You Look Too Cool. Google Apps Script(以下、GAS)からGoogleカレンダー へ、カレンダーイベントを登録・削除する方法を調べたので、備忘録として記します。, GASの始め方についてはこちら→ https://qiita.com/park3taro/items/c20daa229b1be4353765 を参考にしてください。, 初めて実行する際は以下のようなウィンドウが表示されることがあるので、メッセージに沿って連携を許可してください。, もし日付がずれている場合はスクリプトエディタのタイムゾーンがずれている可能性があります。 Google Apps ScriptでDateオブジェクトの複製や時刻のセットで注意すること, Google Apps Scriptで日付関連の処理を関数化する例とその際のポイント, Google Apps Scriptで関数の引数を省略した場合の挙動とデフォルト値の設定方法, 詳解! OYAKUN. やり口としてはいくつかあるとは思いますが、今回は起動タイミングより開始時間が先の物を一つだけメールすることで実現しています。, 以上で必要な部品は整いました。 最後に実際に作ったコードを、参考までに以下に記載します。, 関数setMyEventsTodayを実行し、トリガーイベントが追加されていることを確認します。, あとはsetMyEventsTodayを毎朝実行するようにしてあげれば自動でリマインド設定がされます。 終日のカレンダーイベントを登録したい場合は createAllDayEvent を使用します。 以前、「GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにインポート」という記事を書きました。 コメントで「終日データをインポートする … 上記GASを実行し、Googleカレンダーをみてみます。 上手くできていますね! 終日のカレンダー登録. 自動実行後にはイベントは以下のように追加されています。 fax.06-6282-7191, 〒151-0053 ・リマインドトリガーを組込もう! ※アカウント部分を書き換えます, ① スプレッドシートに追加された「カレンダー連携 > 実行」を選択します。 2012 年 3 月 23 日 金曜日 . 無料で簡単に始められるサービスですので、みなさんも是非お試しください。, ウィズテクノロジーで一緒に働きませんか? ゆるくつくる stabuckyのブログ. fax.03-4510-0914. googleスプレッドシートから、googleカレンダーにまとめて予定を連携する方法について解説します。 各APIについては、GAS公式に網羅されています。 ※全てEnglishです, メールで通知したい情報を取得します。私は開始時間とイベント名が分かれば良いのでその2つを取得します。, 次にトリガーにリマインドしたいイベントを登録します。 ・Google Apps Script入門 (思わない人も話を進めるために、ここでは一旦思うことにしてください。), リマインダーの為に作業を増やさず、自動化することで当日の会議を忘れない、または会議中に次の会議時間に食い込まない為の リマインダーをGASで実現させましたのでそれを元に[イベントリマインド]をご説明いたします。, 次に、本題のGASについてですが、Gmail、Drive、Spreadsheet、Document、Calendar、Mapsなど、 様々なGoogleAppsのアプリケーションに独自の機能を追加するためのスクリプト言語です。, 言語仕様はJavaScriptをベースにしており、JavaScript + GoogleAPIというイメージです。 ・Google Apps Scriptとラベルで実現する業務効率化のすゝめ, と過去に取り扱っていますが、今回はGoogleAppsScript(以下GAS)とGoogleCalendarの連携術をご紹介します。, 紹介する内容 Pocket. 1日進めるコードを記しますので参考にしてください。, GASからカレンダーを削除する場合は、カレンダーイベントを取得した後、deleteEventメソットを実行することで削除できます。. Tweet. この記事では、Google Apps Script(GAS)を使って、特定の文字列(例えば「朝」とか「人の名前」とか「MTG」とか)を含む“当日の終日予定”だけを、なんらかの形で自分に通知する方法をご紹介します。今回の場合、通知にはメール送信を使っています。, 他にもLINEに通知したり、Slackに通知したり、Chatworkに通知したりと応用すれば色々できると思いますが、今回はとりあえずサクッと作りたかったのでそこら辺の内容はご用意してません。 カレンダーアプリの「出席依頼」とは?iPhoneでスケジュール管理する際に使用する『出席依頼』というのは、ユーザー間で予定を共有する機能です。予定を作成する際に、会議の出席者など共有したい方に出席依頼を送信しておけば、参加の可否を出席者ごとに確認できます。 今回はGoogleAppsScript(以下GAS)とGoogleCalendarの連携術をご紹介します。 紹介する内容 ・カレンダーからスケジュールを引っこ抜け! ・リマインドトリガーを組込もう! ・スプレッドシートから情報を読み込み自分にリマインドメールを送ろう! ということで朝の予定を通知させることにしたのですが、そこでさらに2つの問題がありました。, 終日予定をタスク管理代わりにしている僕は、終日予定を作る際に細かい設定はしたくありません。通常のタスク管理ツールと同様なるべく「サクッと作ってサクッと管理したい」んですよね。なので、予定を作る際タイトル欄&説明欄は使いますが、それ以外の欄はあまり触りたくないんです。通知欄も触りたくない。, また、そもそもGoogleカレンダーにはデフォルトで通知させる機能もありますが、普段は通知してもらわなくて別にいいんですよね。必要な時に必要な予定にだけ自動で通知機能をつけるようにしたい。, 一番の問題点はこれ。Googleカレンダーの標準機能では、終日イベントについて当日時間指定で通知する機能は一応あるっちゃあるんですが、問題点1で指摘したように自分で通知設定したくなっていうのが一つ。あとはGoogle apps scriptsで用意されてるCalender Eventのリマインダースクリプトでは、基本的に終日イベントの場合は当日の指定時間に通知するということができないんですよね(多分…違ったら教えてください)。これちょっと技術不足のせいかもしれませんが。, というわけで、問題点1と2を解決すべく、Google apps scriptを使いながらも必要なときだけ自動的にリマインドメールくれる実装することにしました。, 今回解決したいのは「朝の予定を忘れないようにする」ということだけなのでそこにフォーカスします。, 僕は朝やらなきゃいけない用事は「朝〜◯◯をする」「午前中〜◯◯をする」みたいな感じで書くことが多いので、「予定の文字列に“朝”という文言を含む“終日の予定”がある場合のみ午前7時頃にメール通知する」、という実装を考えました。, 本当はポップアップリマインダーとかにしたかったのですが前述の通りGoogle apps scriptのカレンダーのリマインダー機能では「終日予定の当日通知ができない」様子だったので、GAS自体には該当の終日予定を取得してメール送付する機能のみを持たせて、実行時間の制御はGASのトリガー側に設定することで実装しました。, Standaloneスクリプトです。上記をGmail&Googleカレンダーを使っているアカウントのGoogle Apps Scriptのコード.jsにコピペして、GASのトリガーを[時間主導型] > [日タイマー] > [午前6時〜7時]に設定して完了です。, そうするとこんな感じでメールが届きます。 分野を限定せず幅広い事業を展開。新しい技術の導入にも積極的に取り組んでおり、チャレンジや成長する機会が沢山。 Google Apps Scripts(GAS) Twitter Facebook 0 はてブ 4 Pocket 0 LINE コピー. Google Apps Scriptを使ってチャットワークに色々と送ることができます。Googleカレンダーから当日の予定を取得してチャットワークに送る方法についてお伝えしたいと思います。 この一見、見づらい一覧をボタン1つでgoogleカレンダーに連携します。, ① スプレッドシートに予定表を作成します。 以前に投稿した「【旧版】Google Apps Scriptを使いSpreadsheetsでカンタンに更新日時と起票日を自動入力する方法」 Google Apps Scriptを使うと、無駄な作業を自動化したり、外部サービスと連携するなどで、業務効率の向上を図ることができます。