経験者の方、良かったら私にアドバイスをお願いします。, 閉所恐怖症なら、程度にもよるでしょうが予め医師に相談された方が良いと思います。 私はもし最初からオープン型MRIであったなら無事検査で来ていただろうと思います。 頭部・頚部だったら生理中も何も関係ないと思いますが・・・ 説明を受けた時にちゃんと言っとけばよかったと反省しております。 具体的な職種はわかりませんが、同じ姿勢をずっと続ける(デスクワーク等)、あるいは頻繁に何かを持って移動する、持ち上げたりおろしたりを繰り返す、ような業務内容は悪化します。大事なことは運搬...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 とまあこれくらいですか。 心配であれば総合病院で受診されてはいかがでしょうか(転科も考慮して!)? 後にHPで見ると「腹部」と「骨盤内」と分けて 脊椎椎間板ヘルニア+坐骨神経痛だと分かりました。 トンネル型の経験も何度かありますが、我慢するのが毎回しんどくて、疲れてしまいます。 パニック障害の可能性もありますね。 閉所恐怖症も、パニック障害の治療をすれば治る可能性もあります。 ただ、治るまでは、mriなどは閉所恐怖症であることを告げると、 他の検査方法を考えてくれるよ … はっきりみえなかったのですが、用紙には腹部の欄にまるをつけてあったような気がします。 参考URL:http://www.twin.ne.jp/~yoshi-k1/zutuu.htm, 15年程前に椎間板ヘルニアと診断され常に右足が痺れた状態でしたが仕事には支障が無く働いていました。今年の5月に腰が左右に折れ曲がって背筋を伸ばす事も出来なくなり病院に行ったところヘルニアがひどくなり坐骨神経症になったと言われMRIの検査も受けましたが、かなりひどいとの事でした。手術をした方が良いかもとも言われたのですが局所麻酔的な?注射とコルセットと自宅療養でかなり軽くなってきて先生からもMRIの結果がひどいわりに症状が出てないので手術はとりあえずしなくっても良いし徐々に仕事に復帰しても良いでしょうとの事でしたが仕事復帰の為、自宅で座ってる時間を長くしたり家の事をやったりしていると直ぐにまたひどく痛みだし、その度に腰が左右に折れ曲がってしまいます。こんなので仕事の復帰は出来るのだろうか?と自分では自信が無いのですが家族の者からはいつまで仕事を休んでるんだ!さっさと治って仕事に行けないなら違う病院に変われと嫌味を言われるし主人からも休んで家に居るなら、せめて家の事くらいやれよと言う感じなので治ってきたかな?と思っても腰が曲がってしまうの繰り返しで、もう2ヶ月近く休んでる事になり給料は病院代で無くなってきて、これ以上違う病院でまた初診料から払うお金もありません。自分の甘えすぎなのか腰が折れ曲がった状態でも無理に仕事に行くべきなのか今の病院の先生に満足していますが他の病院に移るべきなのか?自分でもどうすれば良いのか分かりません自分が情けなくって毎日悩んで夜も眠れなくなってきています。どうすれば良いでしょうか?教えて下さい。, 15年程前に椎間板ヘルニアと診断され常に右足が痺れた状態でしたが仕事には支障が無く働いていました。今年の5月に腰が左右に折れ曲がって背筋を伸ばす事も出来なくなり病院に行ったところヘルニアがひどくなり坐骨神経症になったと言われMRIの検査も受けましたが、かなりひどいとの事でした。手術をした方が良いかもとも言われたのですが局所麻酔的な?注射とコルセットと自宅療養でかなり軽くなってきて先生からもMRIの結果がひどいわりに症状が出てないので手術はとりあえずしなくっても良いし徐々に仕事に...続きを読む, 3年前に椎間板ヘルニアの手術を受けました。10数年来の持病でしたがとうとう足にしびれがきてしまい痛みは寝てるのも起きてるのもツライ状態にになり受診したところ入院治療で少し様子見をすることになりました。(MRIでも確認済)硬膜外、神経根ブロックなどの注射やリハビリ治療もしましたが一時的に改善されるだけで痛みは戻って来てしまう状態でした。先生からは「あと何十年と働かないといけないし今後のことも考えるとなるべく早いうちに手術がいいのでは?」とアドバイスされて決めました。一度出てしまった椎間板は戻らないのとその状態が長い年月の人は一日でも早い方がいいのでは?手術自体は全身麻酔ですし術後もそんなに痛みはなかったですよ。当然、入院費や手術代などで50万そこそこはかかったような気がしますが保険でかなりカバー出来ました。100%完治は期待出来ないとは思いますがかなりよくなりました。又、ぶっちゃけた話しですが職場でも腰痛で自宅療養ではなかなかいい顔されませんでしたが手術になると「そんなにひどかったのか!」って具合で理解されたようにも思います。, カテゴリがここでいいのか分かりませんが・・・ 1.姿勢をまっすぐして歩く。 いわゆる、「閉所恐怖症」であります。 放射線技師の方に相談して、検査を行って貰います。, ヘルニアの疑いがあるため、MRI検査を受けます。  *ここ数日、睡眠は足りているが(7時間前後)疲れが取れない 「子宮内膜症なので腹部のMRIを撮ります。その日生理中だったら?」 電話口の人は...続きを読む, 先日、私も子宮・卵巣関係の検査の為、生理2,3日目の時にMRIを受けました。担当医にもその事は言ってありましたし、問題はないようです。 オープン型MRIで脳ドックをやっている施設を探すのも良いでしょうが,オープン型MRIでは低画質過ぎるので脳動脈瘤を探すような脳ドックには向かないでしょう。気休め程度で受けるのであればよいと思います。, 今度MRI検査を受ける事になりました 「頭痛」 3.目の前に障害物があり視界が開けていない。 検査前に、渡された問診表を持参するのですが、「閉所恐怖症」という欄がありました。これに該当する人は、投薬後検査をされるのでしょうか? 診察したときに聞こうと思ったのですが先生がどんどん話進めて質問できなかったのでご存知の方がいましたら教えてください CTは受けた事があるのですが。 3.物をもちあげるときかんぜんにしゃがんでから持ち、胸にあてて持ったまま立ち上がる。荷物をおろすときはこの逆です。決して膝をのばしたまま上体を前に倒しておろしてはいけません。もう、一発で再発します。このときの腰の骨には数百キロ以上の重みがかかっています。 今までこのような症状はなかったので心配です。 MRIの騒音で聞こえないかも・・・ 2.次に頭を固定され、剣道のお面のようなものをかぶる。 但し、パニック障害の原因や引き金は人それぞれ違うので、一概に上記でまとめたすべてが誘発されるとはいいがたいところはあります。 では、実際にパニック障害をどうやって改善したのかを、次の項目で書いていきます。 パニック障害を克服する方法は? >無事に検査が終わることを祈っております。 私の場合は「鎖骨骨折」でしたが、ヘルニアにおいてもMRI検査は重要な検査だと思います。 必要な検査なのにできないのは困ります。 大きい病院なので、早めに繰り上げる事は出来ない、です。 2.しゃがんだりするとき前かがみにならない。上体をなるべくまっすぐしたまましゃがむようにして、立つ時は逆の形でやります。 なにか、良い方法はないでしょうか?, 回答、ありがとうございます。 膝の検査は大丈夫でも、頸椎の検査はヘッドギヤで固定され「少しも動かないでください」と言われると耐えられなくなります。 今度、子宮内膜症の関係で、造影剤(ガドリニウム製剤)を用いるMRI検査を受ける事になりました。  *風邪などの頭痛とは違い、あたまのてっぺんからうしろの部分が時々ずきっと痛む (以前、子宮内膜症の件でご相談にのっていただいた皆様、どうもありがとうございました) 今度、どうしても撮らなければなりません。(30分程度) (頭痛基礎講座) オープン型なら気楽なんですけどね! これらの中で該当する症状はありますでしょうか? 私は3年ほど前にMRI検査をしたことがあります。 脊椎の画像を撮るので、オープン型では、精度が落ちるのでトンネル型しか駄目なのです。 仕事についた後ヘルニアになった人がほとんどなのでみなさんがまんして、工夫しながらやっておられます。 私は閉所恐怖症です。できれば、投薬なしで検査を受けたいと思っているのですが、そもそも子宮筋腫の位置を確認するためだけに、MRIを受けなくてはならないのか?という疑問もあります。 と尋ねました。 電話口の人は付近の人に訊いたようで、「腹部、なんですよね。生理中でも大丈夫・・・です」 5.台所仕事の場合、高さ10センチくらいの台に片足をのせて、時々左右を変えながらおこなう。 ±ãç ”究した結果、脳体積が減少していることがわかりました。, これらの脳内トラブルや疾患を把握することで、PTSD克服の手がかりが得られるのではないかと期待されています。. 私は足のMRIをやったときには足から入りましたし、頭は固定されなかったので大丈夫だったのですが、頭のMRIはできませんでした。 検査時間も40~50分と聞かされ、同じ不安を感じましたよ。 >椎間板ヘルニア持ちの方はどんな仕事をしていらっしゃるのでしょう 安定剤などの処方はありませんが、本当に閉所恐怖症で検査が受けられないとなれば、軽い麻酔をする場合もあるようです(子供の場合はよくあるケースです) よく考えたらその日は生理になっている可能性が少々大きいのです。 と尋ねました。 私の場合、頭部の検査だったのですが、オープン型なら大丈夫だ...続きを読む, 明日、子宮筋腫の場所を特定するためにMRIを受けます。 まず今はたぶん「急性期」ですから安静が大事です。医師からもう仕事はいいですよ、といわれたら下記にきをつけてください。