Wordの機能を使ってモノクロやグレースケールに加工することができます。Wordでは少しの操... ‎「Adobe Acrobat Reader: PDF作成・管理」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「Adobe Acrobat Reader: PDF作成・管理」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。, ‎「Microsoft Excel」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「Microsoft Excel」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。, ‎「Microsoft Word」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「Microsoft Word」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。, ‎「Microsoft PowerPoint」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「Microsoft PowerPoint」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。. ある日突然、Windows10のデスクトップ画面に「desktop.ini」が表示され、すわウイルスかと焦った人もいるでしょう。この「desktop.ini」とは一体何なのか... ホームページ等に埋め込まれているYouTubeの動画などをよく見かけることが多い昨今、埋め込み動画をダウンロードしたいと考えた人も多いでしょう。埋め込み動画のダウンロード方法... 文書ファイルのファイル拡張子が色々あるうちの1つに「rtf(リッチテキストフォーマット)」があります。拡張子「rtf(リッチテキストフォーマット)」のファイルとはどのようなも... アニメを無料で見ることができた海賊版サイトAnitubeX(アニチューブX/あにつべX)が閉鎖しました。利用していた人はAnitubeX(アニチューブX/あにつべX)の代わり... Windows10にデフォルトで入っているアプリに「3Dビューアー」があります。この「3Dビューアー」とは3Dのモデリングデータを閲覧することが可能なアプリです。「3Dビュー... 圧縮しているフォルダを解凍する際、既存の解凍方法ではファイル解凍ができないことがあります。そんな場合に便利なおすすめの無料解凍ソフト9選を紹介していきます。9選したおすすめの... Windows10でマウスカーソルでクリックを自動でできる連打ツールはたくさんあります。この記事では、自動でクリック連打ができる連打ツール5選を紹介していきます。それぞれのツ... Windowsのバックグラウンドプロセスの中に「Acrotray.exe」というものがあります。これが一体何なのか分からず、ウイルスかと不安に思っている人向けに「Acrotr... WindowsやMacなど、所持しているPCのパーツ交換時確認の必要があるマザーボード。そもそもマザーボードとは何なのか、という話も含め、PCのマザーボードを確認する方法とは... オンラインゲームなどで指定した場所を連打したい場合に便利なダウンロード不要のソフトウェアとして「連打くん」があります。この「連打くん」はどのようなソフトなのかや、使い方、自動... Windows10 PCでWi-Fi接続時に、トラブルシューティングツール実行後などに「有効なIP構成がありません」と表示されることがあります。「有効なIP構成がありません」... USBの初期化時などに見かける「アロケーションユニットサイズ」。アロケーションユニットサイズとは何なのか全くわからない人もいるでしょう。不適切なものに設定されている場合のデメ... Windows10を利用している際、パソコンの動きが著しく遅くなる、メモリ不足のエラーが表示されるなどメモリ不足によってイライラすることも多くあります。Windows10のメ... WindowsでUSBメモリを入れた際「USBデバイスが認識されません」と表示されて認識しないときがあります。「USBデバイスが認識されません」と表示されてUSBメモリを認識... YouTubeで「何秒のところに注目」などという再生時間付きのコメントを見かけたことがある人も多いでしょう。しかし、このコメントの仕方が分からないという人も多いと思います。こ... Windows10を利用していて動きが遅いと言うことになった時、メモリの解放を行うことで動作が軽くなることがあります。Windows10でメモリを解放する方法とはどのようにお... Google Chrome利用時に「ERR_CONNECTION_REFUSED」のエラーが表示されることがあります。この「ERR_CONNECTION_REFUSED」が表... Google Chromeでタブをたくさん開いているとメモリを食います。そんな時、メモリ削減ができる便利な拡張機能に「OneTab」があります。メモリの削減だけでなくChro... Windowsパソコンでアプリケーションを立ち上げた際、「MSVCP140.dllがない」という文面のエラーが表示されることがあります。この場合に「MSVCP140.dll」... ビジネスチャットツールとして最近特に注目されている「Slack」ですが、この英単語の意味を知らず利用している人も多いかと思います。「Slack」とはどういう意味なのか、ビジネ... 【iPad】「Word/PDF」などのファイルを保存する方法を解説!のページです。AppliWorld[アプリワールド]はLINE/Instagram/Facebook/Twitter/動画配信サービスを始めとするスマホアプリやiPhone/Androidスマホなどの各種デバイスの使い方・最新情報を紹介するメディアです。. 最新の家電、スマホ、クレジットカード、クルマ、アプリ、日用品、各種トレンド情報、仕事術からグルメまで、すぐに使える情報が満載のライフハックマガジンです。, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。. また、iPadでWord・PDF・Excelなどのファイルを保存する方法をはじめ、転送する方法やiPadでWord・PDF・Excelなどのファイルが保存できない場合における対処法なども紹介していくので、最後まで読んでみてください。, 結論から言いますと、iPadでWord、もしくはPDFを使うことは可能です。iPadのApp StoreからWordやPDFのアプリをダウンロードしてインストールすることにより、使用できるようになります。まだ使用したことがない人は、この機会に試してみましょう。, iPadでWordやPDFを使うには、iPadに対応しているアプリをインストールする必要があります。iPadのファイルの管理ができる「CopyTrans Apps」では、PDFをはじめ、ExcelやWordなどのファイルを転送したり、保存あるいは削除したりできます。, CopyTrans Apps(iPadに対応しているアプリ)では、ファイルをiPadに転送できます。iPadをUSBメモリのように利用することで、iPadとPC間で書類をはじめ、本やビデオ、あるいは映画を転送できるのです。 ただしiPadではWordファイルの保存先に注意 ... 圏外、もしくはWi-Fiの繋がらない環境では保存ができないのだ。 iPadのワードではPDF形式で保存可能 ■図形への作成した色の追加, 無料版のOffice Mobileでは、10.1インチ以下のタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスでは「閲覧+簡易編集」、10.1インチを超える画面サイズでは「閲覧のみ」と制限されている。Office Mobileのフル機能を使うためには画面サイズを問わず、有料版のOffice Mobile(Microsoft 365サービス)のライセンスを購入する必要がある。, 出先で文章を少し修正したい場合などは、無料版でも対応が可能。ただしiPadの場合、無料版が利用できる条件がある。, Officeやワードの無料版が使える条件は、iPadの画面サイズが10.1インチ以下ということ。現行品の第7世代と呼ばれるiPadは画面サイズが10.2インチなので対象ではない。ただし1世代前の第6世代iPadは9.7インチなので、無料版が利用できる。, 2020年5月現在、最新のiPad Proは画面サイズが12.9インチと11インチ。残念ながらこの大きさでは無料版は使えない。iPad Proで条件に該当するのは、2016年に発売となった9.7インチモデルだけだ。, 現行品のiPad Airは第3世代。こちらの画面サイズは10.5インチで、このモデルも使えない。ただし1世代前のiPad Air 2は、9.7インチで無料版の利用条件に該当する。, iPad miniの画面サイズは7.9インチなので無料だ。これは初代のiPad miniから、ずっと変わっていない。, 基本的な機能は同じだが、インターフェースやメニューの見た目が違うので注意が必要だ。自分がいつも使う機能がどのメニューにあるのか、最初によく確認しておこう。, Office Mobileでも保存されるファイルの形式は同じで、通常のOfficeと互換性は保たれている。図や表に関しても、基本的には同じように表示される。, iPadでOfficeを使う場合には、ファイルの保存先に注意が必要だ。デスクトップやノートパソコンなら本体のSSDに、ビジネスであればネットワークドライブに保存することが多いだろう。, iPadの場合は「このiPad内」か「iCloud」、Officeの「OneDrive」、もしくは別途自分で契約したクラウド(Dropboxなど)になる。クラウドに保存する場合、いくつか注意しておくことがある。, これには2つの問題が考えられる。1つ目は容量の問題だ。有料契約で容量を増やしてあれば良いが、iCloudやOneDriveの無料プランであれば容量は5GBで、写真や動画なども保存している人はすぐにいっぱいになってしまう。写真や動画をたくさん扱っているのであれば、あらかじめ容量を購入して増やしておこう。, 2つ目はネットワークの問題だ。電車などで移動している場合であれば、通信の環境にも気を遣おう。圏外、もしくはWi-Fiの繋がらない環境では保存ができないのだ。, 文書を作成し終わったら「保存アイコン」→「エクスポート」→「PDF(*.pdf)」を選べばPDF形式で保存できる。文書に写真などを多く入れていて、ファイルサイズが大きくなってしまう場合はPDF形式で保存すればシェアもしやすい。, 「保存アイコン」→「印刷」→「AirPrint」と進めば、同じWi-Fiネットワーク内にあるプリンターが表示され、印刷できる。ただし使っているプリンターが、AirPrintに対応していることが条件だ。, 今回はiPadを中心にOffice Mobileを紹介したが、画面サイズが最大でも6.5インチ(現行のiPhone 11 Pro Max)のiPhoneなら問題なく無料で使える。普段から書類をiCloudやOneDriveに保存する習慣をつけておけば、いつでもOfficeの書類を確認したり修正できる。ちょっとした文章の修正を行いたい人はぜひ活用してほしい。, ※データは2020年5月中旬時点での編集部調べ。