フリック入力とは “う”を入力したい場合、“あ”を長押しするとその他の“い、う、え、お”が花びら状に出現、指をスライドさせた方向の文字が入力されることをフリック入力といいます。 フリック入力の設定【iPhoneの場合】 【1】設定を開き、一般へ iPhoneでは「あ」という文字を連続で入力しようとして「あ」を連打すると「あああ」とならず「あ→い→う」と入力する文字が切り替わるだけで文字を連続して入力できません。. 「フリックのみ」をオンにすると、ガラケーのように連打して文字入力することができなくなります。たとえば、キーボードの「か」を3回連打しても「く」とはならずに「かかか」と入力されます。 iPhone フリック入力のコツや知識のまとめ 連続で同じ文字を入力する. 「ああ」や「かか」などのア行の連続押しができず、入力が遅くなってしまう・ミスタイプをしてしまうというのは、よくある悩みですね。, さて、この「キーボード」設定を見ていただくと便利な機能がついていたり、逆にいらない機能がオンになっていたりするかもしれません。, 思い出していただきたいのは、キーボードの入力画面で、左下に地球のようなマークがあったと思います。, なぜなら、メールアドレスの入力の時にも大文字に勝手に変換されてしまったりするからです。, しかし、先程と同様に個人のメールでは、人名を使っていたり、あえて間違えた単語を使ったりという場合があるので、この機能によって勝手に直されてイライラしてしまうことになります。, 世界遺産をバーチャルに旅できる次のサイトをオープンしました!ぜひ訪れてみてください!, 自信が無い人を応援するサイトNAIDEMOを家族で運営しています。とにかく自信が無いあなたに、気持ちが楽になる考え方や働き方を発信します。陽気な国・フィリピンでの生活経験もあり、現地情報もお伝えします。お気軽にフォローしてくださいね。. 最近iPhoneを使っていて一番イライラするのが、文字入力の時にキーボードの反応が悪くて入力に手間取ること。 これは特にメッセージやLINEを使う時に気になっていて、例えばフリックでパパッと入力すると、2~3秒無反応で、その後ドドドッと一気に入力される。 アイフォンではメールやメモアプリを使用するときやsafariで検索するときなど、色んな場面でキーボードで文字を入力する必要があります。, 普段ならタップすれば入力した文字がすぐ現れますが、入力後少し経ってから表示されるという症状になることがあります。, 原因はアイフォン自体であったりアプリ固有の不具合であったりと様々で、解決策もその状況によって変わってきます。, ここではiPhoneで文字入力したときに反応が遅いと感じた場合の対処法を原因別に説明していきます。, iOSが最新のバージョンなのか確認し、そうでない場合はアップデートしてみましょう。, 『設定』→『一般』→『ソフトウェアアップデート』をタップすると”アップデートを確認中...”と表示されます。その後”お使いのソフトウェアは最新です”と表示されない場合は、そのままアップデートを行ってください。, アイフォンには途中まで入力した英字を予測・補完してくれたり、最初の1文字を自動で大文字にしてくれたりと便利(?)機能が付いています。, ※ちなみにこの設定での”予測”はあくまでも英語入力のときのみであって、日本語入力の場合には予測変換されます。, 今までに入力したことのある言葉をアイフォンが記憶しており、予測して変換候補に表示される機能です。, 長く使っていると保存したデータが多くなり負担をかける恐れがありますのでリセットしてみましょう。, 『設定』→『一般』→『リセット』と進み、”キーボードの変換学習をリセット”を選択。, iOS8から”iCloud”にどんなファイルでも保存できる”iCloudDrive”という新サービスが追加になりました。, しかし新しくなったこの機能が文字入力時の遅延理由になることがあります。試しにオフにしてみましょう。, 『設定』→『iCloud』→『iCloud Drive』と進む。”iCloud Drive”をタップしオフにする。, ユーザー辞書への登録が増えすぎると、文字入力が数秒間止まってしまうことがあります。, 特定の文字を入力したときに反応がおかしいという場合はこれが原因であることが多い。(例えば”k”を入力したときに特に遅延する場合、”k”で始まるユーザー辞書の登録が多いことになります), 今回はiPhoneで文字入力したときに反応が遅いと感じた場合の対処法をいくつか説明しました。, 1 ソフトウェアのアップデート2 キーボードの設定3 変換学習をリセット4 iCloudの設定5 ユーザー辞書, これでも改善されない場合は、バックアップを使う方法と使わない方法の2パターンでアイフォンの復元を試してみてください。, スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。, ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。, iPhone版LINEで文字入力できない時の原因&対処法 | iPhoneアップ. フリック入力のスピードを爆速にする7つのコツ. 「日本語入力ができない」「動作が遅い」「フリック入力ができない」など、iPhoneの文字入力がおかしいと感じるケースはさまざま。 ここでは、そのような文字入力がおかしいと感じるさまざまなケースに合わせて、対処法を紹介します。 文字入力が遅い 「設定」アプリ→ 一般 → リセット → キーボードの変換学習をリセット を行った後、再起動してください。 ただし、 時間が経つと再発してしまう 事象が発生しています。 便利なスマホですが、問題なのは文字入力のスピード。 ここが速くならないと、せっかくスマホを所有していても文字を打つのが億劫になりかねません。 私 … 今回はiPhoneで文字入力したときに反応が遅いと感じた場合の対処法をいくつか説明しました。 1 ソフトウェアのアップデート 2 キーボードの設定 3 変換学習をリセット 4 iCloudの設定 5 … iPhoneを手に取り、次の場所まで移動してください。 「設定」→「一般」→「キーボード」 そして、下記の「フリックのみ」をオンにしてください(緑色になればオッケイです)。 終わりましたら、ブラウザなどの適当なもので入力の確認をしてみましょう。 iPhoneで文字入力をはじめようとしたら、なんだか遅い?重たい?…反応しなくてフリーズしてる! でも10秒位待つと一気にたまっていた入力文字が表示されてビックリ。 とくに、古いiPhoneに見られる問題を一発解決できた対処法をご紹介します。