“ターボブースト”とはコアの一部を休ませて、動作コアのクロック数を上げて一時的にパワーを上げるテクノロジーです。, コア数もCPUの性能を決める大きなファクターです。デュアルコア(2コア)、クアッドコア(4コア)などの呼び方がありCPUのコア 数が大きいほどスレッド数が増えるのでバソコンのマルチタスクに強くなり、マシンパワーが上がります。     今のMacにはIntel製のCPUが搭載されています。 その搭載されているCPUの状態を確認できるアプリ「Intel Power Gadget」を、製造元のIntelが配信しております。 CPUの消費電力・動作周波数・温度・使用率が確認できる 「Intel Power Gadget」は以下の内容が確認できます。 ート検証する, 【イルルカSP】モンスターを確実に踊らせる(おどらせる)方法, Pythonで数ヶ月後の月数を算出する, Macでbrew installした際にディレクトリの権限エラーが出る.  
IntelのCoreシリーズのCPUではハイパースレッディング技術を使い、1つのコアをOS上では2つのコアと認識させることで、1つのコアあたり2スレッドで仕事をさせる技術を搭載しています。これにより、1つのコアあたりの仕事量が増えるのでCPUの性能を上げることができます。, CPUの性能を説明するのに欠かせないもう1つのファクターがプロセスルールです。簡単に言うと、CPUなどの半導体の電気回路の太さを意味します。 CPUの性能はGeekbenchでベンチマークが取られ、モデルイヤーごとにスコア化されて公表されておりマシンパワーの比較や目安がわかります。, IntelのCoreシリーズにはハイパースレッディング技術が搭載されています。従来のCPUではコア1に対して1スレッドで動作していました。例えばデュアルコアCPUは画像のように2つのコアで2スレッドで作動していました。 OSやシステムなどのパフォーマンスに関わるファイルや頻繁にアクセスするファイルはSSDに、音楽や写真などのそれほど速度が必要のないファイルはHDDに保存するシステムです。macOSがファイルの振り分けを自動的にやってくれます。 Macを買ったら最初に読む本 OS X Lio... 1,344円. 仮想メモリが発生することをスワップ(交換するの意味)と良い、仮想メモリの方がメモリより速度が遅いのでMacの速度が遅くなります。そのため、パソコンの速度低下を防ぐためには、仮想メモリを少なくする—>十分必要なメモリの量があることが理想です。 引用: https://support.apple.com/kb/SP690?viewlocale=ja_JP&locale=en_US Macのメモリの使用量は、“Activity Monitor”のアプリで確認できます。画像は16GBメモリ搭載の私のMacBook Pro 15インチの画面です。 iMac 5Kが5120 x 2880ともっとも大きな面積をもつことがわかります。ただし液晶解像度は使用する表示解像度と異なり、HiDPIの技術を用いて文字や画像をきれいに表示するものがあります。これをAppleは「Retinaディスプレイ」と呼んでいます。, 2x2pxで1x1pxを表示してppiを向上させる技術です。Macだけでなく、iPhoneやiPadにもこの技術が使われています。   Macの画面の左上、アップルメニューのいちばん上にある「このMacについて」を開いたことはありますか? 小さいウィンドウが開くだけのしょっぱい機能かと思いきや、意外と多機能なんです。  ま、論より証拠。自分のMacで開いてみてください。Appleのロゴマークの下に「OS X」の文字、その下にグレーでOSのバージョンが書いてありますね。この部分をクリックしてみましょう。おや、表示内容が「ビルド」に代わりましたね。さらにクリックしてみましょう。今度はそのMacのシリアル番号が表示されました。, そう、この部分だけでOSのバージョン、ビルド(バージョンのもっと細かいやつ)、Macのシリアル番号という3つの情報がわかるんです。特にシリアル番号はAppleのサポートを受ける際などに必要ですから、万が一に備えてメモっておくといいですよ。, このウィンドウでは、このほかプロセッサー(CPU)の種類、メモリーの種類/搭載容量、起動ディスクの名称がわかります。もっと詳しい情報を知りたいときは、当然のごとく「詳しい情報」をクリックします。, すると、同じ「このMacについて」という名前の横長のウィンドウが開きます。この「概要」タブでは先ほど確認した情報に加え、Macのモデル名とGPU(グラフィクス)の種類を確認できます。, 他のタブも見てみましょう。「ディスプレイ」では内蔵/外部モニター、「ストレージ」では内蔵/外付けストレージの種類と容量、「メモリ」ではメモリースロットの数と現在の搭載容量──がそれぞれわかります。, 「概要」タブの「システムレポート」をクリックすると、「システム情報」というアプリが起動し、Macのハードやソフト、ネットワークに関する詳細情報を確認できます。左側のリストで細かく分類されているので、目的の項目をクリックすればOK。, 例えば、「ハードウェア」カテゴリー内にある「シリアルATA」をクリックすると、SATAインターフェースの速度やSATAで接続しているストレージ機器の型番などがわかります。  また、「ネットワーク」カテゴリーをクリックすると、有線/無線ネットワークの種類やMACアドレスといった情報を確認できます。自分のMacに関する情報を知りたいときは、「このMacについて」→「システムレポート」と覚えておくといいですよ。  ちなみに、「システム情報」アプリは「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダーに入っているので、こちらから直接アクセスしてもOKです。, 【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】 1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます, GIGABYTEの「GeForce RTX 3080 GAMING OC 10G」は4K解像度でゲームを快適にプレイできる!, 5万円台とコスパに優れ学割も適用可能! 教育ライターが考えるスタディPC「mouse E10」の活用方法とは, 【11月末】超強度、超耐性を誇るアラミド繊維「ケブラー」を採用したケース「Ultra Slim & Light Case DURO for Xperia 1 II Special Edition」, 【11月中旬】カメラ段差を吸収するデザインに周囲4方向をカバー!  
   Mac OS X 10.7 Lion パーフェクトガ... 1,764円. このオーバークロックで驚いたのは、未発表チップのオーバークロックでは珍しいAppleのmacOS環境で達成されたことで、それもLN2冷却である。