どなたか、わかる方教えてくださいm(_ _)m, どうも、syarakuです。 今回は、デジタル写真をフィルム写真風にして楽しもうというお話です。 目次 1. クラシックカメラ、フィルム、レンズといった項目のプリセットを選択して、簡単にエフェクトを適用できます。 フィルム風や絵画風といった写真加工も大好きです。. プリセットを選択するだけで、ワンタッチでHDR写真を作成できます。 でも最近は、新システムに完全に対応できていないせいなのか、次の現象が起きて困っていました。 元々はNik Softwareが数万円で販売していたプラグインですが、2012年にGoogleが買収した後、15,000円程で販売されていました。 PhotoshopのフィルターメニューからNik Collectionを起動し、作業終了後OKボタンを押すと、Photoshopに戻らずにそのまま落ちてしまいます。(Nik CollectionのSelective Toolメニューから起動すればその現象は起きません。), で、早速30日間の体験版をインストールしてみましたが、機能自体の大きな変更点はないようです。 Windows の〔ダウンロード〕フォルダにアクセスするには、〔スタート〕ボタンをクリックし、自分のユーザー名を見つけてクリックします。次に、開いたウィンドウで〔ダウンロード〕フォルダをダブルクリックします。ファイル拡張子は「.exe」です。, Mac の〔ダウンロード〕フォルダにアクセスするには、Finder を開いて〔ダウンロード〕フォルダをクリックします。通常、〔ダウンロード〕フォルダは左側のリストに表示されています。ファイル拡張子は「.dmg」です。, 注: 旧バージョンのソフトウェアから Nik Collection をインストールする場合は、まず Analog Efex Pro 2、Color Efex Pro 4、Silver Efex Pro 2、HDR Efex Pro 2 からカスタム プリセットとレシピ、インポートしたプリセットとレシピをエクスポートすることをおすすめします。, インストール完了後に Nik Collection がホストアプリケーションに表示されない場合は、互換性の要件をチェックして、ホストアプリケーションが互換性があることを確認してください。, ホストアプリケーションとの互換性はあるが、プラグインが表示されない場合は、次の記事をご覧ください。, Nik Collection by DxO は、以下のURLにてダウンロードリンクを入手していただけます。, https://nikcollection.dxo.com/ja/download/, 私のプラグインがインストール後にPhotoshopに表示されません。 どうやって解決すればいいのですか?, 私のプラグインがインストール後に Lightroom に表示されません。どうやって解決すればいいのですか?, プラグインがインストール後、Photoshopに表示されません。 どうすれば、表示されるようになりますか?, Lightroom のエラー: インストールしたプラグインが Lightroom に表示されません。解決方法を教えてください。, Nik Collectionのプラグインとホストアプリケーション及び OS(Mac/Windows)との互換性(有料版のみ), Photoshop や Lightroom などの画像編集用ホストアプリケーションが起動していないことを確認します。, ダウンロードしたインストールファイルを見つけ、ダブルクリックして起動します。(起動時に選択した言語が Nik Collection のインターフェースの言語となります。プラグインの〔設定〕機能で変更できないものもありますのでご注意ください。), インストーラが自動的に適切なインストール場所を決定し、インストールされているホストアプリケーションを検出します。インストーラに表示されるデフォルトのオプションをそのまま使用することをおすすめします。ホストアプリケーションが検出されなかった場合は、インストーラを終了し、再起動してみてください。, インストーラが完了すると、インストールされている画像編集用ホストアプリケーションでこのソフトウェアを使用できるようになります。. Nik Collection : GoogleからDxOへ(無償ダウンロード再開) GoogleがNik Softwareを買収したのが2012年、そのコアアプリケーションとも言えるNik Collectionを無償化したのが2016年3月。 2018年6月6日、DxOより公開されました。, Nik Collectionは、これまでGoogleが提供していた、画像編集用プラグインです。 これで、以前のようにNik Collectionを使うことができるようになりました。 「Nik Collection」は2016年3月24日に開始し、ダウンロードして自由に利用できるようになりました。美しい画像を手軽に作成でき、写真編集にとても役に立つツールです。フォトショップで使用できますので、これから始めたい方は必ず入れておいた方が便利。 画像編集用プラグイン、Nik Collection by DxOが 15 点 今回のアップデートは、新システムへの対応がメインだったようですね。. 今回は、DxOが2018年6月に公開したばかりの、画像編集用プラグイン、 「Nik Collection by DxO」のツールのひとつ「Analog Efex Pro2」の使い方です。 「Nik Collection by DxO」は、AdobeのPhotoshopやLightroomで動作するプラグインです。 独特の味を持つフィルム写真2. 約20種類の人気フィルムタイプがシュミレートでき、トナーやボーダーなどの調整を追加して仕上げます。, HDR写真をシュミレートできます。 Nik Collectionのプラグインとホストアプリケーション及び OS(Mac/Windows)との互換性(有料版のみ) 新しいホストアプリケーションへのインストール方法; 今からでも Nik Collection の無料版を入手することは可能ですか? Nik Collection by Googleは無償配布されていたためお持ちの方は多いと思いますが、Aodbe Photoshopシリーズ以外でもPluginとして使えるホストが増えて少し便利になり良かったと思います。 書込番号:22722375. でも、有料化は痛いですね(^^;; 追記 nik collectionは買取プラグインですよ。 2017年5月にGoogleよりサポート終了の発表があり、今後の開発・サポートが心配されましたが、DxOが開発等を引き継ぐということになり、Nik Collectionファンを安心させてくれました。, その「Nik Collection by DxO」が2018年6月6日に発表されました。, アナログ写真の現像シミュレーションができます。 どっちが正解? 一部の領域に実行したい場合には、手動で計測範囲を指定します。, アウトプットシャープナーで、ディスプレイやプリンタといった最終出力に適した、鮮明な画像を作成できます。, ◎Adobe Photoshop CC、Adobe Lightroom CCの完全サポート 4 購入価格で疑問が… DxOのホームページで購入価格の表示は、定価から7月1日までの割引価格である、6,488円となっていますが、そこから購入ボタンで購入ページにいくと価格表示は4,998円となっています! 購入してくださいね。. その後、2016年に無料化されました。 今回は、DxOが2018年6月に公開したばかりの、画像編集用プラグイン、 「Nik Collection by DxO」のツールのひとつ「Analog Efex Pro2」の使い方です。「Nik Collection by DxO」は、AdobeのPhotoshopやLightroomで動作するプラグインです。この「Analog Efex Pro2」... 技術的なことは苦手ですが、写真を撮ることは大好きです。 ◎DxO自動アップデートエンジンの統合 このフィルタを使用すると、カラー画像をモノクロに変換し、シャドウ、ハイライト、元の色同士の関係を調整できます。このフィルタでは、一番上のメニューから〔モノクロ/階調優先/ダイナミック コントラスト〕という 3 種類のモノクロ変換方式を選択でき、画像に加えるコントラストのコントロール方法がそれぞれ異なります。, 2 つの色をブレンドして、その結果を画像に適用することにより、従来からあるガラスの 2 色フィルタの効果を生み出します。プルダウン メニューからあらかじめ定義された色の組み合わせを選びます。組み合わせごとに 4 つのバリエーションがあります。, 画像提供: Sweet Ice Cream Photography on Unsplash, 独自に定義した 2 色をブレンドして、その結果を画像に適用し、従来からあるガラスの 2 色フィルタの効果を生み出します。, カラー フィルムで漂白処理を省略するテクニックをシミュレーションした効果です。コントラストを強め、彩度を下げる効果があります。このテクニックは、今でも写真家や映画フィルム作家がスタイリッシュなインパクトある画像にするために使用しています。, 画像の色の鮮やかさをコントロールして、クールな画像にしたり暖かみのある画像にしたりします。, 単色で画像を塗り、色とコントラストの関係をさまざまに組み合わせて、画像にスタイルを適用します。, さまざまな方法でコントラストをコントロールできます。たとえば、〔コントラスト オンリー〕は写真全体の色への影響を抑えてコントラストを調整できます。, 画像提供: Slim Emcee (UG) the poet Truth_From_Africa_Photography on Unsplash, 太陽光でタングステン フィルムを使用、またはタングステン光でデイライト フィルムを使用して撮る仕上がりをシミュレーションします。このフィルタを使用すると、涼しげな青や暖かいオレンジ色の効果を加えて写真のスタイルを出すことができます。, 〔C41 to E6〕処理(カラー ネガ フィルムをスライド フィルム現像液で処理)と〔E6 to C41〕処理(スライド フィルムをカラー ネガ フィルム現像液で処理)のための各種オプションです。, 新しい独自の技法を活用して画像全体のディテールやテクスチャを強調し、暗くて雰囲気のある画像に仕上げます。, 写真の中心に注意を引き付けたり、写真の中心から注意をそらしたりします。画像の中央部を明るくして周辺を暗くする効果は、画像の中心に注意を引き付けます。逆に、画像の中央部を暗くして周辺を明るくする効果は、画像の端に注意を引き付けます。, 新しい独自の技法を活用して写真全体のディテールを強調し、独特でスタイリッシュな写真にします。明るさや階調のバランスを整え、写真の四隅のディテールを強調したい場合に使用します。, 画像の他のオブジェクトに影響を与えることなく、人物の肌を柔らかく艶のある肌に加工します。人以外のオブジェクトに使用して独自のソフト効果を与えることもできます。, フィルム効果シリーズの褪色フィルタは、古ぼけた、使い古された印刷物のような雰囲気を生み出す独自の効果です。, フィルム効果シリーズのモダンフィルタは、今も使用されている現代のカラー ネガ フィルムのような見た目に仕上げます。このスライダーを使うと、粒状感のあるカラー フィルムのようになります。[Film Details] セクションにある高度なスライダーを利用すると、自分でフィルム タイプを作成し、思い描いていた、見たことのないフィルム効果を作り出すこともできます。, フィルム効果シリーズのノスタルジック フィルタは、幻想的なフィルム タイプをベースにした効果を生み出します。トイカメラで撮影したような色鮮やかな、独特で興味深い見た目になります。, フィルム効果シリーズのヴィンテージ フィルタは、初期のカラー フィルムで撮影したような写真を作り出します。, 〔粒子のソフトさ〕スライダでは、粒子の〔ハード/ソフト〕の程度を調整します。ハードにするとよりディテールの強調された雰囲気やシャープな雰囲気を与え、ソフトにするとより自然なフィルムになります。, 従来からある霧の効果のシミュレーションです。「ソフト フォーカス」とも呼ばれ、霧がかかったような効果を作り出します。, 従来からあるガラスのグラデーション フィルタをシミュレーションした効果で、写真の半分に色をブレンドします。, 従来からあるガラス フィルタをシミュレーションした効果で、画像の半分にソフト効果を大量に加えます。, 画像の色を保持しながら、画像の一部を暗くしたり明るくしたりします。画像のコントラストが強すぎる場合に、色調を修正するのに使用します。, 従来からあるガラスのグラデーション フィルタのシミュレーションです。ユーザーが定義した色を画像の半分にブレンドします。, 一様に色調を明るくしてコントラストを下げることにより、写真のハイ キー仕上げをシミュレーションします。ハイ キー画像として撮影した画像の補正にも役立ちます。, この画像枠フィルタを使用すると、ユニークで自然な枠をランダムに画像に適用できます。Nik の特許技術を利用して、画像の本質を表現するさまざまな枠を作成します。, 画像の草木の部分を識別してオブジェクトを強調したりスタイル化したりすることで、秋の風景のような暖色を作り出します。, カラーとモノクロの両方の赤外線フィルムをシミュレーションします。電磁波スペクトルの赤外線部分をキャプチャする各種手法のシミュレーションや、赤外線の波長をキャプチャするフィルムが生み出す効果のシミュレーションです。, 特殊な印画紙やトナーを使用したようなスタイリッシュな効果をシミュレーションします。, 画像の明るさや階調を調整するためによく使用されます。他のフィルタと組み合わせて使う場合に特に便利です。, 一様に色調を暗くしてコントラストを下げることにより、写真のローキー仕上げをシミュレーションします。ローキー画像として撮影した画像の補正にも役立ちます。, 夜の暗闇で撮影したような雰囲気ある幻想的な写真にします。また、インテリジェント ソフト フォーカス技術を搭載したフィルタを使用して、画像全体のディテールをソフトにし、映画のような効果を出すことができます。, 光を拡散し、写真にクールでやや眠たげなムードを作り出します。コントラストと彩度を調整し、粒状感を加え、ソフトフォーカス効果を適用します。, モノクロ処理やカラー処理をシミュレーションするスタイルを適用して、画像に古い写真のような効果を与えます。, 暗室作業でモノクロ写真に使用する各種の調色液の効果をシミュレーションします。画像を自動的にモノクロに変換してから、調色液の効果を適用します。このフィルタを使用する前にモノクロ変換フィルタで変換しておくと、さらに仕上がりがよくなり、詳細にコントロールできます。, 画像を明るくソフトにし、滑らかでスタイルのある効果を作り出します。淡く彩度の低い画像になります。, 従来からあるガラスの偏光(PL)フィルタをシミュレーションします。青空の色を補正し、同時に画像の残りの部分のコントラストを強調します。, ポラロイド写真の剥離方式フィルムで画像が紙に転写される過程の効果をシミュレーションします。コントラストが低くて彩度の低い画像になり、画像全体で色の遷移が小さくなります。, 画像を解析してその画像固有の補正を行うことにより、画像の色とコントラストを詳細に調整します。画像全体のディテールを保持しつつ、より高度なコントラストを実現します。, 通常の写真撮影で使用するレフ板の効果のシミュレーションです。シャドウをなくし、光量を調整します。, ガラスのウォームフィルタをシミュレーションします。青かぶりを除去し、写真全体の色に暖かみのある効果を適用します。, 暗室作業のサバティエ効果(ソラリゼーション)をシミュレーションします。色調や色が反転した、スタイルのある効果を作り上げることができます。, サンシャイン フィルタを新たに構想し直しました。あらゆる画像に光や暖かさを加えます。どんな画像でも、暖かい晴れた日に撮影したような仕上がりになります。, 各種レンズで作り出される周辺減光をシミュレーションします。フレームの端を暗くし、画像の境界内に視線を留め、画像に奥行きを出します。, 白い壁、ウェディング ドレスなどの明るい色のオブジェクトに発生した色合いを除去します。画像をクリーンにし、他の色は変えずに明るい純白を作ります。, どのバージョンのWindowsがDxO PhotoLabにサポートされていますか?, DxO ViewPoint 3 をAdobe® Lightroom®から、どうやって起動するのですか?, 3種類のコントラスト オプションがあり、シャドウのディテールを引き出したり、コントラストの強い画像を作成したりできます。, シミュレーションされたフィルタの色を調整し、画像内の色の関係を調整します。画像内の特定の色のオブジェクトが明るくなり、その補色のオブジェクトが暗くなります。, スライダを左に動かすと色のコントラストが弱く、右に動かすと色のコントラストが強くなります。, 4 つの〔カラーセット〕メニューに、16 種類の色の組み合わせがあらかじめ用意されています。この中から 1 つ選択します。, 画像に適用する上部の色を指定します。スポイトツールを使って現在の画像から色を選ぶか、カラーパッチをクリックしてカラーピッカーを使用します。, 画像に適用する下部の色を指定します。スポイト ツールを使って現在の画像から色を選ぶか、カラーパッチをクリックしてカラー ピッカーを使用します。, 他の Nik SCollection 製品に搭載されたストラクチャ調整を特別に調整したもので、画像内の細かいディテールやテクスチャを強調します。, 画像の色温度を調整します。スライダを左に動かすと(青が加わり)クールな色味になり、右に動かすと(赤が加わり)暖かみのある色味になります。, 直接色の彩度を上げなくても、このスライダで色相を変更すると、知覚的な色の彩度が多少上がります。これは、周りの色に補色の要素が増えることで起こります。背景が黒いと画像が浮かび上がってコントラストが強く感じられるように、脳の色に対する知覚が反応して、知覚的なコントラストが作用するためです。, ソフトフォーカス効果に加えるランダムディテールの量を調整します。ディテールの状態を維持し、バンディングを防ぎます。, 画像に加える色を選びます。スポイトツールを使って画像から色を選ぶか、カラーパッチをクリックしてカラーピッカーを使用します。, 元の画像にある色の量を調整します。スライダを左に動かすとモノクロ画像になり、右に動かすと完全に元の色になります。, コントラストを適用する色範囲を選択します。選択した色のオブジェクトは明るくなり、その補色は暗くなります。, 標準的なコントラスト ルーチンを画像に適用します。画像編集アプリケーションのコントラストの調整機能と似ています。, 色に影響を与えずに、画像のコントラストだけに影響するよう設計された独自のコントラストを適用します。, 従来のコントラストの効果とは異なる、荒さを抑えたコントラストを適用します。スライダを右に動かすと、領域の境がソフトになり、雰囲気のあるコントラストに仕上がります。, 〔Daylight to Tungsten〕または〔Tungsten to Daylight〕のどちらかの効果の、3 つあるオプションから 1 つ選択します。どのオプションも以前のものより効果が強くなっています。, 画像でディテールを強調する度合いを調整します。このスライダ値を上げるとディテールが強調され、シャドウが明るくなり、ハイライトがトーンダウンして、画像全体の色調のバランスが改善されます。, 〔中心を決める〕ボタンをクリックし、画像内で効果の中心点とする場所をクリックします。, このフィルタのメインの効果です。スライダの値を上げると、シャドウが明るくなりハイライトは暗くなり、画像画像全体のディテールが強調されます。, 〔ディテール強調〕フィルタでディテールを強調する方法を調整します。〔微細〕オプションは、小さいオブジェクトにフォーカスを当ててテクスチャを作り出します。一方、〔大〕オプションは大きいオブジェクトにのみ作用します。, 画像に 1 色追加します。追加する色を選択するには、スポイトツールを使って写真から色を選ぶか、カラータイルをクリックしてカラーピッカーを使用します。, スポイトツールを使って写真から色を選ぶか、カラーパッチをクリックしてカラーピッカーを使用して、肌の色を選びます。, 色の適用範囲を調整します。スライダを左に動かすと色の適用範囲が狭くなり、右に動かすと範囲が広がります。値を 100% にすると、画像全体のすべての色とオブジェクトにソフト効果が加わります。, 拡散の効果を画像に追加します。コントラストが軽減され、ディテールがソフトになります。, Nik Collection 独自の粒状性エンジンを利用し、画像にリアルな粒状感を追加します。スライダを左に動かすとピクセルに適用されるざらつきの数が減り、画像全体のざらつきのサイズが大きくなり目立つようになります。画像のざらつきを完全に防ぐには、スライダーを右端まで動かします。, ユニークなフィルムスタイルの適用量を調整します。スライダを 0% にすると、元の画像の色になります。, フィルムを 1 つ選びます。可能な限りフィルムを再現するために、どのフィルムでも、複数のロールが撮影、スキャン、解析されています。, 〔フィルム詳細〕セクションにあります。それぞれのスライダを使って、画像の中の特定の色の明るさを調整します。, 〔フィルム詳細〕セクションにあります。それぞれのスライダを使って、写真の中の特定の色の鮮やかさを調整します。, 〔フィルム詳細〕セクションにあります。フィルム タイプのコントラストを調整します。レッド、グリーン、ブルーの階調やコントラストを別々に調整できます。, 〔フィルム詳細〕セクションにあります。複数のスライダを使用して、Nik Collection 独自の粒状性エンジンを使ってリアルな粒状感を写真に加えます。〔粒状性〕スライダを左に動かすと、ピクセルに適用されるざらつきの数が減り、画像全体のざらつきのサイズが大きくなり目立つようになります。画像のざらつきを完全に防ぐには、〔粒状性〕スライダを右端まで動かします。〔粒子のソフトさ〕 スライダでは、粒子の〔ハード/ソフト〕の程度を調整します。ハードにするとよりディテールの強調された雰囲気やシャープな雰囲気を与え、ソフトにするとより自然なフィルムになります。, Nik Collection 独自の粒状性エンジンを利用し、画像にリアルな粒状感を加えます。スライダを左に動かすとピクセルに適用されるざらつきの数が減り、画像全体のざらつきのサイズが大きくなり目立つようになります。画像のざらつきを完全に防ぐには、スライダを右端まで動かします。, ユニークなフィルム スタイルの適用量をコントロールします。スライダを 0% にすると、元の写真の色になります。, 〔フィルム タイプ〕メニューから選択します。それぞれ画像の仕上がりと雰囲気が異なります。, ユニークなフィルムスタイルの適用量を調整します。スライダを 0% にすると、元の写真の色になります。, Nik Collection 独自の粒状性エンジンを利用し、画像にリアルな粒状感を加えます。スライダを左に動かすとピクセルに適用されるざらつきの数が減り、写真全体のざらつきのサイズが大きくなり目立つようになります。写真のざらつきを完全に防ぐには、スライダを右端まで動かします。, 画像に加える効果の温度を調整します。スライダを左に動かすと青味がかったクールな効果が生まれ、右に動かすと赤~オレンジ色の暖かい効果が生まれます。, 4 つのカラーセットに、16 種類の色の組み合わせがあらかじめ用意されています。この中から 1 つ選択します。, 画像の半分に適用する色を指定します。スポイトツールを使って現在の画像から色を選ぶか、カラーパッチをクリックしてカラーピッカーを使用します。, 独自のハイキー効果を加えます。元のオブジェクトの色と階調に応じて効果は変わります。明るいオブジェクトだけでなく、暗いオブジェクトも明るくなります。, 画像の中のとても暗いオブジェクトを強調します。黒の諧調が、ハイキー画像の中で存在感のある重要な要素になります。, 画像に付ける枠のサイズを調整します。ヒント: 画像枠を適用すると、画像の一部の領域が取り除かれることになります。画像に枠を付ける際の切り抜きを回避するには、Photoshop のような画像編集アプリケーションでキャンバス サイズを広げるか、画像の周囲に黒い枠を加えた後で、〔サイズ〕スライダを使って画像の枠や黒い枠を作成し、重ねます。, 画像に付ける枠の幅を調整します。スライダを右に動かすと、画像枠のディテールが画像の内側に向かって広がります。, 画像の周りに加えられたランダムなディテールを調整します。スライダを右に〔ラフ〕に向かって移動するとよりランダムなディテールが枠に追加され、より様式的な枠になります。, 〔バリエーション〕ボタンをクリックすると、別の枠のバリエーション番号がランダムに選択されます。この枠のバリエーション番号にはそれぞれランダムな枠の効果が割り当てられていて、さまざまな効果を作成します。毎回全く同じ枠を作りたい場合は、〔サイズ〕、〔幅〕、〔なめらか/ラフ〕に対するバリエーション番号の設定を同じにします。似ているけれども違う枠にしたい場合は、〔サイズ〕、〔幅〕、〔なめらか/ラフ〕スライダの設定値は同じにし、バリエーション番号を違うものにします。, 〔モノクロ〕と〔カラー〕 から赤外線フィルムの種類を選択します。種類によってスタイルが異なります。, 階調を調整するチャンネルを選びます。〔RGB/赤/緑/青のチャンネルに加え(一般にトーンカーブのダイアログにあります)、〔明度〕のチャンネルもあるので、色に影響を与えずに写真の明るさとコントラストを調整できます。, クリックして、アンカーポイントをカーブに直接追加します。アンカーポイントをダブルクリックすると、そのポイントは削除されます。, 独自のローキー効果を加えます。元のオブジェクトの色と階調に応じて効果は変わります。暗いオブジェクトだけでなく、明るいオブジェクトも暗くなります。, 画像の中のとても明るいオブジェクトを強調します。白の諧調が、ローキー画像の中でが存在感のある重要な要素になります。, 〔モノクロ/カラー〕のカテゴリーを選択し、それぞれ 6 種類ずつあるスタイルから選びます。, レンズに装着したフィルタを回転する効果と、そこから生まれるさまざまな色のコントラストをシミュレーションします。, 画像の周りにテクスチャを強調した枠を追加します。スライダーを〔0〕に設定すると、画像全体が表示されます。, 枠の部分に元の画像の要素を戻します。スライダの値を上げると、枠の部分に加える元の画像の色が多くなります。, 転写の際に画像の一部がはがれる効果をシミュレーションします。スライダの値を〔0〕にすると、画像から取り除かれるディテールがなくなります。, 画像の階調の分布に基づいて画像全体の各オブジェクトのコントラストを調整します。複数の領域をさまざまな度合いに自動調整する独自のフィルタです。, 〔ゴールド/ソフトゴールド/シルバー〕から選択します。〔ゴールド〕は暖かみのある光、〔ソフトゴールド〕はかすかに暖かみのある光をシャドウ部分に加えます。〔シルバー〕はシャドウ部分に中間色の明るさを加えます。, 画像から除去する色合いを指定します。選択した色が画像の主な色合いと一致するまでスライダを動かします。, プルダウンメニューから、画像に加えるソラリゼーションの種類を選びます。カラー効果やモノクロ効果用の多様なスタイルがあります。, カラー効果では、画像全体の色の鮮やかさを調整します。モノクロ効果では、モノクロ変換の前に画像の彩度を調整し、仕上がりのコントラストを調整します。, このフィルタの効果を調整します。暗室で画像の再露出の前に現像液につける時間を変えることで多様な効果を作り出すのと似ています。, 画像のシャドウに加える光の量を調整します。スライダ値を下げるとコントラストの強い画像になり、スライダ値を上げると写真全体で暖かみが増します。, 画像に加える光の温度を調整します。スライダを左に動かすと光の暖かみが増し、右に動かすと暖かみが減り涼しげな光になります。, プルダウンメニューから、画像全体のディテールにどの程度効果を適用するかを選択します。, ヴィネットに使用する色を選択します。スポイトツールを使って画像から色を選ぶか、カラーパッチをクリックしてカラーピッカーを使用します。, プルダウンメニューで、円形、楕円、なめらかな長方形、ラフなエッジの長方形からヴィネットの形を選びます。, ヴィネットの形と画像のディテールの関係をコントロールします。スライダー値を上げるほど、周辺減光の形は画像に溶け込みます。, 周辺減光の適用量を調整します。スライダを左に動かすと画像枠に暗い周辺減光が加わり、右に動かすと明るい周辺減光が加わります。, 画像から除去する色合いを指定します。スポイト ツールを使って写真から色を選ぶか、カラー パッチをクリックしてカラー ピッカーを使用します。.