プライバシーポリシー, 使い方についての質問やCreator同士の情報交換ができます。気軽に質問してみましょう。, Lightroom Classic 9.2(2020 年 2 月リリース)で導入された機能, Southeast Asia (Includes Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam) - English, الشرق الأوسط وشمال أفريقيا - اللغة العربية, ISO 値が低い場合はシャープのマスクを無効にし、ISO 値が高い場合は有効にします。, ISO 値が低い場合は黒レベルと明瞭度の初期設定値を使用し、ISO 値が高い場合は異なる値を使用します。. ※2016年11月22日更新|Lightroom(ライトルーム)初心者がRAWデータを現像する全手順・使い方を1から10まで徹底的に解説します。初心者向けの基本的な内容がメインとなっていますが、中級者位の方でも参考になる内容を加えています。 プライバシーポリシー, 使い方についての質問やCreator同士の情報交換ができます。気軽に質問してみましょう。, カタログを Lightroom Classic の以前のバージョンからアップグレード, Southeast Asia (Includes Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam) - English, الشرق الأوسط وشمال أفريقيا - اللغة العربية, Lightroom Classic のカタログには、下位互換性がありません。新しいバージョンの Lightroom Classic のカタログを古いバージョンで開くことはできません。詳しくは、, old-catalog-v10-Previews.lrdata(古いカタログの Previews.lrdata から名前変更), old-catalog-v10 Sync.lrdata(古いカタログの Sync.lrdata から名前変更), Lightroom Classic 10.0 にアップグレード後、以前のバージョンにダウングレードし、再び 10.0 にアップグレードした場合、Lightroom Classic は既にアップグレードされたカタログを自動的に認識しない場合があります。このシナリオでは、既にアップグレード済みのカタログを手動で選択するか、必要に応じて再度アップグレードします。. アップグレードされたカタログの名前を指定するオプションは、Lightroom Classic 10.0 で利用できます。, 下位互換性が必要な場合は、以前のファイル(ファイル名に - が含まれていないファイル)を保持します。 下位互換性が不要な場合は、古いファイルを削除できます。, カタログとプレビューファイルは、コピーまたは移動する前にバックアップを作成してください。, 目的のカタログとプレビューファイルを含むフォルダーを確認します。Lightroom Classic で、編集/カタログ設定(Windows)または Lightroom Classic/カタログ設定(Mac OS)を選択します。, 一般パネルの「情報」領域で「表示」をクリックして、エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)でカタログのある場所へ移動します。, エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)で、catalog.lrcat、Previews.lrdata、(存在する場合)Smart Previews.lrdata を新しい場所にコピーするか、移動します。, 新しい場所の .lrcat ファイルをダブルクリックして Lightroom Classic で開きます。, (オプション)フォルダーや、コピーまたは移動されたカタログに含まれる写真が Lightroom Classic で見つからない場合は、フォルダーパネルのフォルダー名の横に疑問符アイコンが表示され、グリッド表示の写真サムネールの横に感嘆符アイコンが表示されます。フォルダーリンクを復元するには、疑問符アイコンの付いたフォルダーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「見つからないフォルダーを検索」を選択します。個々の写真へのリンクを復元する方法について詳しくは、見つからない写真の検索を参照してください。, 写真を選択して新しいカタログとして書き出すことにより、より大きなカタログのサブセットを含むカタログを作成できます。この機能は、例えば、ラップトップコンピューターのカタログに写真を読み込み、後でその写真をデスクトップコンピューターのマスターカタログに追加する場合に便利です。, ネガティブファイルとプレビューを書き出すかどうかを指定し、「保存」(Windows)または「カタログを書き出し」(Mac OS)をクリックします。, 「ネガティブファイル」とは、Lightroom Classic に読み込んだ元のファイルのことです。, 新しいカタログには、選択した写真とその情報へのリンクが含まれます。写真と情報を表示する場合は、新しいカタログを開く必要があります。, (オプション)カタログを組み合わせるには、新しいカタログを別のカタログに読み込みます。詳しくは、他の Lightroom Classic カタログからの写真の読み込みを参照してください。, カタログを削除すると、Lightroom Classic でおこなった作業のうち、写真ファイルに保存されていないものはすべて消去されます。プレビューを削除しても、リンク先の元の写真は削除されません。, エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)を使用してカタログが含まれるフォルダーを探し、ごみ箱(Windows) またはゴミ箱(Mac OS)にドラッグします。, 重要: 削除するフォルダーには消去するカタログファイルだけが含まれ、その他のファイルは含まれていないことを確認してください。, パフォーマンスを向上させるために、エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac Os)の .lrcat ファイルの横にプレビューファイルが作成されます。その名前が .lrcat ファイル名と一致していれば、このフォルダーを削除しても安全です。カタログで必要とされているプレビューフォルダーを削除すると、そのカタログで作業するときに再生成されますが、プレビューが再構築されるまで動作は遅くなります。, 初期設定では、Lightroom Classic は起動時に最新のカタログを開きます。この動作は変更でき、別のカタログを開いたり、起動時にダイアログを表示して、使用するカタログを選択することができます。, 編集/環境設定(Windows)または Lightroom Classic /環境設定(Mac OS)を選択します。, 境設定ダイアログボックスの「一般」タブで、起動時にこのカタログを使用メニューから次のいずれかのオプションを選択します。, 選択できるように、\Pictures\Lightroom(Windows)または /Pictures/Lightroom(Mac OS)にあるカタログのすべてがリストされます。, 特定のカタログファイル(.lrcat)に移動して、これを起動時に開く初期設定のカタログとして選択できます。, カタログ設定ダイアログボックスで、Lightroom Classic カタログの基本動作の多くを指定できます。, 編集/カタログ設定(Windows)または Lightroom Classic /カタログ設定(Mac OS)を選択します。, カタログの場所、ファイル名、作成日などの情報が表示されます。「表示」をクリックすると、エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)でカタログファイルが表示されます。, 現在のカタログのバックアップの頻度を指定できます。カタログのバックアップを参照してください。, Lightroom Classic の 3 種類の画像プレビューの表示方法を決定します。すべてのプレビューは、カタログがあるフォルダーのプレビューキャッシュファイルに保存されます。, フルサイズでレンダリングされるプレビューの長辺の最大長を、ピクセル単位で指定します。画面の解像度以上のサイズを選択します。例えば、スクリーン解像度が 1920 x 1200 ピクセルの場合は、2048 ピクセルより大きい標準プレビューサイズを選択してください。スクリーン解像度が 2048 ピクセルを超える場合、1:1 のプレビューが代わりに生成されます。, サムネールプレビューの画質を指定します。低、中、高は JPEG 画像の画質スケールに類似しています。, プレビューへの最後のアクセスを基準として 1 : 1 プレビューを破棄するタイミングを指定します。1 : 1 プレビューでは元の写真と同じピクセルサイズが使用され、シャープとノイズ軽減が適用されて表示されます。必要に応じてレンダリングされ、カタログプレビューファイルが大きくなる場合があるため、定期的に廃棄することをお勧めします。, スマートプレビューにより使用されているディスク容量を示します。スマートプレビューの使用については、スマートプレビューを参照してください。, 写真をカタログに読み込む際は、先頭の写真の連番を指定します。「読み込み開始番号」は、読み込み操作が何回実行されたかを示す、一連の操作に対する先頭の番号です。「読み込まれた写真」は、そのカタログに読み込まれた写真枚数を示す、一連の写真における先頭の番号です。詳しくは、ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディターを参照してください。, 以前入力した値によく似たメタデータエントリを入力すると、1 つまたは複数の候補が表示されます。このオプションの選択を解除すると、候補が表示されなくなります。「候補リストをすべて消去」をクリックすると、以前入力した値がすべて消去されます。, JPEG、TIFF、PNG および PSD ファイル内のメタデータに現像設定を含める, このオプションの選択を解除すると、JPEG、TIFF、PNG、PSD の各ファイルの XMP メタデータに現像モジュールの設定が含まれなくなります。, このオプションを選択すると、メタデータの変更内容が XMP サイドカーファイルに直接保存され、他のアプリケーションで変更内容を表示できるようになります。このオプションの選択を解除すると、メタデータ設定がカタログにだけ保存されます。XMP カタログを手動で保存する方法については、メタデータと XMP についてを参照してください。, 利用可能な場合には写真の GPS 座標が Google に送信され、写真の市町村名、都道府県名、国名が判別して、この情報を IPTC ロケーションメタデータに追加できます。, 選択した場合、写真を書き出すときに、Google により提案された IPTC ロケーションメタデータが写真に含められます。, このオプションは、メタデータ/「撮影日時を編集」コマンドを使用して写真の撮影日時メタデータを変更したときに、新しい日付と時刻を独自仕様の RAW ファイルに書き込むかどうかを制御します。デフォルトでは、このオプションは選択されていません。, 多数のファイルを読み込み、編集、削除すると、Lightroom Classic の速度が低下することがあります。その場合は、カタログを最適化してパフォーマンスを向上させます。, リーガルノーティス こちらは操作方法図解まとめ「Lightroomで人物写真を現像しよう」の Lightroom Classic CC 用の目次ページとなります。人物写真、特に、女性ポートレート、コスプレ写真、家族写真の現像処理・加工処理をメインに図解してい... 今回はLightroom Classicのインストール方法について解説します。 Adobe Photoshop Lightroom Classic CC のインストール 最新版の「Adobe Photoshop Lightr... 今回は「Adobe Photoshop Lightroom Classic CC」でコスプレ写真の色を調整する方法のうち「彩度」の調整方法について解説することにします。写真の色や明るさの調整を簡易的に行うのは、「ライブラリ」モジュールでも... 今回は「Adobe Photoshop Lightroom Classic CC」で人物写真の先鋭感(シャープ)とノイズを調整する方法について解説することにします。「ディテール」パネルを使うことになります。現像モジュールを利用することにし... 今回は「Adobe Photoshop Lightroom Classic CC」で人物写真の色(カラー)を調整する方法の内、「HSL/カラー」パネルでの調整方法について解説することにします。現像モジュールを利用することにします。 ... 今回は「Adobe Photoshop Lightroom Classic CC」で写真の色を調整する方法のうち、「ホワイトバランス」の調整方法についてみてみましょう。写真の色や明るさの調整を簡易的に行うのは、「ライブラリ」モジュールでも... 今回は「Adobe Photoshop Lightroom Classic CC」でコスプレ写真の明瞭度を調整する方法について解説することにします。現像モジュールを利用することにします。 Lightroom Classicで... 1.Adobe Photoshop Lightroom Classic CC の環境設定方法とおすすめ設定. Adobe Lightroom ClassicでRAWデータを現像する 「Adobe Lightroom Classic」と「Adobe Lightroom CC」の機能比較 「Adobe Lightroom CC」の2種類が用意されています。簡単にまとめると、「Adobe Lightroom Classic」は従来までのAdobe Lightroomの最新バージョンで、使用環境はPCのみ。   |   初期設定では、Lightroom Classic は起動時に最新のカタログを開きます。 この動作は変更でき、別のカタログを開いたり、起動時にダイアログを表示して、使用するカタログを選択することができます。 カタログを作成する場合は、そのフォルダーも作成します。フォルダー名は、カタログの名前からカタログサフィックスを除いたものと同じです。例えば、フォルダーの名前を「Wedding Photos」にした場合、カタログファイル名は「Wedding Photos.lrcat」です。写真をカタログに追加すると、そのカタログがあるフォルダーにプレビューキャッシュファイル(Wedding Photos Previews.lrdata など)が作成されます。, 新規カタログフォルダーの名前と場所を指定し、「保存」(Windows)または「作成」(Mac OS)をクリックします。, Lightroom Classic がリセットされて空のライブラリモジュールが表示され、写真を読み込むことができます。, 別のカタログを開くと、現在のカタログが閉じて Lightroom Classic が再起動します。, カタログを開くダイアログボックスで、カタログファイルを指定して「開く」をクリックします。, 確認メッセージが表示されたら、「再起動」をクリックして現在のカタログを閉じ、Lightroom Classic を再起動します。, 一般環境設定を変更して、Lightroom Classic の起動時に開くカタログを指定することもできます。詳しくは、初期設定のカタログの変更を参照してください。, ベータ版を含む Lightroom Classic の以前のバージョンのカタログを Lightroom Classic の最新バージョンで開いたり、読み込んだりできます。その場合は、カタログがアップグレードされます。更新された新しいカタログには、前のカタログと写真に関連付けられたすべてのメタデータが含まれます。, Lightroom Classic を以前に開いたことがある場合は、ファイル/カタログを開くを選択します。, 以前の catalog .lrcat ファイルに移動し、「開く」をクリックします。, 以前のカタログの保存場所を忘れた場合は、エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)で「lrcat」を検索します。. (オプション)Lightroom カタログのアップグレードダイアログボックスで、アップグレードされたカタログの名前を変更します。 初期設定では、カタログの名前は-v10. 今回は「Adobe Photoshop Lightroom Classic CC」の初期設定のつづきとして「環境設定」について図解します。初心者向け図解「Lightroom Classic」の環境設定1.Adobe Photoshop Li   |   Lightroom Classic で Raw ファイル形式の画像を読み込むための初期設定を、Adobe デフォルト、カメラ固有の初期設定、またはカスタムプリセットに基づいて設定します。, 編集/環境設定(Win)または Lightroom Classic/環境設定(macOS)に移動します。, Raw 画像に Adobe デフォルトを適用する場合は、このオプションを選択します。, このオプションを選択し、読み込み時に Raw 画像に適用するプリセットを選択します。, 「カメラ設定」を選択し、Lightroom Classic に一致する設定がない場合は、Adobe デフォルト設定が適用されます。, カメラモデルに基づいて、Raw 画像の初期設定を調整できます。シリアル番号に基づいて、同じカメラモデルの複数のカメラに対して異なる初期設定を指定することもできます。, 「RAW デフォルト」の下にある「特定のカメラのマスター設定を上書き」を選択します。, カメラドロップダウンからカメラモデルを選択します。ドロップダウンリストには、Raw 画像の読み込み元のすべてのカメラモデル名が表示されます。, (オプション)シリアル番号に基づいてカメラの初期設定を作成する場合は、「シリアル番号を表示」を選択します。カメラドロップダウンリストに、カメラモデル名とシリアル番号が表示されるようになりました。, Raw 画像の ISO 値に基づいて、Raw 初期設定を調整できます。これをおこなうには、ISO アダプティブプリセットを作成し、Raw 画像のデフォルトとして設定する必要があります。, プリセットの ISO 値ごとに異なる設定を指定できます。画像にプリセットで指定したものと異なる ISO 値がある場合は、プリセットで定義した値に基づいて適切な設定値が計算されます。例として、次のプリセットを作成します。, そして ISO 800 で画像を読み込むと、輝度ノイズ軽減は 5 に設定されます。, ISO アダプティブプリセットを作成します。詳しくは、ISO アダプティブプリセットの作成を参照してください。, 編集/環境設定(Win)または Lightroom Classic/環境設定(MacOS)に移動します。, ここでは、ISO アダプティブプリセットの例を示します。必要に応じて、これらのプリセットをダウンロードしてカスタマイズできます。, このプリセットの主な用途は、画像の ISO 値の増加に応じて、ノイズ軽減量をカスタマイズして増加させることです。, RAW デフォルト設定を別のマシンに移動する場合や、設定のバックアップを取る場合、RAW デフォルト設定は次の場所にあります。, Lightroom Classic の環境設定をリセットした場合、Raw 初期設定を再設定する必要がありますか?, Lightroom Classic の環境設定をリセットまたは削除しても、初期設定の Raw 設定は個別に保存されるので、影響はありません。, Lightroom Classic には、Raw 初期設定の書き出し/読み込みをおこなうためのオプションはありません。ただし、次の場所から RawDefaults.xmp をコピーして、手動で RAW 初期設定の書き出し/読み込みをおこなうことができます。, macOS:/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/CameraRaw/Defaults, Windows:C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\CameraRaw\Defaults\, リーガルノーティス Lightroom Classic には、Raw 初期設定の書き出し/読み込みをおこなうためのオプションはありません。ただし、次の場所から RawDefaults.xmp をコピーして、手動で RAW 初期設定の書き出し/読み込みをおこなうことができます。 今回は「Adobe Photoshop Lightroom Classic CC」の初期設定のつづきとして「環境設定」について図解します。, 「環境設定」には、上部ファイルメニューの、「編集」>「環境設定」より移動できます。Lightroom Classicの利用環境の設定を変更することができます。, 下記の環境設定のパネルが表示されます。まずは、「一般」のタブについてみていくことにします。, 日本人なので言語は日本語一択でしょうけど、その下の「カタログ初期設定」については、変更する可能性があると思います。, Lightroomを起ち上げた時に開かれる「カタログ」(写真の一覧を管理しているアルバム的なもの)を選択できます。私は前回と同じものを開いてほしいので「前回のカタログを読み込み」を選択しています。特定のカタログを読み込みたいときは、こちらで選択できます。また、「Lightroomの起動時にダイアログを表示」に設定することで、起動時にダイアログでどのカタログを読み込むのかを選択できるようにすることもできます。, 読み込みオプションでは、「RAWファイルの隣にあるJPEGファイルを別の写真として処理する」については、利用することもあるかもしれません。通常の設定では、RAWファイルの隣にある同名のJPEGファイルは、同じ写真とみなされて表示されませんが、こちらにチェックを入れることで、別の写真として処理できるようになります。写真は加工保存を繰り返すほど劣化していくのであまりお勧めではありませんが、既に処理されたJpegファイルに追加処理を施したい場合などに利用することになります。, 完了時などに音で知らせることができるようになります。私は、特に音を気にしたことが無いので、設定したことはありませんが、必要だと感じたら設定して試してみると良いと思います。, こちらでは、Lightroomの外部で編集を行うソフトとの連携条件を設定することができます。, 画像加工ソフトのPhotoshopとの連携条件を設定します。初期設定では、一番画像プロファイル的に劣化が少ない設定である、「ProPhotoRGB」が設定されています。しかし少し注意が必要です。Webで画像を使う場合は、sRGBが基本です。そのため、Photoshopで加工後に、プロファイルを変換しての画像保存が必要になります。私はWeb中心での活動で、また、カラー調整に関しては、Lightroomの方で完結してから、Photoshopで加工する流れで処理をしているので、ProPhotoRGBだと後作業が増えて面倒なので、sRGBで渡すように設定変更しています。, こちらでは、画面インターフェイスの表示の変更が行えます。私は特に初期設定で不便を感じていないので変更していません。オリジナルな配色に変えたい人や、アイコンや文字が小さすぎると感じる方は、変更して試してみると良いでしょう。, こちらでは、 グラフィックプロセッサーの設定や、キャッシュサイズの設定を行うことができます。通常はそのままで問題ないでしょう。, こちらでは、支払いの設定やアカウント情報の確認画面の呼び出しを行うことができます。契約済みの私はサブスクリプション購入済みと表示されます。, 初心者の方が、環境設定でチェックした方が良いと思われる部分は以上でしょうか。環境設定を変更してより便利にLightroomを使いましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ライトルームの操作方法図解:人物写真(女性ポートレート・コスプレ・家族等)のRAW現像処理をはじめたばかりの初心者向けまとめ.