フィルターはちょっとだけ半透明で立体的 (3D) に見える効果を選択範囲もしくはアルファチャンネルに施すスクリプトです。 この三次元効果はつぎの手順で実現します。 選択範囲を 「 ハイライト 」 します。 活性レイヤーの手前側に ハイライト色 (白) で塗られた 「 Highlight もしGIMP2.10を使ってい... 前回にGIMP2.10で、レイヤーの比較(明)を使って画像を合成する記事を書きました。今回も同じようにレイヤーで画像を合成する記事を書いていきます。今回使用する合成レイヤーモードは「Luma/Luminance darken only」と... 画像加工にはかかせない処理それが「背景透過」です あなたの3d写真を細かく調整する 基本的な3d効果に基づいて構築します。 ©j.ハワード・ベア . まず背景透過したい画像を用意しましょうここではペイントで作った↓の画像を使... 今回は「モザイクのかけ方」について説明していきます。 記念写真をとったけれど通行人が写っていてSNSにあげれない。と言う事がよくあると思いますが、そんな時にお手軽な処理としてモザイクをかける方法があります。 GIMPで文字をパスに変換して、SVGで保存する方法について説明していこうと思います。更にSVG形式で保存したパスデータを「FreeCAD」を使って、3Dモデル化するところまでセットで説明していこうと思います。 GIMPかFreeCADの... テキストを「縦書き、横書き以外に自由に配置したい」と思った事はありませんか?今回はそんな方法をご説明します。 2016/10/26更新. 1-1.3DScriptをダウンロードします。 ①下記URLをクリックして下さい https://www.mediafire.com/file/dpc18yk49op3ku5/3dscript.zip/file ②表示された下記画面のDOWNLOADをクリックしてスクリプトをダウンロードします。 3dscript.zipというファイルがダウンロードされます。 ③zipファイルを解凍する 解凍すると「3dscript.scm」というファイルがあります。 これがターゲットのスクリプトファイルです。 1-2.個人のスクリプトフォルダにスクリプトを登録す … この3d写真効果を改善するには、さまざまな方法があります。 追加のリアリズムを得るには、適切な キャストシャドウを 追加します。 写真のエッジをわずかにカーリングさせるか、波打った外観にする(画像フィルタを使用して実験する)ことにより、フラットな外観にしてください。 gimp 2.10.18 のツール、3d変換を使ってみた 投稿日: 2020年2月26日 投稿者: 井上哲朗 GIMP のバージョンが「2.10.18」となりました。 gimp はさまざまな効果のあるフィルターをとり揃えています。 この章はそれぞれの効果について説明します。 この章はそれぞれの効果について説明します。 ここで紹介する「Layer Effects」は下記の「3DScript」より多機能な3D化ツールですが、少し難しいツールとなります。, ■一番上にある「layerfx.scm」のタイトルの所をクリックしてダウンロードします。, 「layerfx.scm」は、スクリプト形式の「Layer Effects」です。これが一番簡単です。, ここでは「Layer Effects」の「ベベル&エンボス」についてのみ解説します。, べベルとは面取りの事で、文字や図形の外側の面取りを行うのがOuter Bevelで、内側に面取りするのがInner Bevelになります。, 一方、エンボスとは凸凹がある押し型で加圧して浮き出し(エンボス)模様を作る加工法で、Layer Effectsでは凸面はUP、凹面はDOWNになります。, 文字の3D化に関しては、3D化する文字レイヤをアクティブにしてScript-fuを実行します。, その場合は複数レイヤーを統合して1つのレイヤー図形にしないと、このコマンドは働きません。, ■Marge with layerは、作られた影レイヤを1つにする設定です。✔が推奨です。, ■Styleには「Outer Bevel」、「Inner Bebel」、「Emboss」、「Pillow Emboss」があります。, 「gimp」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。, GIMPで色を指定するツールには「パレット」、「GIMP」、「色相環」、「CMYK」、「水彩色」があります。ここではそれらの使い方を中心にGIMPで色を指定する方法を解説しています。, 色々なポスターやテレビ画像では、下記の様に、ぼぼ縁取りされた文字が画像が使われています。ここでは「210_effects-selection_glow-selection.scm」というスクリプトを使った縁取り方法を解説しています。, 引き出し線を引いたりする場合はブラシの矢印では無理です。このような時に使う物としてスクリプトで書く矢印があります。ここでは「Allow-set-size」というスクリプト矢印の使い方を解説しています。, サイトを構築していくと必ずロゴや基本商品及び矢印等、頻繁に使う画像があります。これらをブラシとして登録しておくと簡単に配置する事ができます。ここではGIMP2.10のブラシの解説と整理方法を解説します。, GIMPの文字はWindowsフォントがそのまま使われます。このWindowsフォントを使わないくする設定とフォント追加を解説しています。, カラーパレットはGIMP2.8からGIMP2.10で少し変更になり、使い易くなりました。この辺の設定方法を解説しています。, GIMPをカスタマイズする為には個人フォルダに機能を付け加えますが、個人フォルダはPCの環境によって異なる性質を持ちます。そこでそれらに影響されないOS直下の個人フォルダの作り方を解説しています。, GIMP2.10が初めての方向けにGIMPのインストールの仕方からGIMPの基本設定を解説しています。特に基本設定でシングルウィンドウモードへの切り替え方法から始まりツールオプションやダイヤログボックスエリアの整理方法を解説しています。, MSアカウントはマイクロソフトが提供しているシングルサインオンWebサービスで、この中で複数のデバイスを管理する事ができます。MSアカウントでどの様な事ができるか?は他のサイトの情報を参照してください。ここではMSアカウントが管理しているデバイスをデバイスを削除する方法を解説します。, GIMPの使い方が判ってくるとGIMPで名刺をデザインし独自の名刺を作る事も可能になります。このドキュメントは100円ショップのダイソー等で名刺作成用のプリンタ用紙を購入し自宅のプリンタで印刷する方法を解説していますがこれを理解すると名刺印刷業者のHPに書かれている内容も理解できるようになります。, GIMPの操作画面は、自分が使い易い様にカスタマイズができます。このドキュメントはそのやり方解説しています。, サイトを構築していくと必ずロゴや基本商品及び矢印等、頻繁に使う図形があります。これらの図形をGIMPのxcfファイルで保管し使いたい時に取り込む方法もありますが、これらをブラシとして登録しておくと検索も容易になると共に作成も簡単になります。ここではブラシの使い方と登録方法を解説します。, 3DTextというスクリプトを使って図形や文字を3次元化する方法を解説します。文字の3D化は特に大きな問題ありませんが、図形の3D化に関しては、必ず図形を確定化させてから3DTextを実行する事がポイントになります。, GIMPには商用利用可能なフォントを追加したり、図形や文字作成を助ける為のプラグインやスクリプト等を独自に追加する機能があります。しかしWindowsのアカウントを日本語で利用している場合、GIMPのデフォルトの個人フォルダが利用できません。本ドキュメントはこのような場合でも利用できる個人フォルダの作成方法を解説しています。, Windowsを日本語のアカウントで利用すると、海外で作られたソフトウェが起動できなかったり、一部の機能が使えないことが発生します。本ドキュメントはWindowsを英語のアカウントに切り替える方法を解説しています。, 背景画像、部品画像及び切り抜き画像を作成してきましたのですサンプル画像を作成する総ての部品が揃いました。