5) csvreader (ライブラリ型) (3) /root/user1 (アカウント情報) *********************************************/, // TestCsv main: Csv クラスのテスト, プログラミング作法 - Amazon.co.jp. 前回・前々回はスタックを使用した処理についてでした。 #include (6) サーバー追加 (ジョブフロー型), ここではサーバー名(ノード情報型オブジェクトの名称に利用)、IPアドレス、ログイン情報(アカウント情報型オブジェクトのパス)の3つの項目を記載します。, 作成したCSVファイルを添付ファイル型のオブジェクトにアップロードします。上図の様に作成し、編集画面の添付ファイル1よりPC上のファイルを指定してアップロードします。, sshでログインするためのID、パスワードをそれぞれ指定します。本記事での例では全てのサーバーに同じアカウント情報を設定しています。もしCSVファイルで複数のアカウント情報を記載している場合には、それに応じたアカウント情報を個別に作成しておいてください。, PythonのCSVモジュールを利用して、指定されたCSVファイルを読み込み、各行を要素とする配列形式で応答します。 C++, カテゴリー: ・スカラ文字列を、サンプルを構成するテンソルに変換するためにデコーダと変換 OPs の一つ(あるいはそれ以上)を利用します。, 下記を試してみます。コードは基本上記と同じですが、exmapleとlabelを3回表示させています。結果は、file0.csvとfile1.csvのどちらかの1~3行目を順番に取得していることが分かりました。ファイルから取り出すのは1行目から順番ですが、取り出すファイル自体は勝手にランダムな感じにしてくれてるっぽいです。, tf.train.string_input_producerの引数にshuffle=Trueを渡すと、epochでファイル名をシャッフルすると書いてありますので、それも試してみようと思います。まずは、shuffle=Trueを設定しない場合。, 結果 ・ファイル名キューをreaderのreadメソッドに渡す。readメソッドは、ファイルとレコード識別キーと、スカラ文字列値を返す。 Ruby - 数式文字列 => 逆ポーランド記法 変換! (2) アップロードファイル (添付ファイル型) コードで変更するのは下記だけです。, 結果 #define TEST_CSV_CSV_HPP_, #include 管理下のサーバーにパッチをあてる場合のように、決まった処理を複数のサーバーに適用する場合の方法は、別記事「複数サーバーでのコマンド実行」で、テーブル型オブジェクトを利用した繰り返し処理で記述する方法をご紹介しました。, テーブル型オブジェクトにサーバー登録を追加するのは、Kompira画面から1台ずつ登録する事も出来ますが、台数が多くなると登録作業がひと手間です。 Ruby - ... 前回、 Ruby で、入力した数式の文字列を逆ポーランド記法(RPN; 後置記法)に変換する処理を実装してみました。(スタック使用)